« くまもと阪神での阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー原画巡回展に来ていただいた方々、ありがとうございました!次はいよいよ、一の宮etuさんです! | トップページ | 戦場でワルツを…あぁ、そういうラストなのか。 »

2010年9月29日 (水)

毎週末、阿蘇一の宮へ!いよいよ本格的に現地宣伝を始めます。常に風景を描いていようと予定しています。

 2011年阿蘇、一の宮1000部限定カレンダーは、順調にストックを減らしております!

 お問い合わせも毎日のようにあります。

 意外に、宇土や大津などからのお問い合わせがあったりします。

 やはり、今までにないという理由からが多いです。

 当たり前にカレンダーを制作してみたのですけれども。

 最近は写真のカレンダーがご当地ものは大半のようです。

 写真のカレンダーは、売れ行きが悪いという理由で販売を見合わせている観光地も多いようです。熊本城の写真カレンダーを見せてもらったことがありますが、売れないよなーコレとやはり思いました。

 今や超高性能カメラを首からさげて観光されているかたを多数お見かけします。

 自分でも撮れるんじゃないか?と思われたら、写真のカレンダーは売れませんよね。もちろんプロがきちんと撮った写真なのですが、いくらきれいに撮れていても購買意欲は湧きません。パソコンのソフトと自分が撮った写真を組み合わせれば、オリジナルカレンダーの出来上がりです。

 このような時代であるからこそ、正面から風景を描いてカレンダーを作ってみたかったのです。

 デザインも、宮部竜二氏にしかできない味があります。

 一見、モノクロの地味なカレンダーに見えますが、じっくり見ると細部まで手の込んだメイド イン 熊本の素敵な仕上がりになっています。

 来年一年を皆さまとともに過ごすカレンダーです。

 半端なものは作れない。

 そんな思いで限定1000部にさせていただきました。

 もちろん完売が目標ですが、もし完売したら凄いことですよ、コレは!

 音楽でいうところのインディーズ、まさにインディーズカレンダーです!

 ほぼ無名の現代浮世絵師の挑戦です。

 地方の絵描きになにができるのか?数多くある回答の一つにはなるでしょう。

 さぁ、営業です!!

 サリュ

 1000 Imperial prince limited calendar of Aso in 2011 and 1 decreases the stock well.

There is an inquiry every day, too.

Unexpectedly, there is an inquiry such as Uto and Otsu.

Still, it is ..reason of not being before.. many.

Though the calendar was naturally produced.

The this place one is recently like the majority.  the calendar of the photograph

There seem to be a lot of sightseeing spots of the calendar of the photograph to postpone selling by the reason of having poor selling. I still thought selling [naiyona] [kore] though the photograph calendar of the Kumamoto castle had been shown.

We will see a lot of people who carry a super-powerful camera from the neck now and are going sightseeing.

Even I might be able to take it. The calendar of the photograph doesn't sell if it seems. The buying intention doesn't spring however beautifully it is taken though it is a photograph of course that the professional neatly took. If the software of the personal computer is combined with the photograph that I took, it is a completion of an original calendar.

I wanted to render a landscape from [arukarakoso] , the front in such an age and to make the calendar.

There is a taste in which only Ryuji Miyabe can design.

Seemingly, even the detail becomes wonderful finished of elaborate made in Kumamoto though it is seen a sober calendar of black and white if it sees deliberately.

It is a calendar that will spend one year with everybody next year.

The odd one cannot be made.

I was going to make it to 1000 limitations by such a desire.

[Kore] ..terrible.. : if it sells it all though selling all is a target of course.

It is independent music in music, and an independent music exactly calendar.

It is almost a challenge of the ukiyoe master of an unnamed present age.

What of the provinces can you do so that [eega] may come?For one thing, it is likely to become it about a lot of answers that are.

Now it is business.

[Saryu]

|

« くまもと阪神での阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー原画巡回展に来ていただいた方々、ありがとうございました!次はいよいよ、一の宮etuさんです! | トップページ | 戦場でワルツを…あぁ、そういうラストなのか。 »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎週末、阿蘇一の宮へ!いよいよ本格的に現地宣伝を始めます。常に風景を描いていようと予定しています。:

« くまもと阪神での阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー原画巡回展に来ていただいた方々、ありがとうございました!次はいよいよ、一の宮etuさんです! | トップページ | 戦場でワルツを…あぁ、そういうラストなのか。 »