« 第22回熊本市民美術展 熊本アートパレード。 | トップページ | 宮部竜二氏「人間」展、初日から好評です! »

2011年1月14日 (金)

新町三畳美術館企画展 宮部竜二氏 「人間」展 搬入始まりました!!

 明日1月15日(土)より開催の宮部竜二氏「人間」展の搬入が始まりました!

 もともと築100年の町家をリノベーションした新町三畳美術館にジャストな展示を、宮部氏が考案。

 まだどのような全貌になるのかは分かりませんが、三畳美術館を見事に使い切った展示になることは間違いありません!

 こんな展示の方法もあるんだと目からうろこな展示です。

 今現在、ランプ照明の作品が目の前にありますが、子供のときに男の子ならこんなものが欲しかった!というランプが並んでおります。

 それと、壁面には平面作品が6点並んでおりますが、「同じ人?」という全く正反対のテイストの作品です!これでこそ宮部竜二氏の世界!

 スタイルというものにとらわれない作風は、私自身がスタイルというものを築くのに15年を費やしたことを考えると一種の畏怖すら覚える懐の深さ。

 やりたいようにやるという考え方が、スタイルを限定しないという選択にまで及び、さらにその作品がきちんと経済活動として流通していることを考えると宮部氏のポテンシャルの異常な高さが分かります。

 このような作家は他に知りません!

 全くフリー、無所属で作家活動をして生きて行くことの不可能さ加減を、熊本の作家ならよく知っているはず。それを軽々とこなしながら好きな仕事しかしないというのはほぼ超人ではないかと思う位です。

 まさに新町三畳美術館が自信を持って大プッシュする作家です!!

 1月22日(土)には、13:00~よりオープニングパーティーを開催!軽食をご用意しますので、お気軽にお越しください!もちろん宮部氏も在館致します。作家本人と交流できるまたとない機会です!

 さらに夜には最近熊本アートシーンを楽しくしているkmacとのコラボ企画も開催!もっともっと楽しくアートを堪能しよう!という企画です!詳しくkmacの公式ブログにて!

 という感じで今年も賑やかにスタートした新町三畳美術館です。今後も県内外問わず、紹介したい作家さんを紹介していけたらなと思っております。

 実は次の作家さんも決定しておりますが、まだ秘密!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Carrying Ryuji Miyabe of holding "Man" exhibition started on Saturday, January 15 tomorrow.

Exhibition and Mr. Miyabe ..becoming it.. just design it to the original museum of the tradesmen's house of year of 100 of old where the renovation was done by 3 mats in Shimmachi.

The mistake is not found in becoming a cut exhibition by splendidly using three mat museum though it doesn't understand what whole content to still become.

It is of ..scale.. exhibition from eyes when there is such an exhibition method, too.

When it was a child, I wanted these kind of things if it was a boy though the work of the lamp lighting was in the presence as of now. The lamp queues up.

It is completely a work of an opposite taste "Same person?" though a plane work lines up on it and the wall by six points. It only is this and Ryuji Miyabe's world.

It is depth of the bosom that remembers even a kind of fear when thinking the style not caught in the style spent 15 years so that I may build the style.

Abnormal height of Mr. Miyabe's potential is understood when thinking it reaches even the selection that the idea of putting it to want to do doesn't limit the style, and the work circulates neatly in addition as an economic activity.

Such a writer doesn't know ..another...

If it is a writer in Kumamoto, it is sure completely to know the impossibility addition and subtraction of the writer activity and living by free and independence well. It is a place thought that it is almost a superman to do only favorite work while easily digesting it.

It is a writer to whom 3 mat in Shimmachi museum greatly exactly pushes confidence having it.

It is Now open! on Saturday, January 22 as for 13:00 opening or more party. It is business mind as for snack, and feel free to come, please. Of course, Mr. Miyabe is lives. The writer himself, and it is possible to exchange and  ..taking.. ..saying.. association of [na].

In addition, the [korabo] project with kmac that makes the Kumamoto art scene recently happy is Now open! at night. Be more happily satisfied of the art. It is a project. In detail in an official blog of kmac.

It is a starting 3 mat in Shimmachi museum that it is lively in feeling also this year. It will introduce prefecture [gaimon] [wazu] and the writer who wants to introduce it in the future and it is trowed as [teiketarana].

It is still secret though the following writer also is actually deciding.

|

« 第22回熊本市民美術展 熊本アートパレード。 | トップページ | 宮部竜二氏「人間」展、初日から好評です! »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町三畳美術館企画展 宮部竜二氏 「人間」展 搬入始まりました!!:

« 第22回熊本市民美術展 熊本アートパレード。 | トップページ | 宮部竜二氏「人間」展、初日から好評です! »