« 閑話休題② | トップページ | 準備しよう »

2007年12月27日 (木)

下書きについて

 半年もブログをやっておきながら、パステル画の技法について書き込むのは初めてですね。すっかり書き込んだと思いこんでいましたよ。

 さて、前回買ったマーメイドを、任意のサイズのパネルに水張りしましょう。当然、面倒くさいと思う方もいるでしょうが、そんな方は画板なりなんなりにクリップでとめたり押しピンでとめたりでも十分です。私がなぜ水張りにこだわるかというと、描き終わったあとカッターで切りはなす際の快感を味わいたいからです。それと、紙がよれずにびしっと固定できるからですね。

 マーメイド紙も重さがありますが、軽いやつでもしっかりパステルはのります。しかも、水張りしたあとも表面の質も落ちません。水張りについては、割愛。ご要望があれば詳しくかきますが、ここでは置いておきます。

 さあ、下書きに入りましょう。具象でも抽象でも構いませんが、ここでは私が人物や具象を主にやりますので例としてそのつもりで描きこみます。先ず、下書きの色はピンクを用います。何でもいいとお思いでしょうが、後々そうもいきません。ここで使用するパステルは、サクラカラーのヌーベルです。よく一般の画材屋に置いてあるものです。今後100パーセントこれを使用していきます。

 なぜピンクを使うのか。簡単に言えば、他の色を上から使用したときにあまり他の色に干渉しないからです。試しに青なり赤なり茶色なりを使ってみられるといいでしょう。その場合、せっかく高いお金を出して買った紙がだいなしになっても保障できません。

 ちなみに、薄く鉛筆で描くのもいいかもしれませんね。私はやりませんが、その場合パステルをこするときに少し濁るかもしれないし、鉛筆用の定着液でとめた場合は薄塗りのところが透けるかもしれません。

 下書きについて早くも長々書いていますが、ここ、かなり重要です。作品の最後まで響きますもので。

 あー今日は久しぶりに長く書いた。次回はパステル画を描くにあたっての最初の留意点を。下書きの前に書いておくべきでした。順番まちがいです。

  あっ!作品はここでみれますよ。http://1st.geocities.jp/viroflayjp/ サリュ

|

« 閑話休題② | トップページ | 準備しよう »

パステル画の描き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下書きについて:

« 閑話休題② | トップページ | 準備しよう »