« 南阿蘇村の登り窯「陽窯」さんに、窯焚きの見学に行ってまいりました。 | トップページ | 今月の月刊mocosに、アーティスト特集というページがありまして、記事が掲載されております! »

2010年10月26日 (火)

熊本県立美術館分館の個展が近づいてきました。

 11月9日(火)~14日(日)まで、分館1Fにての展示となります。

 15年の歩みみたいな展示にしようかと。年代順に並べてみたいだけですが。

 そして次の15年へ向けて、新作のパステル画も描き始めました。

 1年半前は、熊本市現代美術館での展示や、カレンダーの企画など、思いもしない仕事でした。

 きっと今頃、仕事しながら地味に絵を描いているんだろうな?

 位にしか考えていなかった為に、このタイミングでの個展となります。

 アートスペースでの個展はほとんどしたことがないので、どうなることやら。

 普通に絵を並べるのですが、最近普通の展示をあまりしてこなかったので、それでいいのか?という過剰演出気味な考えが浮かんできますが、まあ、基本な展示になると思います。

 これからどういう絵を描けばいいのか思案中ですが、とりあえず手を動かしながら考えます。

 パステル画を描く時間を何カ月もまともに取れていなかったので、やっと描けると思うと嬉しい。

 イベントや鉛筆風景画のスケジュールに追われて、自分の事を置き去りにし過ぎていると。どこかでバランスを取らないといけない時期に入っていのでしょう。

 普通に働いて描いていた時期は、今思うと心のバランスは不思議と取れていたなと思います。

 なので、不安定な精神バランスの今はいい絵を描くチャンスなのかもしれない。ひとまず、絵や行動を評価していただけるという場所までやっと歩いてこれたのかな。

 美しい絵を描くこと、その為に今色んなことをやっているのでしょう。

 さて、絵を描く前にひと営業しますか。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Branch 1F [niteno] exhibition and [narimasu] on ?14 day (Sunday) on Tuesday, November 9.

Let's make it to the exhibition of 15 years like walking. I want only to arrange in the chronological order.

And, it began to draw a new pastel drawing for the next 15 years.

One and a half-years ago was work not thinking it exhibited in the Kumamoto City modern art pavilion and the calendar was planned.

Might not soberly draw the picture while surely working this time.

It becomes only a place with the one-man show in this timing because it thought.

Because the one-man show in the art space has been hardly done, it becomes it very.

Then, because a usual exhibition had not been so done recently, is it good though the picture is usually displayed?Oh dear I think that I become a basic exhibition though the idea of excessive production smart nature occurs.

It thinks while moving the hand for the time being though it is thinking what kind of picture you only have to be going to draw in the future.

I am glad for time to draw the pastel drawing not to have been taken straight for months how many when thinking that it is possible to finally draw.

It is chased, and to the schedule of the event and the pencil landscape when you leave my thing too much. It is [deshou] . it is in time at the time of which should the balance somewhere.

I think the balance of the mind to have been taken mysteriously when thinking of the time that usually worked and was drawn now.

It might be a chance now of [nanode] and an unstable mental balance to draw a good picture. Had it finally walked to the place that the picture and the action were able to be evaluated you for the time being?

Therefore, it is [yatteiru] now as for color [nnakoto].  draw a beautiful picture

Well, does the person do business before drawing the picture?

[Saryu]

|

« 南阿蘇村の登り窯「陽窯」さんに、窯焚きの見学に行ってまいりました。 | トップページ | 今月の月刊mocosに、アーティスト特集というページがありまして、記事が掲載されております! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本県立美術館分館の個展が近づいてきました。:

« 南阿蘇村の登り窯「陽窯」さんに、窯焚きの見学に行ってまいりました。 | トップページ | 今月の月刊mocosに、アーティスト特集というページがありまして、記事が掲載されております! »