« 肉体のアナーキズムという本を読んでいます。 | トップページ | ぜんとやうやう展 高島李恵さん に週末お越しいただき誠にありがとうございました! »

2010年12月10日 (金)

本日から掲載の熊本日日新聞朝刊、文化面、連続小説「山風の町」の挿絵を描いております。

 熊本日日新聞の10回連続(週末掲載)小説「山風の町」の挿絵に挑戦中です。

 小説の挿絵を描く機会が来るとは、予想もしておりませんでした。

 とてもありがたいことです。

 初回はカラーということで、5年ぶりくらいに筆を持ちました。

 パステルと鉛筆という、普段の画材の内、鉛筆を使用することにしました。基本がモノクロということで、それならばという理由です。

 お話は、日露戦争後の小さな盆地の温泉町、新聞販売店の朝から始まります。

 そういえば、今話題の「坂の上の雲」が、日露戦争の話しでした。なぜ引き合いに出したかというと、当時の風俗の詳細をほとんど知らないからです。参考になるかと思ったのですが、家にはテレビがない!

 当時は、大人は着物を着て、子供は洋服を着ているという折衷時代らしく、どうしようかと迷ったり。今日掲載分の軍刀にしても、日露戦争と第二次大戦の軍刀は様式が違う。

 今回は、挿絵として成立する折衷軍刀を(本当はありえないのかも知れませんが)描いています。

 今後の挿絵も、小説に描かれない行間の日常風俗を研究しつつ只今描いております。

 洋風とも和風とも確定しない、ちょうど移行期の時代背景です。写真資料も少なくて、挿絵ならではの仕事の進め方を堪能しております。

 今週は明日と明後日の2日間、計3回掲載予定ですので小説と挿絵をお楽しみください!

 新町三畳美術館企画展、「ぜんとやうやう」高島李恵さん の新作搬入は明日土曜日の予定です。日曜日には確実ですので、ぜひお誘い合わせのうえお越し下さい。

 あ!熊本市現代美術館の船越桂展は明日からではなかったか?かなり深く影響を受けている作家ですので、明日のアーティストトークは行きます!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The Kumamoto date newspaper is being challenged to the cut-in illustration of novel "Town of the mountain wind" ten continuous times (publish on the weekend).

It was not expected that the chance to draw the cut-in illustration of the novel came.

It is very welcome.

It had the brush first time in the color in about five years.

Among painting materials usual of the pastel and penciled, the pencil decided to be used. It is a reason called the basis is it in black and white.

The talk starts in a small hot spring town after Russo-Japanese War in the basin and the morning of the delivery agent.

Incidently, "Cloud on the slope" of the topic was speaking of Russo-Japanese War now. It is because why it mentioned it hardly knows to be detailed of customs at that time. There is no television in the house though it was thought that it served as a reference.

At that time, the adult hesitates putting on the kimono in seeming the combining age of wearing the dress the child what for us shall do. As for the saber for today's publishing, the style is different.  the saber of Russo-Japanese War and World War II

This time, the combining saber (Though it cannot know be impossible in reality) approved as a cut-in illustration is drawn.

The cut-in illustration of the interlinear space not drawn in the novel in the future is drawn researching customs in daily life now.

It is just a historical background of the shift period not fixed as European style and the Japanese style. The photograph material is also a little, and how to advance the work only of the cut-in illustration is satisfied.

Please enjoy the novel and the cut-in illustration three times in total for two days (tomorrow and the day after tomorrow) because it is a publishing schedule this week.

It is 3 mat in Shimmachi museum special exhibition, and a new carrying of [zentoYauYau] and Megumi " Takashima Lee is ..".. schedules on Saturday tomorrow. Please it is certain, and invite by all means, match, and come on Sunday.

..encounter.. !Wasn't FunakoshiKatura of the Kumamoto City modern art pavilion from tomorrow?Tomorrow's artist toque goes because it is a writer who has been influenced considerably deeply.

[Saryu]

 

 

 

|

« 肉体のアナーキズムという本を読んでいます。 | トップページ | ぜんとやうやう展 高島李恵さん に週末お越しいただき誠にありがとうございました! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日から掲載の熊本日日新聞朝刊、文化面、連続小説「山風の町」の挿絵を描いております。:

« 肉体のアナーキズムという本を読んでいます。 | トップページ | ぜんとやうやう展 高島李恵さん に週末お越しいただき誠にありがとうございました! »