« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月18日 (月)

熊日デザイン賞

 熊日デザイン賞、グランプリをいただきました!

 土曜日、熊日新聞の本社で公開審査があったのですが、ちょうど法事で八代の方へ行っておりました。

 お経の最中に電話があり、親戚の携帯切っとけよの冷たい目線。正直、出展していたことを忘れていたくらいでしたので本当にビックリしました。

 なぜ忘れていたのかというと、デザイン賞だったからです。

 たまたま作品のサイズが一緒だったので、出展料も出せる金額だし出してみようかみたいな何の戦略もない出展だったのです。

 歴史も古い賞ですから、毎年研鑽を重ねておられるデザイナーさんや、デザインを良く知っている方が入選されるものだとばかり思い込んでいたのでした。

 とにかく、今まで応援して下さった方達に感謝です。

 これをバネにして、アートスイッチがんばるぞ!

 また熊日新聞に顔写真とインタビューが載るそうなので、興味がある方はチェックしてみてください。多分、的外れなことを言っている気がします。

 サリュ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

ジャンベの勉強

 昨日、熊本並木坂通りにある、アフリカンショップWASSAWASSA(ワサワサ)さんに行ってまいりました。

 8月1日、30日にイオンモールクレアさんでやるイベントに、ジャンベの演奏をやりましょうという企画の話をするためです。

 恥ずかしながら、熊本はジャンベが非常に盛んであることを寡聞にして知りませんでした。

 お店はカフェも併設していて、真ん中のスペースは吹き抜けになっているという心地いいところです。

 で、実はジャンベという楽器をあまり知らずに演奏の申込にいくという、冒険野郎といいますか、向こう見ずな私はとりあえず演奏のDVDを御借りしました。

 それでも、8月30日のジャンベ演奏を快く引き受けていただき、またひとつこのイベントの楽しみが増えました。本当に、この失礼な申込を快くひきうけてくださってありがとうございます。

 さぁ、そろそろ、パブリシティの時期です。熊本のメディアにアートスイッチの初お披露目のときが近づいています!

 気軽にアートを楽しもう!のコンセプトのもと、やっとこさ形になりました。もちろん無料のイベントです。あ、ワークショップ参加ご希望の方は別途材料費がかかりますが、1000円以下になると思います。(ざっくりした情報ですみません)

 そんなこんなで、サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

不況の底は?

 最近、職業訓練校で先生方が実習先を探しています。

 全部工業系ですが、最近は自動車関係がやっと普通に生産を開始したらしい。半導体は未だ厳しいということでした。

 まだ予断を許さない状況だということです。

 でももし、景気が上向いてきたら?

 やっぱり派遣で人員を確保するの?

 正社員の募集はなく、派遣の人狩りが一時期みたいに氾濫するのかな?私の身近にいた例では、熊本の田舎の工場に北海道から働きにきていた人がいました。

 自給900円で。あれってなんですかね。契約切れたあの人たちのゆくえは知りません。

 それでも、アルバイトしか働く場所がなかったらやっぱり派遣にまたとびついてしまうのかな。

 それとも、企業も思い直して正社員をなくして全部期間か、派遣の契約にしてしまうとか。雇用は流動的になりますが、働く口は増えるかもね。

 そういう発言してる野郎は、明日首を切られるかもという職場で実際働いたことがもちろんあるんでしょう。自分のやっている仕事になんの将来の展望をもてず、つねに不安定な立場にいても幸せを追求できる自信があるのでしょうね。

 大学教授とかどっかの議員さんの発言だったら笑えます。

 今日はなんか攻撃的ですいません。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

つつじ祭りに参加しました。

003 大津町主催のつつじ祭りで、パステル画の公開制作。

歩行者天国になった通りの真ん中が、割り当てられたスペースでした。

ストリート出身を自負する、私にはもってこいのスペースです。

013 事前告知をしなくとも、お祭りだから注目度も高くて、なかなか好評の様子。

3時間しかなくて、もう、まわりのことを気にする暇もありません。

016 たまに話かけられたりして。

023 ゆるキャラ登場!

026 モチーフは、パレードに参加していた吹奏楽部でした。

完成品は、大津町役場に飾られるそうなんでよろしくお願いします。

サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »