« 毎週末、阿蘇一の宮へ!いよいよ本格的に現地宣伝を始めます。常に風景を描いていようと予定しています。 | トップページ | いよいよ本日から、阿蘇 一の宮の雑貨屋etuさんで1000部限定カレンダー原画展開催! »

2010年9月30日 (木)

戦場でワルツを…あぁ、そういうラストなのか。

 戦場でワルツをというアニメを観ました。

 イスラエルとパレスチナの戦争を描いた作品。

 沢山のことを考えさせられる作品でしたが、アニメである必要性は何?という基本的な疑問がぬぐい去れませんでした。特にラストがあれではね。

 確かに、イスラエルに関しては日本人の常識外にある国家で、パレスチナ難民に関してももうどうしようもないほど憎しみの連鎖が絡まり合っていて、簡単には理解できない。

 この近代世界史上類を見ないイスラエルという国の成り立ちについては、本当に考えさせられます。

 特に、宗教というものについて。

 違う神を信仰しながら、同じ聖地を奪い合うという矛盾について。

 戦争中に行われる、虐殺という行為について。

 神の試練は人類が滅亡するまで続くのでしょう。

 人は生まれ育った場所の神に、ほとんどの場合一生支配されます。そして、肉親や同じ宗派の同胞を他宗派のものに攻撃された場合に、寛容になれる人は稀です。

 憎しみの連鎖を止める為に大国は核の抑止力を使います。

 今、思ったのですが、宗教はほとんどの場合正義の旗印になりこそすれ、戦争の抑止力にはなりえていませんよね、今のところ。

 そうなると、核は大国が安全を得る為の安上がりな抑止力ですが、それに代わる抑止力は完璧な相互理解しかありません。しかし、現在の人類にはそれは不可能。

 不可能ですがトライし続けなければ道は他にないでしょう。ボタンひとつで世界が平和になる道などどこにもありません。

 マクロな視点での絶望に堪え、自分にできるミクロな事柄を積み重ねる。

 自分の小ささに歯がみしながら一歩づつ前へ。

 そんな事を考えさせられた映画でした。

 しかしなぜアニメで?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ

The animated cartoon called a waltz was seen in the arena of warfare.

Work that drew war of Israel and Palestine.

What is the necessity that is the animated cartoon though it was a work that it is made the idea a lot?The doubt was not able to wipe and to leave basic. Especially, last is that.

Certainly, the chain of hatred has already gotten twisted by helpless in the nation that exists outside Japanese common sense for Israel for palestine refugees each other, and it is not possible to understand easily.

It is made to think really about the structure of the country named Israel where it doesn't see on these modern world history.

Especially, about the religion.

About contradiction of scrambling for the same sacred ground while believing in a different god.

About the act of slaughter done during hostilities.

God's trial might continue until the human race ruins.

The person is ruled by the god in the place where it born and grew up in many cases through life. And, when the one of another sect is attacked, near relatives and brothers of the same religious persuasion of the person who can become generous are rare.

The large country uses the nuclear deterrent to stop the chain of hatred.

The religion can print only becoming in the slogan of the justice if almost, becomes the deterrent of the war, and, at present ..not getting.., : though thought now.

Then, the deterrent that takes the place of it has only perfect mutual understanding though the nucleus is a Rina deterrent because the large country obtains safety. However, it is impossible in a present human race.

Another might not have the road if it doesn't keep trying though it is impossible. There is no road where the world becomes peaceful with one button anywhere.

Despair in ..macro.. aspect is borne, and the micro matter that can be done is piled to me.

Ahead by one step while gnashing to my small size.

It was a movie that it is made the idea of such a thing.

However, why do in the animated cartoon?

[Saryu]ブログ村

|

« 毎週末、阿蘇一の宮へ!いよいよ本格的に現地宣伝を始めます。常に風景を描いていようと予定しています。 | トップページ | いよいよ本日から、阿蘇 一の宮の雑貨屋etuさんで1000部限定カレンダー原画展開催! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦場でワルツを…あぁ、そういうラストなのか。:

« 毎週末、阿蘇一の宮へ!いよいよ本格的に現地宣伝を始めます。常に風景を描いていようと予定しています。 | トップページ | いよいよ本日から、阿蘇 一の宮の雑貨屋etuさんで1000部限定カレンダー原画展開催! »