« ドブに棲むうさぎ展来場者数830人でした! | トップページ | 新町三畳美術館企画展 ぜんとやうやう ご紹介! »

2010年11月17日 (水)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダー、阿蘇 道の駅、山鹿 百花堂にて販売開始です!

 いよいよ、JR阿蘇駅そばの阿蘇 道の駅にてカレンダーの販売が始まりました!

 これで計18か所で販売していることになります。

 まだまだ年末までに販路を拡大していく予定です!

 一の宮

   とり宮

   たのや

   緒方屋

   ヒバリカフェ

   阿蘇神社売店

   etu

 阿蘇

   道の駅

   阿蘇いこいの村

 内牧

   蘇山郷

   阿蘇ホテル 一番館 二番館

   はな阿蘇美

 黒川

   黒川荘

   黒川旅館組合

 玉名

   玉名温泉つかさの湯

 山鹿

   百花堂

 熊本市

   熊本市現代美術館 ミュージアムショップ

   熊本県立美術館分館 -aju-

 現在のカレンダー取り扱い場所を列記してみました。今現在もあと2か所と交渉中です。

 改めて眺めて見ると、あー、色々行ったなーという感想が浮かんできます。もちろん、カレンダーの販売にご協力いただけなかった場所も倍以上ありますが、それよりもやはり、この企画を沢山の方に知っていただくというのが仕事だと考えています。

 厳しい意見も当然いただきます。しかし、着々と部数を伸ばしているのも事実。もっと知名度を上げたら、販売の速度も上がってくるでしょう。

 無名の絵描きのカレンダーが数カ月で数百売れている、しかもほとんどの営業を個人でこなしながらと考えると、こういう仕事を別パターンで複数こなせば熊本の若手絵描きが生きる道がひとつできるのではないでしょうか?

 観光地の絵を描いて売るって、非常に王道といいますか、王道があるからそうじゃない道も開けてくるのかと思います。

 調べてみても、観光名所的な絵を絵ハガキにして売っている作家は皆無に近いのじゃないか?熊本の場合。

 よし、やろうかな(笑)絵ハガキ。

 熊本の風景を一生かけて絵に残すのも、誓った仕事の一つですから。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Sales of the calendar started by the Aso roadside station of the JR Aso Station buckwheat noodle more and more.

It will sell it in 18 places in total by this.

It is still scheduled to widen sales by the end of the year.

Imperial prince of one

[Torimiya]

[Tanoya]

[Ogataya]

[Hibari cafe]

[Aso Shinto shrine stall]

   [etu]

Aso

Roadside station

Village of Aso [ikoi]

[**] on inside

[Sozankyou]

Pavilion the second per first at Aso hotel in pavilion

[Hanaasobi]

Kurokawa

[Kurokawasou]

[Kurokawa inn union]

Tamana

Hot water of hot spring of Tamana [tsukasa]

Yamaga

[Hyakado]

Kumamoto City

Kumamoto City modern art pavilion museum shop

Pavilion-aju-.  Kumamoto Prefectural Museum of Art

A present calendar handling place was enumerated. It is negotiating with two another places as of now.

It encounters and the impression named [-] and [-] variously done floats when seeing looking at again. Of course, knowing thinks that it is work still from it a lot this project though there are twice or more ..also the place in which it was not able to cooperate in sales of the calendar...

Naturally, I get a severe opinion. However, it is also true to have extended the number of copies with steady steps. The speed of sales will go up, too, if it makes oneself better known more.

An unnamed [eega] coming [no] calendar will sell in several months many hundreds of and do most business, and such work of two or more [konaseba] Kumamoto is a young man [eega] daily life and might be able to be done by thinking by another pattern by one road where it lives though is an individual it and is a digestion.

The picture of the sightseeing spot is drawn, it is said the royal road ..sales.. ..[rutte].. very much or I think a road not so to be open because there is a royal road.

Is the writer who is selling making a tourist spot picture a picture postcard even if it examines it near the nil?For Kumamoto.

It is a good does or picture of ..laughter..) ..(.. postcard.

Because leaving for the picture putting the scenery of Kumamoto through life is one of the work to swear.

[Saryu]

|

« ドブに棲むうさぎ展来場者数830人でした! | トップページ | 新町三畳美術館企画展 ぜんとやうやう ご紹介! »

カレンダー」カテゴリの記事

コメント

おせわになります。
百花堂です。

19日からの「湯の端美術展」にて
販売を始めます。

今回から、作家さんの販売ブースを用意する
取り組みを始めました。

とはいえ、なかなか手が回らず不備が次々に
出てきそうな予感です。
そんな中ですが、一人でも多くの方に紹介で
きるようにがんばります。

投稿: 百花堂 | 2010年11月18日 (木) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇一の宮1000部限定カレンダー、阿蘇 道の駅、山鹿 百花堂にて販売開始です!:

« ドブに棲むうさぎ展来場者数830人でした! | トップページ | 新町三畳美術館企画展 ぜんとやうやう ご紹介! »