« 公開制作編④ | トップページ | なんとか毎日。 »

2008年4月16日 (水)

公開制作編⑤

 今日は雨で、愛車のソロも前輪がだいぶすり減ってきているので、びくびくものです。

 企業側の婉曲な断り表現って巧妙ですよね。でも思うんです。これって一回営業に行ったからって、なかなか契約までたどりつけない販売系の仕事と同じですよね。向こうも半分本気で半分どうでもいいと思っているんですよ。

 このときは、自分になんらお金が入ってくるわけじゃなし、黒か白かで決着がつくと思っていたんですね。でもそうじゃないときもある、継続して働きかけたらもしかしたらうまくいったかも知れない。

 他にも企業はあるさ。そう楽観して今度は熊本鶴屋にアポ取って出かけてみました。ここは熊本一の高級感あふれる百貨店です。近年別館もできて、ブランドバリバリな感じで貧乏絵描きにはちっとばかし敷居が高い。

 ま、でも失うものなんて今も昔もありはしないし、だめもとでプレゼンしました。ここでの答えは「他のブランド店からクレームがつく可能性があるので、アートのイベントには慎重に対応している」でした。

 どこのブランドか知らんが、ケツの穴がちいせぇ話にガックリしました。本当は婉曲に断ったという見方が正しいんでしょうけど。

 そろそろ心も体も疲れてきていました。このパステル画の公開制作はどこかで実現するのか?また今度。

 サリュ

Img_0270big ←やっぱり、今回の展示でも一番人気!

|

« 公開制作編④ | トップページ | なんとか毎日。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開制作編⑤:

« 公開制作編④ | トップページ | なんとか毎日。 »