« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

無声映画 あっちこっちパッパby遠山昇司氏紹介。

 2010 8月1日(日)と29日(日)inイオンモール熊本クレア開催 アートスイッチVol.2

 に映画公開とういう形で参加されるのは、映画監督、プロデューサーの遠山昇司氏です。

Photo

Photo_2 

 活弁映画の公開! ワクワクします!8月1日のクレアホールで公開です。このチラシがあれば、ペアで¥1,000でご観覧いただけます。当日は¥800、小学生以下無料と、いいのかな?コレ?という程の料金設定でございます。設置場所は後日お知らせいたします。

 しかし、遠山氏と会ったのは、実に一回だけで、なんとなくこういう映画の企画があるというお話をしたのでしたが、こうやって実際形になるとは思いもしませんでした。

 アートスイッチVol.2という未だ成長過程のイベントで映画を公開するとは!主宰である私が一番楽しみです。頑張って宣伝しなければ!

 熊本から世界へ!

 一歩一歩進んで行こうと決意しておりますが、早速この企画はかなりハイレベルのアートです。

 内容は皆さまに楽しんでいただけるコメディーです。「3Dを超える人間の迫力」をテーマに活弁映画の復活という、とんでもないことに挑戦される遠山氏の気迫が揺らめいて見えます。この企画こそ、熊本発のアート発信として誇っていいですよ、皆さん!このタイミング、そしてアートスイッチという触媒があって、熊本での初公開なのですから!

 みなきゃ損!

 活弁映画はそこに行かなければ体験できない超限定のエンターテインメントなのです。後からDVDでもいいじゃんとかお思いの方。

 それは本来の活弁の楽しみ方ではないのです。人間の迫力を体感するなら、直に接するのが一番。

 そして幸運なことに8月1日にクレアでそれが可能!ヤバイ!みなきゃ!壁画制作の休憩中にまず私がみなきゃ!

 という程期待しております。

 だって見逃したら一生見れないかもしれないですもんね。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

阿蘇一の宮カレンダープロジェクト本格始動。

 いよいよ、カレンダーの企画が出揃ってきました。仕様については、サプライズということで、熊本サプライズに合致するかな~とか色気を出してみたりして。

 先日阿蘇や県の職員の方たちと席を同じにする場に誘っていただき、たくさんの助言をいただきました。そのなかにも「それは行政にしかできない発想だな!」という目からうろこな意見があり、やっぱりいろんな方の意見を聞かんといかんな~という思いです。

 そうやって沢山の思いを受け止めながら、カレンダーが出来あがっていくのでしょう。確かに描くのは私なんですが信じられないくらいの沢山の人の支援があって、初めてうまくいくプロジェクトになるのでしょう。

 作家、民間、行政が組んで阿蘇の観光プロジェクトの一環を作り上げていく。まさに王道。

 いつも思っていることなのですが、プロジェクトや絵を描くことに関することで初めてやることは真正面から取り組みたいと。正面玄関の門を叩く。

 大抵追い返されるんですが、稀に温かく迎えていただけると、最高の仕事をしよう!と思うものです。

 カレンダーの絵。早く描かねばな…

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

熊本アーティスト・インデックス展紹介ブログができました!

 2010 7月31日(土) 熊本市現代美術館ギャラリー GⅢ 熊本アーティスト・インデックス展開幕。

 どういう展示か簡単に言いますと、熊本ゆかりの若手作家を紹介するという展示です。

 参加作家は、加藤笑平、アートホーリーメン、竹之下亮、ワタリドリ計画、そして私、櫻井栄一となっております。

 すでにしてこの展示はスタートを切っております。

 街へ飛び出すアートというコンセプトを主題に、熊本の街を舞台に各所でプレイベントが開催されております。

 先日紹介した、7月11日のBar Jailでのイベントも実はこの熊本アーティスト・インデックス展のプレイベントになります。

 そんな中、アートホーリーメン主宰の熊本アーティスト・インデックス展というブログが発足いたしましたことを、ご紹介させていただきます。

 早速このブログの左側にリンクも設置いたしました。

 今後、この展示を詳しく紹介していく予定らしいので、熊本のアートシーンに興味があるかたはぜひのぞいてみて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

熊本アーティスト インデックス展 プレイベント開催!

 2010 7月11日(日) Bar Jail 18:00~ \1,500 1D

 来月はアートイベントが目白押し!

 7月31日(土)よりいよいよ幕を開ける、熊本市現代美術館 GⅢ 熊本アーティスト インデックス展のプレイベントとして、Bar Jailでアートと音楽のイベントを開催いたします。

 参加アーティスト

 加藤笑平

 竹之下亮

 アートホーリーメン

 櫻井栄一

 です。

 なんと、クラブで田植え!をしたり、ゾンビの音楽!が流れたり、コンテンポラリーダンス!が見れたりと、プレイベントながら見ごたえある内容になっております。

 とり急ぎの告知でした。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

新作パステル画。

 久々に新作を画像公開いたします。

006 ←うさぎの森 サイズB1 パステル

 2010熊日デザイン賞 三席。

 画像が粗いですね、申し訳ありません。現在新町三畳美術館にて展示中です。

009 ←ラビットソファー サイズB1  パステル

 こちらも三席。他の受賞作はコチラ。

 これも写真が粗いですね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

うんざりなんて。

 してて当たり前。

 それが普通というものです。

 どうして自分だけ… というのは傲慢というものです。

 アートなんていうモンスターを生業にしようとしたら、まず絶望感をどう飼いならすのかという心理的葛藤と一生お友達。

 行動すれば結果がついてくるとか、努力でなんとかなるとか、そういう一般的でありながら猛毒の嘘にどうやって中毒しないで生きていくのか。

 無名のまま世を去った絵描きなんてごまんといるでしょう。

 行動したって結果がついてこないことのほうが多いし、努力が実ることなんて稀だし、失敗から学んだのは痛手だけってことが遥かに多い。

 心に刻める誇りは「それでも挑戦した!」という一事のみ。

 怖気づいて何もしなかったとだけは言われないだろう、多分。

 例え自分を信じられなくても、事を起こそうと思えば起こせるわけで。もちろん信じていたほうが心理的にはやりやすいだろうけれども。

 絶望感。

 それは影。

 逃げられません。

 太陽に背を向けるから、自分の影が目にはいるんだ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

夢にまで見た…

 最近、アートスイッチVol.2の協賛を募る為、色々なところへお邪魔させていただいております。いわゆる「営業」です。

 企画書を片手に担当者の方にプレゼンする訳です。

 もちろんそんな仕事の経験があるわけではなく。自己流。

 NPO法人として、活動資金の調達は最重要課題。

 実際、資金がなければ身動きがとれません。

 アートスイッチというイベントは基本的には、参加作家の参加料はありません。どういう意味か。

 展示販売で作品を売っても中間マージンはありません。どういう意味か。

 私たちが作家さんに要求することはただ一つ。

 「ハイパフォーマンス」

 展示すること、作品をうること、そして当日の企画(ライブペイントやワークショップなど)への高いレベルでのトライ。

 毎回それに挑戦することで、イベント全体としてのレベルを上げ続けていくためです。

 このままでいいと思った瞬間に成長はとまるどころか後退するでしょう。

 その為には参加作家さんの負担をできる限り減らしたい。

 だから活動資金を調達することは重要。

 夢の中でも企業の担当者と交渉していました。

 できることなら熊本の企業に後押しされて活動するのが理想です。

 今後イベントやNPOが大きくなったときには熊本の独自性としてアピールできるでしょう。

 今はまだ県内にとどまっていますが、目標は九州規模、全国、ワールドワイドです。

 こんな時代にアートで夢を見る。

 みんなで壮大な夢を見ませんか?

 可能ですよ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

陶人形作家 西田美紀氏紹介。

 アートスイッチVol.2 inイオンモール熊本クレア 8月1日と29日の2days開催

 参加の陶人形作家、西田美紀氏をご紹介します。

 初めて西田氏の作品を見たのは、もう7年以上前になります。陶人形というものにあまり馴染みがなかった当時、「これいいな」と素直に思えたのは陶人形というジャンルに関係なく(知らなかったものですから)造形が非常に魅力的だったからです。

 その後、土を焼成して出来あがったという観点を加えて見るとさらに魅力的に見えてきました。陶器であるのに柔らかさを感じる人形たち。ただ柔らかいだけでなく微量の刺激物を湛えています。この刺激物が西田氏の陶人形に、生命を与えています。

 やさしい、かわいい、だけでないこの感覚はどこから出てくるのか考えてみるに、恐らく西田氏の聡明さとソリッド感のあるご本人の性格からきているのではないでしょうか。

 きっと、モチーフである生き物と相対するとき、~だけ、では収まらない生命の姿を感じておられるのでしょう。それを造形するとき自然と表現として出てくるのかもしれません。

 アートスイッチVol.2では、陶人形の公開制作を予定されています。作家の創作における秘密の一端が垣間見えるかもしれませんね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

特定非営利活動法人アートスイッチ設立目的。

                                                                                             

                                                理事代表 櫻井栄一

特定非営利活動法人アートスイッチ設立目的

 アートによる地域貢献を理念と実践を両輪にして活動していくことを目的とする。活動した経過を研究、評価することで社会にたいするアカウンタビリティーを果たし、アートによる地域貢献の基盤を整備していくことを目指す。

 具体的には、イベント開催において作家の発表の場を確保することから始める。その他、美術館や作家のアトリエを巡るツアーや、作家によるシンポジウム等を開催する。これらひとつひとつの事柄を各個の単独したものとせず、地域に貢献できる方途を探りながら活動を行っていく。

・熊本のアートの現状。

最初に、熊本のアートに携わる人々としておおまかに二つの種類に分ける。

既存美術団体所属作家と無所属作家である。

美術団体所属の作家においては累々として築き上げてきた団体の歴史があり、団体ごとの筆頭作家においてのヒエラルキーが確立している。展示発表の場も県立美術館や古くからの画廊等、固定した発表の場を確保している。特徴の一つとして、若年層は比較的少なく、60歳以上においての団体所属者が多数を占める。

もうひとつが無所属の作家である。このタイプの作家は展示発表の場が極端に少ないか、今までアートの作品を展示する定番としての美術館や画廊のみならず、自己開拓した商スペースを展示場にしている者が多い。さらに各地で行われている展示販売イベントに多数参加する。作家が自分の作品だけで生活しようとした場合、既存の画廊や展示スペースでは収入が保てないので、営業やつてを使い、販売経路を増やすしかない。画商が行うような仕事も自分で行う。年齢層は20~40代が8割を占める。

そうなると、熊本県内で自分のスタイルに合った販売場所を探すことになり、熊本の地域経済とも無関係ではいられなくなる。

現在熊本の地域消費スタイルとして、車を運転できる層は衣食住と娯楽がそろった郊外型巨大商業施設で全てすます傾向にある。他方、いわゆるシャッターが目立つ各地の商店街では経営者も消費者も高齢化が進み、若年層の商店街離れがとどまる気配はない。熊本市中央街の歩行者通行量は、平成9年度と20年度を比較すると、34%もの減少となっている。新市街からくまもと阪神への桜町ルートにおいては50%近く減少している。

○平成8年度  サンピアンシティーモール開店。

○平成10年度 クリスタルモールはません開店。

○平成16年度 ゆめタウン光の森開店。

○平成17年度 ダイアモンドシティークレア開店。

その他にも上記の商業施設の導線となっている国道57号線沿いには、大きな商業施設が相次いで出店していて集客における激戦区となっている。

このように、激増する新興商業圏のなか、個人で制作する作家が作品を展示販売する商スペースが増えることは一切ない。巨大商業施設に入るテナントは主に大きな企業が占めており、テナント料も高く、個人が入り込む隙はない。

アートを生業とする各作家にとってもこの状況は深刻である。以前熊本中心街にあった販売力がある少数の貸画廊でさえ軒並みなくなってしまった。それに反比例するかのごとく低料金の貸しギャラリーはむしろ増えているが、販売力を備えているギャラリーは少なく、販売努力はおおむね借りた側である作家に委ねられている。低料金とはいえ週単位で35,000円~65,000円の賃貸料ともなれば月額にすればテナント家賃に匹敵する。

作品を展示販売する場所の確保が益々困難になっている現状の簡単な帰結として、創作するアトリエだけを熊本に置き、展示販売という経済活動を首都、大都市圏で行う作家が増えている。つまり、地域貢献に有力なツールであるアートそのものが、他県へ流出している。その最もたる例として、東京ビッグサイトにおいて年2回開催されるデザインフェスタの隆盛がある。つくる人の祭典を標榜するこのイベントは今や、全世界からツアーが組まれるほどの有力コンテンツになった。日本中の未だ可能性を孕んだ状態にあるアートを、ブース貸し、時間貸しという一元管理で紹介することで。現在では8,500人を超える参加者を集めるイベントに成長している。1994年初開催、今年で30回を超える開催を誇る。

しかしこのやりかたを地方のアートイベントとして即導入するには無理が生じる。多数の作家を確保したとしても集客動員が即見込めるとは考えにくいからだ。

○東京の人口 1300万人

○九州の人口 1470万人

○熊本の人口 180万人

単純に、この数字を見ても九州規模のイベントとして開催しなければ同じやりかたで同じ効果を期待することはできない。

デザインフェスタとほぼ同じ内容のアートイベントが名古屋でも開催されている。クリエーターズマーケットである。作家動員数は3000人。

○愛知の人口 740万人

東京の人口のほぼ半分であり、作家数もそれにみあったものとなっている。

熊本の人口と比例させれば750人の作家を集めればよいことになる。しかし、今現在熊本ではアートの祭典自体が開催されておらず、いきなりその人数を集めることは不可能だ。仮に集めたとして、使用会場は限られてくる。箱物としては真っ先にグランメッセ熊本が思い浮かぶが、仮にこのイベントを実施し、ある程度の収益を上げることに成功したとして当NPOが掲げる「アートによる地域貢献」ができたとは言い難い。それはどちらかといえば、「アートによる収益事業」といえるものだ。アートで特定の企業が事業収益を上げることと、作家個人の持つアートがどう社会に役立つように還元するかの関係性は今のところ希薄だ。こういった箱物企画は作家からブース代を徴収し、来場者から入場料を取ることで成り立っている。作家が魅力を感じて高い交通費とブース代を払うのは、膨大な来場者の中から自分がどこかの企業なりホワイトキューブなりに抜擢されるのではないかという期待感であり、そこまで望まなくても、東京に自分の作品の販路を求めての期待からだ。これらの条件を地方都市が満たすことは容易にはできず、相変わらず熊本で生まれたアートの都市への流出は続いている。

上記述べてきたとおり、単純に作家を箱物に集めて集客する方法論は都市部での有効性は実証されている。だが熊本は地方都市である。場所に見合ったイベントの形態を模索した中から、郊外型巨大商業施設でのアートイベント開催が生まれた。その経緯を次項述べる。

・アートスイッチのスイッチ、オン!理論

 前項で述べた通り、新興商業圏に熊本の商圏は拡大している。他方、県内各地の商店街の集客は厳しさを増している。

そんな最中、平成15年に熊本市河原町でアートによる町の再生というプロジェクトが始まった。特徴はアートを全面に出したパブリシティーであり、平成22年現在も毎月1回アートの日という作家によるマーケットを開催している。年に一度、河原町アワードも開催、賞の中にはくまもと阪神賞や毎年迎える特別審査員の賞など設けている。この試みは「町」とうい括りで行われ、今や県外からの参加者も現れるようになった。

 熊本県牛深市では天草在郷美術館という新しい試みが2006年より始まっている。館長の加藤笑平氏は東京葛飾生まれ。天草に住み、農家をリノベーションした美術館では現代美術の作家の企画展を催し、アンデパンダン展では全国から作品と作家が集まる。今、天草ではこの美術館と館長を中心とし、天草という自然豊かな環境の中でアートと地域住民そして美術館に由来する作家とがどう繋がっていくかという試みを行っている。

 熊本県山鹿市では、2010年から「湯の端美術展」という試みが始まった。豊前街道界隈という、八千代座を中心とした商店街で作品の展示販売とワークショップ、レジデンスを行った。まだ発足して間もない取り組みだが、古民家ギャラリー「百花堂」を中心とした企画で、アートを全面に打ち出した町おこしイベントとなっている。参加した作家に話を聞いたところ、作品もよく売れるし、来場者数も多いそうだ。具体的な動員数は把握していないが、イベントが続けば山鹿市にとっても有力なアートイベントのコンテンツになることは間違いない。

 熊本県玉名郡和水町では、2010年で8回目を迎える「里山美術展」が開催されている。和水町にある肥後古民家村の古民家を使い、様々なアートの作家が紹介されている。織物染色、ガラス工芸、陶器、平面、インスタレーション等のアートが展開されている。

 その他、熊本市中心街ではアートプレックス、まちなか美術展、阿蘇では「谷人たちの美術展」や全国から作家が移り住んでアトリエを構えており、西原村でも同じ様に作家がアトリエを構えている。

 この様に、県内各地でそれぞれにアートを主軸としたイベントや試みが行われている。それにも関わらず、これらの試みをよく知っているのは、アートに興味がある一定層に過ぎないのが現状である。

 各イベントがこのままバラバラの状態で行われる限り、熊本県のパブリックイメージはいつまでたっても「アート」にはならないであろう。「アート」が他県はもとより、全世界から集客できるコンテンツであることは明白にも関わらず。

 そこで、アートスイッチのスイッチ、オン!理論を活用することで、横の繋がりを生み出す試みを行う。

 アートスイッチとは、今現在熊本で進行中の上記アートプロジェクトをそれぞれつなぐスイッチとなるものである。

 休日の集客人数、公称4万人というイオンモール熊本クレアで、アートイベントを行うことを当初の主体とする。熊本県上益城郡嘉島町に存在する西日本最大級の郊外型商業施設である。広大な駐車場を備え、浜線バイパス沿いに位置するクレアは、熊本市西部のニューファミリー層の休日を過ごす選択肢の重要なひとつである。敷地の一角にはスパもあり、一日中クレアで用が足りてしまう程の専門店街を擁し、映画館などの娯楽施設も整う。

 唯一足りないものがあるとすればアートに関連する施設である。クレアにアートの施設がない理由としては、出資に見合う収益が上がらないということが挙げられるだろう。熊本西部のニューファミリー層には、今のところアートはなじみが薄いものである。

 このクレアで、アートイベントを行う。参加アーティストは、作品の展示販売を行うがそれだけでは参加できない。必ず自分なりの企画を行う。お客さま参加のワークショップであったり、巨大壁画の制作だったりと企画はアーティストの裁量で行うができる限りの質の向上を目指す。企画の質低下を防ぐため、事前に参加アーティストとは長期にわたり打ち合わせをし、クレアというスペースでできる限界に挑戦していく。展示販売のみでは参加できない理由として、ひとつには量では大都市圏のイベントに対抗できないことは明白なので、イベントの質を上げることで対抗するということがあるが、最大の要因はお客様のアートに対する理解度の問題がある。

 このイベントはアートに全く興味がないと想定されるクレアに買い物や遊びにきたお客様にアピールしなければならない。この点が既存のアートイベントや、画廊や美術館で展示するのとは違う。通常、アーティストはアートに理解があるお客様を相手にする。しかし熊本で名もあり実績もあるアーティストも、クレアではほぼ無名の一作家となる。そのときにライブペイントやワークショップこそがお客様の理解を得られる武器になるのである。その質が高ければ高いほど、アートに関心を持ってもらう一助になる。

 さらに一歩、深い興味を抱かれたお客様に、アーティストが主に活動している地域を紹介するという試みがある。本イベントに参加するアーティストは実に様々な地域を拠点としている。熊本市内はもちろん、植木、山鹿、阿蘇、天草、大津、熊本と東京を往復する者もいる。拠点のありかたとしては、単にそこにアトリエを構えていたり、作品の主な発表の場であったり、個人で美術館を称していたり、河原町に至っては町そのものがアートのプロジェクトであるなど実に様々である。

 アーティストが拠点としている地域の情景、アートスポット、イベントのあり様をお客様に紹介することで初めて、熊本の現在進行形アートシーンのほぼ全貌がイオンモール熊本クレアに現出することになる。

 今までは時間軸、空間軸ともに触れあう事もなく、それぞれが独自の展開をしていた熊本のアートプロジェクトが、そのプロジェクトの運営組織によってではなくアーティストによってこの場所でクロスオーバーするのである。地域振興系アートプロジェクトの運営組織は行政や、地域の商工会が行っている場合が多く例えば山鹿と阿蘇のプロジェクトが連携して動くことはない。ところが、そのイベントに参加するアーティストは、自分のイベントや拠点をもっと沢山の人に知ってもらうことが大変重要なのである。そのためにイベントに参加するのである。行政や地域の商工会等は組織で動く為、身軽に他のアートプロジェクトに参画することが難しいのが今までの流れであるが、アーティストは身軽に動くことができる。そこが大きな利点である。

 一般客4万人超を1日で集客するクレアで、自分の拠点をアピールすることの意義は大きい。拠点に来ていただきさえすれば、より奥深いアーティストの作品世界に触れていただくことができるばかりか、その地域にクレアからお客様を呼ぶことにもなるのである。その為には、アーティスト自身が拠点地域に対する理解を深める必要も出てくる。さらに、地域の方々にもアートスイッチの意義を理解していただく必要もある。各アートプロジェクトの特徴を生かしながら、アートスイッチというスイッチを介して繋がれていく新しい関係性こそがアートによる地域貢献に他ならない。

 お互いの理解を深めながらより連携の取れた体制を構築し、熊本県下のアートプロジェクトをそれぞれの独自性を保ちながら「熊本のアートシーン」というパッケージングで九州各県へ、ひいては全国へと発信していく行為の全てをアートスイッチ、オン!理論とする。

 アートスイッチ、オン!理論の実践の場が、イオンモール熊本クレアにおける、イベントアートスイッチである。今後このイベントを継続していくとともに、派生していく関係性のひとつひとつを大事にしながらアートを発信し続ける姿勢をとる。

10年後を見据えて。

 イベント開催だけがアートによる地域貢献ではなく、作家や観客の意識を地域社会という枠組みに向けることこそが大事であると考える。10年後には、アートといっても何も特別なものではなく生活の一部として当たり前にある状況を作り上げるのが目標である。その為に行える方策の全てを、できる限り行っていくのが当NPO法人アートスイッチの掲げる信条とする。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

陶芸作家 宮部竜二氏紹介

 アートスイッチVol.2 inイオンモール熊本クレア 8月1日、29日の2days開催

 に参加される陶芸作家、宮部竜二氏をご紹介いたします。

 熊本市現代美術館アートパレード展2010にて、審査員特別賞を受賞された宮部氏。阿蘇一の宮にはマンボライトという自分の作品のショップを出されています。

 陶芸と言ってもその世界観は独特です。造形作品の素材が陶器といったほうがより近い気もしますが、日常使いの陶器ももちろん制作されますのでやはり陶芸作家です。

 土と向かい合ってインスピレーションのままに制作されるスタイルで、そこから生まれる作品の世界はどこか日本人の感性の根源を感じます。陶器なのに生命を持ったもの。万物に生命が宿るという日本古来の信仰につながっている気がします。

 宮部氏は他にも家具を制作されたり、Tシャツをデザインされたり、服をつくられたりと多岐に渡る才能を発揮されています。

 一見ばらばらに見えるようですが、各ジャンルの作品をよく見てみると上記のような感覚が奥底に潜んでいて宮部ワールドが確実に息づいているのがよくわかります。

 アートスイッチVol.2では、お客様に素焼きの陶器に絵付けを体験していただくワークショップを予定されているとのこと。

 宮部竜二氏とその作品世界に触れていただける絶好の機会です。イベント当日はぜひワークショップで陶芸の一端に触れて、お楽しみください。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

画家、加藤笑平氏紹介。

 アートスイッチVol.2inイオンモール熊本クレア 8月1日と29日

 に参加予定の作家、天草在郷美術館館長にして画家、パフォーマーでもある加藤笑平氏をご紹介いたします。

 彼の魅力の中で、私が一番に皆さんにご紹介したいのは、人としてのエネルギーの発露です。

 そのエネルギーの放射角度によって絵画であったり、パフォーマンスになりもし、インスタレーション、イベント主催と多岐に渡った表現が表出します。

 いわば生粋のアーティスト。

 私なんかの場合は、エネルギーの使いどころが絵画にしか向かないのですが、加藤氏のエネルギーは沢山の放射角度を持っており、そのすべてにひたむきに、誠実に向き合っています。

 今回のアートスイッチにおいての、加藤氏が行う予定の企画の見どころはまさにエネルギーの発露にあるのではないかと勝手に睨んでおりますが、どうでしょうか。

 ご本人から違うよと言われればそれまでなのですが。

 一人の人間がなにかを表現しようとするときの膨大なエネルギーそのものをお客様に鑑賞していただき、何かを感じ取っていただければそれは素晴らしい「アート」の王道に間違いないでしょう。

 う~ん、無料で見ることができるなんて素晴らしい!と自分で言ってしまいますが。

 簡単ではありますが、加藤笑平氏を櫻井栄一なりにご紹介してみました。

 今後の作家さん紹介も私なりの紹介になってしまいますがご了承下さい。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

点と点をつなげると線。

 なにかをやろうとすると、思い通りにいかなかったりしますが。

 むしろ思い通りにいった経験の方が少なく。

 精神的には血まみれの様相。

 それでもやり通すことに意義があると信じている。

 例え失敗したとしても、失敗をやり遂げることでなにかが生まれる。

 今年も半分過ぎようかという6月。

 すでに手痛い失敗をいくつも重ねたが、なんとかアートスイッチVol.2の開催にこぎつけようとしている。

 自分一人の為だけにだったらここまでやれません。

 作家さんの為になるかもしれないという動機が必要。

 今だ、熊本では誰一人見た事がないアートイベントの幕を開けようとしています。

 最近よく耳にする言葉「肥後の引き倒し」。

 そうですか。

 やっとその言葉を頻繁に耳にすることができる場所まできたか。

 派手にいきますよ、まだまだ。

 サリュ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

企画書。

 初めて企画書を書いたのは、8年前。

 それからどれほどの企画書を書いてきたことだろうか。

 絵描きなんですけれども、本業は。

 しかし、仕事のとっかかりはいつも企画書の提出から。

 つて、金、コネなしから始めて今でもあんまり変わらない状況ですが、企画書をどうにか書けるようにはなった気がする。

 気がするだけだったりして。

 まぁでも、その企画書からイベントだったり仕事が発生したりしているので、どうにか機能はしているようです。

 自分の場合、企画を売り込まなければ、むこうから仕事が来る訳ではないので、苦手な営業もこなさなければなりません。

 絵描きで営業が得意って、そうそういないんじゃないですか?

 黙って絵を描くほうが得意です。

 しゃべると、まとまりがつかなくなる傾向にあるので、企画書に力を入れているのではないか。なるべくしゃべる分を減らす為に。

 そういうことか。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

アートスイッチVol.2 情報!

 おいしい素材をパッケージングして売り出す。

 ビジネスでは当たり前のこと。

 アートシーンでは?

 という疑問から立ち上がったイベント、アートスイッチです。

 熊本の様々な人達を巻き込んで、より強力になって今年も開催いたします。

 イオンモール熊本クレア

 8月1日(日)、29日(日)の2days。

 両日10:00~22:00 OPEN。

 色んなアーティストが終結!

 画家、布作家、陶人形作家、鉄作家、陶芸家、ごぱん販売、コンテンポラリーダンサー、映画監督。

 まさに十人十色の熊本のトップクリエーターが集結!

 ワークショップに公開制作、パフォーマンスに映画公開と、今までの熊本では考えられなかった濃い~アートの祭典です。

 とにかくも、アート好きなら見とかなきゃ損!無料なんですから!

 今後は参加作家を折をみてご紹介していきます。

 お問い合わせは 080-4288-8882 artswitch_viroflay@yahoo.co.jp

サリュ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

5月31日 夕方いちばん 街角ゲッチューにて紹介していただきました。

 実は、三畳美術館にはテレビがないので自分では見ていません。残念。

 しかし、我ながら現代でミケランジェロの話をすると違和感を覚えますな。

 絵画教室も生徒募集中ですので、詳しくはこのブログの右側にあるタグの「絵画教室」をご参照下さいませ。

 ダダイズム以降の平面のムーブメントに全く興味が失せているのは、なぜだろう。

 頭(理屈)で納得しても心が動かないんだよ。実物の作品を見ても。ポンピドゥー美術館では居眠りしてしまったからなぁ。つまんね、ってなってしまう。むしろ理屈で納得させられると、反発まで覚えてしまう。

 そういう性格なんだな。

 誰かに感動してもらえるような絵を描きたい。その為に絵画の歴史や技術を勉強もするが、それに引きずられるのも御免だ。そういったものは、勉強して実践して一回体に入れたらどんどん捨ててきたよ。

 昔、「もっと技術的な勉強もしましょう」というコメントを、展示会場のコメントノートに残してあったのを覚えている。それ以来、コメントノートは置かなくなった。技術の枠から抜け出したい思いで描いた絵だったから。自分で選ぶから、アドバイスは当分いらないと思った。

 技術が見たいのなら、受験用のデッサン学校で死ぬほど見てくればいいだろ。

 色んなものを捨てて、それでもどうしても捨てられないものを大事にしてきた。

 余計なものはいらない。

 でも、知る努力を怠りたくない。怠りまくりですが。

 すごい絵ってどうしてすごいんだろうね。

 真珠の耳飾りの少女は、カメラオブスクーラを使ったからすごいんじゃないよ。今や誰だって写真から絵を描くことができる時代だが、あの絵に匹敵する絵にはなかなかお目にかかれないじゃないか?

 チャック ベリーと横浜銀蝿は譜面は同じ。

 すごさはどこからやってくる?

 サリュ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »