« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月25日 (水)

個展をやる意味

 普通、個展をやる意味ってどうなんでしょう。人によってまちまちでしょうけど、自分にとってはどうなのか。考えました。でも、未だに結論は出ないですね。人に自分の絵を見てもらいたいというのは大前提として、ほかには?もしかしたら、他には理由はいらない気もします。でも十年前は今より十歳若かったわけです。若いときはあれこれ考える。いや、今でも十分考えているつもりですが、前より余計なことを考えなくなりました。

 具体的にいうなら、このまま誰からも何の評価もなくて一生貧乏な生活だったら?一生フリーター?当時はそれが一番怖かった。誰でも少なからず、誰かから評価されたいとか、好かれたいとか心の隅にあるでしょう?え?ない?まあ、そういう方は読み飛ばしていただいて結構です。そこで考えたのは、より面白い方法で絵を公開できないかな?ということ。地道に地方の貸し画廊でぼちぼち個展したって、たかが知れてるじゃんと十年前は思っていたわけですよ。今は少し考えが変わりましたが。そんでテレビとか雑誌とか取材にきちゃったりして、とんとん拍子に有名になっちゃったりしたら嬉しいな。なんて都合のいことを本気で考えていました。馬鹿ですねー若いって、というより自分が。

 まあ後々新聞とか雑誌、ラジオの取材までは受けるようになりましたが、それは七年後くらい後の話。

 話は振り出しにもどりますが、今の自分にとって個展とはただただ見に来てくださった方との真剣勝負の場となっています。歳をとってきたのか、前程山っ気がなくなってきました。今日は話がまたあまり進みませんでしたね、サリュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

何度でも

 昨日は清正公祭りに行って来ました。何か意味わかんない感じで、暑かっただけという感じでした。久しぶりに熊本城に行きました。築城四百周年で色々イベントが打たれてるようです。

 さて、最初の個展が終わり、次の個展をいつやるかという事だけを考えていました。でも、最初より規模を大きくしたい。どうしようか考えていたとき、またぞろJAILで飲んでいたらJAILの雑誌取材が店で行われていました。地方誌のN.Oという雑誌でした。そうか、雑誌に載せてもらえばいいじゃん。そんな当たり前のことに気づくのに半年もかかったのですから、とんだ間抜けもいいところ。都合のいいところに、N.Oの写真を撮る人となんとなく飲み友みたいになってて、(取材のときに傍から見ていて顔を覚え、プライベートで飲みにきていたときなにげに話しかけたという技)個展の話をしたら興味を持ってくれたみたいで少し盛り上がりました。

 そこで、次の個展のタイミングを待つ間、各地方誌の研究を始めました。けっこうな数あるんだなと改めて分かり、ここに宣伝入れたら面白いと考えました。もちろんタダで。向こうが面白がってくれたらしめたもん。そこから、自分のイベントにたいする掘り下げも同時に始めました。より簡潔な主題をもってきた方がキャッチーでしょう?

 何か段々イベンターの駆け出しみたいになってきましたが、それで儲けるつもりもありませんでした。

 それでは次の機会に。サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

プチイベント

 繊月の方と話をしたところ、焼酎を若い人に広げたいということでした。そのころの自分はまだ焼酎党ではなく、クラブに行ってもビールばっかり飲んでいました。今は完全に焼酎ばっかり飲んでます。まあ、今考えても焼酎とヒップホップはあんまり酔いが違う感じですが。それでもそのときは、じゃあこの個展でなんかしましょうという話になりました。絵を置いている会場の目立つところに、繊月を置きました。で、来てくれたひとに振舞うという簡単試飲会みたいな感じになりました。主催している私は飲み放題状態。朝方三時ごろイベントがハネて、次の日は朝九時からバイトという生活が二週間。飲みすぎると当然次の日に残ります。ですが、どうしても飲むのを我慢できない。

 それも理由があって、平日の夜なんて誰もこないので分かってはいてもイライラするし、ついそこに酒が(タダの)あると手が伸びてしまう。タバコも吸いすぎて、翌日は頭はガンガンするし、肺はやばい感じがするし、立ち仕事じゃなかったら完全に寝てましたね。終いには小説もって行って読んで時間つぶし。何の収穫もないままこのイベントは終わりを告げました。

 何か、やるだけ無駄だったなと、その時は疲労感だけが残ったみたいに思っていました。でも違いましたね。後から考えると確かに次に繋がるステップを踏んでいました。どうしてイベントがうまくいかなかったのか考えることは、イベントを打った人にしか分からないことでしょう?問題が山ほどあるということは、なんて幸せなことだろうと思います。自分がやりたくてやっていることですから。

 次のステップは?サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »