« ゾディアック、アメリカンサイコ、ラブリーボーン。 | トップページ | 宮部竜二氏「人間」展、kmac新年会大盛況でした! »

2011年1月21日 (金)

いよいよ明日、宮部竜二氏「人間」展 オープニングパーティー!!

 明日1月22日(土) 13:00~ 新町三畳美術館にて宮部竜二氏「人間」展のオープニングパーティーを開催いたします!

 もちろんどなたでも参加できますので、お気軽にお越し下さい!

 〒860-0004 熊本市新町1丁目10-28

 お問い合わせ 080-4288-8882 新町三畳美術館 櫻井

 宮部氏お手製の軽食をご用意いたしております。もちろん作家さんも当日は在館いたしております!

 オープニングパーティーはまだまだ根付いていない文化でしょうが、パリにいたころ、どこそこで飛び込みでパーティーに参加させていただいた経験があります。言葉も通じないのに快く作家さんや、店のオーナーが会場に紹じ入れてくれる文化を、さすがコミュニケーション力が違うな!と新鮮に驚いたものでした。

 もちろん私もパリで個展したときはヴェルニサージュ(オープニングパーティー、建築界ではレセプションと呼ぶらしい)をしました。こんな知り合いも全くいない都市で、無駄なんじゃない?と思っていたら、ビックリ!70キロも離れた場所から来てくれた身も知らぬフランス人が、興奮しながら「絶対見たかった!」といってくれたり、アニメの仕事を一緒にしないか?と言ってくる怪しいおじさんがいたり、とにかくアートに対する情報収集の熱意と関心の高さに驚くとともに恐れすら抱きました。

 おかげでパーティーは満員の様相で閉じました。名も知れない日本人のこじんまりした個展でも関心を持ってきてくれる人がいる。感動でした。

 という訳で、新町三畳美術館も、企画展の度に出来る限りオープニングパーティーを開催していきます。人が集まる場所を日常の中に作っていくことは、地方のオルタナティブアートシーンにとっては最重要課題ではないのでしょうか。人が集まればネットワークが出来ます。熊本在住の作家や観客が顔見知りになって、何かが生まれればそんなに素敵なことはありません。そういう小さなつながりを無数に連ねることで、熊本という地方に強固なネットワークを生み出す一因になればと思っております。

 時間はかかるかもしれませんが、存在し続けることで価値が生まれるかもしれない。

 明日のパーティーが楽しみです!

 夜にはkmacも開催!

 アート漬けな一日になりそうです!!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Saturday, January 22 tomorrow I will hold the opening party of Ryuji Miyabe "Man" exhibition in 13:00 ?  3 mat in Shimmachi museum.

Everyone can participate of course, and feel free to come, please.

〒860?0004 Kumamoto City Shimmachi 1-10 -28

3 mat in inquiry 080-4288-8882 Shimmachi museum Sakurai

We will be preparing the snack of Mr. Miyabe handmade. Of course, on that day, the writer also is doing [kan] lives.

There is an experience to be going to participate in the party by the diving somewhere when is in Paris though the opening party might be a culture that doesn't take root still. The communications power shall not be different though the culture that the writer and the owner in the shop pleasantly put [**ji] in the hall though the word doesn't run is done. It was the one in freshness to have been surprised.

Of course, piece spread the wings [tatoki] is [verunisa-ju] (It seems to be called the reception in an opening party and an architectural field) in Paris in me. In the city where such an acquaintance doesn't exist at all either, isn't it useless?It solves and it is surprised when thinking. Is not it said, "I wanted to see absolutely", and is combined the work of the animated cartoon though the French who did not know its body that came from a place away by as much as 70 kilos got excited?An uncle doubtful ..saying.. arrived, it was surprised at the height of the zeal of the information gathering to the art anyway and the concern, and even fear was held.

The party shut in the favor by a full aspect. There is a person interested in a snug Japanese one-man show that cannot know the name. It was impression.

The museum in the translation by 3 mats in Shimmachi holds the opening party as much as possible at the special exhibition. Isn't it a high-priority issue to make the place in which the person gathers usually for the alternative art scene in the provinces?If the person gathers, the network can be done. If the writer and the spectator of the Kumamoto living become acquaintanceships, and something arises, it is not wonderful so much at all. It is thought that it becomes a cause that invents a strong network in the provinces named Kumamoto by innumerably placing such a small connection in a line.

Value might arise in keeping existing though it might take time.

Tomorrow's party is the enjoyment.

Kmac is Now open! at night.

It seems to become [ichi] day the art pickle.

[Saryu]

|

« ゾディアック、アメリカンサイコ、ラブリーボーン。 | トップページ | 宮部竜二氏「人間」展、kmac新年会大盛況でした! »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ明日、宮部竜二氏「人間」展 オープニングパーティー!!:

« ゾディアック、アメリカンサイコ、ラブリーボーン。 | トップページ | 宮部竜二氏「人間」展、kmac新年会大盛況でした! »