« 展示スタート | トップページ | 公開制作編⑤ »

2008年4月15日 (火)

公開制作編④

 えー、心を入れ替えてなるべく書いていきます。

 公開制作編といいますか、自分がこれまで何をやってきたのかを誰にともなく書いていくのがこのブログの趣旨ですのであしからず。パステル画の描き方が妙に反応がいいので何回か書いてみましたが、気が向いたらまた続きを書きます。

 さて、前回は企業に公開制作の企画書を送ったところまででした。まず岩田屋から。「このイベント面白いですね。やれると思いますよ」というお返事。マジですか?一瞬喜んだのですが、ここからが残念な展開になるのでした。

 丁度そのころ、岩田屋伊勢丹から阪神に企業が代わる次期で、「この話は三か月後くらいにもう一度しませんか。僕がイベントとかの企画担当じゃなくなるんで、この企画を次の担当者に引き継いでおきますね」というお言葉。そのときはまだ若かったので、単純にそういうもんか位に思っていました。でもそうじゃないんですね。断りの婉曲表現か?実はそうとも言い切れない気がしています、今。

 どういう意味か?また次回に。長く書くと毎日書こうという気になりにくいんですね。サボり魔ですから。

 サリュ

|

« 展示スタート | トップページ | 公開制作編⑤ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開制作編④:

« 展示スタート | トップページ | 公開制作編⑤ »