« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダー、500部完売ご報告!

 2011年阿蘇一の宮1000部限定カレンダーが販売実数500部になりました!

 手元には残りわずかしかありませんので、ご購入希望の方はお早めに!

 販売場所は過去に書いたブログにありますのでご参考下さい。

 新町三畳美術館でも販売中です。

 お問い合わせは 080-4288-8882 までお願い致します。

 ほぼ無名の一個人が販売するカレンダーとしては、異例の売れ行きではないでしょうか。カレンダーは売れないという先入観が多々ある事に日々接し、それでもどうにか委託先を探して販売しておりましたがこれだけ売れればその先入観は間違っていると言えるのではないでしょうか?

 大々的な宣伝もできず、宣伝はパブリシティーだけという状況。採り上げていただけるかも分からずにスタートした企画です。

 今も順調に各所で部数を伸ばしている模様です。

 確認できたのが500ですので、実際には残部数はもっと少ないのではないでしょうか?

 いよいよ12月に入り、来年のカレンダーという意識も出てくるころです。

 この一カ月でどう動くか未知数ですが、1000部完売という目標が視野に入ってまいりました。

 1,890円のカレンダーを500部販売しただけで、熊本のローカル絵描きとしてはすでに伝説の域に達しているのではないかと自分を甘やかしておりますが、目標はあくまで1000部!

 自分の限界をどう越えていくのか、まだまだ日々思案中です。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

1000 Imperial prince limited calendar of Aso 1 became 500 sales real numbers in 2011.

The purchase hope : to bringing forward because there is remaining an alone not cervine in hand.

The sales place is in the blog written in the past and give the reference to me, please.

It is selling it also in 3 mat in Shimmachi museum.

I hope 080-4288-8882 as for the inquiry.

Is it hardly sales of the exception as the calendar that an unnamed individual sells?It touches the thing with the preconception of not selling a lot every day the calendar might be able still to be said that the preconception is wrong if only this sells though sold looking for consigning ahead somehow.

A grand advertisement cannot be done, and the advertisement is a situation only of publicity. It is a project that started understanding whether it is possible to be neither catching nor to raise it.

It seems to have extended the number of copies well in each place now.

Because being possible to confirm it is 500, the number of remainder might be actually less.

It finally enters December, and consideration of next year's calendar comes out, too.

The target of selling all has come within the sweep by 1000 though it is an unknown number ..how it moves.. in this month.

The target is 1000 though I am spoilt when the legend has already been reached when assuming a local [eega] coming of Kumamoto only by selling 500 calendars of 1,890 yen to the end.

It still thinks how to exceed my limit every day.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

訂正。熊本日日新聞連載小説の挿絵は12月10日からの予定です。

 一回目はカラーということで、頑張らんばいかんです。

 最近なかなか制作に入ることができなかったので、きっとこれは「絵描きは絵をかかんばいかん」という、神様の思し召しに違いない。

 どうも、他のイベント企画に押されていて、制作時間が超短時間になっていたので気合いを入れてとりかかります。

 話は変わりますが、阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの販売店が2か所増えました!

 熊本市 染物とお宿「中島屋」さん

 高森  ギャラリーカフェ レストラン「阿里美」さんです。

 さらに、FMKラジオ番組 Morning Gloryにて12月、カレンダープレゼント企画として提供させていただきました!ありがとうございます。

 明日はKmacの集いがあり、参加させていただきます。

 テーマはアフリカアートということで、ケブランリー美術館で予備知識なく見た程度ですが、どんなお話が聞けるのか楽しみです。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The first time is a color, and the corbicula ring that doesn't work hard.

This must be ..desire.. [shi] summons of the god "It is a looking down corbicula ring as for [eega] coming [ha] picture" because it was not able to enter to produce easily recently.

Thank you, and it puts spirit into and it begins being pushed to other event projects because the production time was super-short time.

The number of shops of 1000 Imperial prince limited calendar of Aso 1 has increased by 2 places on another note.

Kumamoto City dyed goods and hotel "Nakashima person"

It is Takamori gallery cafe restaurant "[**] Satomi. "

In addition, I was going to offer it by FMK radio programs Morning Glory as a calendar present project in December. Thank you.

There is a collection bur, and I will participate about Kmac tomorrow.

What talk is enjoyment ..whether it is possible to hear it.. though it is extent in the Africa art of the theme seen in the [keburanri-] museum without the preliminary knowledge.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

熊本日日新聞の、連載小説挿絵を描きますよ。

 昨日今日で熊本日日新聞の、連載小説の挿絵を描くことが決まりました!

 もちろん初めてのことで、どういう風に描くか今から考えます。

 12月4日から掲載開始ということで、けっこうバタバタしそうですが、楽しみです。

 とてもありがたいことです!

 全力で取り組みたいと思います。

 これで年末までに越えなければいけない山がまた一つ増ましたが、どうなりますやら。

 来週には玉名温泉つかさの湯さんの、阿蘇一の宮1000部限定カレンダーディスプレイを模様替え致します。それ専用の映像編集もしなきゃ。

 さらに、昨日から阿蘇のヒバリカフェさんでカレンダー原画巡回展が始まりました!

 と、色々やっておりますと時間があっと言う間に過ぎ去って行きます。

 アートスイッチバスツアーも具体的に動き始めそうですので、こちらもご注目の程を。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It has been decided to draw the cut-in illustration of the serial novel of the Kumamoto date newspaper at recent.

It is the first time of course, and it thinks what wind draw now.

It is the enjoyment though noisily instigating in the publishing beginning considerably it on December 4.

It is very welcome.

I want to work by my best.

The mountain that should be exceeded by this by the end of the year becomes it again ..throw increase [mashitaga].. very.

I will remodel 1000 Imperial prince limited calendar display in Aso 1 of hot water of hot spring of Tamana [tsukasa] next week. The image edit only for deflecting is not done.

In addition, the calendar original picture round exhibition started yesterday in lark cafe in Aso.

It passes away with time [gaa] while it says when a variety of doing.

The degree in which here is paid attention because the art switch bus tour seems to begin concretely to move, too.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

山鹿 湯の端美術展を観てきました。

 実に久しぶりの休日を満喫致しました。

 祝日が休館日です。その休館日も自由に動ける営業日と決めて動いていたので、本当に久しぶりに営業と関係ない日を過ごしました。

 山鹿湯の端美術展を観てきましたよ。

 岡松ともきさんと、izu♡milkさんの展示は、僭越ですが期待以上!

 伝えたいことをきちんと形にして展示してあるのを観るのは、気持ちいいですね~。

 岡松さんの荒縄ジャングルジムは、中に入って観るとより楽しめました。

 竹之下亮さんを撮った写真は、完全に竹之下ワールド全開でした。千代の園の酒蔵はよくこの企画に賛同しましたね~、すごい!これはもう写真集として観て見たい!

 今回で2回目というこの美術展。来年は再び絵画やインスタレーションに。天聴の蔵にて絵の展示予定です。大体構想は浮かんでいますが、大がかりになりそうです。果たして間に合うのか?楽しい展示にしたいですね。

 ところで、今日、自分アート史でも一度もなかった仕事が舞い込んできましたよ!

 正式決定したら、ご報告いたします!

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Holiday indeed after a long time was enjoyed.

Holiday is Closed. An unrelated day to business was spent really after a long time because it was decided business days to which it was able to move freely in the Closed and moved.

The edge art exhibition of the hot water of Yamaga has been seen.

Izu♡milk if it doesn't calculate it with Okamatsu. It is more than the expectation though the exhibition of izu♡milk is presumptuous.

It is pleasant to see wanting telling neatly and exhibited to shape. 。

Okamatsu's roughness rope jungle gym is ..happiness or more..  . when entering the inside and seeing.

The photograph where TakenoshitaRyou had been taken was opening of the [takekorekuda] world to complete completely. The wine cellar in Chiyo's garden often agreed to this project. 、It is terrible. I want to see this having already seen as a photograph collection.

This art exhibition of the second times in this time. To the painting and the installation again next year. It is an exhibition of the picture schedule in the warehouse of Tenchou. The plan seems roughly to become large scale though it is floating. It really in time?I want to make it to a happy exhibition.

By the way, the work that is never has come to the history of the art of me unexpectedly today.

I will report when formally deciding it.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

アートスイッチバスツアー!企画を詰め始めました!

 温めていた新企画、アーティストの制作現場を巡るバスツアーを始動します!

 またまた大変なことを企画してしまいましたが…

 アートによる循環型社会を目指す当法人の最初のアプローチとなります。

 まだまだ企画段階で、具体的な行動は今からなのですが実現に向けて動きだしております。

 ツテなし金なし、コネなしでここまで来ました。やろうと思えばできることはまだまだ沢山あります。熱意も重要ですが、具体的な行動力こそが企画の実現への最短ルートだと信じております。

 座右の銘「徒手空拳」。

 どこまでできるのかは分かりませんが、あらゆる分野が硬直している現代において、どうアートで社会貢献できるのかを常に探っています。

 うまくいかないときは黙ってうつむいてしまいますが、応援していただいている方がいるから、もう一回だけやってみようと思う繰り返しで生きてきました。

 熊本で絵を描いて生きていくのは、本当に難しいから。絵に限らず、アート全般そうでしょう。

 それでも、そうせずにはいられない方々の制作現場を巡る旅には、人が生きる意味が隠されている気がしてなりません。

 作るという行為の本質とはなにか。それとどう実社会と折り合いをつけて生きていくのか。好きなことを生業にすることの喜びと苦しみ。

 そういったものが垣間見えるバスツアーになればと思い、企画を立てております。

 しかしながら…イベントアートスイッチにしてもそうですが…

 収入と支出がピッタリ一致!

 気力と体力を使ってもローカルアートではなかなか収入にならんな…

 赤字は絶対にだしませんが。

 それでも、やるしかないから。

 サリュ

The bus tour over the production site of the new project and the artist who was warming it is started.

Though a serious thing has been planned again …

It becomes the first approach of this corporation that aims at the recycling society by the art.

It begins to move aiming at achievement though a concrete action at the project stage is from still now.

It came here with no contacts ..money of [tsute] none none... There are still a lot of things that can be done if it is thought that it does. It is believed that only concrete energy is the shortest route to the achievement of the project though zeal is also important.

Motto "Empty hand of empty hand".

It always searches whether the contribution to society can be done by the art how at the present period ..stiffened all fields.. though where it is possible to do is not understood.

When it did not go well, it had lived though it became silent and it looked down because there was assisting by repeated of being going the attempt only one more time.

Because it is really difficult to draw the picture in Kumamoto and to live. Might it not limit to the picture, and the art whole be so.

Still, the person doesn't come to think that the point of living is concealed without doing so in travel over the production sites of the people who cannot be.

The essence of the act of making it is something. Do you live with it very applying the world and the agreement?It is suffered as pleased of making a favorite thing an occupation.

It is thought that it becomes a bus tour that such the one is caught a glimpse and gotten, and makes the project.

However, … The event art switch though it is so etc.

Income..expense..fit..agreement.

It is not in a local art ..not becoming the income easily.. even if energy and physical strength are used ….

Though the deficit is never put out.

Still, because it can do nothing but do.

[Saryu]

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

第2回 熊本 山鹿・湯の端美術展、本日開幕!

 11月19日(金)~23日(火)、「つながっている」をテーマに、熊本 山鹿・湯の端美術展が開催されます。

 秋は写真展ということで、izu♡milkさんの「山鹿ガール 恋する豊前街道」in百花堂や、岡松智起さんの「竹之下亮のパフォーマンスを収めた写真展」in天聴の蔵など他にも11か所ほど展示が行われます。

 岡松智起さんと竹之下亮さんは熊本アーティスト・インデックス展でご一緒しました。今回の展示に向け、新たに撮った写真は非常に気になります。

 izu♡milkさんは河原町アワードでインスタレーションを見て、何かを伝えようとする心意気が感じられた方です。今回の展示もこれまた非常に気になります。

 今回で早くも2回目を迎えた湯の端美術展です。面白いアートムーブメントが起こっています!

 こうやって地域に根差したムーブメントをあと100か所位できたら、もう勝手に熊本のアートシーンが出来上がるのではないか。勝手な思い込みですが。

 今回は作品やグッズの販売場所もあるそうです。とっても大事なことです!作家も稼がなきゃならない!といつも声を大にして煩がられておりますが、ホント大事!

 23日に見に行こうと思っております。祝日が新町三畳美術館の閉館日です。

 最近カレンダーのことばかりでしたが、アートにも触れないといけませんね。現代浮世絵師ですからね。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The edge art exhibition of Kumamoto Yamaga and the hot water is held with "Connect" as the theme on ?23 day (Tuesday) on Friday, November 19.

Izu? in photograph exhibition in autumn. The exhibition is done by the other about 11 places of "Photograph exhibition where the performance of Takenoshita Ryou was put" in Tenchounokura("Highway in front of Yutaka where it falls in love the Yamaga girl" in100 flower temple and Okamatsu Tomoki of izumilk) like possession etc.

Tomoki Okamatsu , Takenoshita Ryou accompanied it by the Kumamoto artist index exhibition. The photograph newly taken for this exhibition is very anxious.

izumilk is to be felt the spirit that starts telling something because it sees the installation in Kawaramachi Howard. This exhibition is very ..this.. anxious, too.

It is an edge art exhibition of the hot water that already faced the second times this time. Interesting art movement has happened.

If the title of the movement that does so and takes root in the region can be done by 100 another places, the art scene in Kumamoto might already be completed without permission. Though it is a selfish conviction.

There seems to be a sales place of the work and goods this time, too. It is very important. The writer should also earn it. It is always real important though is troublesome.  emphasize it

It is thought that it goes to see on the 23rd. Holiday is a day of closing 3 mat in Shimmachi museum.

It is necessary to touch the art though only the calendar recently. It is an ukiyoe master of the present age.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

新町三畳美術館企画展 ぜんとやうやう ご紹介!

 12月6日(月)~29日(水)に、いよいよ新町三畳美術館初企画展 ぜんとやうやう 高島李恵さん が始まります。

 南阿蘇村の谷で、20代で築いた登り窯で作陶される作家さんです。

 自分で育てた作物(無化学肥料、無農薬)を釉薬に、焼き上がった陶器は風や空や大地の色をしています。

 Photo

←とても美しい作品です!

Photo_2

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダー、阿蘇 道の駅、山鹿 百花堂にて販売開始です!

 いよいよ、JR阿蘇駅そばの阿蘇 道の駅にてカレンダーの販売が始まりました!

 これで計18か所で販売していることになります。

 まだまだ年末までに販路を拡大していく予定です!

 一の宮

   とり宮

   たのや

   緒方屋

   ヒバリカフェ

   阿蘇神社売店

   etu

 阿蘇

   道の駅

   阿蘇いこいの村

 内牧

   蘇山郷

   阿蘇ホテル 一番館 二番館

   はな阿蘇美

 黒川

   黒川荘

   黒川旅館組合

 玉名

   玉名温泉つかさの湯

 山鹿

   百花堂

 熊本市

   熊本市現代美術館 ミュージアムショップ

   熊本県立美術館分館 -aju-

 現在のカレンダー取り扱い場所を列記してみました。今現在もあと2か所と交渉中です。

 改めて眺めて見ると、あー、色々行ったなーという感想が浮かんできます。もちろん、カレンダーの販売にご協力いただけなかった場所も倍以上ありますが、それよりもやはり、この企画を沢山の方に知っていただくというのが仕事だと考えています。

 厳しい意見も当然いただきます。しかし、着々と部数を伸ばしているのも事実。もっと知名度を上げたら、販売の速度も上がってくるでしょう。

 無名の絵描きのカレンダーが数カ月で数百売れている、しかもほとんどの営業を個人でこなしながらと考えると、こういう仕事を別パターンで複数こなせば熊本の若手絵描きが生きる道がひとつできるのではないでしょうか?

 観光地の絵を描いて売るって、非常に王道といいますか、王道があるからそうじゃない道も開けてくるのかと思います。

 調べてみても、観光名所的な絵を絵ハガキにして売っている作家は皆無に近いのじゃないか?熊本の場合。

 よし、やろうかな(笑)絵ハガキ。

 熊本の風景を一生かけて絵に残すのも、誓った仕事の一つですから。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Sales of the calendar started by the Aso roadside station of the JR Aso Station buckwheat noodle more and more.

It will sell it in 18 places in total by this.

It is still scheduled to widen sales by the end of the year.

Imperial prince of one

[Torimiya]

[Tanoya]

[Ogataya]

[Hibari cafe]

[Aso Shinto shrine stall]

   [etu]

Aso

Roadside station

Village of Aso [ikoi]

[**] on inside

[Sozankyou]

Pavilion the second per first at Aso hotel in pavilion

[Hanaasobi]

Kurokawa

[Kurokawasou]

[Kurokawa inn union]

Tamana

Hot water of hot spring of Tamana [tsukasa]

Yamaga

[Hyakado]

Kumamoto City

Kumamoto City modern art pavilion museum shop

Pavilion-aju-.  Kumamoto Prefectural Museum of Art

A present calendar handling place was enumerated. It is negotiating with two another places as of now.

It encounters and the impression named [-] and [-] variously done floats when seeing looking at again. Of course, knowing thinks that it is work still from it a lot this project though there are twice or more ..also the place in which it was not able to cooperate in sales of the calendar...

Naturally, I get a severe opinion. However, it is also true to have extended the number of copies with steady steps. The speed of sales will go up, too, if it makes oneself better known more.

An unnamed [eega] coming [no] calendar will sell in several months many hundreds of and do most business, and such work of two or more [konaseba] Kumamoto is a young man [eega] daily life and might be able to be done by thinking by another pattern by one road where it lives though is an individual it and is a digestion.

The picture of the sightseeing spot is drawn, it is said the royal road ..sales.. ..[rutte].. very much or I think a road not so to be open because there is a royal road.

Is the writer who is selling making a tourist spot picture a picture postcard even if it examines it near the nil?For Kumamoto.

It is a good does or picture of ..laughter..) ..(.. postcard.

Because leaving for the picture putting the scenery of Kumamoto through life is one of the work to swear.

[Saryu]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

ドブに棲むうさぎ展来場者数830人でした!

 まさかの来場者830人!びっくりですね。

 ご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 昨日はKKTのココスマイルで採り上げていただきました。見たよという来場者もあり、嬉しい限りです。

 番組では御所浦島の特集で、まさかの加藤笑平氏と遠景で遠山昇司氏も出演されていたという話をききました。つくづく、何か縁があるな、コレは(笑)。

 12月6日からは新町三畳美術館で、高島李恵さんの作陶展、「ぜんとやうやう」を開催いたします。詳細は追って紹介していきます。よろしくお願い致します。

 年末まではあと3山程超えなければいけませんが、それもまたよろし。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

830 of those who ..drinking.. come surely. It is a surprise.

Thank you really for everybody who comes.

It caught by the Cocos mile of KKT and it raised it yesterday. I am glad there to be those who come by saying that it saw, too.

It is ..story of ..[TooyamaSyouji].. having been performed in [KatouShouhei] surely and ..drinking.. distant view the Goshanoura island is featured in the program.. effective. [Kore] is. ) ..there must not be quite some edges.. ..(.. ..laugh..

Megumi Takashima Lee  [tsuku**ten] and I will ..".. hold [zantoyauyau]" in 3 mat in Shimmachi museum from December 6. It introduces details later. My best regards.

It is ..goodness.. . though it is necessary to exceed three another a lot at the end of the year, too.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

ドブに棲むうさぎ展、本日来場者数116人!トータルで500人超えました!

 なんということでしょうか!まさかの500人超え!自分の個展でこれだけの方に見ていただけるなんて予想もしておりませんでした!

 今日はたくさんの知人にご来場いただきました。ありがとうございます。

 残るは2日。

 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーのサンプルもご用意しておりますので、お気軽に遊びに来て見て下さい。

 13日(土)は、長崎書店3Fリトルスターホールにてmocosプレゼンツ、ワークショップマルシェにモヒカンポシェットによる新町織りのワークショップが入っております。

 さらに、宮部竜二氏の真珠を使用した「雪だるまピンブローチ」のワークショップも!

 私も参加予定でしたが、ドブに棲むうさぎ展への代打が手配できず参加できませんでした。関係者の皆さま、お客様、大変申し訳ありませんでした。

 という訳で、今週末は芸術の秋をぜひ楽しんでみられてはいかがでしょうか?

 それでは会場でお待ちいたしております。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

What is?It exceeds it by ..drinking.. 500 people surely. It did not expect it only to this in my one-man show that you were able to see.

The acquaintance of dusting it today came. Thank you.

2 ..peel.. days when it remains.

Please the sample of 1000 Imperial prince limited calendar of Aso 1 is prepared, and come to play readily and look.

The workshop of Shimmachi [ori] by the mohican pochette enters mocos presents and workshop Marche in Nagasaki bookstore 3F Little star hall on Saturday, the 13th.

In addition, the workshop of "Snowman pin brooch" using Ryuji Miyabe's pearl also :.

It was not possible to participate because the pinch-hit to the rabbit exhibition to live in [dobu] was not able to be arranged though I was a participation schedule. I am sorry for everybody and the customer of parties concerned very much.

By all means in the autumn of the art how at the end of this week in the translation if enjoyed?

Then, we look forward to seeing you in the hall.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

熊本県立美術館分館、ドブに棲むうさぎ展本日来場者数134人!!

 おかげさまをもちまして、個展3日目で来場者数426人!!となりました。

 今回の展示は、初めて描いたパステル画を一枚目に配し、年代順にその年代でチョイスした絵を展示しております。

 要所に

 夜の街時代

 昼の街時代

 パリ留学時代

 派遣切りからNPO設立へ

 という、もう、自分が故人であるかのような回顧展的なステイトメントを付けておりますが、これが意外に好評です。

 暗くて淀んだ色使いから、少しづつ明るくなっていく色とモチーフで未来に希望を抱けるような展示にしようと、ステイトメントを利用しました。

 その希望も、華やかな希望ではなく、わずかに感じ取れるくらいのものに押さえてあるのは絵の世界観と同じです。

 「なんかスッキリした!」

 と言われるお客様がとても多いのは、ステイトメントを読みながらじっくり30分以上かけてご覧になった女性がほとんどです。

 一人の絵描きの淀んだ暗い心情から、駆け出そうというエモーションに変化するあたりで立ち止まって見ている方が異常に多い。派遣切りからNPO設立へというステイトメント以降の作品群です。

 タイトルでいうと「ひかりひとしずく」「朝」「青空」「ビール!ビール!ビール!」「忙中閑有」「週末ソウル」「うさぎの森」「ラビットソファー」と、自分的にはめまぐるしく技法とテーマを変化させてエモーションを絵から引き出したつもりです。そして、やはりそこで長い時間見ているお客様が多いのは、うまく伝わったのかなと思います。

 上記タイトルの絵も、一見暗いのですが、それより以前の絵と比べると明るい色使いに変化しているのが見てとれます。

 男性はどうかというと、なぜか論戦を仕掛けてくる方が毎日3人程います(笑)。

 鬱屈した若者の絵に反感を持つタイプの方々です。

 大体、以下が主ないい分。

 「時代のせいにするな。いい時代だったことなどない」←してませんけど…

 「若者は成長しようとする努力が足りない」←若者は論。

 「テレビが悪い」←結局そこか…

 「哲学がない」←…

 「この絵には、欧米で言う神への信仰という核たるものにかわるような核がない」←スゲー!!

 「ゆとり教育」←(笑)

 「絵が時代に流されている」←絶句。

 まぁ、自己責任論はいつだって出てくるものですね。

 私にではなく、職業訓練所や職安で就職がなかなかできない若者に的確にアドバイスしてあげて下さい。

 月が青い晩ばかりでないことを、リアルに知ることでしょう。論戦仕掛け男性に言えることは、現場感というかリアル感がまるでなく、左翼系の週刊誌に載っているのとほぼ同じ意見ばかりだということです。反論してもいいんですけど、個展だし。学級会じゃないし。皆平等に発言権ないし。発言してもいいけど、聞いてないし。

 総じて女性のほうが、この個展の本質を楽しんでいただけているようです。「スッキリした!」これが最高の褒め言葉です。若者の鬱屈したところしか見てないのは、とてももったいない見かただと思いますよ。希望を感じてもらいたいのですけど。

 こんなに反応がありすぎる個展は初めてなので、クタクタになりますがありがたいことです。「熊本にもこんな人いたんだ」とよく言われますが、他にもたくさんいますよー。

 あと、展示のキュレーション(おおげさですが)は、ゴッホ美術館を参考にしました。展示の最後にゴッホとテオの墓の写真は禁じ手と言っていいほど脳裏に焼きつきます。

 さて、残るところ3日。今日も朝日新聞さんの取材がありました。

 どんな出会いがあるか楽しみです!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 It had the favor, and the number of those who came became ..426.. person on the third one-man show day.

This exhibition distributes the pastel drawing drawn for the first time to the first piece, and exhibits the picture that did choice in the chronological order at the age.

To the key point

Town age of night

Town age of daytime

Age of Paris going abroad to study

From the dispatch cutting to the NPO establishment

This is unexpectedly popular though a retrospective show statement is put as if I was already the deceased.

The statement was used be to dark and to make it in the exhibition from stagnating coloring from which it had been able to harbor hope in the future by the color and the motif that lightened little by little.

It is the same as the outlook on the world of the picture to be suppressed the hope in the one such as not colorful hope it, and possible to be felt slightly.

"Refreshingly. "

30 minutes or more are deliberately spent while reading the statement and the woman who sees is most.  very a lot of the said customer

The halt and seeing around change into the emotion said running out because of dark feelings of one person that [eega] coming [no] stagnates are abnormally more abundant. It is a work group since the statement said from the dispatch cutting to the NPO establishment.

It is "Those who shine dripping", "Morning", and "Blue sky. " when saying in the title. 「Beer. Beer. Beer. 」I was going to change the technique and the theme for myself bewilderingly and to have drawn out the emotion from the picture , saying that "It was [**yuu] in [**]", "Seoul on the weekend", "Rabbit's forest", and "Rabbit sofa". And, I think whether to have transmitted a lot of customers who have been looking still there during long time well.

It is understood to be changeable to the luminous color use from it compared with the picture before though the picture of the above-mentioned title is also seemingly dark.

With ..the man.. ..how.., ..(.. ..laughter..) where beginning arguing why about three people of every day exists

They are the people of the type with the antipathy in the picture of the young person who mopes.

Roughly, to the extent that the following are the main and it is good.

「Do not do it is because in the age. It is not in a good age etc. it. 」Though it is not ←…

The young person of "The effort that starts growing up is insufficient for the young person" ← is a theory.

"The television is bad" It is ..←.. after all there?

"Do not philosophize" ← etc.

"In this picture, there is no nucleus divided into the belief nucleus barrel one to the god who says in Europe and America" ← [suge-].

.."Education at ease" ← (.. ..laughter..)

"The picture is thrown in the age" ← Chinese quatrain.

Well, the self-responsibility theory always comes out.

Please advise not I but the young person who cannot find employment in the vocational school and the public employment security office easily adequately.

It knows the moon is not only a blue evening in the round. Being possible to say to the argument beginning man is only almost the same opinion as there is at all no site feeling or nor a real feeling, and recording in a weekly magazine leftist-affiliated. It is an one-man show though may objected by you. It is not a class association. All right to speak ..equal... You do not hear it though you may make remarks.

Generally, it seems to be able to enjoy the essence of this one-man show for the woman. "Refreshingly" this is the highest compliment. It is thought it is very too good or I think seeing only the place where the young person mopes to be free. Though I want you to feel hope.

It is welcome though it becomes [kutakuta] so much because the one-man show with the reaction too much is the first time. It is a lot of the other though it is often said, "Kumamoto is such person [itanda]".

[Kyure-shon] of the exhibition (Though it was exaggerated) referred to Van Gogh Museum. It burns into memory with Gogh by may call the photograph in the grave of [teo] a foul at the end of the exhibition.

Well, when remaining, the third. There was Asahi Shimbun's coverage today.

What meeting is enjoyment ..whether...

[Saryu]

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダー、県立美術館分館内アジアンアート雑貨aju-亜樹-にて販売開始です!

 カレンダーの販売がアジアンアート雑貨aju-亜樹-県立美術館分館店にて開始いたしました!

 本日は確認できただけで3部、旅立っていきました。

 ありがとうございます!

 本日のドブに棲むうさぎ展来場者数は164人!

 昨日より増えている!

 4Fにてアマチュア絵画展が開催されておりまして、シャワー効果でございます!

 しかしまぁ、これだけひっきりなしに来場者があると、絵画の趣味としての浸透の仕方はものすごいものがありますね。

 話を聞くと、絵画教室の先生を筆頭に完全にヒエラルキーが出来上がっていて、初心者の方が教室に入って絵を習う場合はこのヒエラルキーはとても居心地がいいのかもしれません。

 意地の悪い見かたをすれば、しっかりと集金システムが出来上がっていてそこは見習うべきか?と。

 あと、九産大卒と知ると「~先生の後輩じゃないの~」と何回も言われましたが、私には先輩も後輩も関係ありません。

 あと、大学時代の講師の名前すら一人も覚えておりません。

 一年先輩も後輩も一人も知りません。

 達が悪い九産大卒業生で申し訳ありません。

 ということで、そういう関係の話しが一番苦手です。

 明日も個展、よろしくお願い致します!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It [ajian;a-to] miscellaneous goods aju ..sales of calendar..-sub-tree- began with ..prefectural museum.. [kanten].

Only it was possible to confirm and it started on a journey by three today.

Thank you.

The number of those who come the rabbit exhibition in which it lives in today's [dobu] is 164 people.

It increases more than yesterday.

The amateur art exhibition is held by 4F, and the shower effect.

Well however, when only the lamplight has those who come in so muches in none, the method of infiltration as the hobby of the painting has the terrible one.

When the hierarchy has been completely completed with the teacher at the painting classroom at the top when the story is heard, the beginner enters a classroom, and the picture is learnt, this hierarchy might be very comfortable.

I should have firmly completed the system of collecting money if ill-natured those who look are done and learn there?と。

Neither the senior nor the junior are related to me though it is said, "Isn't it a junior of ? teacher?" many times when knowing nine [sandai] graduate.

No one remembers even lecturer's name at university days.

It doesn't know one year by the senior, the junior, and as much as one person.

I am sorry in nine [sandai] graduate ....reaching.. [ga].. bad.

Thus, it is not the good at speaking such a relation.

Please continue your favors toward the one-man show tomorrow.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

11月10日の熊本日日新聞朝刊に、ドブに棲むうさぎ展の記事掲載予定です!さらに、今週日曜KKTテレビ番組ココスマイルにて櫻井栄一を扱っていただいてます!13日のmocosプレゼンツ、ワークショップマルシェもお楽しみに!

 と、長いタイトルになってしまいましたがひとつずつ。

 明日10日の熊日朝刊に、熊本県立美術館分館1Fにて開催中の「ドブに棲むうさぎ」展紹介記事が掲載予定です!

 本日初日の来場者数は128人でした!

 え?桁は間違っていませんよ!

 実は、一週間の予想来場者数は50人でした(笑)。

 ビックリですね!

 もう思い残すことはなにもない。

 まぁ、連日こうはいかないでしょう。DMすら作ってない訳ですし。ネットでのみの告知でどれだけできるか試しています。

 次に、KKTの日曜朝10:30分からのテレビ番組、ココスマイルの中の素敵な人生を送っている人という、なんといいますか、僭越なコーナーにて扱っていただいております!

 昨日、新町三畳美術館と分館で撮影がありました!分館では搬入直後の展示を撮影していただきました。パステル画の処女作が一枚目にありますが(これが超へた)、まさかテレビカメラに映される日が来るとは夢にも思っていなかっただけに、この一事がやたらと嬉しかった!貧乏絵描きのドツボにはまっていた日々を思い出しそうになりましたが、封印。

 放映は14日(日)となっております。やりたいことを全て言えた撮影でした。どの部分を採り上げていただけるか分かりませんが、撮影に関わったスタッフの皆さま、田中洋平さまありがとうございました!

 番宣映像はこちら!

 さらに!13日(土)には月刊mocosプレゼンツのワークショップマルシェが長崎書店3Fリトルスターホールにて開催!熊本県内のアーティストが終結して、ワークショップのマルシェ(市場)をつくりあげます!ぜひ自分の体でアートを体験されてみて下さい!

サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

          Kuma_ura_s                    One by one in a long title though it has become.

"Rabbit that lives in [dobu]" exhibition introduction article on holding is a publishing schedule in ..Kumamoto Prefectural Museum of Art.. pavilion 1F to the bear day morning newspaper the tenth tomorrow.

The number of those who came at the first day today was 128 people.

What?The digit is not wrong.

Actually, the number of one week of those who come the expectation is ..(.. ..laughter..) who was 50 people

It is a surprise.

There is no what has already been regretted at all.

Well, it is likely not to go so every day. It is a translation that doesn't make even DM. It tries by the notification only on the net ..how much it is possible to do...

Next, please say very much or treat in a presumptuous corner the person who is sending a wonderful life in the television program at Sunday morning of KKT from 10:30 minutes and Cocos miles.

There was taking a picture in 3 mat in Shimmachi museum and the branch yesterday. It took a picture of the exhibition immediately after carrying in the branch. This one thing was surely glad for the day projected onto the telecamera to come not to have thought the dream though the first work of the pastel drawing was in the first piece (This was the super-botchy) with random. Poor [eega] coming [no] [dotsubo] is sealed though almost recalled waited every day.

Telecast is Sunday, the 14th. It was taking a picture that was able to mean wanting do all. Thank you for everybody and Yohei Tanaka about the staff who is related to taking a picture though it is possible which part to be neither catching nor to raise it is understood.

Watch [sen;eizou] is here.

In addition,Workshop Marche of monthly mocos presents is Now open! in Nagasaki bookstore 3F Little star hall on Saturday, the 13th. The artist in the Kumamoto prefecture is concluded, and Marche (market) in the workshop is made up. The art must be experienced by all means with my body.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

熊本市現代美術館ミュージアムショップにて、阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの販売がはじまりました!!

 熊本市現代美術館のミュージアムショップにて、カレンダーの取り扱いが始まりました!

 熊本市街地でご興味がある方は、ぜひ熊本市現代美術館へお越し下さい。

 いよいよ、新町三畳美術館の原画展は明日まで!

 本日もカレンダーがお客様のもとへ旅立っていきました。

 明後日は熊本県立美術館分館での個展搬入です。

 「ドブに棲むうさぎ」展開催につき、新町三畳美術館は11月9日~14日まで閉館といたします。

 しかしミュージアムショップで取り扱っていただけるなんて光栄です。

 今後もカレンダーの販路を開拓していきますので、注目の程よろしくお願い致します。

 ところで、昨日の熊本日日新聞にて、カレンダーの紹介をしていただきました!!

 ありがとうございます!

 今日、初めてパステル画を描いた処女作を引っ張りだしました。個展は年代順に並べるので、最初の一枚目になります。

 さて、準備です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The handling of the calendar started by the museum shop of the Kumamoto City modern art pavilion.

A person interesting in the Kumamoto urban area must come to the Kumamoto City modern art pavilion by all means.

The original picture exhibition of 3 mat in Shimmachi museum : until tomorrow more and more.

The calendar started on a journey to original of the customer today.

It will be carrying of the one-man show in ..Kumamoto Prefectural Museum of Art.. pavilion the day after tomorrow.

Is 3 mat in Shimmachi museum 9 in November as for "Rabbit that lives in [dobu]" development entertainments?I will assume closing a library until the 14th.

However, I am honored to handle by the museum shop.

The market of the calendar will be developed in the future, and pay attention, please.

By the way, it introduced the calendar in yesterday's Kumamoto date newspaper.

Thank you.

It began to pull the first work that drew the pastel drawing for the first time today. Because the one-man show is arranged in the chronological order, it becomes the first first piece.

Well, it is a preparation.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

新町三畳美術館でも、阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの原画展開催中!今週末まで。

 新町三畳美術館において、カレンダー風景画の原画展を開催中ですが、実に様々な方がいらっしゃいます。

 アートスペースを開いている醍醐味といったところでしょうか?

 開かれたスペースを運営することで、毎日個展をしているようなものになっています。

 そして、いよいよ12月6日(月)より、南阿蘇村、陽窯の高島李恵さんの作陶展「ぜんとやうやう」を新町三畳美術館で初企画展として開催いたします!

 

 彼女の火で姿をかえる、そば、高きび、黒米、ごまは風や空や大地の色をしています。

 21歳で谷に帰り、作物を育み、登り窯を築きました。

 それは彼女にとって全てが必然なのです。

 ぜんとやうやう。

 新町三畳美術館

 いいいよ一カ月後には開催致します!

 お楽しみに!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Very variety comes in 3 mat in Shimmachi museum though the original picture exhibition of the calendar landscape is being held.

Is it real pleasure where the art space is opened?

It is like doing the one-man show by managing the opened space every day.

I will ..Megumi Takashima Lee [sanno] [sakutouten] ".. hold [zentoyouyou]" of the south Aso-son and [youyou] as the first special exhibition in 3 mat in Shimmachi museum on Monday, December 6 and more and more.

 

High millet, the black U.S., and sesame do the color of the wind, the sky, and the earth by her fire ..appearance.. ..frog.. nearby.

It returned to the valley at the age of 21, crops were brought up, and the climbing kiln was built.

All of it are inevitable for her.

[Zentoyouyou] .

3 mat in Shimmachi museum

I will hold that it is good in one month.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダー販売場所、さらに増えました!

 カレンダー販売取扱が新たに増えました!

 黒川温泉 黒川荘

 黒川温泉旅館組合 風の舎

 内牧 はな阿蘇美

 です!!

 いよいよ11月です。

 今年も後半に入りましたね。

 カレンダーもまだまだ、これから勢いがつくのかなといったところでしょうか。

 まだまだ営業を頑張らないと!

 最近、午前中は阿蘇で午後は新町三畳美術館という生活をしております。

 カレンダーの営業をするなかで、再来年のカレンダーの話しが良くでてきます。再来年!早いですね~。全然考えも及んでおりませんが、もう考える時期なのでしょうか。

 とにかく今は、年末までこのカレンダーで頑張るということで頭がいっぱいです。

 よろしくお願い致します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ

The calendar sales handling has increased newly.

Hot spring of Kurokawa Kurokawa [**]

[**] of hot spring of Kurokawa inn union style

[Hana] of [**] on inside [**] [yomigaebi]

[Desu].

It is November more and more.

It entered the latter half this year.

Hereafter, will the calendar also gather impetus still?

If you do not work hard business still.

Recently, it lives in Aso in the afternoon in the morning, that is, 3 mat in Shimmachi museum.

Speaking the calendar is improving and [tekimasu] on the inside where the calendar is done business. The year after next. It is early. 。Will it be time that has already been thought though the idea doesn't reach at all?

Anyway, the head is full of working hard by this calendar until the end of the year now.

My best regards.

[Saryu]

にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

10月31日の読売新聞に、阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの記事が掲載されております。

 ありがたいことに、読売新聞にカレンダーの記事が掲載されております!

 本日11月1日から7日まで、新町三畳美術館にてカレンダーの原画展を開催しておりますが、新聞記事を読まれてこられた方が早速いらっしゃいました!

 合わせて、カレンダーもご購入されました!

 ありがとうございます!

 さて、さらにカレンダーの販売場所が増えましたのでご報告いたします。

 内牧温泉 阿蘇ホテル 一番館 二番館

 です!

 まだまだ販路拡大中です。

 よろしくお願い致します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Thankfully, the article on the calendar is published in the Yomiuri Shimbun.

The person from whom the newspaper article had been read came immediately though the original picture exhibition of the calendar was held from November 1 today to the 7th in 3 mat in Shimmachi museum.

It matched, and the calendar was bought.

Thank you.

Well, because the sales place of the calendar increased in addition, I will report.

Pavilion the second per first at hot spring of [**] on inside Aso hotel in pavilion

[Desu].

The market is expanding still.

My best regards.

[Saryu]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »