« 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの売れ行きが速度を増しております。 | トップページ | アートスイッチバスツアーが年明けいよいよ発足!! »

2010年12月20日 (月)

2011新年最初の新町三畳美術館企画展は、宮部竜二氏の「人間」展!!

 今現在、新町三畳美術館の企画展は高島李恵さんの「ぜんとやうやう」展を開催しております。先週末も大変賑わいまして、好評開催中です。

 売り切れる種類の器も出てきました。うれしい限りです。ボタンやタイルも、アイデア次第で素敵に活用できますので、一度覗かれてみて下さい。

 来年の企画展新年第一弾は、宮部竜二氏の「人間」展です!

Img313 Img314

 既成のジャンルを軽々と越える宮部竜二氏の展示となります。職業「人間」。作りたいものを作り、見事に制作活動だけで生活しておられる宮部氏。これは、熊本ローカルにおいては並大抵のことではありません!絵だけで生活しようとしている私の実感からも。

 その過去制作物においてはエグザイルの公認ノベルティーグッズなども含まれます。しかも、アーティストとの打ち合わせが面倒だからという理由で、次の別アーティストの仕事は断るという感覚。ヤバスギますね。

 なにかのジャンルでトップを目指すのではなく、興味の赴くままに制作される姿勢は真似不可能!家具、アクセサリー、ランプ、室内内装、陶芸、古道具販売、絵画制作、あらゆるデザイン、コーヒー販売、サラリーマン(興味があったらしい)、飲食店(これも興味があったらしい)、他多数。

 これはもう、職業「人間」といってしまうしかない!

 私も含めて、アート的なジャンルの言葉でカテゴライズされがちな昨今、ここまで自由に生きている人は他にしりません。フリーで、いつも多数の仕事に追われている宮部氏。その仕事の一端を新町三畳美術館でご紹介したいと思います。

 一人の「人間」がこなす、膨大なジャンルの仕事をぜひご堪能下さい!

 オープニングパーティーは、1月22日(土)13:00~予定しております。作家と触れ合うチャンスですので、気軽にご来場下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The special exhibition of 3 mat in Shimmachi museum ..".. holds [zentoyauyau]" exhibition of Megumi Takashima Lee as of now. It crowds very much at the end of last week, and it is popular holding it.

The sold out kind of container has come out, too. It is glad. The button and the tile can be used wonderfully depending on the idea, and peep once, please.

Next year's the first special exhibition new year bounce is Ryuji Miyabe's "Man" exhibition.It becomes an exhibition of Ryuji Miyabe who easily exceeds an existing genre. Occupation "Man". Mr. Miyabe who makes the one wanting to make it, and lives splendidly only by production activity. This is not the medium grade most in local Kumamoto. From actually feeling of me who tries to live only in the picture.

The official recognition novelty goods etc. of the exile are included in the production thing in the past. Moreover, the sense of refusing the following another artist's work by the [toiu] reason because meeting with the artist is troublesome. [Yabasugi] [masune].

The mimicry of the posture that doesn't aim for the top by the genre of something but is produced as the interest goes is impossible. Furniture, accessories, lamp, the indoor interior, ceramic art, old furniture sales, painting production, all designs, coffee sales, businessman (It seems to have been interested), restaurants (This seems to have been also interesting), and another many.

This can do nothing but already be said, occupation "Man".

The person who is freely alive here recently whom tends to be [kategoraizu]ed in the word of an art genre including me is [shirimasen] in another. It is Mr. Miyabe to always free, and a lot of work run after. I want to introduce a part of the work in 3 mat in Shimmachi museum.

Please "Man" of one person must digest, and give the work of a huge genre to me skilled by all means.

The opening party is scheduling ? on Saturday, 22nd 13:00 of January. Please feel free to come because it is a chance to touch the writer.

[Saryu]

|

« 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの売れ行きが速度を増しております。 | トップページ | アートスイッチバスツアーが年明けいよいよ発足!! »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011新年最初の新町三畳美術館企画展は、宮部竜二氏の「人間」展!!:

« 阿蘇一の宮1000部限定カレンダーの売れ行きが速度を増しております。 | トップページ | アートスイッチバスツアーが年明けいよいよ発足!! »