« 絵を描く時間を捻出する癖をつけるのだ。 | トップページ | 2011新年最初の新町三畳美術館企画展は、宮部竜二氏の「人間」展!! »

2010年12月15日 (水)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの売れ行きが速度を増しております。

 年末も差し迫り、カレンダーの在庫もほとんどなくなってまいりました。新町三畳美術館でもほぼ毎日カレンダーが旅立っております。

 阿蘇一の宮という、超限定地区のカレンダーとしては異例の売れ行きと言ってもいいのではないのでしょうか?

 これでひとつ、ローカル作家の生きる道ができたのではないかと一人合点しております。

 早くも2012年のカレンダーはどうするのかといったお話もいただきますが、現時点ではノープランとなっております。

 個人でできることは限界まで試しましたので、今度はどこかと組んでカレンダーを制作するプロジェクトができないかなーと考えているところです。

 はっきり言ってしまえば、しっかりした絵のカレンダーは売れます。欲しがっている人も沢山います。写真カレンダーの売れ行きが悪いのは、今の時代高性能カメラを比較的安価で手に入れられますし、ネットのフリーソフトで簡単に自分だけのカレンダーがつくれてしまうからです。

 絵となるとそうはいきません。しかも、売れる絵となるとよほどの覚悟が必要で、簡単には個人で制作できないからこそ、これだけ購入していただけているものと思います。

 販路も宣伝媒体も持たない一作家の営業と手売りでこれだけの部数が出るのですから、しっかりした企業と組めば、もっとすごいプロジェクトに変貌するのだろうなーと妄想しております。

 賛同していただける企業なりが現れない場合は、また一個人としてカレンダー制作販売をすることになるかと思われます。

 アートのビジネスチャンスって、奇をてらったところにではなくて、当たり前の事を当たり前にするところにあるのでしょうね。

 熊本市の名所を絵ハガキにして、きちんと観光客に提供すれば、また地道に売れるのだろうなぁ。

 どこか、だしませんか?

 また個人でやるか?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is imminent at the end of the year, and almost lost of the stock of the calendar. The calendar starts on a journey almost every day also in 3 mat in Shimmachi museum.

May I not say sales of the exception as a calendar of a super-limited district of Imperial prince in Aso 1?

When the road where one and a local writer are effective by this was able to be done, it assumes it rashly.

It is a no plan now though the calendar in 2012 already gets the talk how it does.

Because it was tried to the limit to do privately, it is this time thought the Japanese syllabary not to be able to do somewhere and the project to unite and to produce the calendar.

The calendar of the steady picture sells if it puts it away frankly speaking. There are a lot of people who want it, too. It is comparatively cheap, and sales of the photograph calendar is bad because one's own calendar can be easily made from free software of the net it is securable as for an age today efficient camera.

Curettage is not effective as for the picture. I privately think only it is possible to come ..cannot production.. [ikarakoso] , for you to be able to buy it necessary a great resolution if it pictures it moreover sell, and easily.

It is [-] and delusion [shiteorimasu] in a more terrible project ..might transfiguration.. .... if it unites it with the enterprise that is steady because the number of copies only of this goes out for the one writer's business that doesn't have it and the hand sales ..a market and an advertising medium...

It is an enterprise that can agree and it seems that the calendar production sales will be done again as an individual when not appearing.

The business opportunity for the art might be in not the place in which it made a display of one's eccentricity but the place where a natural thing is made natural.

The showplace in Kumamoto City might be made a picture postcard, it offer to the tourist neatly, and it sell honestly.

Will you put it out ..somewhere..?

Moreover, do you do privately?

[Saryu]

 

|

« 絵を描く時間を捻出する癖をつけるのだ。 | トップページ | 2011新年最初の新町三畳美術館企画展は、宮部竜二氏の「人間」展!! »

カレンダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの売れ行きが速度を増しております。:

« 絵を描く時間を捻出する癖をつけるのだ。 | トップページ | 2011新年最初の新町三畳美術館企画展は、宮部竜二氏の「人間」展!! »