« ストレスを感じたら。 | トップページ | 三畳美術館 »

2010年3月 5日 (金)

利休の本を読んで。

 茶の湯と秀吉の関係性から、利休の人となりを書いた本を読みました。

 突き詰めると、茶の湯とはある心境の極致を目指すものなのだなと思いました。

 一歩間違えると宗教の原理主義にまでなる茶の湯。原理主義者の世界平和は、世界中同じ思想なら世界は平和だという考え方。

 茶の湯がそうならないのは、あくまで主人と客という他者を他者として認める思想があるからでしょう。

 千人いたら千通りの道がある。

 茶の湯の前には武将だろうが、一般人だろうが平等。あの時代に提案された思想としては、かなりアナーキーで前衛的です。現代の茶会は、誰でもが平等という政治的なパラダイムシフトが明治維新で起きたときから利休が目指した理想の形になったものだと思います。

 1人の欲望を満たすためには、地球一個では足りないという言葉が浮かびます。

 どこで満足するのか?

 今、この瞬間、全てに満足する。

 そのための努力を怠らない。

 う~ん、まだまだ無理な心境です。

 サリュ

|

« ストレスを感じたら。 | トップページ | 三畳美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利休の本を読んで。:

« ストレスを感じたら。 | トップページ | 三畳美術館 »