« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの販売場所が2か所増えました!

 祝!

 カレンダーの販売場所が2か所増えました!

 阿蘇いこいの村

 内牧温泉 蘇山郷

 です!

 これからは宿泊施設に少しづつでも販売していただける場所を増やしていくのが目標です。

 今年だけで終わるにはもったいないこの企画。今ご協力していただいている各社には本当に感謝してもし足りません。

 この協力関係は来年に繋がるものとして、大事にしたいと思います。

 それにしてもこの企画、どこまで広げることができるのでしょうか。自分にできることを一つづつ。そうやってコツコツと広げております。

 どういう実を結ぶのかはまだ見えませんが、何かの実がみのり始めているのは分かります。

 種をまく人に、なれたらいいな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Congratulations.

The sales place of the calendar has increased by two places.

Village of Aso [ikoi]

Hot spring of [**] on inside [yomigae] Sozankyou

[Desu].

Hereafter, it will be a target to increase the place that can be sold to accommodations even little by little.

This project wasteful to end only this year. It does even if we wish to express our gratitude to each company that cooperates now really and it doesn't suffice.

I want to value this cooperation assuming that it will connect next year.

However, this project and where it extensible?It is each one in me ..it is possible to do... It does so and it expands it with the knack knack.

It is understood that the truth of something begins to ripen though you have not been seen what truth to connect yet.

Be not good when it is possible to become a planter.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

今月の月刊mocosに、アーティスト特集というページがありまして、記事が掲載されております!

 遅ればせながらのご報告。

 熊本には月刊mocos(モコス)という雑誌がありまして、今月号は熊本アーティスト特集です。

 そのなかの1ページに私の記事がありますので、熊本県の方でご興味があられる方、是非手にとって読まれて下さいませ。

 「櫻井流」という流派的なものがいつの間にか生まれているようです。ありがとうございます。

 考える→行動する。の繰り返しで生きてきましたが、それが「櫻井流」と言えるものではないでしょうか?

 考える→行動しない。が普通です。現状の維持は大変ですからね。それだけで手いっぱいなのが当たり前です。

 発想の転換を行っています。現状を維持しない、です。落ちるとこまで落ちてもいいのです。大体、派遣切りにあった時点で大分落ちていますね。そこから下は生活保護かホームレスですから。去年はポリテクセンターで職業訓練を受けていましたね。就職活動は失敗続きでしたね。20社近く受けましたが不採用でしたね。しょうがなく、短期の仕事を繰り返しながら、職を探しましたが駄目でしたね。職を失う度にこの繰り返しを十年以上続けてきましたね。

 絵描きがこれで逆切れしなかったら、もう絵描きじゃありません。

 はっきりと告げられている。

 熊本にお前は必要じゃない。

 そうですか。

 それなら、無理やり自分の居場所を作ってやろうじゃないか。

 事の発端は、喧嘩を売るような気持ちでした。

 そして、今に至る。

 心の中にある、憤りみたいなものは全くなくなりません。

 熊本の他地方の絵描きも同じ気持ちじゃないのかな?分かりませんが、もし少しでもこの気持ちが理解できるのなら「櫻井流」と表現されたものを行った方が、気持ちが楽になりますよ。

 きついのは、世間に認められない自分を責め続けることの方じゃないんですか。

 そして、若かった絵描きは30前で筆を折るパターンが多いのではないか。

 この間、50代位の美大の教授に「君は50歳位になったらいい絵が描けるようになるんじゃないか」と言われました。

 聞く耳持たん。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

[Nogo] report belatedly.

There is a magazine of monthly ([mokosu]) mocos in Kumamoto, and the issue is a Kumamoto artist feature this month.

A person interesting in Kumamoto Prefecture, and there is my article in page 1 of the average, and read by all means for the hand, please.

The sect one "Sakurai style" seems to arise before one is aware. Thank you.

Thought → acts. Isn't it the one that can be said, it is "Sakurai style" though had lived by ..drinking.. repetition?

Thought → doesn't act. However, it is usual. The maintenance of the current state is serious. Busy only with it is natural.

The perceptional change is done. [Desu] that doesn't stick with the status quo. You may fall into fall [rutoko]. Roughly, it falls very much when is in the dispatch cutting. Because the under from there is ..public assistance.. homeless. Vocational Training had been received with [poritekusenta-] last year. Job hunting was continuation of the failure. It was not an adoption though received.  about 20 companiesThere is no other way it was useless though it had looked for the occupation while repeating short-term work. This repetition has been continued for ten years or more every time the employment is lost.

It is possible to come the [eega] daily life, and it is neither reverse-cutting [shinakattara] nor [eega] [kijaari] any longer.

It is reported clearly.

You are not necessary for Kumamoto.

Really?

In that case, are not you making my whereabouts by force?

The origin of an affair was feelings that trailed one's coattails.

And, it will arrive soon.

It is in the mind, and is not lost of the one as resented at all.

Aren't they same local [eega] coming [mo] feelings except Kumamoto?Going in the one expressed, "Sakurai style" ..can the understanding of this feelings even a little.. becomes and feelings become easy though it doesn't understand.

Do the tight one be not keep being being blamed me not admitted at the people?

And, there might be a lot of patterns that break off the brush in front of young [eega] coming [ha] 30.

It was said by the professor as big as the beauty of the one's fifties title, "If you turned about 50 years old, a good picture might come to be able to be drawn" the other day.

Heard [mimimo] phlegm.

[Saryu]

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

熊本県立美術館分館の個展が近づいてきました。

 11月9日(火)~14日(日)まで、分館1Fにての展示となります。

 15年の歩みみたいな展示にしようかと。年代順に並べてみたいだけですが。

 そして次の15年へ向けて、新作のパステル画も描き始めました。

 1年半前は、熊本市現代美術館での展示や、カレンダーの企画など、思いもしない仕事でした。

 きっと今頃、仕事しながら地味に絵を描いているんだろうな?

 位にしか考えていなかった為に、このタイミングでの個展となります。

 アートスペースでの個展はほとんどしたことがないので、どうなることやら。

 普通に絵を並べるのですが、最近普通の展示をあまりしてこなかったので、それでいいのか?という過剰演出気味な考えが浮かんできますが、まあ、基本な展示になると思います。

 これからどういう絵を描けばいいのか思案中ですが、とりあえず手を動かしながら考えます。

 パステル画を描く時間を何カ月もまともに取れていなかったので、やっと描けると思うと嬉しい。

 イベントや鉛筆風景画のスケジュールに追われて、自分の事を置き去りにし過ぎていると。どこかでバランスを取らないといけない時期に入っていのでしょう。

 普通に働いて描いていた時期は、今思うと心のバランスは不思議と取れていたなと思います。

 なので、不安定な精神バランスの今はいい絵を描くチャンスなのかもしれない。ひとまず、絵や行動を評価していただけるという場所までやっと歩いてこれたのかな。

 美しい絵を描くこと、その為に今色んなことをやっているのでしょう。

 さて、絵を描く前にひと営業しますか。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Branch 1F [niteno] exhibition and [narimasu] on ?14 day (Sunday) on Tuesday, November 9.

Let's make it to the exhibition of 15 years like walking. I want only to arrange in the chronological order.

And, it began to draw a new pastel drawing for the next 15 years.

One and a half-years ago was work not thinking it exhibited in the Kumamoto City modern art pavilion and the calendar was planned.

Might not soberly draw the picture while surely working this time.

It becomes only a place with the one-man show in this timing because it thought.

Because the one-man show in the art space has been hardly done, it becomes it very.

Then, because a usual exhibition had not been so done recently, is it good though the picture is usually displayed?Oh dear I think that I become a basic exhibition though the idea of excessive production smart nature occurs.

It thinks while moving the hand for the time being though it is thinking what kind of picture you only have to be going to draw in the future.

I am glad for time to draw the pastel drawing not to have been taken straight for months how many when thinking that it is possible to finally draw.

It is chased, and to the schedule of the event and the pencil landscape when you leave my thing too much. It is [deshou] . it is in time at the time of which should the balance somewhere.

I think the balance of the mind to have been taken mysteriously when thinking of the time that usually worked and was drawn now.

It might be a chance now of [nanode] and an unstable mental balance to draw a good picture. Had it finally walked to the place that the picture and the action were able to be evaluated you for the time being?

Therefore, it is [yatteiru] now as for color [nnakoto].  draw a beautiful picture

Well, does the person do business before drawing the picture?

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

南阿蘇村の登り窯「陽窯」さんに、窯焚きの見学に行ってまいりました。

 南阿蘇村の陽窯さんに、登り窯の窯焚きの見学に行ってまいりました。

 高島李恵さんという陶芸家に出会ったのは、つい最近のことです。アートスイッチバスツアーの件でお話をさせていただいたのがきっかけでした。

 とにかく一度窯焚きを見学してみたいということで、ご厚意に甘えて行ってまいりました。

 陽窯ブログはこちら。

 とにかく、炎の魅力はすごいという。

 1300度という熱量で、一度灰になった作物が、今度はガラス質の釉薬として再び姿を変えるという不思議さ。

 ひたすら薪をくべれば温度が上がるというわけでもなく、空気と燃焼度の兼ね合いの妙で温度が上がるというコントロールできない難しさ。

 窯の中をのぞくと、今まで見たことがない神々しい炎が見えました。

 そうして出来上がる器は空や風や大地の色。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

It has gone to [youyou] in the south Aso-son to visit the kiln combustion of the climbing kiln.

It is inadvertently recent to meet the ceramic artist named Megumi Takashima Lee. It did because it was going to talk by the matter of the art switch bus tour.

Anyway, it has been depending on goodwill by wanting to visit the kiln combustion once.

The [youyou] blog is here.

Anyway, it is said that the charm of the flame is terrible.

It is a calorie of 1300 degrees, and, this time, crops that became the ashes one degree are mysteries of transmogrifying it again as vitreous frit.

The temperature doesn't go up, and either cannot be the control of the balance of air and burn-up of strangely rising in temperature but it is a difficulty if it puts wood on the fire single-mindedly.

When it peeps in the kiln, the divine flame that has not been seen has been seen up to now.

The container completed and is a color of the sky, the wind, and the earth.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダー、イメージ画像集をアップいたしました!

 どういう人物が描いているか、知っていただこうと思いましてこういう編集になっております。

 

 お問い合わせは、新町三畳美術館 TEL 080-4288-8882 までお願い致します。

 まだまだ販路を探しておりますので、ご興味があられる方はお伺いしてカレンダーについてご説明させていただきます。

 よろしくお願い致します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

アートスイッチVol.1 写真。

 2009のアートスイッチVol.1

 写真をまとめてみました。

サリlュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月9日(火)から14日(日)まで、熊本県立美術館分館1Fにて「ドブに棲むうさぎ」展を開催いたします。

 パステル画の個展と言えばいつ以来なのか?

 この展示を申し込んだのが、2008年だったかな?

 イベントアートスイッチも立ちあがっておらず、確か派遣切りにあって職業訓練に通っていた。金属を削ったりしていた。

 絵描き人生としては、全く順調でもなんでもない。

 ずっと不満があった。

 その不満が何か探りあてたのはつい最近のこと。

 個展を行いますが、実際に観客がいようといまいともう、気持ち的に関係なくなってきました。

 誰かに認められたいとは思いますが、認められなくても結構。自分にとって美しい絵とは何かを追求する気持ちの方が上回ってきています。

 極端に言うなら、もう作品の発表をしなくてもいいのではないか?ただ絵を描くだけでという、ひきこもり的な気持ちです。

 誰かに美しいと言ってもらわなくても、自分が美しいと思えばそれでOKという。

 しかし、それは間違った事。

 他者と気持ち的にも、実際にもコミットメントしながら人間という存在を美しく描く方策を探るというのが、本当の美への道ではないか。

 この15年、辿ってきた道の総括を、今度の個展でやります。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

When is it if it is said the one-man show of the pastel drawing?

Was having applied for this exhibition 2008?

The event art switch did not stand up, and either it went to Vocational Training in the sure dispatch cutting. The metal was planed.

It is nothing even if quite going well as the [eega] coming life.

There was dissatisfaction for a long time.

It is inadvertently recent that the dissatisfaction found out something.

It has become unrelated in feelings so that be actually the spectator if it will not be though the one-man show is held.

Considerably though it is thought that someone wants to admit even if it is not admitted. Feelings that pursue something exceed it with a beautiful picture for me.

The work might not have to be announced any longer if it says extremely. However, it is stayed feelings said only that the picture will be drawn.

It is called OK by it if it is thought that I am beautiful even if it is not said to someone it is beautiful.

However, it is a wrong thing.

Isn't searching for the strategy that beautifully draws existence of man while actually doing the commitment in feelings as others a road to true beauty?

The road that has been trodden is summarized for these 15 years in this one-man show.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

明日より、大津髪結館吉田屋にて阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー原画巡回展を行います。

 本日、原画巡回展の準備をして参りました!

 三日連続で阿蘇まで行ってまいりました。

 あー、これが観光だったらどんなに素敵なのだろうという秋晴れ!

 雑貨屋etuさんで搬出作業中にカレンダーが一部旅立ちました。

 こうやって年末までにすこしづつ旅立っていくのかと思います。

 さて、先週末開催されたアートのイベントは一部苦戦だった模様です。

 ある人いわく「個人でお客さん持っている作家が、どうして苦戦必至のアートイベントを開催するのかな?やらなきゃいいのに」

 返す言葉もありません。

 いや、返そうと思えばいくらでもありますが、現実を見ると説得力がない。

 アートイベントを開催する理由の一つに、アートファンの裾野を広げるというものがあります。

 ところが、これはとんでもなく難しい!

 明快な答えはなく、失敗を繰り返しながら前へ進むしかありません。

 それでも、答えが見つかるとは限らない。

 答えがない問いを呪いのようにつぶやき続けるのがアートそのものなのでしょう。

 自分なりの解を出し、現実に実行する。結果を引き受ける。

 アートに限らず、仕事というもの全般においてそういうものだと思います。

 さて、本日もできることをやりますか。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The original picture round exhibition was prepared and it came today.

It has continuously gone to Aso on the third.

Fine autumn day how it is wonderful when it encounters and [-] and this go sightseeing.

The calendar started on a journey partially while carrying out working in general shop etu.

I will think [dutsu] to be departure a little by the end of the year because I do so.

Well, a part of event of the art that had been held at the end of last week to seem to have been fighting hard.

A certain person reason「Why does the writer of the guest of ..taking.. [ru] in the individual hold an inevitable art event for fighting hard?It is good if it doesn't do. 」

There is not an answer word either.

No, when the reality is seen, it is not very if it is thought that it returns it persuasive either.

There is something of expanding the skirts of a mountain of the art fan to one of the reasons to hold the art event.

However, this is unexpected and difficult.

There is no lucid answer but there is only advancing ahead repeating a failure.

Still, the answer is not necessarily found.

Keeping muttering an unanswered question like the curse might be an art.

The solution of my own way is put out, and it executes it actually. The result is undertaken.

It doesn't limit to the art, and I think as such in the one whole of work it.

Well, is it done to do today?

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

明日、明後日は晴れたら阿蘇、一の宮で風景を描きながらカレンダーの販促活動を行います。

 阿蘇、一の宮1000部限定カレンダーの宣伝の為、毎週末一の宮門前町商店街のどこかで風景を描いています。

 地道といえば地道ですが、本来アートはものすごく地道なものだと思います。

 誰からも求められていない作品を、長時間かけて制作する。

 地道に宣伝して、なるべく多くの方に観てもらう。

 を、一生繰り返す。

 評価されるかもしれないし、評価されないかもしれない。

 生きている間に評価されれば、生きやすくはなるかもしれませんが、自分にとってのアートの本質とはまるで無関係なことです。

 他人の評価も気になりますが、自分の評価が一番怖いです。

 世界の至宝ともいうべき絵画を実際に観たことがある。

 今現在評価されている方の企画展をみに行っている。

 さてと、お前はどの程度なのかね?

 怖い、怖い。

 さて、カレンダーですが順調に出荷が進んでおります。

 宮崎県でも一か所、扱っていただける場所ができました。

 とにかく、1000部売り切れば、きっと熊本のアーティストにとっても新しい道が拓けるはず!

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It renders a landscape somewhere in the Imperial prince temple town shopping street of one for the advertisement of 1000 Imperial prince limited calendar of Aso and 1 at the end every week.

I originally think that the art is terribly honest though honesty is honest it.

The work not being requested of whom is produced putting a long time.

It honestly advertises, and many people see as much as possible.

It repeats all one's life [wo].

It is likely to be evaluated, and it is likely not to be evaluated.

The essence of the art for I is irrelevant though it is likely to become if evaluated while it is alive.  it is easy to live

My evaluation is scared though the others' evaluations are anxious, too.

The painting that should be called the greatest treasure of the world has been actually seen.

It goes to see the special exhibition of the evaluation as of now.

Which extent is in front of [sateto] ,?

It is scary, and scary.

Well, the shipment is advanced well though it is a calendar.

The place that was able to be treated by one place even in Miyazaki Prefecture was able to be done.

Anyway, if 1000 is sold out, a surely new way for the artist in Kumamoto should be able to be opened.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

勝手ながら、kmac(クマック)をご紹介いたします。アートで面白いことができたら最高です!

 kmac(クマック)という活動がどうやら始まったようです!!

 え~、実は詳細は実は存じません。しかし、公式ブログが立ちあがったようですので、皆さまと共にこれから少しずつ詳しくなっていきたいです。

 という、見切り発車の紹介ですが、アートで面白いことができるのではないかという方々がいると思うと勇気が出てきますね!

 NPO法人アートスイッチでも、新町三畳美術館でも、協力できることがありましたらなんでもいたします。

 今年は熊本アート元年ともいうべき年になりそうです!

 年末から新年にかけて、某百貨店とモコスが組んで、ドでかいアートのイベントを企み中だそうです!!

 いよいよ念願の、熊本発アートフェスが!!!

 こいつはマジでやばい!

 詳細も近日発売の月刊モコスで!

 って、今日は紹介デーになってしまいました。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 Apparently, the activity named kmac ([kumakku]) seems to have started.

What?、I do not actually actually know details. However, an official blog seems to have stood up, and I want to become detailed little by little with everybody in the future.

Courage comes out when thinking that it is an art though is an introduction of starting abandonment and there are people that it can be interesting.

When it is likely to be able to cooperate also in the Law to Promote Specified Nonprofit Activities person art switch and 3 mat in Shimmachi museum, I will do anything.

It seems to become year that should be called a Kumamoto art first year this year.

A certain department store and [mokosu] unite it from the end of the year to the new year, and it seems to be [do] and to be a plot as for the event of the paddle art.

Art Fez from Kumamoto of the wish finally :.

This fellow is [maji] and [yabai] !.

Details also will shortly : with monthly [mokosu] of the sale.

It has become an introduction day [tte] and today.

[Saryu]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

イベント、アートスイッチの検証を始めます。一般のお客様に楽しんでいただくアートイベントとはどのようなものか?すこしづつ探っていきます。

 2年連続、2回開催のイベントアートスイッチですが、ここらでこのイベントはどういうものなのか考えて行きたいと思います。

 もちろん、アートイベントなので、開催側の基本コンセプトはしっかりとあります。

 「アートに普段興味がないお客様に、アートを気軽に楽しんでいただく」

 先ず、アートに興味を持っていただかなくては話しになりません。ここでいうアートとは、人が作り出すもの全てという意味です。絵画、パフォーマンス、伝統工芸、料理など、作り手に信念があればアートと呼ぶというとてもザックリしたものです。

 Vol.1のときは、アーティスト6人で開催いたしました。絵画、イラストレーション、陶芸、ファッション、木版画というカテゴライズでした。

 巨大壁画をお客様とともに制作するという企画では、400人もの方が絵を描かれました。その他、粘土のワークショップには100人程度、コサージュ制作ワークショップでは20人程度という参加人数で、予想を遥かに上回る盛況ぶりでした。

 木版画や絵画の公開制作でも、見物する人が必ずいるという状況。

 ところが、アーティストの作品がよく売れたかというとそうではありませんでした。

 一日で4万人を集客するイオンモール熊本クレアで、ワークショップなどには500人近く参加していただいたにも関わらず、作品は売れない。

 もちろん物凄く高額な作品であるならば分かりますが、そうではない物もたいして売れない。

 これは一体どういうことなのか?

 問題点はたくさんある。中でも、運営側によって抽出されなければならない問題とはなにか?

 作品がよくなかったからじゃないか?という問いには、参加作家は普段はきちんと自分の作品で収入を得ているという事実をお伝えしておきます。

 この、アートに気軽に触れていただくというストーリーを、きちんとお客様に提示できていなかったのではないか?

 ただの単発イベントとして、「ふーん、アートね」というレベルでの理解しかされていなかったのではないか?

 この問題点は、実は今年開催したVol.2でも完全には解消されたとは言い難いと思います。

 さて、今日は初回なのでこの辺で。

 次回にはVol.2の映像をアップしたいと考えておりますが(実は撮っている…)、どうなるか?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Though it is an event art switch of holding twice when 2 years in a row, This..event..what kind of..one..think.

Of course, there is firmly a basic concept on the holding side because it is an art event.

"It ..customer usually interested in the art.. readily enjoys arting. "

First of all, it doesn't become speaking if not interested in the art. An art here is a meaning of all things that the person produces. If creators such as the painting, the performance, traditional crafts, and dishes have belief, it is what of calling the art very [zakkuri]ed.

It held it by six artists at Vol.1. It was [kategoraizu] like the painting, illustration, the ceramic art, the fashion, and the wood block, etc.

Huge..wall painting..customer..produce..project..one..one..picture..draw.Additionally, it did the workshop of clay and about 100 people the flourishing business in the corsage production workshop in the number of intervenors of about 20 people when the expectation was far exceeded.

The situation of the production of opening to the public of the wood block and the painting that there must be a person who sees.

However, whether artist's work had sold well was not so that it.

The work doesn't sell in the workshop etc. though about 500 people participated by ion lace Kumamoto Clare who attracts 40,000 people in a day.

It understands if it is a work (of course terrible and high priced), and a thing not so doesn't sell very much either.

What on earth is this?

There are a lot of problems. Especially, problems that should be extracted by the management side are some ?.

Is it because the work was not good?The participation writer named the question is usually telling the fact of drawing one's income in its tidy work.

This story that the art touches readily might not have been able to be presented to the customer neatly.

Only understanding from the level "Art that was not ..referring.. [-]" as a free, single-engined event might have been done.

This problem thinks Vol.2 actually held this year to be difficult to say the complete cancellation.

Well, around here it is first time today.

How do it become it though it is thought that it wants to improve the image of Vol.2 next time (Actually take it)?

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー、販売一ヵ月で200部販売!今現在も好調に出荷中です!ありがとうございます!

 まだまだほぼ無名である絵描きの描いたカレンダーが、ここまで順調に販売されている事実に先ず自分が一番驚いています。

 ご当地カレンダーは売れないと某おみやげ販売の協会からアドバイスをいただいておりました。

 多分、それは違うと内心思っておりました。

 これくらいでよかろうという作り手側の思惑が、はっきり見て取れる写真のカレンダーサンプルを見せていただいたとき、よし!やろう!と思いました。

 自分にできる限界までカレンダーの質を高めました。

 販路もなにも持っていませんでした。

 カレンダーを売っていただける場所を探しました。今現在も常に探しています。

 パブリシティーをしました。カレンダー制作で資金を使い果たし、宣伝にかけるお金は一円もありません。

 RKKテレビの街角ゲッチューにて紹介していただきました。RKKラジオのシャバダバダサタデーにて紹介していただきました。

 今月の月刊モコスにて、カレンダーも採り上げていただきました。

 熊本各地にて、風景画巡回展を行っている途中です。

 玉名温泉つかさの湯さま、くまもと阪神さま、一の宮雑貨屋etuさま、大津髪結館吉田屋さま、熊本市新町三畳美術館、一の宮ヒバリカフェさまを今順番に回っております。

 先日開催された2010河原町アワードにて、カレンダーを紹介いたしました。ファーストフレームさまから、賞までいただきました。

 玉名温泉つかさの湯さまでは、今現在、カレンダーコーナーを設置させていただいております。

 毎週末、一の宮にカレンダーの露店を設営して、風景画をライブペイントしながら手売りしております。

 一の宮門前町商店街の各店舗には、カレンダー販売をお願い致しております。

 まだまだもっとやれることがあるはず。

 何もしなかったら、これだけ膨大な協賛者の皆さまとお会いする機会もなかったでしょう。

 一の宮という、本当に限定された空間を絵にし、それを買っていただくという行為はコンテンポラリーアートかそうじゃないかという問いにはこう答えます。

 一般のお客様にコンテンポラリーアートを楽しんでいただくまでの、アーティストのインフラを整備している。

 イベントアートスイッチもそうですが、一貫して一般のお客様にアートを気軽に楽しんでいただくことを目指しています。

 アートファン向けの活動や行動は、私でなくても沢山のアーティストや活動者が行っていますからそれはまかせるとして、私はこれからもずっと一年に一度も美術館に足を運ばない方々の前に無理やり出続ける活動をし続けるでしょう。

 そうしながらもアーティストはきちんとアートでお金を稼がなければならない。

 自分の表現で、どうお金を稼ぐかを毎日考えています。休みという休みもなく、ずっとアートと経済活動というテーマで動いていても、稼げるお金は時給に換算すれば100円とかじゃないか。

 そのかわり、新しい価値観を作るという行為に挑戦できる権利を手に入れました。

 一般のアートに興味がない方々の中から、少しでもアートファンを増やし、コアなアートイベントにも興味を持っていただく道を作る。

 このまま人口が激減していく日本で、アートシーンに興味を持っていただく人口を増やす努力をしない活動家やアーティストの動向を気にかけている余裕はない。今だって、若者の人口減で緩やかにその兆候が表れているのではないですか?

 自分にできる事からと考えた時に、カレンダーという企画がでてきました。

 この企画はアートによる地域貢献という命題も含んでいる。

 今日は少し、言いたいことを書かせていただきました。

 もっともっとありますけどね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The calendar that almost draws unnamed [dearu] [eega] coming [no] is still surprised and, first, I am surprised at the fact sold here well.

If it did not sell, the this place calendar got advice from the society of a certain souvenir sales.

Perhaps, it was secretly thought that it was different.

When the calendar sample in the photograph that can be clearly perceived is shown, the speculation on the creator side said it is good like this is good. Let's do. It thought. 

The quality of the calendar has been improved to the limit that I can do.

It did not have the market at all.

It searched for the place where the calendar was able to be sold. It always looks for as of now.

The publicity was done. The capital is exhausted by the calendar production, and there is no as much as one yen money spent in the advertisement.

It introduced it with street corner [gecchu-] of the RKK television. It introduced it with [shabadabadasatade-] of the RKK radio.

The calendar is caught and has been raised with monthly [mokosu] this month.

It is while the landscape round exhibition is done in Kumamoto various places.

It turns round the hot water of hot spring of Tamana [tsukasa], [kumamo], Hanshin, Imperial prince general shop etu, the Otsu [kamimusu] [kan;yoshida] person, 3 mat in Kumamoto City Shimmachi museum of 1, and the Imperial prince lark cafe of 1 in order of now.

2010 Kawaramachi Howard who had been held the other day introduced the calendar. It got it from the first frame to the prize.

I will set up the calendar corner in the hot water of hot spring of Tamana [tsukasa] as of now.

The stall of the calendar is constructed to Imperial prince of one at the end every week, and the hand is sold while [raibupeinto]ing it the landscape.

It is asking each store in the Imperial prince temple town shopping street of one for the calendar sales.

It is sure to be likely to be able to do more still.

There might not have been chance to meet everybody of huge so much those who supported it if nothing was done either.

The question that the act of making the space of Imperial prince of one really limited a picture, and buying it is a contemporary art or is not so is answered so.

Artist's until a general customer enjoys the contemporary art infrastructure is maintained.

It aims the light-hearted enjoyment of a general customer of the art consistently though the event art switch is also so.

It will keep being assumed leaving because a lot of artists and those who act are doing the activity and the action for the art fan though no I, and I doing the activity that keeps going out by force in front of the people who will never visit the museum in one year for a long time in the future.

The artist should neatly earn money in the art though it does so.

It thinks how to earn money by my expression every day. Money that can be earned might be 100 yen if it converts it into the hourly wage even if there is not a rest of taking a rest, and either it moves for a long time by the theme like an art and an economic activity, etc.

Instead, the right that was able to challenge the act of making the new value was obtained.

It makes it in a general art, and the number of art fans is increased even a little, and an interesting road is made in ..core.. [a-toibento] from among people not interesting.

There is no room for the trend of the activist and the artist who doesn't do the effort to increase a population interested in the art scene in Japan that decreases the population sharply to worry as it is. Does not the symptom appear gradually by young person's population decrease still?

When thinking from the thing that can be done, it is [detekimashita] of calendar in me ..the project...

This project contains the proposition of regional contribution by the art.

I was going to write that it wanted to say a little today.

It is more more.

[Saryu]

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

熊本市現代美術館、サイコアナリシス ー現代オーストリアの眼差しーと、古屋誠一 メモワール.展を見てきました。

 正直、写真展を観に行った記憶がほとんどないのです。同じ熊本市現代美術館でアラーキーの写真展を観たのと、パリ市立美術館で偶然観た写真展位でしょうか。

 なので、今から書こうとしている素朴な感想は多分的外れではないかと思うのですが、まぁ現代浮世絵師なりに感じたことを書きます。

 まず、同じ写真と言っても対照的だなーと思いました。

 サイコアナリシス展は、身体と建築がテーマです。建築が時代をリードするのか、時代が建築をリードするのか分かりませんが、建築物というのはとても同時代性を表現していると思います。簡単に言うと流行があると。一時期、コンクリートの打ちっぱなしがおしゃれみたいな感じがあったりしませんでしたか。テレビドラマのマンションの一室で、全く生活感を感じないのが最先端みたいな。

 何が言いたいのかというと、建築物というものは、人間存在そのものの代弁者だと思うわけです。その佇まいをあらためて観ていると、人の気配を必ず感じます。それもそのはず、人が建てたのですから。

 何のために建築するのか?

 住む為だったり、コミュニケーションする公の場だったりします。歩いたり、踊ったりするかも。

 この展示をトータルで観た印象は、今や日本のみならず、いたるところでコミュニケーション不全に陥っているのではないかという危惧でした。

 先人達が作ってきた建築物を介して、新たな視線、解釈を行うことで、コミュニケーション不全という新たな問題を浮き彫りにしているのではないかと。そしてそれは先進国と呼ばれる国共通のキーワードなんじゃないか。

 それを、絶望感で表現せず、なんとなく軽やかな印象を受けたのは好きでした。

 あー、脳が焼きつきそうですが。

 古屋誠一展。

 この展示は、なんか安心して観ることができました。

 個人の記憶や体験を沈潜して追体験する。

 観るものに揺らぐことなく、メッセージを感じさせる写真。

 非常に個人的な体験の記録と、それに添えられた日記が普遍的な一つのストーリーになっているのかなと。

 ふたつの展示があったので、どうしても比べてしまうのですが、古屋さんのほうが好きでした。

 というより、分かりやすかったです。

 すみません、こんな感想で。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It hardly has the memory of doing honesty and photograph exhibition to seeing. Is it a photograph exhibition title seen by chance in seeing the photograph exhibition of the Allah key in the same Kumamoto City modern art pavilion, and Petit Palais?

Well it is written to have felt it in the ukiyoe master of the present age though it is thought that the simple impression that tries to be written [nanode] and now is perhaps irrelevant.

First of all, I thought contrasted [-] though it was said the same photograph.

In the psychoanalysis exhibition, the body and construction are themes. I think that the building expresses coetaneous very much though whether construction leads the age or the age leads construction is not understood. When there is a fashion to put it briefly. Was the strike of concrete for a certain period of time and wasn't there feeling like dressing up?It is . like state-of-the-art not to feel the life feeling at all by a room in the apartment house of the TV drama.

I think that the building is a spokesman of the man existence what you want to say. Whenever the atmosphere is seen again, I feel person's sign. That should be so, because the person built.

Why are you architectural?

It the purpose is to live, and a public place where the communication is done. Do it walk, and do it dance?

The impression that saw this exhibition in total was misgivings of falling into imperfect communications now not only Japan but also everywhere.

Are predecessors bringing a new problem of imperfect communications that a new glance and interprets it into relief by the building that has been built?And, what is it the key word common to the country that is called an advanced country?

I liked no expression of it by the sense of hopelessness, and receiving a light somehow impression.

....encounter.. [-].. though the brain seems to burn.

Shop Seiichi exhibition of old.

It was possible to see at ease.

The memory and the experience of the individual submerge and are relived.

Photograph where message is felt without swinging in the seen one.

Whether it is very universal the record of the individualized experience and the diary affixed to it one stories.

Old shop liked it though it compared by all means because there were two exhibitions.

It depended, and was comprehensible.

I'm sorry in such an impression.

[Saryu]

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

お待たせいたしました!いよいよ新町三畳美術館を展示空間として開放いたします!

 新町三畳美術館開設から早半年。

 NPOの企画やら、熊本市現代美術館での展示、阿蘇 一の宮1000部限定カレンダーなどのあれこれが目途が立ちました。

 いよいよ新町三畳美術館を展示スペースとして開放いたします!!

 スペースは三畳の壁面4面と、現在カフェスペースとして使用中の壁面2面です。三畳美術館スペースはスポットライト三基で光量調整できます。カフェスペースでのスポットライト使用は応相談。

 その他、服やアクセサリーはモヒカンポシェットスペースでのディスプレイができます!

 三畳美術館使用料は無料(カフェ、モヒカンポシェットも)!、作品販売マージン無料!

 条件はただ一つ。DMを500枚以上作り、自分の展示を最大限宣伝していただくこと。

 新町三畳美術館でも、できうる限りパブリシティーを行います。

 先ずはお問い合わせを。

 tel 080-4288-8882

 mail  artswitch_viroflay@yahoo.co.jp

 熊本市新町1丁目10-28

 熊本の若手の作家や学生にぜひ利用して欲しいと思っています。

 チャンスは待っていても来ません。

 私にできることがあるなら何でもします。なるべく無駄な道を歩かないで済むよう(私自身遠回りしすぎている)、タイトに効果的に活動できるように。

 そんな道を共に探していけたらと思っています。

 先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 肩ひじ張らずに行きましょう!

 あ、写真を久しぶりに上げておきます。

019

←三畳美術館です。 

 

サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is already half a year from 3 mat in Shimmachi museum establishment.

Being possible that to come about 1000 Imperial prince limited calendar etc. of exhibition with the Kumamoto City modern art pavilion and Aso 1 stood the project of NPO and the object stood.

I will finally open 3 mat in Shimmachi museum as a display space.

Two.  four walls of three mats and walls space while using it as cafe space nowThree mat museum space can adjust quantities of light with three spotlights. The spotlight use in the cafe space is a consultation of respondent.

Additionally, it can be a display of clothes and accessories in the mohican pochette space.

Three mat museum rental is free (The cafe and the mohican pochette also :).  The work sales margin is free.

The condition is only one. Make 500 DM or more, and have my exhibition maximum advertised.

The publicity is done as long as it is possible to be able to do also in 3 mat in Shimmachi museum.

First of all, the inquiry.

tel 080?4288?8882

mail artswitch_viroflay@yahoo.co.jp

Kumamoto City Shimmachi 1-10 ?28

I want the writer and the student of the young man in Kumamoto to use it by all means.

The chance doesn't come even if waiting.

If I can do, anything is done. It is possible to act on tightness effectively need not walk on the road as uselessly as possible (Take a roundabout way too much by me).

It is thought that can search for both such roads.

First of all, please feel free to inquire.

[Razuni] shoulder elbow Cho goes.

The photograph of ..encounter.. , is raised after a long time.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

インプットが最近足りない!もっと出かけたり見たり聞いたりしなければ。なのに、やはり閉じこもってPC作業…

 ただでさえ、刺激が少ない街、熊本。

 ルーブル美術館で自分がいかに田舎にいたのか、思い知らされたものです。

 田舎では、感性をフル稼働にしておかなければ、いいアートにはなかなか出合えないもの。

 美術館の企画展に行くときなんかも、全部吸収してやる!見倒してやる!という気迫ででかけます。

 ところがルーブル。

 そんな気迫では半日持ちませんでした。

 刺激の海に投げ出された感じで、もう見たくない、ていうか、眠い…

 気合いを入れて見に行った美術館で疲れ過ぎて、本当に美術館内で仮眠した場所。

 ルーブル美術館、、ポンピドゥー美術館、ダビデ像があるフィレンツェの美術館(ど忘れ)、先にウフッツィに行ってここでダウン。

 いや、本当に、田舎の企画展を観に行く覚悟で行ったら危険!!

 むしろ感性は閉鎖気味にして、目的の作品にまっしぐらみたいな感覚で見ないと神経が耐えられないのです。

 こうやって、西欧に来た絵描きの先人達も頭をうなだれて美術館を後にしたのではないか。そして、一カ月位して、再び描く力をかき集めたのではないか。

 絵画の至宝を一堂に見るというのは、若き絵描きにとっては劇薬。

 自分の存在意義を強烈に問いかけてくる。

 「お前程度の絵描きは、歴史上掃いて捨てる程いる」

 あれあれ?

 インプットが足りない話をしようとしただけなのですが。

 横道に入りすぎました。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

  Town and Kumamoto where even free is a little stimulation.

It was very in the country in Grand Louvre I or is the one that it was made to learn though not known.

If the sensibility is not made full operation, the one that a good art cannot be come across easily in the country.

When going to the special exhibition of the museum, everything is absorbed. It looks and it knocks it down. It goes out by the spirit.

However, the rouble.

It did not have it in such a spirit at half a day.

It doesn't want to see any longer in the feeling thrown out in the sea of stimulation, and it is ..[teiuka].. sleepy, etc.

Place where it becomes tired too much in museum to which it puts spirit into and it went to see, and it took a nap really in museum.

It goes to [ufuttsui;] on the tip of the museum (memory lapse) in Florence in which Grand Louvre and the Pompidou museum and David are located and it downs it here.

No, it is dangerous when really going for the resolution where it goes to see the special exhibition of the country.

The sensibility is made a close feeling, and the nerve cannot endure a target work if it doesn't see in the sense like [masshigura].

Might it do so, [eega] coming [no] predecessors who had come to Western Europe also make its head, and the museum be made a back hanging one's head. And, power to do by about one month, and to draw again might have been raked up.

Seeing is a poison in a temple when taking it so that young [eega] may come as for the greatest treasure of the painting.

It asks strongly my significance of existence.

"There are coming of [eega], sweeping ..[ha].. in history, and throwing away like you about times. "

That must be.

Only though the story for which the input is insufficient tried to be told.

It entered the sideway too much.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

2010熊本市河原町アワードに参加いたします!アートの祭典です!こういう催しがあるなんて、今や熊本は本当にアート不毛地帯ではないです!!

 熊本の十数年前は、アート不毛地帯と呼ばれていました。

 福岡から帰ってきて、熊本の画廊に今後の相談に行ってみたときの会話。

 「熊本で作品を発表したいんですけど…」

 「都市にでなきゃ!熊本でやっていこうなんて無理!アート不毛地帯なんだから!」

 そして、ここまで来たか(遠い目)…

 河原町アワード。

 河原町がプロジェクトとして発足した当時、自分の画風を確立することに夢中で、アートのプロジェクトという風潮に無関心でした。

 最近になって、アートスイッチというアートプロジェクトをやり始めて、改めて河原町を見たとき思いました。

 そういえば、参加したことないな!

 自分のプロジェクトや、作品制作にかまけて、熊本ネイティブで誇るべき河原町プロジェクトに参加したことないなんて、熊本発世界へを標榜する私としては恥ずべきことです!

 ということで、10月10日の河原町アワードにて、作品としては初参加です!

 河原町新参者ですが、どうぞよろしくお願い致します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It had been called an art barren zone before a lot of years Kumamoto.

Conversation when coming back from Fukuoka, and going to art gallery in Kumamoto to consult in the future.

"Want to announce the work in Kumamoto and. "

「City. It is impossible to do in Kumamoto. Because it is an art barren zone. 」

And, did you come here (far eyes)?

Kawaramachi Howard.

It was crazy about the establishment of my style of painting at that time at the time of having started as a project Kawaramachi, and it was indifferent in the trend of the age of project of the art.

When Kawaramachi was seen the art project of art switch beginning to do recently, and changing it, it thought.

Incidently, participate.

In no participation in the Kawaramachi project that should be boasted in the Kumamoto native occupying my project and work production, I who does world [hewo] [shirube**] from Kumamoto am a crime.

Thus, it is Kawaramachi Howard on October 10, and the first participation as the work.

My best regards though it is a Kawaramachi newcomer.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

孔子の四十にして惑わず、という言葉は多角的だなぁ。人生の意味ではなく、目的がクリアになった瞬間の言葉なのかな。

 天命というものについて考える。

 それは、神の意志というものに似ているが、多分違うものだろう。

 死ぬほど努力して富める人。

 ~同上~     貧乏な人。

 才能があり、それを生かす人。

 ~同上~ 、生かせない人。

 他に同じようなパターンを書けといわれたら、延々と書けますが、天命とはこういった現世で起こりうるあらゆる事象に達観し、なおかつ自分がやると決めた事をやり通せという意味に解釈しました。

 しかもそれは、自分以外の人もともに幸せになる道を探すという心が根底にあります。

 自分勝手な行いではない。

 こう言うと、すぐ、そういう自己満足が自分勝手でキモイという声が自分の中から持ちあがります。が、それすらも踏みつけろ!それが不惑というものだ!と言われている気がしたのです。

 ここでも、絶望なんてしてて当たり前という、中国戦国春秋時代の風潮を変えてみせるという孔子の覇気が感じられます。

 天命についてなぜ考えるのか。

 37歳。

 絵描きの鬼門にあたる歳が近づいてきました。

 好きな画家が大体37前後で死んでいる。

 ゴッホ、ロートレック、モディ etc…

 なんかあるのか?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It thinks about the destiny.

It might be different of looking like god's will.

Person who can be abundant death by effort.

?Ditto?Poor person.

It has the talent, and it is a person who makes the best use of it.

?Ditto? 、Person who cannot make the best use of.

Besides, it was interpreted with the destiny though it was able to be written it was long if said to write a similar pattern as the meaning of achieving the thing decided that saw through to all events that were able to happen in such this world, and I did besides.

Moreover, it has the mind that it searches for the road where the people other than me both become happy, too in the basis.

It is not a selfish doing.

Such a self-satisfaction lifts soon when saying so and the voice named [kimoi] lifts selfishly from among me. However, trample even it down. It is the one named no [mado]. I thought that I was said solving.

The ambition of Confucius of despairing, will being to do, and to change the spring and autumn of Chinese civil wars order of the day named natural [te] is felt here by me.

Why is it thought about the destiny?

37 years old.

[Ataru] [sai] has approached [eega] coming [no] demon's gate.

A favorite painter is dead by about roughly 37.

Gogh, Lautrec, and [modei;] etc, etc.

Are you ..what..?

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

今日は雨でしたので、阿蘇一の宮には行かず。新町三畳美術館にて企み中です。

 日本は、朝から雨や地震です。

 雨だと、路上で風景を制作できないので、本日は三畳美術館にて今後の展開を模索中。

 カレンダーをもっとアピールする手立てはないものか。

 いち作家がほとんど販路も持たず、独自展開で1000部カレンダーを期間内に売り切ることができるのか?

 熊本で。

 すぐ売れるのでは?という意見と、とても厳しいという意見が半々。

 どちらにも偏っていないというのは、いいカレンダーができている証拠ではないでしょうか?

 他にも調べなければいけないものが沢山あったりと、なかなか絵を描くところまで時間を使えないのがいらだたしい。

 この狭間で悩むのでしょう。

 来年はもっとうまくやりたいな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Japan is rain and an earthquake from the morning.

It is groping for the development in the future in three mat museum today because scenery cannot be produced on the road when it is rain.

Who is not there the way that appeals for the calendar more?

Does writer Ichi hardly have the market, and can 1000 calendar be sold out by original development in the period?

In Kumamoto.

Do it sell soon?The opinion of very severity is in halves, that is, the opinion.

Isn't not biasing even to any evidence that a good calendar is made?

Other examined one is Japanese syllabaries of [attari] and a lot of , or even the place where the picture is drawn irritates cannot use at time.

It is likely to worry in this interstice.

Do not want to do better by me next year.

[Saryu]

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

いよいよ本日から、阿蘇 一の宮の雑貨屋etuさんで1000部限定カレンダー原画展開催!

 そして明日2日(土)9:00過ぎごろからRKKラジオにて、一の宮からカレンダーを紹介していただく中継です!!

 毎週末雨天でない限り、路上で絵を描きながら、カレンダーの紹介と販売を行います。

 今現在、150部以上は旅立って行きました!

 10月初頭時点ですから、なかなかの出足ではないでしょうか。

 一生涯をかけて熊本の風景を美しく描くことを目標にしています。

 今回はご縁があって一の宮の風景をまとめて描く機会にめぐまれました。

 一の宮の方々にも誇りに思っていただけたなら、これほど嬉しいことはありません。

 週末に一の宮でお会いしましょう。

 サリュ

The relay on the RKK radio from Imperial prince of 1 from whom it introduces the calendar.  Saturday, 2nd 9:00 and of tomorrow

The introduction and sales of the calendar are done while drawing the picture on the road as long as it is not rain at the end every week.

It started on a journey by 150 or more as of now.

At the time of of the beginning of October it, isn't it no mean pickup?

It aims beautifully drawing the scenery of Kumamoto putting the whole life.

It was given at the chance to draw marginating this time and bringing the scenery of Imperial prince of one together.

If Imperial prince of one et al. were able to be proud, too it is not glad at all like this.

Let's meet by Imperial prince of one on the weekend.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »