« 熊本県立美術館分館の個展が近づいてきました。 | トップページ | 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの販売場所が2か所増えました! »

2010年10月27日 (水)

今月の月刊mocosに、アーティスト特集というページがありまして、記事が掲載されております!

 遅ればせながらのご報告。

 熊本には月刊mocos(モコス)という雑誌がありまして、今月号は熊本アーティスト特集です。

 そのなかの1ページに私の記事がありますので、熊本県の方でご興味があられる方、是非手にとって読まれて下さいませ。

 「櫻井流」という流派的なものがいつの間にか生まれているようです。ありがとうございます。

 考える→行動する。の繰り返しで生きてきましたが、それが「櫻井流」と言えるものではないでしょうか?

 考える→行動しない。が普通です。現状の維持は大変ですからね。それだけで手いっぱいなのが当たり前です。

 発想の転換を行っています。現状を維持しない、です。落ちるとこまで落ちてもいいのです。大体、派遣切りにあった時点で大分落ちていますね。そこから下は生活保護かホームレスですから。去年はポリテクセンターで職業訓練を受けていましたね。就職活動は失敗続きでしたね。20社近く受けましたが不採用でしたね。しょうがなく、短期の仕事を繰り返しながら、職を探しましたが駄目でしたね。職を失う度にこの繰り返しを十年以上続けてきましたね。

 絵描きがこれで逆切れしなかったら、もう絵描きじゃありません。

 はっきりと告げられている。

 熊本にお前は必要じゃない。

 そうですか。

 それなら、無理やり自分の居場所を作ってやろうじゃないか。

 事の発端は、喧嘩を売るような気持ちでした。

 そして、今に至る。

 心の中にある、憤りみたいなものは全くなくなりません。

 熊本の他地方の絵描きも同じ気持ちじゃないのかな?分かりませんが、もし少しでもこの気持ちが理解できるのなら「櫻井流」と表現されたものを行った方が、気持ちが楽になりますよ。

 きついのは、世間に認められない自分を責め続けることの方じゃないんですか。

 そして、若かった絵描きは30前で筆を折るパターンが多いのではないか。

 この間、50代位の美大の教授に「君は50歳位になったらいい絵が描けるようになるんじゃないか」と言われました。

 聞く耳持たん。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

[Nogo] report belatedly.

There is a magazine of monthly ([mokosu]) mocos in Kumamoto, and the issue is a Kumamoto artist feature this month.

A person interesting in Kumamoto Prefecture, and there is my article in page 1 of the average, and read by all means for the hand, please.

The sect one "Sakurai style" seems to arise before one is aware. Thank you.

Thought → acts. Isn't it the one that can be said, it is "Sakurai style" though had lived by ..drinking.. repetition?

Thought → doesn't act. However, it is usual. The maintenance of the current state is serious. Busy only with it is natural.

The perceptional change is done. [Desu] that doesn't stick with the status quo. You may fall into fall [rutoko]. Roughly, it falls very much when is in the dispatch cutting. Because the under from there is ..public assistance.. homeless. Vocational Training had been received with [poritekusenta-] last year. Job hunting was continuation of the failure. It was not an adoption though received.  about 20 companiesThere is no other way it was useless though it had looked for the occupation while repeating short-term work. This repetition has been continued for ten years or more every time the employment is lost.

It is possible to come the [eega] daily life, and it is neither reverse-cutting [shinakattara] nor [eega] [kijaari] any longer.

It is reported clearly.

You are not necessary for Kumamoto.

Really?

In that case, are not you making my whereabouts by force?

The origin of an affair was feelings that trailed one's coattails.

And, it will arrive soon.

It is in the mind, and is not lost of the one as resented at all.

Aren't they same local [eega] coming [mo] feelings except Kumamoto?Going in the one expressed, "Sakurai style" ..can the understanding of this feelings even a little.. becomes and feelings become easy though it doesn't understand.

Do the tight one be not keep being being blamed me not admitted at the people?

And, there might be a lot of patterns that break off the brush in front of young [eega] coming [ha] 30.

It was said by the professor as big as the beauty of the one's fifties title, "If you turned about 50 years old, a good picture might come to be able to be drawn" the other day.

Heard [mimimo] phlegm.

[Saryu]

 

 

 

 

|

« 熊本県立美術館分館の個展が近づいてきました。 | トップページ | 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの販売場所が2か所増えました! »

メディア出演情報。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の月刊mocosに、アーティスト特集というページがありまして、記事が掲載されております!:

« 熊本県立美術館分館の個展が近づいてきました。 | トップページ | 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの販売場所が2か所増えました! »