« お待たせいたしました!いよいよ新町三畳美術館を展示空間として開放いたします! | トップページ | 阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー、販売一ヵ月で200部販売!今現在も好調に出荷中です!ありがとうございます! »

2010年10月 8日 (金)

熊本市現代美術館、サイコアナリシス ー現代オーストリアの眼差しーと、古屋誠一 メモワール.展を見てきました。

 正直、写真展を観に行った記憶がほとんどないのです。同じ熊本市現代美術館でアラーキーの写真展を観たのと、パリ市立美術館で偶然観た写真展位でしょうか。

 なので、今から書こうとしている素朴な感想は多分的外れではないかと思うのですが、まぁ現代浮世絵師なりに感じたことを書きます。

 まず、同じ写真と言っても対照的だなーと思いました。

 サイコアナリシス展は、身体と建築がテーマです。建築が時代をリードするのか、時代が建築をリードするのか分かりませんが、建築物というのはとても同時代性を表現していると思います。簡単に言うと流行があると。一時期、コンクリートの打ちっぱなしがおしゃれみたいな感じがあったりしませんでしたか。テレビドラマのマンションの一室で、全く生活感を感じないのが最先端みたいな。

 何が言いたいのかというと、建築物というものは、人間存在そのものの代弁者だと思うわけです。その佇まいをあらためて観ていると、人の気配を必ず感じます。それもそのはず、人が建てたのですから。

 何のために建築するのか?

 住む為だったり、コミュニケーションする公の場だったりします。歩いたり、踊ったりするかも。

 この展示をトータルで観た印象は、今や日本のみならず、いたるところでコミュニケーション不全に陥っているのではないかという危惧でした。

 先人達が作ってきた建築物を介して、新たな視線、解釈を行うことで、コミュニケーション不全という新たな問題を浮き彫りにしているのではないかと。そしてそれは先進国と呼ばれる国共通のキーワードなんじゃないか。

 それを、絶望感で表現せず、なんとなく軽やかな印象を受けたのは好きでした。

 あー、脳が焼きつきそうですが。

 古屋誠一展。

 この展示は、なんか安心して観ることができました。

 個人の記憶や体験を沈潜して追体験する。

 観るものに揺らぐことなく、メッセージを感じさせる写真。

 非常に個人的な体験の記録と、それに添えられた日記が普遍的な一つのストーリーになっているのかなと。

 ふたつの展示があったので、どうしても比べてしまうのですが、古屋さんのほうが好きでした。

 というより、分かりやすかったです。

 すみません、こんな感想で。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It hardly has the memory of doing honesty and photograph exhibition to seeing. Is it a photograph exhibition title seen by chance in seeing the photograph exhibition of the Allah key in the same Kumamoto City modern art pavilion, and Petit Palais?

Well it is written to have felt it in the ukiyoe master of the present age though it is thought that the simple impression that tries to be written [nanode] and now is perhaps irrelevant.

First of all, I thought contrasted [-] though it was said the same photograph.

In the psychoanalysis exhibition, the body and construction are themes. I think that the building expresses coetaneous very much though whether construction leads the age or the age leads construction is not understood. When there is a fashion to put it briefly. Was the strike of concrete for a certain period of time and wasn't there feeling like dressing up?It is . like state-of-the-art not to feel the life feeling at all by a room in the apartment house of the TV drama.

I think that the building is a spokesman of the man existence what you want to say. Whenever the atmosphere is seen again, I feel person's sign. That should be so, because the person built.

Why are you architectural?

It the purpose is to live, and a public place where the communication is done. Do it walk, and do it dance?

The impression that saw this exhibition in total was misgivings of falling into imperfect communications now not only Japan but also everywhere.

Are predecessors bringing a new problem of imperfect communications that a new glance and interprets it into relief by the building that has been built?And, what is it the key word common to the country that is called an advanced country?

I liked no expression of it by the sense of hopelessness, and receiving a light somehow impression.

....encounter.. [-].. though the brain seems to burn.

Shop Seiichi exhibition of old.

It was possible to see at ease.

The memory and the experience of the individual submerge and are relived.

Photograph where message is felt without swinging in the seen one.

Whether it is very universal the record of the individualized experience and the diary affixed to it one stories.

Old shop liked it though it compared by all means because there were two exhibitions.

It depended, and was comprehensible.

I'm sorry in such an impression.

[Saryu]

 

 

|

« お待たせいたしました!いよいよ新町三畳美術館を展示空間として開放いたします! | トップページ | 阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー、販売一ヵ月で200部販売!今現在も好調に出荷中です!ありがとうございます! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本市現代美術館、サイコアナリシス ー現代オーストリアの眼差しーと、古屋誠一 メモワール.展を見てきました。:

« お待たせいたしました!いよいよ新町三畳美術館を展示空間として開放いたします! | トップページ | 阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー、販売一ヵ月で200部販売!今現在も好調に出荷中です!ありがとうございます! »