« 明日FMKモーニンググローリー、アートなくらしに出演いたします。 | トップページ | アートスイッチバスツアー、若干の空席あります! »

2011年2月24日 (木)

町家が美術館in熊本市新町。

 3月11,12,13日に熊本市の町家を利用して、アートイベントが開催されます。

 新町の青年会が主催されているそうで、新町三畳美術館もイベントコースに組み込まれています。

 これが手始めとしての、アートイベントとしては緊急開催に近いスパンでの準備ですが、どうやら開催できる模様です。

 新町三畳美術館ではスタンプラリーの一ポイントとしての参加ということになりそうです。

 年二回の開催を目指して動く予定だそうで、また秋にも開催する予定とのこと。

 先日の鹿児島吹上ワンダーマップを見た直後でもあり、アートイベントの難しさを肌身で感じているところですが、何もしないよりは動き出そうというシャッター商店街になりつつあり、町家がどんどん壊されている現状の新町の動きにご協力させていただきます。

 どこに出展しようが、場所や他の作家の圧力や影響に左右されない実力を、自分自身が身につけなければいけません。トップに立つアーティストというものは、きっとそういうものなんじゃないか。揺るぎない表現力があれば、何も怖くないはず。

 これでいいのかという批判力を自分自身だけでなく、他の参加アーティストにも向ける勇気を持たないと熊本のアーティストはいつまでたっても仲良しグループで終わってしまうのではないか?

 発言するのは怖いことですが、していかないことにはお互いの為にならないと思います。自分自身を含めて作品のクオリティーを上げ続けなければ熊本のアートシーンの向上はありえないでしょう。

 新幹線開通という契機に、アートという切り札を切る怖さを知るのはこれからですが、何もしないよりはずっとましだと思います。失敗するのは、ローカルアートシーンでは当たり前のことですが、得るものも必ずあるはずです。針穴のような成功する道筋への突破口を探すためにも、実践するしかない時にきたのかもしれません。

 ネガティブなことばかり言っているようですが、先んじてアートイベントを開催してきた身からすれば高評価が得られるアートイベントの構築は本当に難しいことを、経験上知っています。低評価によるイベントとアーティストへのダメージも多少なりとも知っています。

 自分たちと鑑賞者のコンテクストをどうやって同一化するかという仕掛けに、労力の8割をさくべきなのです。今はまだ、街と主催者同士とアーティストの「町家が美術館」におけるコンテクストが弱く、統一もされていないのでまだまだこれからといったところですが、動き出した以上、継続していく道しかありません。

 一作家としては、5月の山鹿湯の端美術展における天聴の蔵での展示に全力を尽くします。酒蔵という場所の圧力と、まだまだこれからという地域振興アートイベントの走りにおいて、場所や他の作家との関係性を突破していい作品展示をしなければならない必然が用意されています。ここが私個人にとっての分岐点になる予感がしてなりません。

 そうする事でしかイベントと自分の質を上げる道はないのです。

 本当に恐ろしい道です。

 そう、地方のアーティストはいつも断崖の際を歩いていることを忘れずに。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The art event is held by using the tradesmen's house in Kumamoto City on 11th, 12th and 13th in March.

The young person association in Shimmachi seems to be sponsored, and 3 mat in Shimmachi museum is built into the event course.

Apparently, it seems to be able to hold this as an art event as the beginning though the preparation by a span near an urgent holding.

It seems to become participation as one point of the stamp rally in 3 mat in Shimmachi museum.

Schedule of seeming schedule of movement aiming at biannual holding and holding in autumn

Also it is immediately after having seen, and it is becoming a said shutter shopping street even if not doing anything begins to move though it feels with [sawo] [hadami], and the tradesmen's house will ..the other day's Kagoshima Fukiage wonder map.. ..difficulty of art event.. cooperate in the movement of Shimmachi current destroyed fast.

Oneself should acquire ability that place and other writers' pressure and influences are not controlled though it exhibits to where. The artist who stands in the top might surely be [nan] as such. If it has unshakable power of expression, anything must be not scary.

If he or she doesn't have courage to turn the critical power of goodness to not only oneself but also other participating artists by this, the artist in Kumamoto might end in the friend group even if leaving by when.

I do not think the remark to benefit each other in not doing though it is scary. If it doesn't keep raising the quality of the work including oneself, the improvement of the art scene in Kumamoto might be impossible.

As for knowing scaring by cutting the last resort of art at the opportunity of Shinkansen opening to traffic, I will think not doing anything to be very better though the future. Failing is sure also to have the obtained one in the local art scene though is natural. It is likely to have come to look for the breakthrough to the succeeding route like [hariana] when it could do nothing but practice it.

It goes ahead, the high reputation value exists from the body that has held the art event, and the construction of the obtained art event has wisdom in the experience really difficultly though it seems to say only a negative thing. It at least knows the event by the low evaluation and the damage to the artist.

It is necessary to spare 80 percent of the labor to beginning how to make appreciation person's context the same with us. There is only a continuing road because it began to move still though the future because the context in town, organizer, and artist's "The tradesmen's house is a museum" is weak, and union has not been done yet now.

It does one's best to the exhibition in the edge art exhibition of the hot water of Yamaga in May with the warehouse of [tenki] as one writer. Inevitability that should exhibit the work by which you may exceed the relation between the place and other writers is still prepared with the pressure of the place of wine cellar in the regional promotion art event of future running. The presentiment that here becomes a turning point for piece person of me doesn't come to do.

There is no road where event and my quality is raised only by the thing done so.

It is a really frightening road.

A local artist doesn't forget to always walk in the cliff so.

[Saryu]

 

|

« 明日FMKモーニンググローリー、アートなくらしに出演いたします。 | トップページ | アートスイッチバスツアー、若干の空席あります! »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町家が美術館in熊本市新町。:

« 明日FMKモーニンググローリー、アートなくらしに出演いたします。 | トップページ | アートスイッチバスツアー、若干の空席あります! »