« 公開制作編① | トップページ | 公開制作③ »

2007年12月11日 (火)

公開制作②

 最近、無罪モラトリアムばかり聴いている気がします。クローズ観ました。久しぶりにストリートビーツを引っ張り出して聴きました。交互にかけていると変なテンションになりますね。

 公開制作を行うにあたって必要なのは綿密な(自分なりの)計画でした。まず期限は二週間。どこの商業スペースでやるにしても、最低限これだけの時間は必要です。時間は開店から閉店時間まで。この段階で予想していたのは、パルコとか岩田屋、鶴屋のイベントスペースでした。

 まず下見に行って、スペースが確保できるか見ました。3m四方あればよいのでと思っていたのですが、どうやらパルコだけはそのスペースがありません。

 とにかく企画書をつくってみることにしました。まあ、この手の書き方は本をみたりネットで調べてどうにか形になりました。公開制作自体は新しい手法ではないので、なにか面白い企画として企業に提供できないかなと考えてみました。モチーフに、従業員と商品を組み合わせてみたらどうかなと。まさに生きた広告ではありませんか?本当は自分の好きなモチーフを好きに描きたかったのですが、企画として考えると弱い気がしたんですよ。

 今回ばかりは芸術でもなんでもなくていいと。とにかく人前で絵を描かせろと。というかもともと芸術なんてやっていませんから関係ない。やりたいことをやりたいようにやるだけ。

 そんなこんなで、出来上がった企画書を熊本のデパートから何からに送りまくりました。ここで勘違いをしてはいけないのは、向こうからなにか返事があるんじゃないかとか思わないことです。まずありません。こっちは無名もいいところなんですから。

 このあと電話攻撃にはいりますよ。

 それじゃ、また。サリュ。完全ノンフィクションです。今までの話は全部。今さらですが。

|

« 公開制作編① | トップページ | 公開制作③ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開制作②:

« 公開制作編① | トップページ | 公開制作③ »