« まだまだアートの夏は終わりません!明日FMKモーニンググローリーにアサヒ鉄工ZUBEさん登場! | トップページ | RKKラジオ サタデー スマイル ステーション にてアートスイッチVol.2を紹介していただきます! »

2010年8月17日 (火)

第9地区、見た!最近全くハリウッド映画に感動していなかったのですが、底力を観た思いです。

 久々、エポック的なSFを観た!

 この感動は、スターシップトゥルーパーズ以来です!

 これで、エイリアンものの新時代がやってくるでしょう。

 ゾンビものではドーン オブ ザ デッドが新時代を切り開きました。28カ月後とか、フォロワーが今現在も続々制作されていますが、第9地区もそうなるのでしょうか。

 この映画を観ていて思ったのは、異星人に対して、私自身が畏敬の念を持っていた事実を確認したということです。

 スゴイ文明を持ち、人類なんてひとたまりもない位の圧倒的な力を持っているに違いない!

 UFOの特番なんかを、子供の時から涎をたらさんばかりに観ていたのです。異星人に対する憧憬が刷り込まれています。

 それが、いつごろからか、世間の風潮が変わってきた気がします。多分、ターニングポイントは、エイリアン解剖映像が頻繁に話題になったころからじゃないでしょうか。

 要は、単なるネタとして消費されはじめたということです。

 カミングアウト的になりますが、異星人というか、この宇宙に地球以外のどこかに知的生命体がいるのは当たり前と思っています。むしろ、いないと思う人の方が異常。理由は一つ。地球が存在するから。

 映画の話。

 生態系が異なるエイリアンであるという説明はされていますが、ファーストコンタクトの映像が笑っていいのかがっかりしていいのか、とにかく新しすぎる!

 はっきり言って、あえてアフリカの比喩とか抜きにして観ていました。でも、この異星人のデザインがうさぎに似ていたりしたら、話の展開は違ったろうなと思うと、人間の外見を軽視しては駄目だな。とか思います。

 久しぶりにヤバイ映画を観ました!

 なんか、若干懐かしい感じがするのもいいです。

 とにかくお勧め。

 アリス イン ワンダーランドは…

 ゲームっぽすぎる…

 ほとんどゲームの世界観…

 無理!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

|

« まだまだアートの夏は終わりません!明日FMKモーニンググローリーにアサヒ鉄工ZUBEさん登場! | トップページ | RKKラジオ サタデー スマイル ステーション にてアートスイッチVol.2を紹介していただきます! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区、見た!最近全くハリウッド映画に感動していなかったのですが、底力を観た思いです。:

« まだまだアートの夏は終わりません!明日FMKモーニンググローリーにアサヒ鉄工ZUBEさん登場! | トップページ | RKKラジオ サタデー スマイル ステーション にてアートスイッチVol.2を紹介していただきます! »