« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

世界の失業者2億人?

 今日の新聞はもう、日本の話を飛び越えて世界の失業者の話になっていました。

 お金の話はよく知らないのですが、地球上の金融額?全てのお金の上限はほとんど決まっているはずですよね。 

 じゃなかったら、スゲーインフレになっているはずですから。

 なのにこの不況。人が物を買うのを控えているからなんて単純なものではないはず。

 どっかに使われていないお金がストックされてるんだろうなという、素朴な疑問しか思い浮かばない浅はかな自分です。

 ところで、失業中なのでこの前職業訓練の面接に行ってきました。

 倍率2倍の上、製造系なので就職は厳しいと、面接の席上で面接官からのお言葉。

 世知辛れぇーナァー。

 Img_0274big

←派遣労働休憩中みたいな絵。

 今となっては、仕事があるだけましなんだなと実感。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

あたりまえのことをことさら。

 失業率の増加と共に、窃盗と強盗が増えているとニュースで見ました。

 あたりまえやん。

 消費も伸び悩んで、特に車が売れない。

 あたりまえやん。

 消費が伸びないと、税収が落ちるので消費税アップ?

 よくわからんやん。

 誰がそうしても、結果こうなるしかないということを平気でしておきながら、今さら右往左往されてもね。

 2000年代ってずっとこんな感じできているね。ここ十年ひどいことばかりがおきているきがするのは、作為的なマスコミに操作されているのでしょうか。

 今日は絵とあんまり関係なかったですね。いや、自分的にはあるんですけれども。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

いい感じに仕上がってきました。

 新しい絵が、いい感じになってきました。今年最初のパステル画です。

 いよいよ2月5から全日本アートサロン大賞展がはじまります。東京新国立美術館です。

 描きかけの絵も、ブログに載せてみたい気もしますが、前に一度無断で絵のイメージをパクられた疑惑があるのでやめておきます。

 必ず公式に(といいますか、第三者の目に)確認がとれてからアップすることにします。

 ネットに公開するって結局マネされてもしょがないですもんねぇ。確認とれんし。

 それはいいとして、今日の絵はこちら。

Img_0262big PARISという絵です。ユニオンジャックにマーチンでバリバリロンドンなのに、なぜパリ?

 真ん中の河はセーヌです。テムズではありません。パリにいたとき、メトロ使わずにマーチンはいて死ぬほど歩きまわりました。

 おかげで半年後には、地図なしで歩きまわれるようになったんですが、そのときのイメージ画です。

 そんな感じで。サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

続パステル画の描き方

 今日あたり、風景画が描き上がる予定です。

 次は熊本新町を予定しております。旧ニコニコ堂の横の坪井川から明八橋あたりを描く予定です。

 この間熊日新聞を読んでいたら、このあたりの川に船を浮かべて観光の新名所にしようみたいな記事が載っていました。

 水深が浅い場所は工事して、ということだったんで、工事が入る前になんとか描こうと思います。 

 この計画、告知の際には連絡していただくと、風景を描きますよ、なんて。

 さて本題。パステルの描き方はずいぶん前に書いたのでどこまで書いたものだか忘れましたが、とりあえず描いている写真を。

Img088 ←描き始めです。道具はこんな感じで。

 えーと、パステルの使い方に対する疑問がある方などいらっしゃいましたら、質問等受け付けております。

 あまりに普段描き続けておりますもので、空気を吸うみたいになってしまって、特別かわった描き方はしていないと思います。

 ので、全く一から始められる方とかは、以前のブログをお読みになるとよろしいかと思います。

 なんか、半端な感じになってしまいました。でも、市販のパステル技法書があれば、普通にイケますよ、ホントに。

 カンフーパンダをアメリカに行く飛行機の中で見たとき、奥儀なんてないんだ、普通のことを地道にやるんだみたいなことを言ってましたが、あれと同じですよ。

 なぜ、カンフーパンダの話になるんだか。でも、奥儀のとらえ方はあれで正しいと思いますよ。

 近道はないんですけど、近くない遠い旅の方がわくわくするもんな。旅は途上が旅で、目的地が目的じゃないって感覚はよくわかります。

 まだ見ぬ場所を目指して歩いていきましょう。サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

風景画を描いております。

 身も心も寒い今日この頃、皆さんどうお過ごしでしょうか。

 職を失っていらい、ここぞとばかりに絵を描きに行っております。

 今は熊本県大津の堤を描いています。片道25キロを原チャリでぶっとばしてます。

 ちょうど大津公民館の前で描いているんですが、どうやら毎日何かの教室が開催されているらしく、5時くらいになると中から数人の方がでてこられます。だいたいは定年後の女性といった感じの方たちなんですが、昨日は声をかけていただいきました。

 「これ持っていきなさい」

と、ホッカイロをたくさんいただきました。

 なんだか沁みました。熊本市内で描いているとあんまり声をかけられないのですが、少し郊外に出ると、いい出会いがあります。

 パリで描いていたときはよく声をかけられたんですが、フランス語がよくわからなかったので、どう受け答えしていいかわからずにいると、向こうも片言の英語に切り替えてきます。しかし英語もよくわからないんですねぇ。

 Img040

 ←シャンドマルス公園で、手押しのメリーゴーランドを描いているところ。

 Img_0370big

←その絵です。

 風景をかくのは、人と出会う楽しみでもあるんです。

 サリュ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

全日本アートサロン大賞展

 今年の全日本アートサロン大賞展に入選いたしました。

 パステル画で、以前このブログにも少し紹介いたしました、2足のマーチンという絵です。

 ○ニ○ロ関係者の皆様朗報でございます。2月5日より東京新国立美術館でアートサロン展が開催され、そこにこの作品も出展されますので、機会があればぜひご覧下さい。

 Img_0268big  

←この作品です。パリに着いたばかりのときの、期待と不安を表現しました。サイズは65×50です。

 背景は紙の白色を生かしてそのまま残してあります。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

描きかけパステル画

 こんにちは。

 突然ですが、描きかけパステル画の写真を発見したので、載せてみます。

 二年前に撮った写真です。JAIL三部作の最終作を、パリにて制作途中です。

 なにしろこのころは、パソコンどころかデジカメすら持ってなくて、フィルムを現像に出したりしていました。でもパリでの現像代が高くて!

 日本に持ち帰り、現像し、写真をスキャンしてデータ化してやっと日の目を見たという手間のかかった写真です。

 デジカメ移行期の事務処理の大変さが身にしみます。写真はこちら。

Img157 以前書きました、右利きは左から仕上げるの意味が、だいたい分かります。

 一番右端の人物は今から描きこむ状態です。

 こんな感じでいつも描いていますよ。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

さて、自虐もほどほどに

 新年、はっきり言ってろくな年にもなりそうもねぇなんて思ったりする。

 多分、いつものごとくどっちでもない感じになるのでしょうか。

 時の流れは生まれてから死ぬまで万人、一直線にすすむ、らしい。過去を振り返るとよくいいますが、前述の考え方からすると振り返る事は頭ではできても現実には無理だと。

 思い出が過去なんでしょう。共有できる人と一緒にいられることは、信じられない程の幸せなのかもしれませんね。

 ところで、皆さんは絵の主題というものを持っていますか。もう、今のアートシーンじゃ、そんなものは死んだって感じなのですが、自分は持っています。

 それは何でしょうか。言葉にすると少しずれる気がいつもするのですが、自分にとってリアルな感覚を絵にし、それを観る方にもズレがない感じで受け取っていただきたい絵です。

 ね、なんか意味不明でしょう。よく、作品のイメージを自由に感じてもらいたいというアーティストのかたがいらっしゃいますが、それとは違う感じがします。

 押し付けがましいのかな。自分の血肉になった感覚しか信用しない、そんな姿勢です。その感覚を拡大していく為には、普段も意識していろんなものに接していたいと思っていますが、ついダラダラしてしまいます。

 なにがリアルでリアルじゃないかは千差万別。そこを掘り起こす作業が私の制作だと思っています。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

年が明けたところで。

 明けましておめでとうございます。

 年明け一発目から、職探しです。でもまぁ、寝る場所はあるし、大丈夫でしょう。

 朝早くおきて

 やることはあるが

 金にはならない

 いつかきっとって言葉を信じていたのか、もしかして?

 ありもしないリセットボタンを探しながら?

 誰にも言えないのは、心の傷ではなくていつものあの、湧き上がるドス黒い何かだろう。

 ポジティブとネガティブなんていうジャンルを上手に行き来したつもりになって

 生きている実感を痛みで感じるタイプをプリミティブって、あ、喜びも?

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »