« 初めての個展 | トップページ | プチイベント »

2007年6月23日 (土)

繊月、繊月嬉しいな

 最近絵を描くときにピストルズを聞いている、大人気ない32歳です。終わったら、おもむろにワーグナーを取り出し地獄の黙示録の爆撃シーンを思い出す駄目な感じの音楽生活を送っています。

 もう十年前になります。最初の個展をやったのは。それは個展なんて呼べる代物じゃなかったかもしれない。でも面白かったですね。展示スペースは結構広くて、今見るとそうでもないですが、そこに絵を並べるだけではいかにも寒々しいでしょう?でも金をかけて飾りつけする元手もない。せめてむき出しのテーブルに布でもかけようというその程度しか出来ず当日を向かえました。

 この個展の基本コンセプトは酒と音楽がある場所で、絵を鑑賞してもらうということでした。何故そう考えたのか?絵なんてものは、本来美術館でかしこまって見るものじゃないと、今でも思っているからです。絵はできるだけ気軽な環境で見せたい。昔は裕福な個人が自宅で楽しんだものでしょう。フランスでは革命が起きて王政を廃止し、ルーブル宮を市民に開放して一部の貴族のものだった名画を誰でも気軽に鑑賞できるようにした歴史もあります。そんな世界一の美術館の例をだすまでもなく、パリの昔の画家は安くカフェを借りて個展を開いていました。今でも無名なデザイナーはプレタの時期にカフェを借りて発表してます。当時はそんなことも知らず、前述のごとくの思い込みでJAILで個展を開催したのでした。

 初日は手伝ってくれた友達とささやかな酒盃をしました。酔いもいい感じになったところで、スタッフが一階から上って来て、驚きの提案をしてきました。「今、繊月(熊本でメジャー焼酎)の業者がきて、なんかイベントとタイアップしたい言うとるねんけど、ちょうどええ機会やから紹介したろか」んん?何かおもしろそう。なにもせんよりなんかした方がいいだろう。波がきたらとりあえず乗っとけということで、話をきくことにしました。

 今日は少しすすみましたかね。サリュ。

 

|

« 初めての個展 | トップページ | プチイベント »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繊月、繊月嬉しいな:

« 初めての個展 | トップページ | プチイベント »