« こんなに話を聞いてもらえるとは。 | トップページ | プロではないのだろうな。 »

2010年2月18日 (木)

町家の壁。

 モヒカンポシェットの店舗になる町家の壁は、化粧板が張ってありました。どうしても裏側が見たくなったので、修復可能な場所をまず剥がしてみました。

 出てきたのは、もとの町家の壁!

 化粧板を張った当時は単なる古臭い壁に見えていたのでしょう。でも今や古い壁は貴重な飾り壁です。新しい建築法のもとで、一回町家を取り壊すともう二度と戻らない。活用されていない町家の朽ち方は、大変なものがあります。

 この町家の壁を活かしながらの店舗になりそうです。

 実は天井も確認済みなんですが、天井化粧板の裏には太い梁がありました。

 ここ、バランス感が必要。化粧板を全部剥ぐと、いかにも古民家な店構えになるのでしょうが、そこはモヒカンポシェット。古民家カフェをつくるのではありません。

 どこにもない店をつくるのだ!

 まだまだ内装は入り口。頑張らねば。

 サリュ

|

« こんなに話を聞いてもらえるとは。 | トップページ | プロではないのだろうな。 »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町家の壁。:

« こんなに話を聞いてもらえるとは。 | トップページ | プロではないのだろうな。 »