« 年が明けたところで。 | トップページ | 描きかけパステル画 »

2009年1月 6日 (火)

さて、自虐もほどほどに

 新年、はっきり言ってろくな年にもなりそうもねぇなんて思ったりする。

 多分、いつものごとくどっちでもない感じになるのでしょうか。

 時の流れは生まれてから死ぬまで万人、一直線にすすむ、らしい。過去を振り返るとよくいいますが、前述の考え方からすると振り返る事は頭ではできても現実には無理だと。

 思い出が過去なんでしょう。共有できる人と一緒にいられることは、信じられない程の幸せなのかもしれませんね。

 ところで、皆さんは絵の主題というものを持っていますか。もう、今のアートシーンじゃ、そんなものは死んだって感じなのですが、自分は持っています。

 それは何でしょうか。言葉にすると少しずれる気がいつもするのですが、自分にとってリアルな感覚を絵にし、それを観る方にもズレがない感じで受け取っていただきたい絵です。

 ね、なんか意味不明でしょう。よく、作品のイメージを自由に感じてもらいたいというアーティストのかたがいらっしゃいますが、それとは違う感じがします。

 押し付けがましいのかな。自分の血肉になった感覚しか信用しない、そんな姿勢です。その感覚を拡大していく為には、普段も意識していろんなものに接していたいと思っていますが、ついダラダラしてしまいます。

 なにがリアルでリアルじゃないかは千差万別。そこを掘り起こす作業が私の制作だと思っています。

 サリュ

|

« 年が明けたところで。 | トップページ | 描きかけパステル画 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて、自虐もほどほどに:

« 年が明けたところで。 | トップページ | 描きかけパステル画 »