« 23日の熊日新聞にて、熊本アーティスト・インデックス展の紹介がされています! | トップページ | 明日、NPO法人アートスイッチの新企画始動の会議です!もうすぐ詳細をお知らせできると思います! »

2010年8月25日 (水)

実は、23日の読売新聞にも記事掲載されていたのです。旬の人というコーナーでした。なんか照れますね。

 読売新聞の「旬の人」というコーナーに櫻井栄一で紹介していただきました!

 23日と言う日は、なんだか自分が自分でないような、そんな気分になりました。

 実を言えば、自分が新聞に紹介されるような日がくるなんて夢にも思っていませんでした。

 何かイベント事をやるたびに、一応毎回プレスリリースはするのですが自分みたいなもんがという引け目をどこかに持っています。

 だって、去年の1月には派遣切りにあって、それから半年職業訓練に通っていたのですから。本気で機械加工の職を探していました。そんな中でアートスイッチVol.1の主催をしました。

 周囲から見れば本気か、こいつという目で見られていただろうと思います。

 未だ、全然まともには食えていない貧乏絵描きのままですが、何かが自分にもできるかもしれないという気持ちにやっとなれたというところです。

 特別なことは何もしていなくて、みんながやりたがらないが、誰かがやらなくてはいけない事をし続けています。

 アートスイッチというイベントも特別に新しい試みというわけではありません。でもそれに、心血を注ぐことで価値があるものになっていると思います。

 ロックだって、特別新しくなくても、演者が変われば感動を生む。

 新しいこと価値があるのではなくて、血が通ったものに価値があると思います。

 だから、目の前のものに真直ぐでいること。

 少し前まで斜に構えていたりしましたが、とにかく正面から事にあたること。

 それを心がけています。

 門前払いが当たり前ですが、それに挑んだ自分の筋だけは通せます。

 そんな感じでこれからも。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ

It introduced it to the corner "Person of in season" of the Yomiuri Shimbun by Eiichi Sakurai.

The mood of me somehow on the day called the 23rd ..so.. ..no myself it...

To tell the truth, the day when I was introduced to the newspaper came and it was not thought the dream.

When something event thing is done, it has ..[namonga].. closing like me somewhere though the press release is done tentatively every time.

Because it was in the dispatch cutting last January and went to Vocational Training during half a year. It seriously looked for the occupation of the machining. Art switch Vol.1 was sponsored in that situation.

It is serious or I think that it is likely to have been seen by eyes of this fellow if it sees from surroundings.

Still..at all..straight..eat..poor..come..something..do..feelings..finally..become.

Any special thing is not done it keeps doing the thing someone must do though everyone doesn't want to do.

It is not an attempt of specially the event of art switch new. However, I think it is worthy to pour the mind blood into it.

The lock gives birth to impression if the performer changes even if it is not specially new.

Blood thinks it is worthy passed what because it is not worthy ..new...

Therefore, be true and immediate in the one in the presence.

Anyway, hit from the front to the thing though it took a challenging attitude a little even ahead.

It is borne in mind.

Only the stripe of me who challenged it can be passed though turning away at the door is natural.

In such feeling in the future.

[Saryu]

にほんブログ村

|

« 23日の熊日新聞にて、熊本アーティスト・インデックス展の紹介がされています! | トップページ | 明日、NPO法人アートスイッチの新企画始動の会議です!もうすぐ詳細をお知らせできると思います! »

メディア出演情報。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は、23日の読売新聞にも記事掲載されていたのです。旬の人というコーナーでした。なんか照れますね。:

« 23日の熊日新聞にて、熊本アーティスト・インデックス展の紹介がされています! | トップページ | 明日、NPO法人アートスイッチの新企画始動の会議です!もうすぐ詳細をお知らせできると思います! »