« 阿蘇一の宮、部数限定カレンダーのデザインが確定しました! | トップページ | まだまだアートの夏は終わりません!明日FMKモーニンググローリーにアサヒ鉄工ZUBEさん登場! »

2010年8月12日 (木)

フィリッポ・リッピを知らなかったのですよ、三年前まで。

 それは3年前、フィレンツェ、ウフッツィ美術館での出会いでした。当時のウフッツィ美術館は事件後の改修中で、けっこうところどころブルーシートがかかっていました。

 ここの美術館といえばボッティチェルリ。ダヴィンチの東方三博士の礼拝が当時ダヴィンチコードで熱かった時期です。じっくり見ました、もちろん。さらにミケランジェロのマリア、これは真剣にヤバイ!今更説明不要なんですが、昨日とある保育園の教育方針を詳しく見聞する機会がありまして、そこの教材にイタリアのものがありました。

 何だと思いますか?

 シルクの糸のグラデーションキットですよ!

 グラデーションを教えるんならカラーチャートで、もしくは色鉛筆でいいのではと考えますが、決定的に欠けているものがあります。

 テリ(要は油絵のワニスですが、場合によってそれを超える発光具合を勝手にそう呼んでいる)。

 ツヤ。

 そうか!ミケランジェロのあの発光しているようなテリは、イタリアが昔から培ってきたものなのか?

 子供の教材カラーチャートに、シルクの糸巻きを持ってくるなんてイタリアはテリが好きすぎだろ!と一人で興奮してしまいましたが。

 いかん、リッピの話。

 384pxfra_filippo_lippi_009

 これがいきなり目に飛び込んできました!

 まぁ、全てが。好きですな~。

 当時パリに住んでいたので、早速ルーブルにリッピの作品をあさりに行ったらありました!

 至福でした~。

 サリュ

a href="http://art.blogmura.com/">にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

|

« 阿蘇一の宮、部数限定カレンダーのデザインが確定しました! | トップページ | まだまだアートの夏は終わりません!明日FMKモーニンググローリーにアサヒ鉄工ZUBEさん登場! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィリッポ・リッピを知らなかったのですよ、三年前まで。:

« 阿蘇一の宮、部数限定カレンダーのデザインが確定しました! | トップページ | まだまだアートの夏は終わりません!明日FMKモーニンググローリーにアサヒ鉄工ZUBEさん登場! »