« 熊日デザイン賞 | トップページ | 急きょ決定!個展開催! »

2009年6月 2日 (火)

熊日デザイン講評

 今日、熊日新聞に、熊日デザイン賞の講評がありました。うれしい評ばかりで、ホントに自分の事かななんて思ってみたり。

 松永さんの、今までにないタイプというのは多分、なんの傾向と対策的なものもしなかったからでしょう。

 ていうか、多分できませんが。今まで結構嫌われてきた作風だったので、嬉しかったです。

 窒息寸前のところに突然酸素ボンベが現れたみたいな感じです。

 ほかの方の作品と、なんていうか匂いから全く違っているので、紙面で見ると異質です。

 個展したいなぁ。

 サリュ

|

« 熊日デザイン賞 | トップページ | 急きょ決定!個展開催! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊日デザイン講評:

« 熊日デザイン賞 | トップページ | 急きょ決定!個展開催! »