« アートスイッチバスツアーの全貌が見えてきました! | トップページ | 本日から掲載の熊本日日新聞朝刊、文化面、連続小説「山風の町」の挿絵を描いております。 »

2010年12月 9日 (木)

肉体のアナーキズムという本を読んでいます。

 1960年代の肉体表現の全貌を浮かび上がらせるという、今まで正面切って総括されていなかった部分に光を当てる本です、

 国語辞書なみに分厚い本ですので、なかなか読み終わりませんがとても興味深い内容です。

 ハプニング、アクション、イベント、パフォーマンス、反芸術パフォーマンスのカテゴライズを厳密に区分するところから始まります。

 次に、当時のこれらの表現に関する論戦。東野芳明、宮川淳、石子順造らの批評の評価。

 というところまで読み進めていますが、この時代の肉体表現の多様性には驚かされっぱなしです。

 肉体表現であるところと、時代柄、写真や映像もほとんど残っていないという検証が難しいところではありますが、よくもこれだけといった内容です。

 正直いって、読売アンデパンダン展の歴史すらおぼろげにしかしらないという日本美術史の不勉強。改めて様々な事象を教えてくれる素晴らしい本です。

 完全な予断ですが、60年代から70年代安保闘争の歴史までの間に、日本におけるアンフォルメルと抽象表現主義の激突があったのではないか。表現者の心情レベルにおいて。

 読み進めないとわかりませんが、そういう時代背景と無縁でいられるのは表現者にとってはかなり難しいのではないか。

 読み進めるのが楽しみな本です。

 サリュ

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is a book that hits light to the part of making the whole content of the body expression in the 1960's come to the surface to which it switches off and the front had not been summarized up to now.

It is a very interesting content in the national language dictionary though doesn't finish reading easily because it is a thick book.

It starts because [kategoraizu] of the happening, the action, the event, the performance, and the anti-art performance is strictly divided.

Next, argument concerning these expressions at that time. Yoshiaki Higashino, Atsushi Miyakawa, and evaluation of criticism of IshikoJyunzo.

It was surprised by the diversity of the body expression in this age though it was possible to read.

The verification that the place where it is a body expression, the age handle, and the photograph and the image hardly remain, too is a difficult point, and the content only of this often.

It is idle of Japanese art history of no ..doing.. oaks.  faint even the history of honest  and the Yomiuri independent exhibitionIt is a wonderful book to teach various events again.

It was informal in Japan and the abstract expressionism might have crashed between the 60's and the 70's to the history of the security treaty struggle though it was a complete prediction. At expressionist's feelings level.

It might be considerably difficult for the expressionist can without relation to such a historical background though it doesn't understand if it is not possible to read.

Being possible to read is a fruitive book.

[Saryu]

 

|

« アートスイッチバスツアーの全貌が見えてきました! | トップページ | 本日から掲載の熊本日日新聞朝刊、文化面、連続小説「山風の町」の挿絵を描いております。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉体のアナーキズムという本を読んでいます。:

« アートスイッチバスツアーの全貌が見えてきました! | トップページ | 本日から掲載の熊本日日新聞朝刊、文化面、連続小説「山風の町」の挿絵を描いております。 »