« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

アートスイッチVol.2、終了いたしました!ド派手に盛り上がりまして、想定外の集客にビックリ!皆さま本当にありがとうございました。

 29日(日)、イオンモール熊本クレアにおきまして開催しましたアートスイッチVol.2が無事終了いたしました!

 参加していただきましたお客様、本当にありがとうございました。

 壁画の完成を祝って行いましたライブに関わっていただいたスタッフの方々、感謝です。

 シンガーのれーなさん、イベントに参加していた各作家の方々からとても素敵でしたとのコメントが寄せられております。表現するということの原点を、ストレートにぶつけられた様な気がしました。歌いたい!聞いてもらたい!という衝動は、モノをつくって表現する私たちにとってもつくりたい!みてもらいたい!という点で全く同じです。いくつになっても、どんなときでも、それだけは変わらないということを脳天直撃で再確認させていただきました!ありがとうございました。

 ダンスチーム、シュガーヒルの皆さま。改めて、人が踊るという行為にどれだけの力があるか教えていただきました。とても、ライブペイントではあれだけの観客を容易に集めることは不可能です。踊る。この行為は表現としてはダイレクトに他者に伝わることなんだと教えていただきました。知ってはいたのですが、オーディエンスを観ていると、再確認できました。感謝です。

 そして今回参加していただいたアーティストの皆さま。

 アサヒ鉄工 ZUBEさん Jimmyさん

 加藤笑平さん

 木部大資さん

 竹之下亮さん

 ごぱん屋うっでぃーさん

 遠山昇司さんと映画に関係した皆さま

 西田美紀さん

 森口慶一さん

 宮部竜二さん

 モヒカンポシェットさん

 皆さまの協力なくしてこのイベントの成功はありませんでした!

 イオンモール熊本クレアの関係者様。

 アートイベントという、海のものとも山のものとも分からないイベントにご協力いただき、本当にありがとうございました!

 来年のアートスイッチVol.3の開催を承諾していただいて、感謝の念に堪えません。

 そして、最も尊敬されるべきは、このイベントにご協力いただいたボランティアの方々です!

 このイベントが運営できたのも、この方々が本当に助けていただいたからに他なりません!ありがとうございました!

 イベント主宰などと、全く偉そうにいえるものではありません。大勢の方の協力なくして熊本のアートシーンは創出されないことを身を持って感じております。

 改めて、皆さま本当にありがとうございました。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Art switch Vol.2 held in ion lace Kumamoto Clare ended safely on Sunday, the 29th.

Thank you really for the participating customer.

They are staff who celebrate the completion of the wall painting and did live related, and thanks.

The comment of very wonderful is being drawn by each writer who were participating in the event by not doing Singer [nore]. I thought the starting point of the expression to be thrown straight. I want to sing. ..hearing.. [tai] !It wants to make the thing and to make the impulse for us who expresses it. I want you to see. It is quite the same in the point. Only it was going to reconfirm no change at any time in the head direct hit at any age. Thank you.

Dance team and sugar Hill et al.. Again, it was taught how much power was in the act that the person danced. Very, it is impossible to gather the spectator only of can a live paint it easily. It dances. This act was taught transmitting to others directly as an expression. When the audience was seen, it was possible to reconfirm it though it was when knowing. It is thanks.

And, everybody of the artist who participated this time.

Mr. Jimmy ironworker Asahi Breweries, Ltd. ZUBE

Shouhei Kato

Daisuke Kibe

Ryou Takenoshita

[Gopan] monger [uddei;]

Everybody who related to [nobotsukasado] Toyama movie

Miki Nishida

Keiichi Moriguchi

Ryuji Miyabe

Mohican pochette

There was no success in this event without cooperation of everybody.

Ion lace Kumamoto Clare's parties concerned.

Thank you really for your cooperation in the one of the one of the sea of art event and the mountain and events that do not understand.

Appreciation is not borne approving holding next year's art switch Vol.3.

And, whats should be respected most are the people of the volunteer who cooperated in this event.

These people become that this event was able to be managed and the and others doesn't become help [takara] really. Thank you.

It is not the one that can be said the event presider etc. and quite with an air of superiority. As for the art scene in Kumamoto, I feel no creation without cooperation in many people because it has the body.

All thank you for renewing ..true...

[Saryu]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

いよいよ明日アートスイッチVol.2の2日目開幕!inイオンモール熊本クレア!

 残暑厳しいなか、皆さん夏バテなどされずお元気ですか?

 私は新町三畳美術館、クーラーなし!でなんとか猛暑をのりきりました。もう、秋の気配を感じます。昼も暑いのは暑いのですが、最盛期の暑さに比べると、少し和らいでいますね。この夏、クーラーなしですごしてみたら、獣のごとく少しの気温差に敏感になっております。30度くらいじゃもう汗をかきません!

 話がずれました。

 いよいよ明日、アートスイッチVol.2がイオンモール熊本クレアにて開幕します!

 アートイベントとしては、変則の2Day開催。

 スパンが一カ月ですから、参加作家さんにはある意味負担でしょうが、別の角度から見ると利点もあります。

 修正点を改変可能といったところでしょうか。

 やはり、商業施設でのアートイベントに参加というのは、なかなか経験がない、熊本のアーティストです。予想と違う点も様々あることと思います。

 それを短期間で修正し、より楽しんでいただく企画にしてもう一度参加する。

 この気づきこそが、アーティストにとって一番の収穫ではないでしょうか?

 イベントを重ねるごとに、アーティストも進化します。

 1日のイベントに参加されたお客様にしか楽しめない、密やかなアーティストの進化というマニアックな観方もあることをここでこっそりお伝えしておきます。

 今夏のシメに、アートはいかが?

 明日、開幕。

 アートスイッチVol.2.

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The lingering summer heat strictness immature ear or does not you get exhausted by heat and are you energetic?

I am [Shimmachi sanjyou museum], and the air conditioner none. The [denantoka] intense heat was got over. I have already felt the nip of fall. It softens a little compared with the heat at the season though it is hot in it hot in daytime. It is sensitive to a few temperature differences without the air conditioner in this summer like the beast when spending it. It has not sweated any longer in about 30 degrees.

The talk shifted.

Art switch Vol.2 will begin finally by ion lace Kumamoto Clare tomorrow.

2Day of irregularity is held as an art event.

There is an advantage, too, when seeing from another angle it is to be likely to bear the meaning by the participation writer because the span is one month.

Can the modification be modified?

Still, participation is an artist in Kumamoto in which the experience is not located easily in the art event in the commercial establishment. I think that there is variously point different from the expectation, too.

It makes to the project that enjoys being correct it in a short term more and it participates again.

Isn't only this awareness a harvest of the goodness for the artist?

Whenever the event is piled up, the artist evolves, too.

Only the customer in whom the event during a day participated can enjoy, and we will also tell a maniac way of evolution of a secret artist to see to be quietly here.

How does the art : to the hawfinch this summer?

Beginning tomorrow.

Art switch Vol.2.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

8月29日アートスイッチVol.2inイオンモール熊本クレア、いよいよ迫ってきました!

 今年で2回目になる、アートイベント、アートスイッチがいよいよ開幕します。

 8月1日に1回目のイベントを開催しました。ワークショップや壁画制作など、直接的に参加していただいたお客様の数は400人前後でした。

 直接的でなく、作品展示などを楽しんでいただけた数となると、ちょっと把握できない位の盛況ぶり!

It becomes the second times in this year, and the art event and the art switch begin finally.

The first event was held on August 1. The number of customers of the workshop and the wall painting production, etc. who had participated immediately was about 400 people.

Dsc_0109 ←奥に見えるのが壁画です。手前では子供達が、壁画に貼る絵を一生懸命描いてくれています。

 壁画前では一日中この風景が。

Seeing in the interior is a wall painting. Children draw the picture pasted to the wall painting hard in this side and it exists.

This scenery : all day long before the wall painting.

Dsc_0164 ←モヒカンポシェットのゴブラン織りワークショップは、大人から子供まで大盛況!時間を忘れる熱中ぶりです。

The weaving the Gobelins of the mohican pochette workshop is large flourishing from the adult to the child. It is an enthusiasm when time is forgotten.

Dsc_0256 ←西田美紀さんの陶人形ディスプレイはなんと!リヤカー!立派なインスタレーションになっています!

 奥に見えますのが、煤竹みみかき制作中の木部大資さんです。

Miki Nishida doll display very much. [Riyaka-]. It is a splendid installation.

Interior see smoked bamboo by[mimikaki]inside contribute.Daisuke Kibe

 数点ですが、前回のアートイベントの風景を載せてみました。

 次回は13:30~より、シンガーのれーなさんアコーステッィクライブ、14:00~シュガーヒルによりますキッズダンサーのダンスをお楽しみください!

 クレアにダンスフロアが現れるという、壁画のテーマでしたが、本当にダンスフロアが現れます!壁画前で開演です。壁画とダンスのインスタレーションをお楽しみください。

 他にもワークショップあり、公開制作あり、作品展示販売ありの楽しいイベントです。

 熊本の夏、最後の締めくくりはやっぱりアートで!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The scenery of the last art event was put though it was several points.

Please enjoy the dance of the kids dancer who depends on [ako-sutei;kkuraibu] and 14:00 sugar Hill who doesn't do Singer [nore] by 13:30 dependence next time.

The dance floor appears really though it was a theme of the wall painting that the dance floor appears to Clare. It is starting before the wall painting. Please enjoy the installation of the wall painting and the dance.

It is a happy event there is workshop of the other, production of opening to the public, it exists, and with the work exhibition sales.

After all, the last finishing off : in the art in the summer of Kumamoto.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

明日、NPO法人アートスイッチの新企画始動の会議です!もうすぐ詳細をお知らせできると思います!

 イベント、アートスイッチがこれまでの当法人のメイン企画でしたが、いよいよ新企画が発足します!

 まだまだ詳細が決まっていませんし、実現可能か、どういう意味があるのかなどの企画の根幹をビシッと決めないといけないという段階ですので、ご紹介できないのですが、本当に面白い企画になるでしょう。

 アートNPOにしかできない社会貢献というものが、確かにあります。今回の企画も、ある程度身軽に動けるNPOならではの企画です。

 と、いっても目新しい、とっても斬新!という企画でもなく、どうして誰もやらなかったのだろう?という、やろうと思えばできるものです。

 イベント、アートスイッチもそうです。やればできるのです。大変ですが。

 とにかく、アートと地域、社会、世間というものをどう繋げて皆楽しくなるか、そういう試みでしか現代の閉塞した状況を突破できないと考えます。

 ネットを通して、世界規模でありとあらゆる情報が手に入るという錯覚に陥っている社会に、一石を投じる企画に育てたいなと決意致しております。

 アートスイッチVol.2にて遠山昇司氏が公開した活弁付無声映画「あっちこっちパッパ」のキャッチコピーが、3Dを超える人間の迫力でした。

 まさに、システムやネットワークを超える存在は人間そのものだと思います。

 やべー、また風呂敷ひろげちゃったよ…

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The new project starts finally though the event and the art switch were the main projects of a current this corporation.

Still details are not decided it is likely to become a really interesting project though it is not possible to introduce because it is a stage that what meaning should decide [bishi] the basis of the project of which ..whether will.. feasible.

There is certainly a contribution to society made only art NPO. This project is a project only of NPO that can move lightly to some degree.

It is novel even if it says, and very novel. It was not a project, and either no one why might have done. It is the one of thinking doing that can be done.

The event and the art switch are also so. It is possible to do if it does. Though it is serious.

Anyway, everyone thinks whether become happy for it to be able to exceed the situation that the present age blockaded only by such an attempt by the art, the region, the society, and the people' tying very.

It is being determined not to want to raise it to the project that creates a stir in the society that has fallen into the mistake of obtaining the world scale it and all information through the net.

The promo word of [**benduki] silent picture "[Kocchi] [pappa] there" that Noboru Toyama [tsukasadoshi] had opened to the public in art switch Vol.2 was power of man who exceeded 3D.

Exactly, I think that existence that exceeds the system and the network is a man very thing.

[Yabe] and the wrapper have been expanded.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

実は、23日の読売新聞にも記事掲載されていたのです。旬の人というコーナーでした。なんか照れますね。

 読売新聞の「旬の人」というコーナーに櫻井栄一で紹介していただきました!

 23日と言う日は、なんだか自分が自分でないような、そんな気分になりました。

 実を言えば、自分が新聞に紹介されるような日がくるなんて夢にも思っていませんでした。

 何かイベント事をやるたびに、一応毎回プレスリリースはするのですが自分みたいなもんがという引け目をどこかに持っています。

 だって、去年の1月には派遣切りにあって、それから半年職業訓練に通っていたのですから。本気で機械加工の職を探していました。そんな中でアートスイッチVol.1の主催をしました。

 周囲から見れば本気か、こいつという目で見られていただろうと思います。

 未だ、全然まともには食えていない貧乏絵描きのままですが、何かが自分にもできるかもしれないという気持ちにやっとなれたというところです。

 特別なことは何もしていなくて、みんながやりたがらないが、誰かがやらなくてはいけない事をし続けています。

 アートスイッチというイベントも特別に新しい試みというわけではありません。でもそれに、心血を注ぐことで価値があるものになっていると思います。

 ロックだって、特別新しくなくても、演者が変われば感動を生む。

 新しいこと価値があるのではなくて、血が通ったものに価値があると思います。

 だから、目の前のものに真直ぐでいること。

 少し前まで斜に構えていたりしましたが、とにかく正面から事にあたること。

 それを心がけています。

 門前払いが当たり前ですが、それに挑んだ自分の筋だけは通せます。

 そんな感じでこれからも。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ

It introduced it to the corner "Person of in season" of the Yomiuri Shimbun by Eiichi Sakurai.

The mood of me somehow on the day called the 23rd ..so.. ..no myself it...

To tell the truth, the day when I was introduced to the newspaper came and it was not thought the dream.

When something event thing is done, it has ..[namonga].. closing like me somewhere though the press release is done tentatively every time.

Because it was in the dispatch cutting last January and went to Vocational Training during half a year. It seriously looked for the occupation of the machining. Art switch Vol.1 was sponsored in that situation.

It is serious or I think that it is likely to have been seen by eyes of this fellow if it sees from surroundings.

Still..at all..straight..eat..poor..come..something..do..feelings..finally..become.

Any special thing is not done it keeps doing the thing someone must do though everyone doesn't want to do.

It is not an attempt of specially the event of art switch new. However, I think it is worthy to pour the mind blood into it.

The lock gives birth to impression if the performer changes even if it is not specially new.

Blood thinks it is worthy passed what because it is not worthy ..new...

Therefore, be true and immediate in the one in the presence.

Anyway, hit from the front to the thing though it took a challenging attitude a little even ahead.

It is borne in mind.

Only the stripe of me who challenged it can be passed though turning away at the door is natural.

In such feeling in the future.

[Saryu]

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

23日の熊日新聞にて、熊本アーティスト・インデックス展の紹介がされています!

 一日遅れという情報になりますが、まだ昨日の新聞ですので引っ張り出してみていただけると嬉しいです。

 と言いながら、アートホーリーメンの熊本アーティスト・インデックスブログから引っ張ってみました!

 ここでの発言に嘘偽りはありません!

 熊本のアートシーンの未来を明るくするのは、他の誰でもなくこの自分!

 追い込め、自分を!

 とりたてて凄い才能もなく、自分にやれることを淡々と行うだけです。

 それ以外に道はない。

 大体、熊本にアートシーンなんて、未だかつてあった試しがないのです。そのシーンを作ろうというのですから、リアルドンキ・ホーテですよね。

 一人一人の作家が自覚するしかないのです。今ここで自分にやれることはなにか?

 今ここで。

 今、やれなかったら、将来も絶対にやれない。

 随分以前にも同じことをこのブログで書きました。

 今現在、熊本のアートシーンが明るいと感じている作家は皆無であるにも関わらず、自分が一人前になってからそういう大局的なものに関わろうというスタイルの方が大半です。

 一人前に?

 それを認める土壌自体がないという話をずっとしてきている。そういう風に認めてくれるシステムがあるのは、もっと大きな都会しかありません。

 じゃあ、やっぱり熊本の作家は首都圏に出ていくしかないのでしょうか?

 その疑問に答えをだすべくNPO法人アートスイッチを立ち上げました。

 まだまだこれから。

 熊本だからこそできることが絶対にある。

 私は熊本で生きて表現する。

 ここでしかできないことがあるから。

 サリュIt is glad because it is still a yesterday's newspaper though becomes information of delay all day long when it is possible to drag it.

It pulled it from the Kumamoto artist index blog of [a-toho-ri-men] while saying.

There is no lie spuriousness in the remark here.

It is the others everyone and is this myself that lightens the future of the art scene in Kumamoto.

It is possible to drive in, and you.

It is only indifferently done that it collects, it doesn't have a terrible talent, and either I can put it.

Besides, there is no road.

Roughly, in Kumamoto, the art scene doesn't have the trial that was still before. It is real Don Quixote because it says that the scene will be made.

An individual writer can do nothing but be conscious. My being able to put it here now is some ?.

Here now.

It will not be possible to do in the future when it is not possible to do now.

The same thing had been fairly written by this blog before.

After I become independent though it is none at all, such a style said that it is related in the general situation is the majority in the writer who feels that the art scene in Kumamoto is bright as of now.

It is ? in independence.

The story that there is no soil that admits it has been told for a long time. It has that only a bigger city by there is a system that admits in such a wind.

Then, can do nothing but the writer in Kumamoto go out to the metropolitan area after all?

To get the doubt the answer, the Law to Promote Specified Nonprofit Activities person art switch was started up.

The still future.

There is absolutely what can be done because of Kumamoto.

I live in Kumamoto and express it.

Because it is possible to be likely to do only here.

[Saryu]

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

20100823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

長崎書店 La! Bunko という、楽しい企画のご紹介です!

 先日、少しだけご紹介いたしました、熊本上通りにある長崎書店さんの楽しい企画をご紹介いたします!

 熊本市上通の長崎書店にて、熊本発オリジナルの文庫フェア
『La! Bunko』(ラ・ブンコ)を開催いたします。
■期間:9/1(水)~9/30(木)

 毎年夏に書店店頭を賑わしている、大手出版社夏の文庫フェアをそのままパロディにして、熊本発のオリジナル文庫フェアを開催。
 スタイリッシュ&エネルギッシュな熊本人100人によるセレクションで100冊の文庫を選び、熊本人のセンスや才能を結集した、長崎書店オリジナルの文庫フェアです。 

 熊本人ならみんなが知っているあの人から、実はこんな事してるんですというこの人たちが選んだ魅力的な文庫本が店頭に勢揃いします。(映画監督の行定勲さん、放送作家の小山薫堂さん、マンガ家の江口寿史さんなど熊本出身で活躍されている方々からもコメントをいただいています。)

 夏の文庫フェアのパロディということで、ツール関係も徹底的に製作しました! 店頭で配布する文庫カタログも大手書店のものと同じボリューム(A6サイズ68ページ)で製作。プレゼント用オリジナルブックカバー、フェア用の文庫オビ、店頭POP、しおり等のツール、ポスターもオリジナルイラストを使い『La! Bunko』の世界観を作りフェアを盛り上げます。また、イメージガール(美少女!)のモデル撮影も行い、全てにチカラ入ってます!
 

 地域の一書店でもこれだけの事が出来る!という長崎書店の熱い思い!熊本の本好きの方々の思い!ワクワクするようなモノを作ろう!という製作者の思いが結集した今回の文庫フェア『La! Bunko』。皆さまのお越しをお待ちしております。

 という、長崎書店さんの熱い思いがビシビシ伝わってくる企画です!

 よかですね~、本好きにはたまらない企画ですね~。よそ様の家に行ったら、こっそり蔵書をチラ見する(実に様々なことを物語る)ような人間にはたまらない企画ですね!

 ちなみに私は、読んだ本は押入れに隠します!自分が読んだ本のタイトルをまとめて誰かに見られるのは、Hな本を探しだされることなんかよりも、もっと恥ずかしい!

 ので、この企画、誰より私が一番楽しみです!

 サリュ

I will introduce a happy project of Mr. Nagasaki bookstore who is on Kumamoto only a little introducing it the other day.

I will hold the pocket edition fair original from Kumamoto 'La Bunko' ([ra] [bunko]) in the Nagasaki bookstore of the expert on Kumamoto City.
- Period: 9/1 (Wednesday)?9/30 (Thursday)

The pocket edition fair of the major publisher summer when the bookstore shop is enlivened in the summer of every year is made a parody as it is, and the original pocket edition fair from Kumamoto is held.
The pocket edition is fair of a Nagasaki original bookstore where 100 pocket editions are chosen in the selection by 100 Kumamoto people of stylish energetic &, and Kumamoto people's sense and talent were concentrated.
The attractive paperback that these people named such thing [shiteru] actually chose musters from that person whom everyone knows in the shop if it is Kumamoto people. (The comment is gotten from people active from Kumamoto such as movie director's Isao Yukisada, broadcasting writer [kaodou] Koyama, and comic artist [hisashishi] Eguchi. )

The tool relation was thoroughly produced with the parody in a fair pocket edition of summer. It produces it with the volume that the pocket edition catalog distributed in the shop is the same as the one of a major bookstore (A6 size 68 pages). Present..for..original..book jacket..fair..for..pocket edition..Obi..shop..POP..bookmark..tool..poster..original..illustration..with..outlook on the world..make..fair..pile up.Moreover, the image girl's (nymph) model taking a picture is done, and [chikara] enters all.
 

The thing only of this can be done also in one bookstore of the region. Hot desire of Nagasaki bookstore. Desire of people of this favor in Kumamoto. Let's make an exciting thing. Producer..think..concentrate..this time..pocket edition..fair.We will wait for coming of everybody.

Mr. Nagasaki bookstore's hot desire is a transmitted project of [bishibishi].

[Yokadesune]?、It is this projects not collected liking it. 。It is projects not collected in man who quietly [chira]s and looks at the collection of books (Very variety is told) when going to the house of externals somewhere else.

By the way, I conceal the read book in the armoire. Someone's being seen as he puts the title of the read book together is more shameful in [hon] because it begins to look for.  H

[Node], this project, and I am from who to the most much enjoyment.

[Saryu]

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

熊本市現代美術館GⅢ 熊本アーティスト・インデックス展 にて明日、21日~23日まで、アートホーリーメンによる公開制作です!

 またまたアートの催しです!

 今現在、好評開催中の熊本アーティスト・インデックス展にて作品展示中の、アートホーリーメンがギャラリーⅢにて公開制作をいたします!

 自分とは全く違った制作過程を経て、アートホーリーマンの世界が展開するさまに興味があります。

 ポップアートとコンテンポラリーアートに強い影響を受けているアートホーリーメンの作風です。

 頭のなかで何がどう展開しているのか、この公開制作で明らかになるのか、ならないのか。

 今夏熊本で行われる、アーティストの公開制作イベントのなかでも屈指のレベルで行われるにちがいありません!(と、無意味にホーリーメンにプレッシャーを与える文を書いてみる)

 ともあれ、公衆の面前で作品を制作するのは慣れていても緊張するもの。

 適度な緊張感のなかで、どのような作品が描かれるのか?

 もちろん観覧無料という、贅沢なアートの時間を、今週末はぜひ熊本市現代美術館ギャラリーⅢにてお過ごし下さいませ。

 来週末に開催のアートスイッチVol,2もお忘れなく。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

RKKラジオ サタデー スマイル ステーション にてアートスイッチVol.2を紹介していただきます!

 8月28日(土)のRKKラジオ番組CARINO-zakaSTUDIO Saturday Smile Stationにてアートスイッチを紹介させていただきます!

 パーソナリティーは高橋よしえさんです。

 先日カリーノのスタジオで収録していただきました。

 高橋さんもアートが大変お好きで、アートの話で熱くなってしまいました。

 さて、またもやイベントが近くなってまいりました!期間を置いての2Day開催は体力を使うものの、短期間に修正点を改善できるというメリットもあります。今現在もいろいろ調整中で、ゴタゴタしています!

 そんなこんなですが、本日「玉名温泉司の湯」さんの入り口に設置していただいているアートスイッチ紹介コーナーの写真を貼り替えてきました!

 色鉛筆募集箱の色鉛筆が若干淋しい… 皆さま、ぜひ使わなくなった色鉛筆を寄付して下さいませ。イラストレーターの森口慶一氏が貧困国の子供達に責任を持って届けてくれます。宜しくお願い致します。

 アートスイッチ関連では、しばらくするとまた、お知らせできるメディア情報がありますのでお楽しみに!

 日中、バイクで往復50kmでこんがり焼けました!

 インドア派なのに…

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

第9地区、見た!最近全くハリウッド映画に感動していなかったのですが、底力を観た思いです。

 久々、エポック的なSFを観た!

 この感動は、スターシップトゥルーパーズ以来です!

 これで、エイリアンものの新時代がやってくるでしょう。

 ゾンビものではドーン オブ ザ デッドが新時代を切り開きました。28カ月後とか、フォロワーが今現在も続々制作されていますが、第9地区もそうなるのでしょうか。

 この映画を観ていて思ったのは、異星人に対して、私自身が畏敬の念を持っていた事実を確認したということです。

 スゴイ文明を持ち、人類なんてひとたまりもない位の圧倒的な力を持っているに違いない!

 UFOの特番なんかを、子供の時から涎をたらさんばかりに観ていたのです。異星人に対する憧憬が刷り込まれています。

 それが、いつごろからか、世間の風潮が変わってきた気がします。多分、ターニングポイントは、エイリアン解剖映像が頻繁に話題になったころからじゃないでしょうか。

 要は、単なるネタとして消費されはじめたということです。

 カミングアウト的になりますが、異星人というか、この宇宙に地球以外のどこかに知的生命体がいるのは当たり前と思っています。むしろ、いないと思う人の方が異常。理由は一つ。地球が存在するから。

 映画の話。

 生態系が異なるエイリアンであるという説明はされていますが、ファーストコンタクトの映像が笑っていいのかがっかりしていいのか、とにかく新しすぎる!

 はっきり言って、あえてアフリカの比喩とか抜きにして観ていました。でも、この異星人のデザインがうさぎに似ていたりしたら、話の展開は違ったろうなと思うと、人間の外見を軽視しては駄目だな。とか思います。

 久しぶりにヤバイ映画を観ました!

 なんか、若干懐かしい感じがするのもいいです。

 とにかくお勧め。

 アリス イン ワンダーランドは…

 ゲームっぽすぎる…

 ほとんどゲームの世界観…

 無理!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

まだまだアートの夏は終わりません!明日FMKモーニンググローリーにアサヒ鉄工ZUBEさん登場!

 8月17日(火)FMKラジオ番組モーニンググローリー内コーナー「アートなくらし」に、いよいよアサヒ鉄工のZUBEさんが出演されます!

 この、熊本への地域貢献度NO.1の作家さんは、熊本ではかなりの有名作家さん。

 1日に行われたアートスイッチでは、硬質な鉄の作品を展示されてお客様の驚きを誘われていました。

 今回のラジオでも、少しだけ29日のアートスイッチに触れていただけるかもしれません。

 29日はいよいよ巨大壁画もお客様の作品と融合してお披露目ということになります。

 前回のイベントからさらに短期間で成長したイベントになると思います。

 毎年2日間イベントを開催する訳ですから、よく考えたら今回で4回目のイベントです、実質的には。

 そう考えると、このイベントも急成長するよな~とうっすら考えたのでした。

 さて、早くも今月も折り返し地点。

 スパートかけなきゃ!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

フィリッポ・リッピを知らなかったのですよ、三年前まで。

 それは3年前、フィレンツェ、ウフッツィ美術館での出会いでした。当時のウフッツィ美術館は事件後の改修中で、けっこうところどころブルーシートがかかっていました。

 ここの美術館といえばボッティチェルリ。ダヴィンチの東方三博士の礼拝が当時ダヴィンチコードで熱かった時期です。じっくり見ました、もちろん。さらにミケランジェロのマリア、これは真剣にヤバイ!今更説明不要なんですが、昨日とある保育園の教育方針を詳しく見聞する機会がありまして、そこの教材にイタリアのものがありました。

 何だと思いますか?

 シルクの糸のグラデーションキットですよ!

 グラデーションを教えるんならカラーチャートで、もしくは色鉛筆でいいのではと考えますが、決定的に欠けているものがあります。

 テリ(要は油絵のワニスですが、場合によってそれを超える発光具合を勝手にそう呼んでいる)。

 ツヤ。

 そうか!ミケランジェロのあの発光しているようなテリは、イタリアが昔から培ってきたものなのか?

 子供の教材カラーチャートに、シルクの糸巻きを持ってくるなんてイタリアはテリが好きすぎだろ!と一人で興奮してしまいましたが。

 いかん、リッピの話。

 384pxfra_filippo_lippi_009

 これがいきなり目に飛び込んできました!

 まぁ、全てが。好きですな~。

 当時パリに住んでいたので、早速ルーブルにリッピの作品をあさりに行ったらありました!

 至福でした~。

 サリュ

a href="http://art.blogmura.com/">にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

阿蘇一の宮、部数限定カレンダーのデザインが確定しました!

 新町三畳美術館監修、阿蘇一の宮部数限定カレンダーのデザインが、やっと確定いたしました!

 デザイナー宮部竜二氏と悪戦苦闘の末、最高の出来栄えのカレンダーが出来上がりました。本当にいいです、これ。

 私、櫻井栄一、絵は描けるけれども遊び心あるデザインは少し苦手。そこで宮部氏のデザインをお願いしたのですが、絵とのマッチングが最高です。

 今度のアートスイッチVol.2、8月29日(日)inイオンモール熊本クレアにて、先行発売をしようともくろんでいますが、間に合うでしょうか。非常に微妙なところです。

 予約も受け付けておりますが、サンプルを見ただけの方の予約が着々と入っておりまして出だし好調です。

 部数は1,000部。

 増刷なし。

 ¥1,800となっております。

 現物ができしだい、画像をアップしたいと思っております。

 新町三畳美術館にてサンプルがありますので、ご興味がある方はぜひご覧になりにきてみて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

フェルメール、真珠の耳飾りの少女。

 オランダ、デン ハーグにあるマウリッツハイス美術館収蔵。フェルメールの真珠の耳飾りの少女が、絵を描こうと決心したきっかけでした。

 大学4年春。1997年。九州産業大学芸術学部、総合造形学科という、いわばコンテンポラリーアート教育の草分け的な学科に在籍していました。

 大体、コンテンポラリーというジャンル自体、大学に入るまで意識していなかった位で、入学してから必死に追いつこうとしていた次第です。

 高校時代にはアンディ ウォーホール位しか知りませんでした。それがいきなりヤン フートのドクメンタについて議論せよなんて言われた日には、頭の中は???

 平面作品にしても、ひたすらマチエールの新しさや面白さを追求したり(雑誌の切り抜きを糸で縫って、砂で作った下地の上に貼って、油絵具をぶっかけたりしてましたとも、ええ!)。

 立体に関しては密閉空間で瞬間接着剤を乾燥させると、有機溶剤が乾く軌跡が残るので、それをどうにかコントロールした透明の塩ビ板でランプつくって光を揺らめかせたり。

 素材から何かを引き出すことに注意を傾けることばかり。それに理論武装する訓練。作品に関するプレゼンをするというのも、新たに知った知識でした。作って見せるだけじゃダメなんだと。

 そんなこんなの4年の春に、とある雑誌の表紙に件の絵が載っていたのです。

 それを見たとき、なんか、涙が出てきました。

 もう、アート史の文脈とか関係ねぇ!

 こんな美しい作品を作るんだ!

 理屈をぶっとばす感動を!

 フェルメールの絵は知っていたはずでした。なのに、突然落雷にあったような感情のうねりを経験しました。

 これだよな、やっぱ。

 それから、絵を描き始めました。

 遅まきながら、タブロー開眼。

 8年後にオランダで、初対面を果たしました!なんと、館内改装中の為、本日無料!

 少女に導かれていると勝手に運命を感じました。

 軽く10分は目を離せず。お客さんも非常に少なく、たっぷりと鑑賞できました。

 絵、に改めて目覚めてから13年。熊本市現代美術館で熊本アーティスト・インデックス展にてやっと美術館にて皆さまに絵を見ていただく機会をいただきました。

 感慨もひとしお。

 ぜひ、GⅢにて作品をご覧ください。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

長崎書店企画、文庫100冊ブックフェアー。

 熊本上通り、長崎書店の企画で、熊本のエネルギッシュ、スタイリッシュな100人が選ぶ文庫本100冊という企画の末席に参加させていただくことになりました。

 特にエネルギッシュともいえず、スタイリッシュともとても言えない自分ですが、地味にやってきたことを見ていていただけたのかなと大変光栄に思います!

 三冊選んで、その中の一冊を特に推薦するという形式のアンケートをいただきました。私の人生に特に深い影響を与えた本です。

 ぜひ長崎書店で確かめられて下さい!

 もうしばらくしてこのブックフェアーが始まるとおもいます。

 この本がかよ?!

 というツッコミが聞こえてきそうですが、この本がです。

 他の99人は一体どんな方が?どんな本を?という楽しい疑問が湧いてきます。

 実は私、活字中毒でして、かたときも本を手放せないという本の虫であります。

 今現在は海音寺潮五郎著の二本の銀杏(ふたもとのぎんなん)という本を読んでおります。

 最近は歴史ものが多い気がします。

 次に読むのは井上靖著「孔子」。

 深夜、焼酎片手に本を読む環境があれば、他は何の楽しみもいらないという、本当に地味な生活をしています。

 趣味、読書。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

うさぎは暑さに弱いいきもの。

 いや~。

 文字通り、うさぎは暑さに弱いです。

 我が家の2匹のうさぎたちも、今年の夏にはまいっている様子。

 特に、10歳の重蔵さんは、ぐったり気味です。

 ところで、我が店にはクーラーがありません。なので、扇風機の前にクーラーボックス用の冷却材をおいて、にわか冷風機を気取ってみましたが全く無意味!

 そこで、重蔵さんに冷却材を渡してみたところ、これがヒット!今や夏の友として欠かせない存在になったようです。

 いちみさんにも試しに渡してみましたが、暑いはずなのに完全無視。どうしてなんですかね~。

 うさぎにも個性があって、重蔵さんはバナナ大好き!いちみさんはキャベツ大好き!

 色も白とグレーです。

 いちみさんは人からなでられるのにあまり抵抗を感じないようですが、重蔵さんは大抵逃げます。

 うさぎがこれほど違うのなら、人ならもっと違って当然ですよね。

 うさぎは群れずに暮らしますが、人はつながっていないと生きていけない。特に現代においては。明日から自給自足しろと突然言われても、そんなスキルはありません。

 そう考えると、人ってものは、本質的な技術をどんどん忘れて、本質でない、瑣末な技術に明け暮れているんではないか。

 しかし、それは悪いことじゃないと思います。

 本質的であることばかりを望むと、人はパンのみの為に生きているということになりはしないか。

 今日はうさぎから埒もない連想をしてしまいました。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

体の抵抗力が落ちるほどの…

 皆さん、お元気でしょうか。

 私は、昨日、一昨日とグロッキーでしたがなんとか今日、復活!いたしました。

 イベント当日から口の右奥が痛み始めたのでしたが、それほどでもなく放っておいたところ2日になって化膿…

 3日はもう、痛みで全く頭が回らない、明日病院だ!と思っていたら、夜になって回復のきざし。

 なんとか本日正常に復帰いたしました。

 今までこのような経験はなく、驚きました。

 歳か…

 ちょっとした傷が、抵抗力の低下で化膿するまでになるとは。確かに先週末はかなりの強行軍だったのですが、自分の体力を過信してはいけませんね。

 うーん、他の作家さんもかなりの負担をおかけしていると思うと、なにかうまいやりかたが他にもあるのではないかと思いますが、思いつかない、申し訳ありません。

 今回の反省点と、良かった点をひっくるめて改善し、29日のイベントに生かしたいと思います。

 次回のメインイベントは壁画の完成披露。

 ボランティアスタッフの充実をしたり、イベントの主旨を説明したり、手を入れる箇所は山のようにありますが、とにかくこのイベントを進化させていくのがNPOの仕事です。

 来年のVol.3も視野にいれつつ、新しい熊本のアートシーンを現出させるべく、動きだします。

 そして、イベントが終わり次第発足したいのがエデュケーションの分野です。

 熊本のひいては日本の未来はいつでも子供達が担っています。

 その子供達にたいして、日本の教育はいつのまにやらアートをいらないものとして学ぶ時間をどんどん削っていますね。

 小学校では、年間60~70時間しか図工の時間がないという現状をどうとらえるのか?

 別に否定はしません。他に学ぶべき事柄が山のようにあるという判断でしょう。

 だからここでアートNPOの出番です。

 学校外で本格的なアートに触れられる場を提供できるのではないか?

 イベント アートスイッチも、本当にたくさんの子供たちに参加していただきました。

 しかし、これは年一回しかできないイベント(本当は年2回が理想)。

 もっと手軽にワークショップができないものか?

 さあ、考えろ、俺!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

改めまして、アートスイッチVol.2初日、おつかれさまでした。

 8月1日開催、イオンモール熊本クレアin アートスイッチVol.2に参加されました全ての方、ありがとうございました!

 1Dayイベントは、参加作家さんにも負担が大きく、今回も設営の疲労が取れないまま、イベントを迎えた作家さんたちです。

 が、イベントが始まれば皆さん元気いっぱい!で、さすがでした。

 29日(日)には2日目がいよいよ開幕予定です。

 壁画の完成を祝うべく、今年は菊地をメインに活動を開始しておられる14歳のシンガー、「れーな」さんにライブをしていただく予定です。

 今回の壁画のタイトルは「クレアにダンスフロアがあらわれる」として、お客様にはミラーボールに見立てた丸の中に絵を描いていただきました。

 参加者約300人!

 素晴らしい!

 そして大変だ!準備が!

 その丸を切り取り、壁画に貼って行く作業が残っております。

 ところで、イベント当日、ゲリラ的にパフォーマンスを行っていただいた竹之下亮氏の、「竹肉」というパフォーマンス映像を発見いたしましたので紹介しておきます!

 イベント当日、気になったかたはぜひご覧ください。

 熊本市現代美術館でも、放映中です!

 熊本アーティスト・インデック展の映像作品として展示中です。

 さて、次の準備にとりかかりましょう!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アートスイッチVol.2 初日、最高でした!

 今年で2回目となる熊本唯一のアートの祭典、アートスイッチの初日がトラブル満載で無事終了いたしました!

 いや~、主催者としては最高な一日でした!

 アートだぞ!血を湧かせろ!的なノリが、商業施設とどう折り合っていくかという命題に、私の許容範囲的にギリギリまでせめぎ合ったイベントでした。

 もしこれがアートスイッチというイベントじゃなかったら、軽く軽犯罪でしたからね!

 と言いますか、ここ最近、世間ではいろんな事件が起こっています。

 嫌な事件です。

 特に説明するまでもなく、思い浮かべる事件は多数あるでしょう。

 それに伴って、巨大商業施設でのルール管理は厳しくなる一方です。それは正しい。まともな判断ならそうするでしょう。

 そこに、アートという、いわばNOルールなものを投入する。アーティスト本人は、修行僧以上の厳格さを持って自分の規格を順守するだけなのですが、商業施設とってはNOルールに見えるんでしょうね。

 社会とアートがどういう関わりをするのか?

 本当の意味で問われている。

 お互いの主張は、今の日本では本来的に相いれないことは説明するまでもなく明瞭。

 今回のイベントで、本当にたくさんの考える事柄がありました。

 ここだけの話、Vol.3の開催も決定いたしました!

 本当に沢山の事柄を抱き込みながら、忘れないで下さい!

 8月29日(日)には、アートスイッチVol.2 2Day目を開催致します!

 熊本のアートの夏はまだ終わらない!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »