« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

2月はラジオとテレビに出演予定です。

 メディア出演情報です。

 詳細決まり次第ご報告いたします。

 2月の後半にラジオ出演予定です。2月前半にテレビに出演予定。

 先日は熊本新町、古町町家巡り体験ツアーに参加中の宮部竜二氏がNHKの報道番組に出られたそうです。

 新町の町家をリノベーションした新町三畳美術館にもツアーが巡ってまいりました。当館のような場所が増えると新町古町にも活気がでるのではというイメージを持たれているようでした。

 そうなればいいなと思い、先陣を切ってこの場所に新町三畳美術館を開設して一年経ちますが、今だに新しいショップや面白いスペースは新たに出来ていません。

 先ず、自分たちの手でリノベーションする事自体が、楽な仕事ではありません。が、とても面白い仕事ですしオープン資金を大幅に押さえられるメリットは大きいと思います。

 熊本市の取り組みとして、市長の公約の中に、町家を使って何をする場合に助成金がでるようになるというものがあるようです。

 もっと早くしてもらえば…ここも…と思いましたが、こればかりはタイミングというものでしょう。

 新町を盛り上げる企画として、「町家アートプロジェクト」というものが発足した模様です。これは新町の青年会が主催される企画で、3月11、12,13日の開催予定ということです。

 当館も参加予定の取り組みです。これも詳細きまり次第ご報告ということになりそうです。

 新幹線開通と同時に熊本各所でアートに関連するイベントが企画中。なぜアートなのかという企画の本質部分が少し見えませんが、いいことだと思います。

 去年はあらゆる意味で熊本のアートシーンが幕を開けた一年だと思いますが、今年からは熊本アートシーンという演目の質が問われ続けることになります。

 質向上のためにはあらゆることがまだまだ未整理の状況に、アーティストはどう関わっていくのか。

 そういえば、今週末に下通りのABCマートから横に入った通りにある、「マリメッコ」というお店の2階に新しくアートスペースが誕生するようです。

 オイリュトミーの宇佐美氏が関わっているスペースで、「アート食堂三号線」と名付けられたそうです。4日にオープニングが行われるので、お誘いをうけましたので行きます。どういうスペースなのかの詳細をそのときお聞きしたいと思っております。

 続々新しいことが起こり始めた熊本のアートシーンが面白くなってきました!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is media appearance information.

I will report as soon as it decides in detail.

It is a radio appearance schedule in the latter half of February. Appearing on television is scheduled in the first half of February.

Ryuji Miyabe who is participating in Kumamoto Shimmachi and the round of the person of the town town experience tour of old seems to have been able to go out to the report program of NHK the other day.

The tour has come round in 3 mat in Shimmachi museum where the tradesmen's house in Shimmachi was done in the renovation. When the place like this pavilion increased, the [dehatoiu] image of vigor [gaderu] seemed to be had also by Shimmachi old town.

Then, a new shop and interesting space cannot be yet renewed though it is not thought be to good, cuts the van, 3 mat in Shimmachi museum is established in this place, and 1 year passes.

First of all, the thing to do the renovation by our hands is not a bludge. However, it is very interesting work and I think that the advantage in which the open capital is greatly suppressed is large.

There seems to be something that the subsidy becomes [deru] way when what is done by using the tradesmen's house for the commitment of the mayor as a approach of Kumamoto City.

If you make it earlier … Only this might be timing though it thought of here.

The one "Tradesmen's house art project" seems to have started as a project that piled up Shimmachi. This is a project to which the young person association in Shimmachi is sponsored, and the holding 11th, 12th and 13th in March schedule.

This pavilion is a approach of the participation schedule. It seems to become a report as soon as this is decided in detail, too.

The event that relates to the art in Kumamoto each place at the same time as Shinkansen's opening is planning. I think it is good though the essence part of the project why it is an art is not seen a little.

The quality of the repertoire of Kumamoto art scene will keep being asked this year though it is thought that it is one year when the art scene in Kumamoto raised the act in all the meanings last year.

Are it related for the quality improvement and how is the artist still related to the situation of the unarrangement?

Incidently, it is as coming of the end of this week from the ABC mart the same as under sideways, and seems to be newly born on the second floor of the shop "Marimekko" the art space.

It seems to have been named, "The third in art dining room line" in space to which Mr. Usami of eurhythmics was related. It goes because the invitation was undertaken because the opening is done on the fourth. At that time, I want to ask details what space it is.

The art scene in Kumamoto where new began to happen one after another has become interesting.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

ベスト・キッド。

 ジャッキー チェンとウィル スミスのコンビで制作されたこの映画は義務として見なければいけないと思い、見ました。

 ベストキッドは確か4までありましたが、全て見ております。

 さすがにジャッキーだけあり、修行のシーンはかなりのランクアップを果たしておりました。が、もとのベストキッドの「そんなバカな!」感は確かに受け継いでおり満足。

 ラストの一撃シーンも、前作を踏襲しながらもさらに美しくなっておりました。

 一流が撮るB級という、おいしい映画をありがとう!

 昔はこんな映画ばかりを見ていた記憶があります。

 タランティーノが出てきたときには狂喜したものでした。レザボアドッグスとフォールームスが好きです。

 もちろん、イングロリアスバスターズも見ましたが、ちょっと役者さんがハマりすぎる感がありのめり込めず。少しどころか、なんでこの人が!という外しが最近ないので残念。

 時間が取れないので映画を大量に見ることは最近できないのですが、まぁ時間があってもろくでもない映画(失礼)ばかりを見てしまうのでいいのかも。

 女性サイボーグモノというジャンルにはまって見ていた一時期がありました。本当に面白い映画がない!なぜだ?という疑問を突き詰めるべく、見続けたのですが結局あたりはなく。

 今現在でもそのジャンルで大ヒットという映画を知りませんがどうなのでしょう。

 とても下らない話になってしまいました。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

This movie produced in jacky Cheung and the combination of Will Smith was thought that it was necessary to see as a matter of duty, and seen.

The best kid is looking at everything though was to certainty 4.

There was indeed only a jack, and the scene of training accomplished a considerable rank improvement. However, former best kid's "Such foolish a !" feeling is succeeded certainly and satisfied.

It was more beautiful though the blow scene in last also followed the former work.

Thank you for a delicious movie of B class that the first class takes.

It has the memory of seeing only such a movie in old times.

It was the one having gone into raptures because Tarantino had come out. I like Reservoir Dogs and [fo-ru-musu].

Of course, for a moment there is [hama] [risugiru] feeling and the actor cannot give himself up though he saw [inguroriasubasuta-zu]. This person : to say nothing of a little why. Removing is regrettable because it is not recently.

Well, and is there [toki] in and because a movie (impoliteness) alone that not is is seen, is it good to be fragile though a large amount of movies cannot be seen recently because time cannot be taken?

There was in the genre of female cyborg thing for a certain period of time of waiting and seeing. There is really no funny movie. Why?After all, there is though it kept seeing to investigate the doubt thoroughly around.

How though it doesn't know the movie of smash hit still now by the genre.

It has become a very foolish story.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

今も、いろいろな企画が進行中なのです。

 常に3つ程の企画を進行していきたいなと思っています。

 これが結構難しくて、自分で動かないとなかなか企画というものは立ち上がらないものです。

 最近はたまに仕事が舞い込んできてありがたい限りですが、これも運なので運には頼れないのです。

 10位の企画をいつも持っていたら、楽に食えるなーなどと都合がいいことを考えつつ、今日も目の前の仕事をやり遂げるべく絵に向かうのでした。

 あ!ひとつ忘れてた!

 ということもありありですので困ったものです。

 新町三畳美術館の「人間」展は昨日も、作品がお客様のもとへ旅立っていきました。

 会期が長めなので、後半にどっと来客がありそうな予感を含めつつ好調開催中であります。

 早いものでもう一月も後半。去年の前半までは思いもよらない出会いがこの一年で沢山ありました。今年ももう、沢山の出会いがあり、後半に向けて一体どうなっていくのかさっぱり予想がつきません。

 未来の予想がつきにくい生き方をするとは、夢にも思っていませんでしたが、一見安定した人生のように見えてもそうでない事も多々あるものです。

 今年前半の一大イベントはバスツアーですが、思ったより所持難航している感じでもうすぐもうすぐと、鼻面にニンジンをぶらさげられた馬のような状態です。今しばらくお待ち下さい。

 そういえば、もすぐモヒカンポシェットと新町三畳美術館は一周年を迎えます!

 早いですなービックリです。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Always think that do not want to progress about three projects.

The project is quite the one not standing up if this is considerably difficult, and it doesn't move for myself.

It cannot rely on the fate because this is a fate though work doesn't occasionally come unexpectedly easily recently.

Because it faced the picture to carry out work in the presence thinking it to be an easily [runa] it was possible to eat [-] etc. and convenient with the project of 10th place always today, it did.

..encounter.. !One was forgotten.

It is the embarrassed one because there and it exists.

The work started on a journey to original of the customer yesterday as for "Man" exhibition of 3 mat in Shimmachi museum.

It is holding it well including the presentiment with the visitor suddenly in the latter half seem because the session is long.

Another January in the early one in the latter half. There was unthinkable meeting a lot until the first half of last year in this year. There are already a lot of meeting this year the expectation doesn't attach at all though it doesn't know how to become it on earth aiming at the latter half.

It is what to do the way of life to which the expectation in the future is not attached with a thing not so either a lot even if it sees it like a seemingly steady life though did not think the dream.

It is a state like the horse from which the carrot was hung on the nose side soon soon by feeling to which having thought though the spectacular event in the first half of this year is a bus tour does the rough going of possession. Please wait for a while.

Incidently, the [mosugu] mohican pochette and 3 mat in Shimmachi museum receive a round year.

It is an early surprise of ..becoming it.. [-].

[Saryu]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

宮部竜二氏「人間」展、kmac新年会大盛況でした!

 22日(土)に開催された「人間展」のオープニングパーティーとkmacの新年会が、予想以上の30名前後という来客数で、大盛況で開催されました!

 なにせ三畳美術館ですから。30名も入ると立錐の余地もない程の過密具合で、このスペースによく入ったな!という驚きが。

 mocos編集部の皆さま、グリーンバードさま、新町町おこしの方々、報道関係の皆さま、熊本市現代美術館の学芸員さま、玉名温泉つかさの湯さま、izu♡milkさま、アートホーリーメンさま、竹之下亮さま、高島李恵さま、アートファンの皆さま、等実に様々な方にお越しいただき誠にありがとうございました!!

 これがkmacならではのアートの楽しみ方なのだなぁとしみじみ思いました。

 アーティストとアート好きと、アートで町おこしと、その他なんであれアートというコンテンツを介してゆるやかに繋がっていけばいいなと思います。

 集って、お酒を飲めば、なにか新しいことが起きるかもしれないのは古今東西の共通法則ではないでしょうか。

 また今後も面白い企画があればどんどんやって行きたいです。

 お酒を飲みながらしみじみ語れたらなぁと思っていたのですが、自己紹介もままならない大盛況ぶりにしばし唖然とする勢いの盛況ぶりで、皆さんこういう機会を待っていたのかなと思うくらい、様々に語られておりました。

 皆さんの話を逐次聞いてみたかったのですが、移動するのもやっとな過密具合で一部の方とお話できた位なのが残念と言えば残念なのですが、大成功でこれもまたよし!です。

 皆さま今後とも宜しくお願い致します!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The New Year's party of kmac was held by the number of visitors after 30 names more than the expectation with the opening party of "Exhibition between the people" that had been held on Saturday, the 22nd large flourishing.

Because it is three [nanise] mat museum. It often entered this space by an overcrowded condition of tightly packed when as many as 30 people also entered. Surprise.

Art and science member in people of everybody, [guri-nba-do] of mocos editorial department, and Shimmachi local redevelopment movement, public relations, and Kumamoto City modern art pavilions and ..hot spring of Tamana.. [no] hot water and izu? ..making them lucky..Thank you indeed for coming variously as everybody etc. of milk, [a-toho-ri-men], [takekore] [kudaryou], Megumi Takashima Lee, and the art fan indeed.

I heartily thought that this was how to enjoy the art only of kmac.

Think by me that do not only have to connect with the artist and the art lover by the art gradually the local redevelopment movement and additionally by me through contents of that art why.

Isn't something new if it gathers, and sake is drunk being likely being likely to occur a common law in the now and then east and west?

I want to get along fast if there is an interesting project for the future again.

It was talked variously by the desire whether to have waited for the chance ..you.. to be particular at the flourishing business of power to be dumbfounded for a while at a large flourishing business at the time of which not being while the self introduction remained though it was thought hearty [taranaa;] it was possible to talk while drinking sake.

This is also good in the big success though I wanted one by one to hear your story though it is regrettable if it is called place regrettable [nanoga] that was able to be talked partially by can barely the movement and overcrowded, too a condition. [Desu].

My best regards after all this.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

いよいよ明日、宮部竜二氏「人間」展 オープニングパーティー!!

 明日1月22日(土) 13:00~ 新町三畳美術館にて宮部竜二氏「人間」展のオープニングパーティーを開催いたします!

 もちろんどなたでも参加できますので、お気軽にお越し下さい!

 〒860-0004 熊本市新町1丁目10-28

 お問い合わせ 080-4288-8882 新町三畳美術館 櫻井

 宮部氏お手製の軽食をご用意いたしております。もちろん作家さんも当日は在館いたしております!

 オープニングパーティーはまだまだ根付いていない文化でしょうが、パリにいたころ、どこそこで飛び込みでパーティーに参加させていただいた経験があります。言葉も通じないのに快く作家さんや、店のオーナーが会場に紹じ入れてくれる文化を、さすがコミュニケーション力が違うな!と新鮮に驚いたものでした。

 もちろん私もパリで個展したときはヴェルニサージュ(オープニングパーティー、建築界ではレセプションと呼ぶらしい)をしました。こんな知り合いも全くいない都市で、無駄なんじゃない?と思っていたら、ビックリ!70キロも離れた場所から来てくれた身も知らぬフランス人が、興奮しながら「絶対見たかった!」といってくれたり、アニメの仕事を一緒にしないか?と言ってくる怪しいおじさんがいたり、とにかくアートに対する情報収集の熱意と関心の高さに驚くとともに恐れすら抱きました。

 おかげでパーティーは満員の様相で閉じました。名も知れない日本人のこじんまりした個展でも関心を持ってきてくれる人がいる。感動でした。

 という訳で、新町三畳美術館も、企画展の度に出来る限りオープニングパーティーを開催していきます。人が集まる場所を日常の中に作っていくことは、地方のオルタナティブアートシーンにとっては最重要課題ではないのでしょうか。人が集まればネットワークが出来ます。熊本在住の作家や観客が顔見知りになって、何かが生まれればそんなに素敵なことはありません。そういう小さなつながりを無数に連ねることで、熊本という地方に強固なネットワークを生み出す一因になればと思っております。

 時間はかかるかもしれませんが、存在し続けることで価値が生まれるかもしれない。

 明日のパーティーが楽しみです!

 夜にはkmacも開催!

 アート漬けな一日になりそうです!!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Saturday, January 22 tomorrow I will hold the opening party of Ryuji Miyabe "Man" exhibition in 13:00 ?  3 mat in Shimmachi museum.

Everyone can participate of course, and feel free to come, please.

〒860?0004 Kumamoto City Shimmachi 1-10 -28

3 mat in inquiry 080-4288-8882 Shimmachi museum Sakurai

We will be preparing the snack of Mr. Miyabe handmade. Of course, on that day, the writer also is doing [kan] lives.

There is an experience to be going to participate in the party by the diving somewhere when is in Paris though the opening party might be a culture that doesn't take root still. The communications power shall not be different though the culture that the writer and the owner in the shop pleasantly put [**ji] in the hall though the word doesn't run is done. It was the one in freshness to have been surprised.

Of course, piece spread the wings [tatoki] is [verunisa-ju] (It seems to be called the reception in an opening party and an architectural field) in Paris in me. In the city where such an acquaintance doesn't exist at all either, isn't it useless?It solves and it is surprised when thinking. Is not it said, "I wanted to see absolutely", and is combined the work of the animated cartoon though the French who did not know its body that came from a place away by as much as 70 kilos got excited?An uncle doubtful ..saying.. arrived, it was surprised at the height of the zeal of the information gathering to the art anyway and the concern, and even fear was held.

The party shut in the favor by a full aspect. There is a person interested in a snug Japanese one-man show that cannot know the name. It was impression.

The museum in the translation by 3 mats in Shimmachi holds the opening party as much as possible at the special exhibition. Isn't it a high-priority issue to make the place in which the person gathers usually for the alternative art scene in the provinces?If the person gathers, the network can be done. If the writer and the spectator of the Kumamoto living become acquaintanceships, and something arises, it is not wonderful so much at all. It is thought that it becomes a cause that invents a strong network in the provinces named Kumamoto by innumerably placing such a small connection in a line.

Value might arise in keeping existing though it might take time.

Tomorrow's party is the enjoyment.

Kmac is Now open! at night.

It seems to become [ichi] day the art pickle.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

ゾディアック、アメリカンサイコ、ラブリーボーン。

 シリアルキラー本三連打。

 ラブリーボーンは実録ものではありません。

 なぜ三冊連続で読んでしまったのか。精神的に疲れます。

 こういう、特に役に立たない本というものをむしょうに読みたくなるときがあります。

 ホラー好きですが、実際に起こった事件はホラーを楽しむようには読めないことが判明。当然ですね。

 一人の殺人鬼に人生を支配される模様を追ったゾディアックは、映画化もされました。未だに犯人が捕まっていないという事実。そこから読み取れるのは、人生の不条理さだけです。

 人生が不条理だというのは知っていますが、自分の哲学信念の根本にそれを置くことはできません。環境や運は選べないことの方が多いですが、何か起こってしまった場合でもやり遂げるべき事を見つけておくべきと思います。

 そのことに向かっている事実だけで満足できます。うまくいかなくても当たり前。ただ、やることはやっているという事実は誰にも奪えないのではないか。

 そう考えなくては、あまりにも人生には何もないのではないか。生まれて死ぬことは最初から決まっている。限られた時間で本気で夢を見れるのかは自分次第。見ても見なくても死ぬことは決まっている。

 どうすれば自分は感動できるんだろうといつも考えています。感動は瞬間的なもので、一生の時間に直すと何時間感動しただろうと思うと居ても立ってもいられなくなります。感動していない時間は損しているのではないか。

 とりとめもない話になってきました。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Three serial killer book hitting repeatedly.

Lovely Vaughan is not the authentic record one.

Has it been read that it is three continuous why?It mentally becomes tired.

It wants to read and it occasionally becomes [monowomushou] of such especially useless book.

It turns out not to read as the event that actually happens enjoys horror though it is a horror lover. It is natural.

As for the zodiac that chased the pattern that the life was ruled by one horrific killer, making into a film was done. Fact that criminal has not been caught still. Being able to read there is only irrationality of the life.

It cannot be put on the foundation of my philosophy belief though it knows the life to be irrational. Not being possible to choose is more abundant, and I think that I should find the thing that should be carried out even when something happening of the environment and the fate.

It comes satisfactorily only by the fact to face that. Even if it doesn't go well, it is natural. However, nobody might be able to deprive of the fact of doing as for doing.

There might too be nothing in the life, too, if it doesn't think so. It is decided to be born and to die because of the beginning. Whether it can have the dream seriously in a limited time is my situation. It is decided to die even if it sees or it doesn't see.

How..do..impression..always..think.It becomes impossible for impression to stand when thinking how long it is impressed if it mends at time of the life by the momentary one even though it is. Time not being impressed might be lost.

It has become a story without saving either.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

話すことの大切さ。

 どうすれば人前でしゃべって緊張しないかということを考えています。

 親戚に、どうすればしゃべれるかと尋ねられました。

 最初は誰でも緊張すると思うし、今でも緊張します。特に面接とか苦手です、少なくとも好きではありません。

 しかし、仕事上そうも言っていられないことがしばしば。自分の考えを述べ、企画の説明をしなければなりません。

 どの事柄でもそうですが、慣れるしかないのではと思います。

 最初からうまく話せるはずがないし、相手の方もうまく話して欲しいというよりは、ぎこちなくてもこちらの考えをしっかり聞きたいと思っているのではないでしょうか?

 一番まずいのは、考えがないことだと思います。どんなに話術がうまくても、内容がなかったりするのが一番まずい。なので、企画をプレゼンするときは企画の要所を箇条書きにして優先順位をつけます。そして最初から丁寧に説明する。

 でも本当はこういったテクニックが重要なのではなく、自分の企画をどこまで熟知しているかです。細かい所まで検討しているか?検討していれば頭に入っているので大丈夫。なので結論は、自分の頭で考えてイチから企画を立てるです。

 ネットから引っ張ってきたりして体裁よい企画書よりも、いかに自分の頭で考えて企画を自分の血肉にするかがポイント。そうしておけば、話術がなくても重要なポイントは外しません。交渉術は後からついてくるものと思っていますし、術がうまくいくことはあまりありません。

 なので、緊張しても失敗しない場合はただ一つ。どれだけ自分の頭を使ったかです。自己アピールしなくてはいけない場合も全く同じだと思います。自分の長所や短所を考えてみて、それが正解かどうかが重要なのではなく、どれだけ言語化できたかが大切だと思います。

 語彙を知らなかったら本を読むしかないし、人前でうまく話すことだけでもこれだけの過程を経ないとうまくいかないことを考えると、一芸で秀でるというのは膨大な努力を必要とするのだなぁ。

 それを努力とは思っていませんが。

 ひとつでも小さな成功例をつくることができたら、そのやりかたは今のところ間違いではないのかなと思います。固執しても良くないし。

 緊張するっていいことだと思います。緊張って楽しいじゃないですか。真綿でゆっくり首を絞められるような日常を生きたいと思っているのなら話は別ですが、いかに緊張する機会を作っていくかというのは退屈しない人生を生きるためには重要なポイントじゃないのか。

 本当のことは知らないが 楽しいことは知ってるぜ byハイロウズ「即死」

 サリュ

It thinks whether it talks in the presence of others if it does very and strained.

How able to talk by me was asked.

It is thought that everyone is strained, and is strained still first. Especially, the interview is not good, and I do not at least like it.

However, it is frequent that the aspect in work is not said. It is necessary to describe my idea, and to explain the project.

I think that I can do nothing but become accustomed though any matter is so.

First it would be not better to be able to speak, and I want will hear an idea here firmly though it is awkward rather than the hope of you speaking the other party well.

I think the most unpalatable is thoughtless. No matter how it is good at art of talking, it is the most unpalatable that there is no content. When [nanode] and the project are presented, the key point of the project is itemized and it sets priorities. And, it explains politely from the beginning.

However, because such a technique is important in reality, it is not, and has been well informed of my project about where. Do you examine it to the fine details?It is safe because it is in the head if it examines it. The [nanode] conclusion makes the project from Ichi by thinking by my head.

It is a point whether to make the project my blood relations by thinking from appearance [yoi] [takurami] picture book by pulling it from the net very by my head. The overarching point is not removed even if there is no art of talking if it puts it and. It thinks the negotiation technique to be a follow from the back, and there are not so many things to which the art goes well.

Only one when [nanode] and not failing even if strained. My head was used very much. When it is necessary to self-appeal, I think it is quite the same. Because it thinks about my merit and weak point, and it is important whether it is its correct answer, I think that it is not, and how much it was possible to make it to the language is important.

When it doesn't know the vocabulary, the book can do nothing but be read, and excelling by the one art when thinking not going well if even only speaking well in the presence of others doesn't pass the process only of this needs a huge effort.

What is the effort of it though doesn't think?

At present, when a success case small even by one can be made, I think the way to be wrong. It is not good even if persisting.

I think tension [surutteiikotoda]. Isn't there happily tension?Isn't it an overarching point whether to make the chance to be strained very to live life not bored though the talk is another if it wants to live usually at the time of be slowly wrung the neck with the floss silk?

Happiness is ..knowing.. by [hairouzu] though it doesn't know the truth. "Instant death"

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

玉名温泉つかさの湯さんでの新春企画映像をアップしてみます。

 1月3日に玉名温泉つかさの湯さんで行われた新春の企画、湯るっとコタツストリームに出させていただきましたので、そのときの映像をアップしてみます。

 RKKラジオ番組の福耳らじお、塚原まきこさんと、つかさの湯の方(名前出していいか訊き忘れましたので)と御一緒したシーンです。

 番組自体は4時間位あったので、私が出た場面をアップしてみました。

 セットは昭和を意識したものですが、なんとこれが新町三畳美術館で現在企画展中の宮部竜二氏によるものです!

 このディスプレイの一部は今回の展示でも活かされています。

 こういった古い建具や物からインスピレーションを受けて作品を作られたりするそうです。

 建具などは田舎の廃屋などにある場合は、よほどの興味がある人以外には単なるゴミに見えてしまうかも知れません。

 今回の展示を通して、物の見方というものを教えてもらった気がします。

 所で、上熊本にレイ チャールズが演奏しにきたことを宮部氏に教えてもらいました!

 作品以外でも仰天エピソード満載!

 22日のオープニングパーティーにてぜひ作家さんと交流されてみて下さい!

 サリュ

 The image of that time is improved because it was going to send it to the project and the hot water kotatsu stream at the new year done with hot water of hot spring of Tamana [tsukasa] on January 3.

Rolling ears with big earlobes radio, Tsukahara of the RKK radio programs is a scene that in proportion to to the hot water of [tsukasa] (Because name putting out  forgot to come) if it doesn't exceed it.

The scene of which I had gone out was improved because there were about four hour program.

This is very due to Ryuji Miyabe in the special exhibition in 3 mat in Shimmachi museum now though the set is consideration of the Showa era.

This exhibition helps partially of this display.

It seems to receive the inspiration from such old fittings and a thing and to be made the work.

Fittings etc. might be seen mere garbage besides the person who has a great interest when is in the deserted house in the country etc.

I think that it teaches the perspective through this exhibition.

Mr. Miyabe was taught to have come to the above Kumamoto by the place so that Ray Charles might perform.

The astonishment episode is fully loaded excluding the work.

Please exchange by all means with the writer at the opening party on the 22nd.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

宮部竜二氏「人間」展、初日から好評です!

 新町三畳美術館、新春初企画展、宮部竜二氏「人間」展が初日から好評開催中です!!

 早速いくつかの作品が旅立っていきました。急遽、阿蘇一の宮の雑貨屋etuさんにて販売中だった絵皿を取りよせました。

 ムカデ、蜘蛛、ヤモリ、蝙蝠の絵皿です。通常、遭遇したらびっくりする生き物たちですが、実は縁起がいい生き物。他に類を見ない絵皿のモチーフですが、抜けが良い絵柄で大人気!!

 こういうちょっとしたセンスが素晴らしいのです。三畳美術館スペースには多種多様な仕事の写真コーナーがありますが、なかでもエグザイルと打ち合わせ中の写真は目を引きます。他にもジーンズのリメイクやベッド、ステンドグラスの衝立など、写真も見どころ沢山。

 新作の布製バッグの布がまた秀逸!日本初の世界一周した飛行機を祝った、昭和初期のノベルティー布地が使用されています。戦前ですのでナチスドイツの旗がプリントされていて、それを惜しげもなくバッグに使用!

 こういう布地を仕入れる能力や、バッグを縫製するスキルがあって初めてこの素晴らしいバッグが生まれるのです。ちなみに内布はシイタケの卸商の前掛け!!

 ぜひ手にとってみていただきたい逸品です。

 メインは陶芸ですが、おそらく陶芸という言葉から連想されるイメージとは程遠い作品達です。ぜひ直にご覧下さい!

 他にも妖精が古い鏡台の前に集う(凄いですねー!)インスタレーションもあります!必見!

 今週末22日はオープニングパーティー 13:00~よりですので、お気軽にお立ち寄り下さい。

 サリュ

3 mat in Shimmachi museum, new year first special exhibition, and Ryuji Miyabe "Man" exhibition is popular holding it from the first day.

Some works started on a journey immediately. In haste, the pictorial dish being sold in general shop etu of Imperial prince in Aso 1 was obtained.

It is chilopod, spider, house lizard, and bat's pictorial dishes. Living thing that history is actually good though surprised living things when encountering usually. It is popular in the design with a good omission though it is a motif of an unparalleled pictorial dish.

Such a little sense is wonderful. The photograph especially making arrangements with the exile attracts attention though there is a photograph corner of various work in three mat museum space. The photograph such as the remake of other jeans, the beds, and screens of the stained glass is a lot of viewpoints.

The cloth of a new fabric bag is excellent again. The novelty cloth at the beginning of the Showa era when the first airplane in Japan done once in the world was celebrated is used. The flag of Nazis Germany is printed, and it is used for the bag generously because it is prewar days.

This wonderful bag appears only after it has the skill that sews the ability and the bag that stocks with such a cloth. By the way, the cloth is an apron of [oroakina] of shiitake.

It is an excellent article that I would like you for the hand to see by all means.

Perhaps, the image associated from the word ceramic art is far works though the main is a ceramic art. Please see personally by all means.

There is an installation that other fairies gather in front of an old dressing table (terrible sleep), too. Must see.

Please feel free to stop because the 22nd in the end this week is dependence of opening party 13:00.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

新町三畳美術館企画展 宮部竜二氏 「人間」展 搬入始まりました!!

 明日1月15日(土)より開催の宮部竜二氏「人間」展の搬入が始まりました!

 もともと築100年の町家をリノベーションした新町三畳美術館にジャストな展示を、宮部氏が考案。

 まだどのような全貌になるのかは分かりませんが、三畳美術館を見事に使い切った展示になることは間違いありません!

 こんな展示の方法もあるんだと目からうろこな展示です。

 今現在、ランプ照明の作品が目の前にありますが、子供のときに男の子ならこんなものが欲しかった!というランプが並んでおります。

 それと、壁面には平面作品が6点並んでおりますが、「同じ人?」という全く正反対のテイストの作品です!これでこそ宮部竜二氏の世界!

 スタイルというものにとらわれない作風は、私自身がスタイルというものを築くのに15年を費やしたことを考えると一種の畏怖すら覚える懐の深さ。

 やりたいようにやるという考え方が、スタイルを限定しないという選択にまで及び、さらにその作品がきちんと経済活動として流通していることを考えると宮部氏のポテンシャルの異常な高さが分かります。

 このような作家は他に知りません!

 全くフリー、無所属で作家活動をして生きて行くことの不可能さ加減を、熊本の作家ならよく知っているはず。それを軽々とこなしながら好きな仕事しかしないというのはほぼ超人ではないかと思う位です。

 まさに新町三畳美術館が自信を持って大プッシュする作家です!!

 1月22日(土)には、13:00~よりオープニングパーティーを開催!軽食をご用意しますので、お気軽にお越しください!もちろん宮部氏も在館致します。作家本人と交流できるまたとない機会です!

 さらに夜には最近熊本アートシーンを楽しくしているkmacとのコラボ企画も開催!もっともっと楽しくアートを堪能しよう!という企画です!詳しくkmacの公式ブログにて!

 という感じで今年も賑やかにスタートした新町三畳美術館です。今後も県内外問わず、紹介したい作家さんを紹介していけたらなと思っております。

 実は次の作家さんも決定しておりますが、まだ秘密!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Carrying Ryuji Miyabe of holding "Man" exhibition started on Saturday, January 15 tomorrow.

Exhibition and Mr. Miyabe ..becoming it.. just design it to the original museum of the tradesmen's house of year of 100 of old where the renovation was done by 3 mats in Shimmachi.

The mistake is not found in becoming a cut exhibition by splendidly using three mat museum though it doesn't understand what whole content to still become.

It is of ..scale.. exhibition from eyes when there is such an exhibition method, too.

When it was a child, I wanted these kind of things if it was a boy though the work of the lamp lighting was in the presence as of now. The lamp queues up.

It is completely a work of an opposite taste "Same person?" though a plane work lines up on it and the wall by six points. It only is this and Ryuji Miyabe's world.

It is depth of the bosom that remembers even a kind of fear when thinking the style not caught in the style spent 15 years so that I may build the style.

Abnormal height of Mr. Miyabe's potential is understood when thinking it reaches even the selection that the idea of putting it to want to do doesn't limit the style, and the work circulates neatly in addition as an economic activity.

Such a writer doesn't know ..another...

If it is a writer in Kumamoto, it is sure completely to know the impossibility addition and subtraction of the writer activity and living by free and independence well. It is a place thought that it is almost a superman to do only favorite work while easily digesting it.

It is a writer to whom 3 mat in Shimmachi museum greatly exactly pushes confidence having it.

It is Now open! on Saturday, January 22 as for 13:00 opening or more party. It is business mind as for snack, and feel free to come, please. Of course, Mr. Miyabe is lives. The writer himself, and it is possible to exchange and  ..taking.. ..saying.. association of [na].

In addition, the [korabo] project with kmac that makes the Kumamoto art scene recently happy is Now open! at night. Be more happily satisfied of the art. It is a project. In detail in an official blog of kmac.

It is a starting 3 mat in Shimmachi museum that it is lively in feeling also this year. It will introduce prefecture [gaimon] [wazu] and the writer who wants to introduce it in the future and it is trowed as [teiketarana].

It is still secret though the following writer also is actually deciding.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

第22回熊本市民美術展 熊本アートパレード。

 熊本市現代美術館開催の熊本アートパレードが来月出展者募集です。

 今週15日(土)より新町三畳美術館開催の宮部竜二氏「人間」展では、熊本アートパレードで審査員特別賞を獲得されました陶芸作品「喜怒哀楽」が出品予定です。

 ところで私も今回は出展予定です。新作に取り掛かっております。が、いくつかの仕事を並行してこなしておりますので確実に!とは言えない状況です。

 昨年も出展予定でしたが、新町三畳美術館とモヒカンポシェットの改装中だった為、出展予定日を2日過ぎて気づく始末でした。極寒の中自分たちの手で改装していたことを思い出します。

 去年の熊本アートパレード出展予定だった作品はもう一作シリーズを描き足して、熊日デザイン賞に出展し、2点とも三席入賞という結果でした。

 その後、その内の一点「ラビットソファー」は夏の熊本市現代美術館主催、熊本アーティスト・インデックス展にてGⅢで展示することができました。初期の目的を別の形で実現することができました。

 この熊本アートパレードはアンデパンダン形式で、出品すれば必ず美術館に展示されるという素敵な展覧会です。結構何回か出品させていただいていますが、未だ入賞ならず。

 こればっかりはどうしようもないのですが、今年からはちょっとでも賑やかしになればいいかなという気分で出品しようと思います。念願の一つであったGⅢにての展示もさせていただきましたし、入賞しなかったとしても入賞した作品と同じ会場に展示されるわけですから。

 よく考えたら、選考される方もプレッシャーがかかる方式ですね、アンデパンダン展。

 これからも出せる限りは出品していきたいと思います。熊本の芸術文化振興の一環に少しでも貢献できたらいいなと。

 出展無料ですからね。熊本の作家はこぞって出品すべきだと思います。作品数が多すぎて壁におさまらないよという感じになれば最高じゃないですか?

 さて、描いたり営業したりしなくちゃ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The parade of the Kumamoto art of the Kumamoto City modern art pavilion holding will be exhibitor recruitment next month.

Ceramic art work "Emotion" to which the jury's special award is acquired by the Kumamoto art parade is an exhibition schedule in Ryuji Miyabe of 3 mat in Shimmachi museum holding "Man" exhibition on Saturday, the 15th this week.

By the way, I am an exhibition schedule this time. It begins the new work. However, surely because some work is concurrently handled. It is a situation that cannot be said.

Last year..exhibition..schedule..Shimmachi..museum..mohican..pochette..redecorate..exhibition..expected date..pass..notice.It is recalled to have redecorated by our coldest hands.

The work that was last year's Kumamoto art parade exhibition schedule drew, added another work series, exhibited to the design prize of the bear day, and was a result such as two points and three seat winning a prize.

Afterwards, one point "Rabbit sofa" in that is a Kumamoto City modern art pavilion sponsoring, a Kumamoto artist index exhibition of summer, and G?. [De] was able to exhibit. The original aim was able to be achieved in another shape.

This Kumamoto art parade is a wonderful exhibition of being exhibited in the museum without fail if it exhibits by the [andepandan] form. It has not won a prize yet though it will exhibit several times considerably.

I will exhibit in feelings of Japanese syllabary that only has to become prosperity and an oak even for a moment this year though only this is helpless. G? that was one of wishesBe going to do the [niteno] exhibition, and because it is exhibited in the same hall as the work won a prize even if it doesn't win a prize.

Being selected is an independent exhibition ..the method that pressure hangs it.. when often thinking.

I want to exhibit as long as it will be possible to put it out in the future. Be not to good when it is possible to contribute to the part of the art culture promotion of Kumamoto even a little.

The exhibition is free. The writer in Kumamoto thinks that it should exhibit in a body. Isn't it the highest if there are a lot of numbers of works and it becomes feeling said the wall no settlement?

Draw well and ..business and the cry...

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

サンシャインクリーニング、コープスブライド、ぐるりのこと、誰も知らない。

 年末年始に見たDVDです。各々素晴らしい作品でしたが、なかでも「誰も知らない」の凄さには驚きました。

 親が失踪、12歳の長男を筆頭に男女4人兄弟がアパートで生き抜く姿を淡々と描写する映画です。お金はぎりぎり生活できるだけの入金がありますが、ライフラインは全て止まっている。

 実際の話しをもとに映画化された作品です。最終的には一番下の女の子が事故死するのですが、何が凄いと言えば、このような状況を悲惨に描かないという描写です。

 ただ生き抜くという状況を爽やかささえ感じる描写を選択した監督の心境はいかに。

 そして、全く退屈させない画づくり。

 こういった状況を批判的に描かず、子供達の生きる力への賞賛へと描ききった作品にただ感動するばかりです。

 その他、サンシャインクリーニングも素晴らしい。ミスリトルサンシャインの監督ですが、人間は必ずしも分かりあえるとは限らないという状況を笑いを含めて描くすがすがしさ。重要人物として、年老いた父やおじいさんが出てきますが、この人達も決して普通の人ではない。しかし、肉親を全面的に肯定してくれる救いとしてほっとさせてくれます。

 人間はどんなに悲惨な状況であろうと、前に進むしかないんだと思わせてくれます。

 世界にはまだまだ素晴らしい映画がたくさんあるんだな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

山口県立萩美術館 第十二代休雪を見てきました。

 昨日一昨日と、山口県萩にバスツアーで行ってきました。遅い正月を迎えた感じです。

 バスツアーは行きも帰りもぐっすり眠れたり、酒を飲めたりと楽なので良く利用します。

 途中長府に寄ったりして、下関美術館に行きました。

 萩は好きな町で、今回で四回目です。

 山口県立萩美術館は浮世絵の展示室で有名です。今回も浮世絵を楽しみに行ってみたのですが、度肝を抜かれる展示に出会いました!!

 まず、現在の陶芸萩大賞展2010が開催されていましたが、とんでもなくレベルが高い!!

 陶芸の最新形が集まっているのでした。目からうろこな作品がほとんどで、これ本当に陶芸??という造形力が異常に高い作品の羅列で、それにしては来館者が祝日に関わらず少なくてビックリ。

 いいもん見たなと思っていたら、その先には本当に度肝を抜く作品が!!

 第十二代休雪 龍人伝説展!!

 萩には偉人がいたんだな!!

 圧倒的な存在感がもう説明不可能な域にまでいっています。これはもう見に行くしかありませんよ!

 帰りは九州自動車道の凍結で、松蔭神社に行く予定を飛ばして帰宅。

 しかし、もう満腹状態でした。

 さて今日から新町三畳美術館も通常開館いたしております。

 今は、服の絵を描く宿題をしにきた小学生が、熱心に服の絵を描いております。たまに服を見に来るんですね。

 そんなゆるい感じで今年もスタート致しました。

 地域に根差した美術館を目指していきます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It has gone to the day before yesterday and the Yamaguchi Prefecture bush clover by the bus tour yesterday. It is feeling that receives a late New Year.

The bus tour can sleep soundly by going and the return, and uses sake well because  it is possible to drink [raku].

It went to the Shimonoseki museum by coming near to a prefecture of the length on the way.

The bush clover is the fourth in this time in a favorite town.

Yamaguchi prefectural bush clover museum is famous in the exhibition room of the ukiyoe. It met the exhibition from which [tabikimo] was pulled out though it went to enjoy the ukiyoe this time.

First of all, it is unexpected and the level is high though present ceramic art bush clover grand prize exhibition 2010 had been held.

Because the latest types of the ceramic art had gathered, it did. It is few and surprised regardless of the enumeration of a high work it or holiday the visitor for it as [tsuku] ..scale.. goods from eyes can come almost and the forming power of ceramic art ..really.. is abnormal.

The work that really previously pulls out [tabikimo] : when thinking [iimon] [mi].

[Yukiryuu] hearsay theory exhibition of the 12th compensatory holiday.

The great man must not hurt in the bush clover.

It says even to the region where it cannot explain an overwhelming sense of existence any longer. This has only going already to see.

The return flies the schedule to go to the by freezing the Kyushu car road and comes home.

However, it was already a full stomach.

Well, 3 mat in Shimmachi museum is usually opening a library today, too.

Now, the grade-schooler who came to do homework that draws the picture of clothes is ardently drawing the picture of clothes. It comes occasionally to see clothes.

It started this year for such loose feeling.

It aims at the museum that took root in the region.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

あけましておめでとうございます。一週間過ぎていますが。

 さて、本日でくまもと阪神のKumaコレクションも終わり、明日は年を持ちこした大掃除をする予定です。

 昨年年末からアートイベント目白押しで年を越してしまい、去年と今年の区別がいまいちついておりませんが、とりあえず「あけましておめでとうございます」。

 2011年も年明けからアートイベントを連打していきます。

 気がつけば今年もあっという間だったと言える年にしたいと思っております。

 もう、飛躍の年とか段々どうでもよくなってきていて、やりたいようにやらせてもらうだけで日々が飛ぶように過ぎて行けばいいかな。

 もちろん絵できちんと稼ぐ道を見つけつつ。

 熊本ローカルな絵描きの歩く道は今年も決して平坦ではありません。

 ここ数年、もう「趣味で絵を描かれているのですか?」と訊かれることがなくなりました。以前はよく訊かれていたのですが、今との違いは何なのか。

 趣味と本業の厳密な違いなんて、本当はどうでもよくて、いい作品が描ければそれでいいと思っています。勝手に他人が趣味か本業かなんて線引きしても、どうでもいいこと。

 ただ生きて、死ぬだけの人間が細かいことにこだわっている時間はありません。

 という生き方をしていたら、こうなりました。

 これからどうなるのかは全然分かりませんが、生き方は変わりません。

 今年もイクぜ!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Well, [kumamo] and the Kuma collection of Hanshin end today, too and it is scheduled that it has the age and the thorough cleaning that exceeds it is done tomorrow.

The age is exceeded by the art event jostling at the end of the year last year last year and this year's distinctions are "Happy new year. " for the time being though are not so good lucky.

The art event is hit repeatedly before the new year even in 2011.

I want to make it to year that can be said it is instant this year if it notices.

Does the age of the leap already only have to pass so that it may gradually become trivial, and every day may fly only by allowing me to put it to want to do?

Finding the road neatly earned in the picture of course.

[Eega] coming [no] road in local Kumamoto where it walks is not smooth at all this year.

It has already come for [**] to never wither , saying that "Is the picture drawn by the hobby?" at last few years. What is the difference with now though [hayoku] [**] had withered before?

If the work that the strict difference between the hobby and the profession is trivial in reality, and good can be drawn, it is thought it is good in it. Others are the hobbies or not professions without permission or no do matters even if [senhi] is calculated.

However, there is no time when man only of the death is standing upon punctilio because he lives.

When the way of life was done, it became it so.

The way of life doesn't change though it doesn't understand how to be going to become it in the future at all.

It is Iku [ze] this year.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »