« 石田三成 | トップページ | 5月31日 夕方いちばん 街角ゲッチューにて紹介していただきました。 »

2010年5月31日 (月)

熊日デザイン賞2010

 熊日デザイン賞、今年は3席に2点入賞という結果でした。

 「去年のインパクトが強すぎて、よっぽどじゃないと…」

 公開審査で聞こえてきた審査員の先生の言葉。

 こういう公開の審査を見るのは初めてでしたが、その言葉には「そういうものか」と思いました。

 とにかく、ずっと緊張している状態が続いてこういう緊張感って久しぶりだなと思いました。

 その夜には長崎書店の3階で、河原町主催のアートマンパーティーに参加。

 モヒカンポシェットと三畳美術館、アートスイッチの宣伝もさせていただいて感謝です。4年間の河原町の成果が、このパーティーで形になったのでしょう。熊本にアートシーンが根付きつつあるのは本当に素晴らしいことです。

 翌日曜にはBar JailでLiveの日、ZERO Vol.2に参加。ライブペイントとバンドライブ、DJのプレイが1,000円1ドリンクという格安でのイベント。

 作家やバンドが放つ熱量をひしひしと感じました。でも、宣伝がうまくできず、お客さんが予想より少ない状況だったのははっきりいってもったいない!

 クラブ系の告知は完全にできていたのに、アート系の告知を忙しさにかまけてタッチしなかったのは激しく反省。

 関わるならトコトン関わるべきなんだと覚悟しました。

 じゃなかったら、自分にとってもプラスにならない。力として体に刻みこまれない。

 ただ、絵の技術的な収穫はありました。しかし。そういったものは付属的なものでしかないのだな。

 イベントの本質(アートとクラブカルチャーの競演)に関われる立場にいながら、そこにタッチしなかったのは怠慢意外のなにもんでもないからな。新しいことなのにそれをうまくプレゼンできなかった。

 次があるならやれることは全部やるぞ。

 サリュ

|

« 石田三成 | トップページ | 5月31日 夕方いちばん 街角ゲッチューにて紹介していただきました。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊日デザイン賞2010:

« 石田三成 | トップページ | 5月31日 夕方いちばん 街角ゲッチューにて紹介していただきました。 »