« 山鹿百華百彩 | トップページ | 明八橋が、描き上がりました。 »

2009年2月19日 (木)

紙の水張りについて

 皆さん、水張りしていますか。

 わたしは、9割しています。なぜか。張ったほうがピシッとなるからです。

 まぁ、そんな簡単な理由なんですが、紙によってはしないほうがいいものもあるかと思います。

 さて、水張りの方法は?

 まず、パネルをご用意下さい。自作でも結構ですが、画材やさんに行くと、だいたい売ってあります。水張り用のパネルといえば大丈夫です。

 これは紙を切り離せば何度でも使えるので、二千円くらいするかもですが元はとれます。

 で、次は水張りテープを買います。紙製の、裏にのりがついているやつです。こののりは水に触れると粘着性がでるやつで、切手の裏ののりと同じと考えていただければよいでしょう。

 紙ですが、私はマーメイドを主に使いますので、そのつもりで書きます。

 まずパネルの上に、紙の裏側を上面にして載せます。このとき確認して下さい。紙はパネルより大きいですか?大きくないと水張りできないので注意です。

 次に、スポンジに水をふくませて紙の裏側表面に水を塗っていきます。びしょびしょにはならないまでも、紙にたっぷりしみこませられる量が最適です。

 この辺、紙によって若干差異があるかと思いますが、重要なのは完璧に塗り残しがないように水を張ることです。端の方なんか特に残りやすいので気をつけて下さい。

 そして、十分間位放置します。ここ重要です。紙に水をふくませるのは、紙を伸ばすためです。基本的な考え方は、伸ばした紙をテープで固定して乾燥させると、板にピシッと張れるということなのです。

 さぁ、放置した紙が水をふくんで波うっていますか。紙が伸びている証拠ですね。そうしたら、今度は固めにしぼったスポンジでもう一度水をぬって下さい。

 うっすらで結構です。あまり多いと、次の作業に支障をきたす場合があります。

 そうしたら、紙を裏返してパネルに合わせてください。そのとき紙とパネルの間に空気が入るかもしれませんが、そのときはタオルかなにかで押さえたりしてなるべく空気がはいらないようにするのがコツです。でも、あんまりごしごしやると紙に折り目がつくのである程度で結構です。

 あとは水張りテープでパネルと紙のふちをとめていきます。

 パネルの横幅より若干せまく紙をカットしたほうが、強力に張れます。

 テープは、スポンジと指の間にはさんでスーッと引く感じでやると、適度な粘度がえられます。

 乾燥の方法ですが、平らな面に紙側を上にして自然乾燥が一番でしょう。たてかけたり、ドライヤーを使うとしわがよります。そうなってしまうと今までの作業が水の泡ですので気をつけて下さい。

 サリュ

|

« 山鹿百華百彩 | トップページ | 明八橋が、描き上がりました。 »

パステル画の描き方」カテゴリの記事

コメント

イキナリすみません!もしよろしければ、「パステル画の展示方法」についてお教え下さい。

透明ガラスでカバーされた写真用額縁のようなものや、透明プラスチックでカバーされたパネルに入れた展示法には、飽き足らぬものを感じます。

カバーのない、パステルの筆致や感触がより直截的に伝わってくるような展示法はないものでしょうか?

たとえばパネルに水張りした画用紙などの上にパステルで描き、それをガラスカバーのない額にいれて展示するとしたら、どんな額が良いのでしょう?またその場合の注意点などについて、どうか是非ご経験上のアドバイスをお願いいたします。

投稿: (・。・すぎのめメ | 2010年2月16日 (火) 04時09分

はじめまして、すぎのメさん。
 
 パステルの筆致を見せたいというお気持ち、よくわかります。私も以前同じように考えた時期がありました。
 額につきましては、簡単に考えた方がいいのではないでしょうか?水張りボードを直接使うのであれば、仮額は自作できるのでは?
 しかし、ここで真剣に考えていただきたいのは、パステル画は、展示中にお客様に触れられたらかなりまずい事態になるということです。
 絵とお客様との距離をとれる状態であればいいのですが、そうすると近くで見ていただけないというジレンマがありますね。
 美術館の学芸員さんからは、パステル画はとにかくいい額に入れて展示保存しなさいと半ば怒られました(ゾンザイにしていたもので…)。
 というわけで、私はやはり、なるべくいい額に入れることをお勧めしますよ。長期にわたって保管するならなおさらですよ。

投稿: 櫻井栄一 | 2010年2月16日 (火) 11時41分

櫻井栄一さま

早速のご助言、大変ありがとうございました!

たしかにご指摘の通りで、展示リスクや保存リスクを考えますと、カバーなしに裸でさらすことには矢張り躊躇を感じてしまいます。

にもかかわらず……それでも何か良い方法はないだろうか?…などと拘ってしまうのは何故だろう??……などと愚かにも自問している次第です。

(・。・すぎのめメ

投稿: (・。・すぎのめメ | 2010年2月17日 (水) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙の水張りについて:

« 山鹿百華百彩 | トップページ | 明八橋が、描き上がりました。 »