« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

新町三畳美術館、年末年始のお休みのお知らせ。

 新町三畳美術館の年末年始は、12月30日(木)~1月10日(月)まで休館日とさせていただきます。

 12月30日からは、くまもと阪神8Fの催事場で開催される「Kuma」コレクションというアートイベントに参加予定です。1月6日(木)まで会場にいますので、お越し下さい。

 1月1日と3日は玉名温泉つかさの湯さんで、カレンダーの販売をモヒカンポシェットが行います。

 さらに1日~3日は阿蘇一の宮の雑貨屋etuさんにて、カレンダーデザイナーの宮部竜二氏がカレンダーの販売を行います。1月15日からは宮部氏は、新町三畳美術館にて「人間」展も行いますのでよろしくお願い致します。

 ちょうど明日までは「ぜんとやうやう」 高島李恵さん を開催中です。

 という訳で、長い正月休みという訳ではありませんのであしからず。

 熊日新聞の連載小説「山風の町」の挿絵も一段落いたしまして、次の絵の仕事も控えております。ありがたいことです。

 まさに師走の忙しさ。

 机やイーゼルの前に座り続ける毎日。少し運動をしなければなどと柄にもないことを考え始めている年末です。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I will make the year end and new year of 3 mat in Shimmachi museum Closed until ? Monday, January 10 Thursday, December 30.

It is a participation schedule to the art event of "Kuma" collection held in the space for special events of kumamoto and Hanshin 8 F on December 30. It is in the hall until Thursday, January 6, and come, please.

The first and January 3 are hot waters of of the hot spring of Tamana ..making them lucky.., and the mohican pochette sells the calendar.

Whether a day in additionCalendar designer Ryuji Miyabe sells the calendar in general shop etu of Imperial prince in Aso 1 on the 3rd. My best regards because Mr. Miyabe does "Man" exhibition in 3 mat in Shimmachi museum on January 15.

[Zentoyauyau]" Takashima Lee ..".. will just be being held tomorrow.

It is a translation, and not a translation of taking a rest at a long New Year.

The cut-in illustration of serial novel "Town of the mountain wind" of the bear day newspaper completes the first stage, and it refrains from the work of the following picture. It is welcome.

Busy in December exactly.

Every day when it keeps sitting in front of desk and easel. It is the end of the year when it begins to think of move a little and do not exist in and the handle either.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

アートスイッチバスツアーが年明けいよいよ発足!!

 2011年3月6日、いよいよアートスイッチバスツアーが催行予定となりました!

 最大定員40名。

 Img316 Img317

 デザインは、新年の新町三畳美術館企画展「人間」展の宮部竜二氏です。

 情報をリリースする前にも関わらず、すごい反響!!

 相変わらず、これでいいのかな~という不安が先行していたのですが、この勢いならあっという間に定員になるのではないでしょうか。まだ情報を出していないのに、一般の客様からの予約が10名程度入っております。

 詳細は上記チラシに詳しいのですが、熊本を代表するアーティストが協力していただいております。

 徹頭徹尾アートなバスツアーです。

 とり急ぎ、ご報告まで。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The art switch bus tour finally became schedule on March 6, 2011.

40 maximum capacity.

The design is Ryuji Miyabe of 3 mat in Shimmachi museum special exhibition "Man" exhibition at the new year.

Echo terrible it is before information is released.

Is it good in this as usual?It is likely to become capacity with surprising swiftness ..this power it though uneasiness was early... About ten people enter the reservation from a general guest though information has not been given yet.

It cooperates for the artist who represents Kumamoto though details are detailed to the above-mentioned handbill.

It is thoroughly ..artbustour

In haste, to the report.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

2011新年最初の新町三畳美術館企画展は、宮部竜二氏の「人間」展!!

 今現在、新町三畳美術館の企画展は高島李恵さんの「ぜんとやうやう」展を開催しております。先週末も大変賑わいまして、好評開催中です。

 売り切れる種類の器も出てきました。うれしい限りです。ボタンやタイルも、アイデア次第で素敵に活用できますので、一度覗かれてみて下さい。

 来年の企画展新年第一弾は、宮部竜二氏の「人間」展です!

Img313 Img314

 既成のジャンルを軽々と越える宮部竜二氏の展示となります。職業「人間」。作りたいものを作り、見事に制作活動だけで生活しておられる宮部氏。これは、熊本ローカルにおいては並大抵のことではありません!絵だけで生活しようとしている私の実感からも。

 その過去制作物においてはエグザイルの公認ノベルティーグッズなども含まれます。しかも、アーティストとの打ち合わせが面倒だからという理由で、次の別アーティストの仕事は断るという感覚。ヤバスギますね。

 なにかのジャンルでトップを目指すのではなく、興味の赴くままに制作される姿勢は真似不可能!家具、アクセサリー、ランプ、室内内装、陶芸、古道具販売、絵画制作、あらゆるデザイン、コーヒー販売、サラリーマン(興味があったらしい)、飲食店(これも興味があったらしい)、他多数。

 これはもう、職業「人間」といってしまうしかない!

 私も含めて、アート的なジャンルの言葉でカテゴライズされがちな昨今、ここまで自由に生きている人は他にしりません。フリーで、いつも多数の仕事に追われている宮部氏。その仕事の一端を新町三畳美術館でご紹介したいと思います。

 一人の「人間」がこなす、膨大なジャンルの仕事をぜひご堪能下さい!

 オープニングパーティーは、1月22日(土)13:00~予定しております。作家と触れ合うチャンスですので、気軽にご来場下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The special exhibition of 3 mat in Shimmachi museum ..".. holds [zentoyauyau]" exhibition of Megumi Takashima Lee as of now. It crowds very much at the end of last week, and it is popular holding it.

The sold out kind of container has come out, too. It is glad. The button and the tile can be used wonderfully depending on the idea, and peep once, please.

Next year's the first special exhibition new year bounce is Ryuji Miyabe's "Man" exhibition.It becomes an exhibition of Ryuji Miyabe who easily exceeds an existing genre. Occupation "Man". Mr. Miyabe who makes the one wanting to make it, and lives splendidly only by production activity. This is not the medium grade most in local Kumamoto. From actually feeling of me who tries to live only in the picture.

The official recognition novelty goods etc. of the exile are included in the production thing in the past. Moreover, the sense of refusing the following another artist's work by the [toiu] reason because meeting with the artist is troublesome. [Yabasugi] [masune].

The mimicry of the posture that doesn't aim for the top by the genre of something but is produced as the interest goes is impossible. Furniture, accessories, lamp, the indoor interior, ceramic art, old furniture sales, painting production, all designs, coffee sales, businessman (It seems to have been interested), restaurants (This seems to have been also interesting), and another many.

This can do nothing but already be said, occupation "Man".

The person who is freely alive here recently whom tends to be [kategoraizu]ed in the word of an art genre including me is [shirimasen] in another. It is Mr. Miyabe to always free, and a lot of work run after. I want to introduce a part of the work in 3 mat in Shimmachi museum.

Please "Man" of one person must digest, and give the work of a huge genre to me skilled by all means.

The opening party is scheduling ? on Saturday, 22nd 13:00 of January. Please feel free to come because it is a chance to touch the writer.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの売れ行きが速度を増しております。

 年末も差し迫り、カレンダーの在庫もほとんどなくなってまいりました。新町三畳美術館でもほぼ毎日カレンダーが旅立っております。

 阿蘇一の宮という、超限定地区のカレンダーとしては異例の売れ行きと言ってもいいのではないのでしょうか?

 これでひとつ、ローカル作家の生きる道ができたのではないかと一人合点しております。

 早くも2012年のカレンダーはどうするのかといったお話もいただきますが、現時点ではノープランとなっております。

 個人でできることは限界まで試しましたので、今度はどこかと組んでカレンダーを制作するプロジェクトができないかなーと考えているところです。

 はっきり言ってしまえば、しっかりした絵のカレンダーは売れます。欲しがっている人も沢山います。写真カレンダーの売れ行きが悪いのは、今の時代高性能カメラを比較的安価で手に入れられますし、ネットのフリーソフトで簡単に自分だけのカレンダーがつくれてしまうからです。

 絵となるとそうはいきません。しかも、売れる絵となるとよほどの覚悟が必要で、簡単には個人で制作できないからこそ、これだけ購入していただけているものと思います。

 販路も宣伝媒体も持たない一作家の営業と手売りでこれだけの部数が出るのですから、しっかりした企業と組めば、もっとすごいプロジェクトに変貌するのだろうなーと妄想しております。

 賛同していただける企業なりが現れない場合は、また一個人としてカレンダー制作販売をすることになるかと思われます。

 アートのビジネスチャンスって、奇をてらったところにではなくて、当たり前の事を当たり前にするところにあるのでしょうね。

 熊本市の名所を絵ハガキにして、きちんと観光客に提供すれば、また地道に売れるのだろうなぁ。

 どこか、だしませんか?

 また個人でやるか?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is imminent at the end of the year, and almost lost of the stock of the calendar. The calendar starts on a journey almost every day also in 3 mat in Shimmachi museum.

May I not say sales of the exception as a calendar of a super-limited district of Imperial prince in Aso 1?

When the road where one and a local writer are effective by this was able to be done, it assumes it rashly.

It is a no plan now though the calendar in 2012 already gets the talk how it does.

Because it was tried to the limit to do privately, it is this time thought the Japanese syllabary not to be able to do somewhere and the project to unite and to produce the calendar.

The calendar of the steady picture sells if it puts it away frankly speaking. There are a lot of people who want it, too. It is comparatively cheap, and sales of the photograph calendar is bad because one's own calendar can be easily made from free software of the net it is securable as for an age today efficient camera.

Curettage is not effective as for the picture. I privately think only it is possible to come ..cannot production.. [ikarakoso] , for you to be able to buy it necessary a great resolution if it pictures it moreover sell, and easily.

It is [-] and delusion [shiteorimasu] in a more terrible project ..might transfiguration.. .... if it unites it with the enterprise that is steady because the number of copies only of this goes out for the one writer's business that doesn't have it and the hand sales ..a market and an advertising medium...

It is an enterprise that can agree and it seems that the calendar production sales will be done again as an individual when not appearing.

The business opportunity for the art might be in not the place in which it made a display of one's eccentricity but the place where a natural thing is made natural.

The showplace in Kumamoto City might be made a picture postcard, it offer to the tourist neatly, and it sell honestly.

Will you put it out ..somewhere..?

Moreover, do you do privately?

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

絵を描く時間を捻出する癖をつけるのだ。

 阿蘇、一の宮1000部限定カレンダー、確認できるだけで500部完売。

 新町三畳美術館初企画展「ぜんとやうやう」 高島李恵さん 開催中。

 アースイッチバスツアー企画中。

 熊本日日新聞、週末連載小説「山風の町」挿絵制作中。

 お酒のラベル企画中。

 アートスイッチVol.3そろそろ企画。

 年末イベント「Kuma」in阪神参加。

 さて、どうやってパステル画を描く時間をつくろうかな。

 思う存分、パステル画を描く環境を整える為に、各種のイベントを企画したりしているはずなのに、気がつけば忙殺。いかんなー、いやいいのか。

 とりあえず、パステル画の方は売れないし、時間はかかるしでどうしても後回しになってしまっているのですが、一番はやっぱりパステルなわけです。

 でもまぁ、次回のまとまった展示は再来年あたりになるのではないでしょうか。

 いや、来年東京で個展する予定だった。

 詳細未定ですが。

 よし、稼ぐか!東京で個展する資金をつくるために!

 という気合いで頑張っております。パステル画を描く時間を捻出せねば。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Only it is possible to confirm and it sells it all by 500 1000 Imperial prince limited calendar of Aso and 1.

[Zentoyauyau]" Takashima Lee ..first in museum special exhibition ".. are being held by 3 mats in Shimmachi.

[ArtswitchBus] is being planned.

The Kumamoto date newspaper and serial novel "Town of the mountain wind" cut-in illustration is being produced on the weekend.

The label of sake is being planned.

Picture of ..slowness.. of art switch Vol.3.

Event "Kuma" in Hanshin participation at the end of the year.

Well, let's make time to draw the pastel drawing very.

..awareness.. . to one's heart's content though various events are sure to be planned to straighten the environment that draws the pastel drawing. Is it does [ikanna] [-], exist, and good?

It is after all pastel for the time being though doesn't sell the pastel drawing, and is postponed with  by all means at time.

Well however, the exhibition to which next time is settled might become about the year after next.

No, it was an one-man show  schedule in Tokyo next year.

Though it is detailed and it is undecided.

It good, and does earn it?To make the one-man show  capital in Tokyo.

It works hard by the yell. When you work out time to draw the pastel drawing.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

ぜんとやうやう展 高島李恵さん に週末お越しいただき誠にありがとうございました!

 先週末には沢山のお客様に、新町三畳美術館にお越しいただき誠にありがとうございました!

 新作陶器も出そろい、いよいよ展示が華やかになりました。

 12月29日まで開催いたしております。

 さて、来年1月15日より、の展示が決定致しております。

 宮部竜二氏「人間」展です。

 多岐に渡る宮部竜二氏の仕事の一端の展示ではなく、仕事の全貌に迫る展示を試みたいと思っております。

 作るジャンル(絵とか、陶器とか)を軽々と越えて、興味の赴くままに仕事をして生活している作家は稀有の存在です。

 その魅力に迫る展示にしたいです。

 来年の展示も続々決まっております。展示に興味がある作家さんも、是非お気軽にお越しください。

 週末の熊日新聞「山風の町」の挿絵はお楽しみいただけましたでしょうか?今も制作途中です。今週末の続きを是非お楽しみ下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Thank you indeed for a lot of customers' coming to 3 mat in Shimmachi museum at the end of last week.

New earthenware was all present, too and the exhibition finally became colorful.

It is holding it until December 29.

Well, exhibition [ga] is being drinking decided on January 15 next year.

It is Ryuji Miyabe "Man" exhibition.

I want to try the exhibition that approaches the whole content of not the exhibition of a part of the work of Ryuji Miyabe who takes up various topics but work.

The writer who easily exceeds the made genre (picture or earthenware), works as the interest goes, and lives is a person of rare [yuu].

I want to make it to the exhibition that approaches the charm.

Next year's exhibition is decided one after another, too. Interested writer in the exhibition also must feel free to come by all means.

Have you enjoyed the cut-in illustration of newspaper "Town of the mountain wind" of the bear day on the weekend?It is producing now. Please enjoy the continuation at the end of this week by all means.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

本日から掲載の熊本日日新聞朝刊、文化面、連続小説「山風の町」の挿絵を描いております。

 熊本日日新聞の10回連続(週末掲載)小説「山風の町」の挿絵に挑戦中です。

 小説の挿絵を描く機会が来るとは、予想もしておりませんでした。

 とてもありがたいことです。

 初回はカラーということで、5年ぶりくらいに筆を持ちました。

 パステルと鉛筆という、普段の画材の内、鉛筆を使用することにしました。基本がモノクロということで、それならばという理由です。

 お話は、日露戦争後の小さな盆地の温泉町、新聞販売店の朝から始まります。

 そういえば、今話題の「坂の上の雲」が、日露戦争の話しでした。なぜ引き合いに出したかというと、当時の風俗の詳細をほとんど知らないからです。参考になるかと思ったのですが、家にはテレビがない!

 当時は、大人は着物を着て、子供は洋服を着ているという折衷時代らしく、どうしようかと迷ったり。今日掲載分の軍刀にしても、日露戦争と第二次大戦の軍刀は様式が違う。

 今回は、挿絵として成立する折衷軍刀を(本当はありえないのかも知れませんが)描いています。

 今後の挿絵も、小説に描かれない行間の日常風俗を研究しつつ只今描いております。

 洋風とも和風とも確定しない、ちょうど移行期の時代背景です。写真資料も少なくて、挿絵ならではの仕事の進め方を堪能しております。

 今週は明日と明後日の2日間、計3回掲載予定ですので小説と挿絵をお楽しみください!

 新町三畳美術館企画展、「ぜんとやうやう」高島李恵さん の新作搬入は明日土曜日の予定です。日曜日には確実ですので、ぜひお誘い合わせのうえお越し下さい。

 あ!熊本市現代美術館の船越桂展は明日からではなかったか?かなり深く影響を受けている作家ですので、明日のアーティストトークは行きます!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The Kumamoto date newspaper is being challenged to the cut-in illustration of novel "Town of the mountain wind" ten continuous times (publish on the weekend).

It was not expected that the chance to draw the cut-in illustration of the novel came.

It is very welcome.

It had the brush first time in the color in about five years.

Among painting materials usual of the pastel and penciled, the pencil decided to be used. It is a reason called the basis is it in black and white.

The talk starts in a small hot spring town after Russo-Japanese War in the basin and the morning of the delivery agent.

Incidently, "Cloud on the slope" of the topic was speaking of Russo-Japanese War now. It is because why it mentioned it hardly knows to be detailed of customs at that time. There is no television in the house though it was thought that it served as a reference.

At that time, the adult hesitates putting on the kimono in seeming the combining age of wearing the dress the child what for us shall do. As for the saber for today's publishing, the style is different.  the saber of Russo-Japanese War and World War II

This time, the combining saber (Though it cannot know be impossible in reality) approved as a cut-in illustration is drawn.

The cut-in illustration of the interlinear space not drawn in the novel in the future is drawn researching customs in daily life now.

It is just a historical background of the shift period not fixed as European style and the Japanese style. The photograph material is also a little, and how to advance the work only of the cut-in illustration is satisfied.

Please enjoy the novel and the cut-in illustration three times in total for two days (tomorrow and the day after tomorrow) because it is a publishing schedule this week.

It is 3 mat in Shimmachi museum special exhibition, and a new carrying of [zentoYauYau] and Megumi " Takashima Lee is ..".. schedules on Saturday tomorrow. Please it is certain, and invite by all means, match, and come on Sunday.

..encounter.. !Wasn't FunakoshiKatura of the Kumamoto City modern art pavilion from tomorrow?Tomorrow's artist toque goes because it is a writer who has been influenced considerably deeply.

[Saryu]

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

肉体のアナーキズムという本を読んでいます。

 1960年代の肉体表現の全貌を浮かび上がらせるという、今まで正面切って総括されていなかった部分に光を当てる本です、

 国語辞書なみに分厚い本ですので、なかなか読み終わりませんがとても興味深い内容です。

 ハプニング、アクション、イベント、パフォーマンス、反芸術パフォーマンスのカテゴライズを厳密に区分するところから始まります。

 次に、当時のこれらの表現に関する論戦。東野芳明、宮川淳、石子順造らの批評の評価。

 というところまで読み進めていますが、この時代の肉体表現の多様性には驚かされっぱなしです。

 肉体表現であるところと、時代柄、写真や映像もほとんど残っていないという検証が難しいところではありますが、よくもこれだけといった内容です。

 正直いって、読売アンデパンダン展の歴史すらおぼろげにしかしらないという日本美術史の不勉強。改めて様々な事象を教えてくれる素晴らしい本です。

 完全な予断ですが、60年代から70年代安保闘争の歴史までの間に、日本におけるアンフォルメルと抽象表現主義の激突があったのではないか。表現者の心情レベルにおいて。

 読み進めないとわかりませんが、そういう時代背景と無縁でいられるのは表現者にとってはかなり難しいのではないか。

 読み進めるのが楽しみな本です。

 サリュ

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is a book that hits light to the part of making the whole content of the body expression in the 1960's come to the surface to which it switches off and the front had not been summarized up to now.

It is a very interesting content in the national language dictionary though doesn't finish reading easily because it is a thick book.

It starts because [kategoraizu] of the happening, the action, the event, the performance, and the anti-art performance is strictly divided.

Next, argument concerning these expressions at that time. Yoshiaki Higashino, Atsushi Miyakawa, and evaluation of criticism of IshikoJyunzo.

It was surprised by the diversity of the body expression in this age though it was possible to read.

The verification that the place where it is a body expression, the age handle, and the photograph and the image hardly remain, too is a difficult point, and the content only of this often.

It is idle of Japanese art history of no ..doing.. oaks.  faint even the history of honest  and the Yomiuri independent exhibitionIt is a wonderful book to teach various events again.

It was informal in Japan and the abstract expressionism might have crashed between the 60's and the 70's to the history of the security treaty struggle though it was a complete prediction. At expressionist's feelings level.

It might be considerably difficult for the expressionist can without relation to such a historical background though it doesn't understand if it is not possible to read.

Being possible to read is a fruitive book.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

アートスイッチバスツアーの全貌が見えてきました!

 熊本の作家さんの制作現場を見学し、バイキングを食べて、作家さんと一緒にワークショップをし、最後に温泉に入ってリフレッシュ!

 という、なんとも贅沢なコース設定を行いました!

 とりあえず今は、25人以上の参加で催行可能というところまで参加費の設定を下げ調整しているところです!

 この企画で皆さまにご紹介する作家さんたちも豪華な顔ぶれです!

 ツアーガイドとして同行するのも作家。ボランティアとして、各所で手伝っていただくのも作家という、一日中熊本で活躍する作家さんとふれあいながらのバスツアー。

 丸一日、様々な熊本アートと触れ合えるとてもアート密度が濃いイベントになりました!

 詳細は追って後日ということになりますが、何か決まり次第逐一ご報告したいと思います。

 いよいよバスツアーか…

 NPO法人を立ち上げたとき、いつかできたらな…と夢のように思っていたことが現実に!

 お金もコネもつてもなくても、すこしずつやれば形になっていくんだな。少しづつやっていく中で、協力していただける方たちも増えてきて、大きい力になっていくのです。

 とても一人では出来ないようなことも、皆さんと協力すればできます!

 一作家ができることを、他の企業なり組織なりができないはずがない。アートによる地域貢献はもっともっと方策がたくさんあるはずです。

 アートによる循環型社会を目指す第一歩として走り出す、アートスイッチバス。

 皆さんと一緒に楽しい旅を。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It visits the production site of the writer in Kumamoto, it eats Viking, the workshop is done with the writer, it takes a hot spring bath at the end, and it refreshes it.

An indescribably luxurious course setting was done.

Possible  lowers and adjusts the setting of the registration fee for the time being by the participation of 25 people or more now.

Writers who introduce it to everybody in this project are gorgeous personnel, too.

Going as a tour guide is a writer. Bus tour of touch to writer taken an active part to help as volunteer in each place in Kumamoto of writer all day long.

On the full day, it became an event with very high art density that was able to touch a variety of Kumamoto arts.

Details want to report on something in detail as soon as it decides though become later later.

Is it a bus tour more and more etc.

Having thought it is dreamlike when it is possible to do in the place where the incorporated nonprofit organization is started up some time ..it is.. actually :.

Money must not shape ..connection... little by little if you do either. Little by little..do..cooperate..person..increase..large..help.

Not being possible to do can cooperate with you and it do very alone.

Other enterprises are sure to be able to be done can do by one writer though are the organizations. A regional contribution by the art is sure to have a lot of strategies more more.

Art switch bus that begins to run as first step that aims at recycling society by art.

Happy travel with you.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

高島李恵さん「ぜんとやうやう」展、初日から大賑わいです!

 昨日から始まりました、新町三畳美術館初企画展、「ぜんとやうやう」高島李恵さん が、予想を裏切る初日からの大賑わいです!

 正直、初めての企画展なので不安で一杯でした。

 ところが不安も吹き飛ぶ初日のお客様の数!はー、安心しました。今日も高島さんの火で器になった作品がお客様のもとに旅立っております。

 実のところ、オープニングにボタンやタイルが間に合わず、器だけからの開催になっております。しかし、これは二度「ぜんとやうやう」を楽しんでいただけるイベントだと思えば楽しみに早変わり!

 今現在陽窯では登り窯に火入れの真っ最中のはずです。

 今週末にも最新作が窯出しされて、新町三畳美術館に展示されます。

 今現在、彼女の火で空や風や大地の色に姿を変化させている、ボタンやタイルを想像する

と週末がとても楽しみになってきました!

 しかも、高島李恵さんはこの展示を期に来月とあるメディアに出演されます!すばらしい!

 詳細決まり次第再びご報告したいと思います。

 新町三畳美術館では、企画展をされる作家さんの前面バックアップを致します。ですが、それも作家さんの熱意あってのたまもの。

 今後も企画展を行っていきたいと思いますが、当然どなたにも公平に開放するスペースではありません。なぜかと言えば、企画運営する私自身が現代浮世絵師たる絵描きだからです。

 難しいルールはありませんが、この人を応援したいな!と、作品と熱意で感じ取れたら、OK!みたいな感じです。スペース貸し代無料、販売マージン無料、全面的なパブリシティーを行うとなると、その作家さんの作品と熱意が私にとって報酬です。この報酬が高ければ高いほど、いい仕事をしたくなります。

 新町三畳美術館とは、そういう美術館です。

 話しは変わりますが、来年のGWに山鹿湯の端美術展に展示が決まりました!

 同じ熊本のアートシーンの一端を担う人間としては、気合いを入れて展示したいと思っております。蔵を使用するということで、一体どういった展示ができるのか、よく策を練って挑みたいところです。

 一歩一歩すこしずつでも前へ進めればいいと思います。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is 3 mat in Shimmachi first in museum special exhibition, and [zentoyauyau]" Takashima Lee are large ..".. bustles that started yesterday since the first day when the expectation is betrayed.

Honesty, and because it was the first special exhibition, it was uneasy and full.

However, it is numerical at the first day to which uneasiness blows off, too of the customer. It peeled off and it ..[-].. was relieved. The work that became a container by the fire of Mr. Takashima today starts on a journey in the customer.

As a matter of fact, neither the button nor the tile are enough to the opening, and holding only from the container. However, this is ..".. ..enjoyment.. ..quick change.. ! twice if it is thought that it is an event that can enjoy [zentoyauyau]".

It is in the midst as of now of lighting in the climbing kiln in [yauyau].  must

Do the take out of the furnace of the latest work at the end of this week, and it is exhibited in 3 mat in Shimmachi museum.

The appearance has been changed into the color of the sky, the wind, and the earth by her fire as of now, and the button and the tile are imagined.

The weekend has become the enjoyment very much.

Takashima..Lee..this..exhibition..period..next month..certain..media..perform.It is wonderful.

I want to report again as soon as it decides in detail.

In 3 mat in Shimmachi museum, I will back up the front side of the writer who does the special exhibition. However, it is a result that cannot exist without writer's zeal.

It is not space impartially opened to everyone naturally though I want to hold the special exhibition in the future. I who does the project management am ukiyoe master barrel coming modern if it says why.

Do not want to assist in this person by me though be be a difficult rule. When it is possible to feel it by the work and zeal, OK. It is feeling. If a space loan free fee, a sales free margin, and a complete publicity are done, the writer's work and zeal are the rewards for me. It comes to want to do work that the higher this reward is, is the better.

3 mat in Shimmachi museum is such a museum.

It decides in next year's GW and the exhibition has been decided to the edge art exhibition of the hot water of Yamaga though speaking changes.

As man who bears a part of the art scene in same Kumamoto, I want to put spirit into and to exhibit. It wants often to work over the plan and to challenge though it doesn't know what exhibition you can on earth do by using the warehouse.

I think that I only have to advance it ahead even little by little one step a step.

[Saryu]

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

新町三畳美術館初企画展、ぜんとやうやう 高島李恵さん が12月6日からいよいよ始まります!!

 以前から、いつか企画展をしたいなと思っていたのですが、諸条件整いましてこの年末にいよいよ企画展を開催致します!

 以前もご紹介しましたが、南阿蘇村に登り窯を築かれた陶芸家、高島李恵さんの「ぜんとやうやう」展が始まりますよ!

 無農薬、無化学肥料で育てた作物を灰にして釉薬にし、登り窯で焼きます。灰は茎の部分を使うそうで、実や殻は焼いても灰にならないそうです。

 不思議ですね。実の部分は人間が食べて、普通ならおそらく堆肥になるであろう茎の部分は灰釉になります。焼き上がってガラス質になった釉薬の色は、空や風や大地の色をしています。

 高島さんの陶芸は自然に隠された神秘を垣間見させてくれます。

 しかも彼女の造形は、幾何学模様。しっかりとしたデザインの器やボタンやタイルが、自然の色をまとっている美しさは一見の価値があります。

 登り窯や灰釉を使いながら、根本の造形の所を幾何学模様にすることで、どこか人間の生活全般をやさしく表現するような滋味深さを感じます。

 企画展に向けて、今週末は新町三畳美術館もレイアウトを変えて、12月6日より皆さまを御出迎えいたします。

 是非お誘い合わせのうえ、ご来場下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Various condition is and will hold the special exhibition finally at this end of the year though had not thought the special exhibition to want to do at one time before.

[Zentoyauyau]" exhibition of the ceramic artist to which the climbing kiln was built and Megumi Takashima Lee ..".. start in the south Aso-son though it introduced before.

Crops grown with no agricultural chemicals and a no commercial fertilizer are made an ash, it makes to frit, and it burns with the climbing kiln. Neither the truth nor the husk seem to become the ashes by the ash's seeming to use the part of the stalk even if it burns.

It is mysterious. Truth..part..man..eat..usual..perhaps..compost..become..stalk..part..ash glaze..become.It grills up and the color of vitrescent frit does the color of the sky, the wind, and the earth.

The ceramic art of Mr. Takashima catches a glimpse of the mystery naturally concealed.

Moreover, her forming is a geometric pattern. Beauty to which the container, the button, and the tile of the steady design wear nature's tints is worthy of the glance.

I feel the Shigeru taste deep where man's somewhere all aspects of life are easily expressed by making the place of forming foundation a geometric pattern while using the climbing kiln and the ash glaze.

3 mat in Shimmachi museum changes the layout aiming at the special exhibition at the end of this week, and I will meet everybody on December 6.

Please invite by all means, match, and come.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

もう一度、阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの画像をアップしてみます。

 以前、作った画像集ですと、櫻井栄一の紹介部分が弱いかなと思いまして、補強してアップしてみました。

 一分弱長くなっております。

 玉名温泉つかさの湯さんのディスプレイ用に作ったものが、DVDでプレイせずお蔵入りにするのもアレなんで、お暇な方は見てみて下さい。

 えー、今週末は一の宮界隈にてポスティングをします。

 どうも、地元での認知度が低い気がしていて、もっと知ってもらおうということです。

 高齢の方が多いので、ネットでの宣伝は地元ではあんまり関係ないのかなと。

 地道に宣伝します。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »