« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

アートスイッチバスツアー、若干の空席あります!

 アートスイッチバスツアーは、最少催行人数に達しましたがまだ若干の空席があります!

 アーティストのアトリエを訪問する機会は、普通に生活していたらなかなかありません!ほとんど唯一と言えるこの機会にぜひ!

 なぜ今アーティストのアトリエ訪問なのか?

 これは契機だと思っています。

 バスツアーを通して、アーティストとお客様、アートに興味があるお客様同士、アートに興味が湧き始めている子供達、様々な人が様々に関係を持つイベントとしてのバスツアーなのです。

 長時間同じ空間にいることで、新たな関係性が生まれないか。本当にささやかな事でもいいのです。あいさつを交わすことだっていいのです。

 全くの他人同士がアートを介して関係する契機をたくさん増やしていきたいのです。

 アートによる循環型社会の構築。難しく言うとそうなりますが、難しいことではないと思います。

 まだまだなにも出来ていない状況ですが、これから少しずつ形になって行くでしょう。

 時間はかかるかもしれません。

 この、心理的閉塞という時代状況に必要なのはコミュニケーションだと思います。アートは個人の仕事という方向性だけではない、アートの可能性を探っているところです。

 何ができるかは分かりませんが、何かはできるはずです。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

There are a vacant seat still somewhat though reached the number of most small entertainments Kojin by the art switch bus tour.

There is easily no chance to visit artist's atelier when usually living. By all means at this chance to be able to say the only almost.

Why is it artist's atelier visit now?

It is thought that this is an opportunity.

It is a bus tour as the event that children whom begin to be interested in interested customer and art in the artist, the customer, and the art through the bus tour and various person variously have the relation.

Does not a new relation arise in being in the same space for a long time?It is good in a really small thing. It is good to exchange greetings.

I want to increase a lot of opportunities when complete others relate mutually by the art.

Construction of recycling society with art. I do not think it is difficult though it becomes so if it says difficultly.

It will still shape little by little in the future though it is a situation not made at all.

It might take time.

I think that it is communications necessary for this age situation of psychological blockage. The art searches for the possibility of the art that is not only directionality of work of the individual.

Something is sure to be able to be done though what you can do is not understood.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

町家が美術館in熊本市新町。

 3月11,12,13日に熊本市の町家を利用して、アートイベントが開催されます。

 新町の青年会が主催されているそうで、新町三畳美術館もイベントコースに組み込まれています。

 これが手始めとしての、アートイベントとしては緊急開催に近いスパンでの準備ですが、どうやら開催できる模様です。

 新町三畳美術館ではスタンプラリーの一ポイントとしての参加ということになりそうです。

 年二回の開催を目指して動く予定だそうで、また秋にも開催する予定とのこと。

 先日の鹿児島吹上ワンダーマップを見た直後でもあり、アートイベントの難しさを肌身で感じているところですが、何もしないよりは動き出そうというシャッター商店街になりつつあり、町家がどんどん壊されている現状の新町の動きにご協力させていただきます。

 どこに出展しようが、場所や他の作家の圧力や影響に左右されない実力を、自分自身が身につけなければいけません。トップに立つアーティストというものは、きっとそういうものなんじゃないか。揺るぎない表現力があれば、何も怖くないはず。

 これでいいのかという批判力を自分自身だけでなく、他の参加アーティストにも向ける勇気を持たないと熊本のアーティストはいつまでたっても仲良しグループで終わってしまうのではないか?

 発言するのは怖いことですが、していかないことにはお互いの為にならないと思います。自分自身を含めて作品のクオリティーを上げ続けなければ熊本のアートシーンの向上はありえないでしょう。

 新幹線開通という契機に、アートという切り札を切る怖さを知るのはこれからですが、何もしないよりはずっとましだと思います。失敗するのは、ローカルアートシーンでは当たり前のことですが、得るものも必ずあるはずです。針穴のような成功する道筋への突破口を探すためにも、実践するしかない時にきたのかもしれません。

 ネガティブなことばかり言っているようですが、先んじてアートイベントを開催してきた身からすれば高評価が得られるアートイベントの構築は本当に難しいことを、経験上知っています。低評価によるイベントとアーティストへのダメージも多少なりとも知っています。

 自分たちと鑑賞者のコンテクストをどうやって同一化するかという仕掛けに、労力の8割をさくべきなのです。今はまだ、街と主催者同士とアーティストの「町家が美術館」におけるコンテクストが弱く、統一もされていないのでまだまだこれからといったところですが、動き出した以上、継続していく道しかありません。

 一作家としては、5月の山鹿湯の端美術展における天聴の蔵での展示に全力を尽くします。酒蔵という場所の圧力と、まだまだこれからという地域振興アートイベントの走りにおいて、場所や他の作家との関係性を突破していい作品展示をしなければならない必然が用意されています。ここが私個人にとっての分岐点になる予感がしてなりません。

 そうする事でしかイベントと自分の質を上げる道はないのです。

 本当に恐ろしい道です。

 そう、地方のアーティストはいつも断崖の際を歩いていることを忘れずに。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The art event is held by using the tradesmen's house in Kumamoto City on 11th, 12th and 13th in March.

The young person association in Shimmachi seems to be sponsored, and 3 mat in Shimmachi museum is built into the event course.

Apparently, it seems to be able to hold this as an art event as the beginning though the preparation by a span near an urgent holding.

It seems to become participation as one point of the stamp rally in 3 mat in Shimmachi museum.

Schedule of seeming schedule of movement aiming at biannual holding and holding in autumn

Also it is immediately after having seen, and it is becoming a said shutter shopping street even if not doing anything begins to move though it feels with [sawo] [hadami], and the tradesmen's house will ..the other day's Kagoshima Fukiage wonder map.. ..difficulty of art event.. cooperate in the movement of Shimmachi current destroyed fast.

Oneself should acquire ability that place and other writers' pressure and influences are not controlled though it exhibits to where. The artist who stands in the top might surely be [nan] as such. If it has unshakable power of expression, anything must be not scary.

If he or she doesn't have courage to turn the critical power of goodness to not only oneself but also other participating artists by this, the artist in Kumamoto might end in the friend group even if leaving by when.

I do not think the remark to benefit each other in not doing though it is scary. If it doesn't keep raising the quality of the work including oneself, the improvement of the art scene in Kumamoto might be impossible.

As for knowing scaring by cutting the last resort of art at the opportunity of Shinkansen opening to traffic, I will think not doing anything to be very better though the future. Failing is sure also to have the obtained one in the local art scene though is natural. It is likely to have come to look for the breakthrough to the succeeding route like [hariana] when it could do nothing but practice it.

It goes ahead, the high reputation value exists from the body that has held the art event, and the construction of the obtained art event has wisdom in the experience really difficultly though it seems to say only a negative thing. It at least knows the event by the low evaluation and the damage to the artist.

It is necessary to spare 80 percent of the labor to beginning how to make appreciation person's context the same with us. There is only a continuing road because it began to move still though the future because the context in town, organizer, and artist's "The tradesmen's house is a museum" is weak, and union has not been done yet now.

It does one's best to the exhibition in the edge art exhibition of the hot water of Yamaga in May with the warehouse of [tenki] as one writer. Inevitability that should exhibit the work by which you may exceed the relation between the place and other writers is still prepared with the pressure of the place of wine cellar in the regional promotion art event of future running. The presentiment that here becomes a turning point for piece person of me doesn't come to do.

There is no road where event and my quality is raised only by the thing done so.

It is a really frightening road.

A local artist doesn't forget to always walk in the cliff so.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

明日FMKモーニンググローリー、アートなくらしに出演いたします。

 2月22日、FMKモーニンググローリーに出演させていただきます。

 アートスイッチバスツアーの件を話させていただく予定です。

 バスツアーは、定員30名を満たしましてので、無事催行することができます。

 先日、鹿児島吹上ワンダーマップという、行政も後押しする地域振興のアートイベントを見てきました。

 とてもとても深い問いを突き付けられたイベントです。

 阿蘇の一部でもアートを地域に根差したいという機運がありますが、安易にアートと言ってしまうことの恐ろしさを薄々感じてはいましたが、とうとう見てしまったという思いです。

 疲弊した過疎地域でアートという最後の切り札を切ってしまうことの怖さ。

 実はもっと先にやるべき事があるのではないかという事実。

 アートイベントを主催する者として、首筋にナイフをつきつけられたような気がしました。

 そして、イベントという器が立派に用意されていても、結局は各個のアーティストのクオリティーによってイベントが成立するかどうかが決まるということ。

 これは怖いです。

 アートという言葉を抜きにすれば、とても素晴らしい、地域に根差したイベントとして成立するものでした。アートとはなんだろうか。

 冷静に自分を自己批判する目を持つことの大切さを教えてもらいました。しかし、自己批判だけでは、自分の未熟な部分ばかり目について前に進むことができなくなることもまた事実です。

 そこも認めつつより高い完成度を目指したイベントを開催しなければならない。

 外に出てもっともっとたくさんの怖さを感じなければならない。

 その後、Mizuho Oshiro ギャラリーでは一作家としてまたもや恐ろしさを体験させていただきました。kmac遠足というというのは、作家にとっては高刺激の実に為になる遠足です。思わず目が泳いでしまう程でした、実際。自分からポートフォリオを差し出せない位です。ぜひ次回、また同行させていただきたいです。また、他の熊本の作家も機会があれば一緒に行ったほうがいいですよ。あの怖さが日常にあれば、より高いところへ行けるでしょう。

 2年前に派遣切りに遭って以来、自分の足元や基盤つくりに躍起になってきましたが、そろそろ足元ではなく目線を上げる時期に来ていると感じた矢先のMizuho Oshiro ギャラリー訪問は本当に為になる時間でした。ありがとうございます。

 昨日は様々な恐怖感の虚脱状態で一日中頭がぼんやりしていました。本当です。それ位の旅でした。平静を装っていましたが。

 さぁ、今日からまた一歩前へ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I will perform to the FMK morning glory on February 22.

The matter of the art switch bus tour is scheduled will spoken.

30 capacity is filled, and the bus tour is [node], and is [moyoogyou] [suruko] and safely [gadekimasu].

The art event of the regional promotion that backs up the administration of Kagoshima Fukiage wonder map had been seen the other day.

It is an event at which very a very deep question is pointed.

It is a desire of having seen at last of the art even in a part of Aso though is the opportunity that it wants to take root in the region though is when fear of saying easily as the art is vaguely felt.

Scary of cutting the last last resort of art in impoverished underpopulated area.

Fact that there is thing that should be done actually more previously.

I thought the knife to be pointed as a person who sponsored the art event by the scruff of the neck.

And, even if the container of event is splendidly prepared, it is decided after all whether to approve the event by qualities of artists of each.

This is scared.

If the word art was pulled out, it was the one approved as a very wonderful event that took root in the region. What is the art?

The importance with eyes that calmly self-criticized me was taught. However, it is true that it becomes impossible to advance ahead by noticeable only of my immature part only in the self-criticism.

It is necessary to hold the event that aims at a higher perfection admitting there.

I should feel more scary because it goes out.

Afterwards, I was going to experience fear again as one writer in the Mizuho Oshiro gallery. It is an excursion that the kmac excursion says that indeed benefits the high stimulation for the writer. Eyes have swum instinctively, and it actually. It is a place by which the portfolio cannot be presented from me. I want will go by all means next time. Moreover, the writer in other Kumamoto should also go together if there is a chance. It is likely to be able to go higher if scary of that exists in daily life.

After encountering the dispatch cutting two years ago, the Mizuho Oshiro gallery visit at the arrowhead felt to come at time when not one's feet slowly but the line of vision was raised was time to my feet and a basic making really benefited though it had become frantic. Thank you.

Yesterday felt sodden all day long with various fear in a state of lethargy. It is true. It was travel of the deflecting title. Though it put a good face on it.

Now ahead one step again today.

[Saryu]

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

カレンダー実売現在826冊!

 

 近況を少し。

 熊本市現代美術館主催の熊本アートパレード展、やはり出品間に合わず…

 4分の1しか描きあげられず…

 もとからスケジュールが無理なのは分かっていたのですが。新しい事にも挑戦中でなかなかはかどらず、結局は間に合わず。

 去年末から絵の仕事が急に立て込みまして、他の絵は沢山描いているのですがパステル画は時間が膨大にかかるもので。

 新作の発表は5月ゴールデンウイークの山鹿湯の端美術展、天聴の蔵ということになります。予定としてはもう一作描くつもりですが、他の仕事との兼ね合いを考えるとすでにギリギリのスケジュール。

 パステル画に関しては、注文も需要もほとんどないところで、自分が表現したい世界を描ききるという仕事になりますのでどうしても後回しにしてしまうのがいけません。

 玉名温泉つかさの湯さんに新たにアートスペースが出来るので、有効活用するというお話もいただいております。詳細はスペースを決め込んでからということになりますが、面白い案がNPOの理事から出ておりますのでこれにも取り組みます。

 バスツアーも最少催行人数が集まりましたので、催行決定です!

 来週火曜にはFMKモーニンググローリー、アートな暮らしに出演させていただきます。

 もう三月なので、来年のカレンダーにも取り組まないといけません。

 ところで、現在カレンダーは826冊販売致しました!

 残り部数は一年かけて、売り切る予定です。何人もの方に去年のカレンダーが欲しいというリクエストを受けましたので、今後も地道に売れると思いますし、新町三畳美術館でも売れ続けております。

 そしていよいよイベント、アートスイッチVol.3の企画に入ります。

 4月からはizu♡milkさんの展示が新町三畳美術館で始まります。

 現在も宮部竜二氏「人間」展、好評開催中です。

 という感じです。

 新たに色々仕事が入るかもしれませんが、今のところはまだまだ余裕です。

 もっと仕事しなくちゃ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

..recent situation.. a little

Useful ..exhibition of parade of Kumamoto art of Kumamoto City modern art pavilion sponsoring and exhibition still.. …

Only 1/4 is drawn up ….

Though it was understood that the schedule was impossible from original. It doesn't make progress easily while challenging a new thing, and, after all, it is not in time.

The pastel drawing : in the one that it hugely takes time though the work of the picture is suddenly busy since the end of last year, and a lot of other pictures are drawn.

A new announcement becomes the edge art exhibition of hot water of Yamaga at Golden Week warehouse of May of [tenki]. It has already already scheduled it as a schedule by Hajime when thinking about the balance with other work though it will draw the very limit.

Postpone it : because it becomes work that I finish drawing the world to be expressed in the place in which being hardly ..the order and demand.. for the pastel drawing.

Because hot water of hot spring of Tamana [tsukasa] is newly good at the art space, I get the talk of effectively using it. Details work on this though become after space is assumed because an interesting idea comes out from the director of NPO.

Because the number of most small entertainments Kojin gathered in the bus tour, it is [moyoogyou] decision.

[Ni] ..seeming [kura] it.. will perform on Tuesday next week the FMK morning glory and the art.

It is necessary to work on next year's calendar because it is another March.

By the way, 826 calendars were sold now.

As for the remainder number of copies, it is scheduled to sell it out spending one year. It is thought that it will sell honestly in the future, and keeps selling also in 3 mat in Shimmachi museum because the request of wanting last year's calendar was received to everyone.

And, event and art switch Vol.3 projects start finally.

Izu? from AprilThe exhibition of Mr. milk starts in 3 mat in Shimmachi museum.

Ryuji Miyabe "Man" exhibition and popular is being held now.

It is feeling.

It is still room at present though work might enter variously newly.

..more work and cry...

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

バスツアーを開催する理由。

 アートは手段というお話です。

 日本という社会は、縦割られているなぁと感じませんか?

 よく言う、お役所の縦割り構造。県庁とかにアポなしで話をしにいくと(アポなしが悪いといえばそうですが、新しく事を起こそうとすると大体そうなる)あっちに行って下さい、ここじゃありません、結局よく分からないとういことがかなりあります。

 県政の舵を持っている機関が縦割りということは、世間一般社会を縦割りで理解し、管理していることに他なりません。

 高齢者と現役ばりばりで働いている世代が深い交流を持つことはないし、障害を持った方達ともそうです。世代間、職業間、学生その他諸々の交流システムが全くないし、求められてもいない。

 求められていないという事に深い病理があります。そんなもの求めなくてもいい、個人主義だ!と、元気なうちは言えます。ところが経済基盤を突然失ったり、健康じゃなくなったときに現在の間違った個人主義は刃をつきつけてきます。それも個人の問題だろ?

 それを救い上げる行政のシステムがまさに縦割りで、一応の救いと安定は用意されていますが人間関係の広がりによる別種の救いという面ではなにもありません。

 広い人間同志の交流の中から生まれる新たな関係性の中に、その人にとっての救いになるもの、かけがえのないものがある可能性が生まれると思います。

 それは大部分宗教が背負っているところでもありますが、現在の檀家制では無理があるし、若い世代には宗教がある部分の救いであるということすら理解されていません。はまった時にはカルトだったという苦い経験も日本はしています。そういう部分を救いあげようという、新しい宗教は普通一般には警戒されて見られています。

 ここでやっとアートの出番がきたのです。

 いつの間にか反芸術が求められている時代になったのです。

 実際にはアートは宗教と同じ、現在のあらゆるイズムの外に存在する可能性としての劇薬なのですがそうは思われていませんし、日本においてはこのアートという劇薬をカルトに仕立て上げた例があまり一般には知られていません。宗教カルトにおいてのあの事件に匹敵する例もありません。アートのカルト化と言っても、アーティスト同志がそう長く集団を維持できる訳もありません。大体若気の至りという理解のされかたをしています。

 カルト化するのではなく、コミュニケーションのツールとして広く一般に浸透していくこと。

 つくる、みる、話すことの喜びを通じて縦割られた社会にアートというバイパスをつくる。

 そこには世代間、職業間などの壁は一切ありません。

 そのバイパス工事の手始めとしてのバスツアーが今回発足しました。

 アトリエを見る、作品をつくる、アーティストとコミュニケーションする。お客様同志で交流する。そこに生まれる人と人の新たな関係性こそが、この閉塞状況にある日本に新たな可能性を見出す手段と信じます。

 閉塞は人の心が生み出すものです。少しでも解きほぐす手段になれば、それ以上の喜びはありません。

 アートスイッチバスツアー。小さいかもしれませんが、最初の一歩です。足を前に出し続ければ、前すすむことができます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The art is a talk of means.

Will the society named Japan feel that length has cracked?

Length remunerative structure of public office often said. Prefectural government..provide..talk..go..bad..so..new..thing..cause..roughly..so..become..go..provide..after all..often..understand..considerably..provide.

Prefectural administration..rudder..have..organization..length..remunerative..people..general..society..length..remunerative..understand..manage..become.

The generation who is working by the senior citizen and the active service denunciation denunciation doesn't have a deep exchange, and it is so with the people who have the trouble. Various exchange systems besides the student between the occupations between generations are not requested at all.

There is deep pathology in the thing of not being requested. It is individualism from which these kind of things need not be requested. It can be said during vigour. However, when the economic base is suddenly lost or it is not healthy and becomes it, individualism wrong now points the blade. It is ..individual.. ? ..doubtful...

There is no system of the administration that saves it in respect of the variety of saving by the extension of the interpersonal relationship at all though is exactly prepared saving and the stability of one respondent by length remunerative.

The one that a relation ..birth.. new becomes saving for the person and the irreplaceable one think and a certain possibility thinks that it is born from among the exchange of a wide man fellow.

There is impossibility in a present parishioner system, and it is not understood even it is saving the part where the religion exists in the young generation though the religion mostly shoulders it either. Japan is doing a bitter experience that it was cult when fitting in. A new religion of saving such a part is watched usually in general and seen.

The turn of the art finally came here.

Before one is aware, it became an age when the anti-art was requested.

As for the art, it is the same as the religion, and it actually curettes, it is not thought, and, too much in general, not known the example of tailoring and raising this poison of art to cult in Japan though it is a poison as the possibility of existing besides all now isms. There is not an example of equaling to that event in religious cult either. There is not a reason why the artist fellow can maintain the group so long even if it is said being make of the art cult either. The understanding of the youthful passion of arriving roughly does the person.

Do not make to cult but, in general, infiltrate widely as a tool of communications.

It makes, it sees, and the by-pass of art is made in the society where length cracks through the pleasure with speaking.

There is no wall between the occupations between generations etc. there at all.

The bus tour as the beginning of the by-pass construction started this time.

The atelier is seen, the work is made, and the communication is done as the artist. It exchanges it by the customer fellow. It is believed that only a new relation between the person and the person who is born there is means to find a new possibility to Japan that exists in this blockage situation.

Blockage is what person's mind invents it. There is no pleasure any more if becoming a means to solve even a little and to untie.

Art switch bus tour. It is a toe in the door though might be small. It is possible ..former.. to advance to previous of the foot if it keeps putting it out.

[Saryu]

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

アートスイッチバスツアー(会員制)参加者現在25名!!お早目のお申し込みを!!

 会員制アートスイッチバスツアーの参加お申し込みが現在25名となっております!

 参加ご希望の方はお早目にお申し込み下さい!

 お問い合わせ080-4288-8882 NPO法人アートスイッチ 櫻井

 いよいよ申し込み期限は今週一杯となっております。

 一日中アート三昧プラス、お昼はバイキングで源泉かけ流しの温泉に入ってくつろぎましょう!

 アートを通して作家とお客様がコミュニケーションできるまたとない機会です!

 お気軽にお問い合わせ下さい!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

アートスイッチバスツアー、最少催行人数30人。現在12人のお申し込みです。

 アートスイッチバスツアー(会員制)ですが、現在12人のお申し込みがあります。30人が最小催行人数ですので、あと18人!

 来週一杯のお申し込み期間です。現在もお申し込みがちょこちょこと入っております。明日には17人程度になる見こみで、残り13人!

 場合によってはあっという間に定員になる場合がありますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

 お問い合わせ 080-4288-8882 NPO法人アートスイッチ 櫻井まで。

 当法人の賛助会員になっていただくのが条件ですが、入会年会費無料。入会していただきますと、アートイベントを優先的にご案内いたします。

 熊本ではここまでアートなバスツアーは今までにありませんでした。一日アートと触れ合う貴重な機会ですので、ぜひお気軽にご参加下さい!!

 あと13人ですか~。お早目に!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

昨日、熊本市高橋稲荷神社の初午に行ってきました。

 高橋稲荷神社は日本三大稲荷と呼ばれている、大きい稲荷神社です。城山という山に築かれた建物は、最初豪族の城の本尊として誕生したといういきさつを知れば、要塞に見えるのも納得。

 高橋は生まれ育った場所で、高橋稲荷神社の初午は高校生まで毎年行っていました。

 バイクを母校の高橋小学校に駐輪して、歩いて初午へ。

 久しぶりだ。なんか昔に戻ったようなデジャヴを覚える。

 今年の目的は、商売を始めたので商売繁盛の福かきを買いに行きました。

 時間がちょうど合ったので、恒例のもちまきを見学。最初おこぼれをゲットしようと思っていたのですが、そんな甘っちょろい気合いでは到底無理!

 おじいちゃん、おばあちゃんが最前列に立ち並び、あたかも人気ミュージシャンのライブを思わせる緊張が漂っています。もちがまかれ始めた瞬間もうもうとした土煙りがあがり、ひたすら地面に落ちたもちを拾う人と、空中で掴もうとする人たちがひしめき合ってさながら戦場の雰囲気に。

 警官も多数動員されていました。

110208_120016   

 滅多に写真を上げませんが、なんとなく上げてみました。

 無事福かきを購入し、帰途につきましたが、最盛期に比べて人数が減っているように思えます。

 屋台も半数位になっているようでした。

 商売をする個人が減ってきているのでしょう。商売繁盛の神様ですから。

 アメリカでは起業する年齢層20~30代で25%、日本では5%ですからね。活気もなくなるというものですよ。

 自分に出来ることを頑張らんば。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

KABニューストレインに明日出演します。

 2月9日午後6:28より、KABニューストレインの番組中のどこかで、モヒカンポシェットと新町三畳美術館が特集されます!

 先日の土曜日に収録がありました。5分程度の放映予定ですが、42分も収録がありました。皆さまお疲れ様でした。

 町家をリノベーションしてお店を持ちたいという方が先日もみえられて、お話しました。新町古町にも200軒以上の町家が存在しますが、そのほとんどが持ち主不明とか、人には貸さないという物件がほとんどです。

 ひとまずそこをどうにかしないと、どんどん駐車場になっているらしい。言うのは簡単ですが、なかなか動くのは難しい。運よくここは不動産が管理していて、アパートを借りるような簡単な手続きで入れました。他の物件ではそうもいきません。

 町家を不動産管理している場合はほとんどないからです。

 今使用できる町家を使ってイベントをしようという動きが始まっています。

 時間はかかるかもしれませんが、そうやってアピールしていかなければ町家の魅力はまだまだ伝わっていないと思います。

 少しでも役立てればいいな。町家に住み始める前は私ですらそういう動きがあることを知らなかったのですから、関係ない一般の方にはなおさらアピールが必要でしょう。この間の町家巡りも盛況でした。本当は、町家を楽しみたいニーズがあるのかもしれません。

 地道にアピールを続けましょう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The mohican pochette and 3 mat in Shimmachi museum are featured somewhere in the program of the KAB news train on February 9th 6:28PM.

There was collection on Saturday the other day. There was collection for as much as 42 minutes though it was a telecast schedule of about five minutes. All were the tiredness externals.

It talked being seen the shop want to do the tradesmen's house in the renovation and to be had the other day. The article that it lends it to an uncertain owner or the person is most though 200 tradesmen's houses or more exist also in Shimmachi old town.

If it doesn't do there somehow for the time being, it seems to be a parking lot fast. It is difficult to move quite though it is easy to say. The real estate managed, and, fortunately, here was put by an easy procedure where the apartment was rented. It doesn't live so in other articles.

The reason for the tradesmen's house is that it is hardly when the real estate is managed.

Movement of doing the event by using the tradesmen's house that can be used now starts.

I do not think time to transmit the charm of the tradesmen's house still if doing so and not appealing though it might take.

Do not only have to use it even a little. Even I might have to appeal to unrelated general all the more because I did not know there is such movement before it begins to live in the tradesmen's house. The recent round in the tradesmen's house was also flourishing. There might be needs that want to enjoy the tradesmen's house in reality.

It keeps appealing honestly.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

アートスイッチバスツアー(会員制)催行決定致しました!

 特定非営利活動法人アートスイッチと、玉温泉つかさの湯共催によります「アートスイッチバスツアー」会員制 のお知らせです。

 熊本のアーティストのアトリエ訪問と、ワークショップ、玉名温泉つかさの湯にてバイキングでお食事、最後に源泉かけ流しの温泉にはいってのんびりしましょうというとても素敵なツアー内容となっております!!

 当法人の賛助会員様向けツアーとなります。

 入会費、年会費無料、ご住所 お名前と入会申込書にご記入いただくと手続きは完了致します。会員様には当法人が行うイベントを優先的にご案内致します。

 Photo Photo_2 

 南阿蘇村に登り窯を構える「陽窯」高島李恵さんの、窯焚きとギャラリーを見学致します。通常窯焚きのときには訪問を断られるのですが、今回は特別に許可をいただきました!滅多に登り窯の窯焚きは見学できるものではありません。とても貴重な機会になります!

 アサヒ鉄工のZUBEさんの工房とギャラリーを見学致します。アサヒ鉄工も今までこういうツアーの申し込みは断られてきましたが、ZUBEさんのご厚意により今回見学が実現致しました!鉄の作品が生み出される異空間のアトリエとなっております!

 次には玉名温泉つかさの湯に移動、お食事はバイキングとなります。

 アーティストとワークショップを行い、作品を御土産としてお持ち帰り下さい。

 A, Lazy fellow 皮細工 イニシャル入りミニチュアバッグストラップ

 B,アド      ランチバッグに動物の絵を描こう

 C,マンボライト オリジナル缶バッジ作り

 からおひとつ選んでいただきましてワークショップを開催いたします。

 所要時間はそれぞれ一時間程度です。

 最後に温泉に入ってごゆっくりされてツアーは終了となります。

 参加費 大人5,800円  子供4,800(3歳以上~小学生)

 最小催行人数は30名です。

 お問い合わせ

 NPO法人アートスイッチ 080-4288-8882

 お問い合わせ後、詳しい旅行条件を説明した必要書類を送付させていただきます。入金確認後、申し込み完了とさせていただきます。

 どうぞアートスイッチバスツアーをお楽しみください!

 サリュ

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

明日朝日新聞朝刊に、宮部竜二氏「人間」展の記事が掲載されます!!

 明日2月5日(土)朝日新聞朝刊に、宮部竜二氏「人間」展の紹介記事が掲載されます!

 職業「人間」の宮部氏の展示は絶賛開催中です。

 見れば見る程、色々制作されているな~という思いが湧いてきます。

 本日もきっと何かを精力的に制作されていることと思います。作られた作品は注文があっての場合が多いので、手元にのこらないそうです。実に様々な制作物の注文があります。

 ひとつひとつのクオリティーが高いので制作依頼が後をたたないのでしょう。

 明日の記事が楽しみです!

 さらに明日はニュース番組の取材が入っておりまして、これは町家をリノベーションした店舗の紹介になるかと思います。

 放送日は後日詳しく。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The introduction article on Ryuji Miyabe "Man" exhibition is published in the Asahi Shimbun morning newspaper on Saturday, February 5 tomorrow.

The exhibition of Mr. Miyabe of occupation "Man" is holding the highest praise.

The more it sees, the more variously do not produce. The desire springs.

I think that something is surely produced aggressively today. Because the ordered case is a lot of, the made work seems not to remain at hand. Very a variety of production things are ordered.

Because an individual quality is high, the production request might not leave the back.

Tomorrow's article is the enjoyment.

In addition, the coverage of the news programming will enter tomorrow, and I think that this becomes introductory of the store where the tradesmen's house was done in the renovation.

It is detailed later on the broadcasting day.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

鹿児島、吹上ワンダーマップに興味津々。

 今月2月19日(土)から開催される鹿児島、吹上ワンダーマップに興味津々です!

 なぜかと言えば、アーティストの為に地域振興を利用すると堂々と謳いあげているから!

 アーティストが自分の為に本気になる場をつくるという立場はアートスイッチと共通するものがあります。

 自分から稼ぎに行く、稼いでみせるという真剣さから生まれる迫力があるはずです。

 文化財などを利用しない、人間の魅力が財産という素晴らしいコンセプトです。レジデンス形式の制作も行われるようで、熊本のオルタナティブなアートムーブメントではまだここまでのものはないのでは?

 今年初めのKumaコレクションもやっと発足しました。鹿児島は同じようなプロジェクトをテレビ局主催で10年以上前からやっていますね。

 何かと立ち遅れている熊本のオルタナアートシーンですが、真似できることはすぐ真似る!という姿勢でアートスイッチを主催しておりますので、期間中に視察という名で遊びに行こうと思っております。いいことならすぐ真似てしまうというのは、いいことだと思います。追いついてから独自性を出せばいいんじゃないか。

 というか、独自性という言葉を信用していない。プロジェクトという箱をどう立派にするかの道はそんなに多くなくて、結局は参加アーティストの作品と人の魅力に帰結するものと思っていますから。

 そんなわけで、今月末が楽しみです。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It fascinates it in Kagoshima and the Fukiage wonder map held on Saturday, February 19 this month.

Because it is expressed up in a dignified manner that the regional promotion is used for the artist if it says why.

In the standpoint of making the place where the artist becomes serious because of himself/herself, there is common something with the art switch.

It goes from me to work, and there must be power that is born from seriousness that I will earn it.

The charm of man that doesn't use the cultural asset etc. is a wonderful concept of property. Is the residence form produced, and isn't there one to here in ..alternative of Kumamoto.. [a-tomu-bumento] yet?

The first Kuma collection finally started this year, too. Kagoshima has done a similar project for ten years or more by sponsoring the TV station.

It is mimicked to mimic it though it is [orutanaa-toshi-n] of Kumamoto that lags behind variously soon. Because the art switch in posture is sponsored, it is thought that it goes in play in the name of inspection for the period. I think mimicking it soon is good if it is good. After it catches up, originality might only have to be put out.

The word originality has not been trusted. There are not so much a lot of roads how to make the box of project splendid, and, after all, it because it is thought that it results in participating artist's work and the charm of the person.

The end of this month because of this is the enjoyment.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

告白を見ました。蝿の王を思い出したのはなぜか。

 映画、告白を見ました。

 素晴らしい映画です。どこから語っていいのかも分からない程内容が濃い映画です。

 みんな一人よがりに生きて、すれ違いながら最悪の結末を迎えるのに、爽やかな印象が残るというのはなぜか。

 多分、人間の本質を正直に描ききったからではないか。昔、蝿の王という映画を見たときの気持ちにどこか似ている。あの映画は、子供たちの純真無垢な残虐性を描いた映画だった。

 人間は「誰もかれも、皆殺してやりたい。そして自分も死にたい」という爆弾が埋め込まれた存在なのでしょう。性善、悪説とかではなく、そういう風に出来ているものなんだと思います。これに目立ちたいという欲求が入れば、告白という映画になるのかな。

 誰かを殺して有名になるなんて、なんてお手軽で頭が悪い手法だろうと思います。まだ何者でもない中学生、学生一般、新社会人、学生時代は知的エリートのはずだったのに、時代の波にのまれて意に染まぬ仕事をしていると感じている人。その他もろもろの本意でない境遇を生きている人。きっと心の内に他虐と自虐の気持ちを持っているのではないでしょうか。

 社会的責任とか、倫理感とかのたががいつの間にかはずれてしまっている。本来、アートが持っていたそういう社会的道義を意識して挑発するような行為の先を、現実の方が走ってしまっている気がしてなりません。

 個人主義の極北まできている現代日本で、アートが担わされている課題がコミュニケーションになろうとは誰が想像しえたのでしょうか。

 高齢者医療の現場は寝たきりの人を量産する場になってしまっているし、新卒一括採用の制度のせいで人生が大きく狂う人が大量に出てくる。その他にも、どうにかできないかという問題の根底にあるのはあらゆる世代のコミュニケーション不足ではないのか。民生委員のなりてがいないという問題に、顕著に表れています。

 アートに何ができるのか。アートを、目的と同時に手段として考えています。絵を描くことが目的で、アートNPOが手段。

 最先端がコミュニケーション。アートの新時代です。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The movie and the confession were seen.

It is a wonderful movie. The content is a thick movie by no understanding my where it may being to talk.

It is why the remainder of an impression fresh though everyone lives one person well, and the worst end is faced while passing each other.

Is the reason for the nature of humankind perhaps that it is finished to draw honestly?It has looked like feelings when the movie of Lord Of The Flies is seen somewhere in old times. That movie was a movie that had depicted the cruelty of children's pure innocence.

Man「Everyone and he want also to kill everyone. And, I want also to die. 」The bomb might ..existed.. have been buried. I think that it is the made one not [sagayo], and the evil theory but such a wind. If the desire that it wants to stand out enters this, does it become a movie of confession?

I think that it might be a very easy, for kill someone and become famous stupid technique. The person who feels it when ..dyeing.. ..[nu].. working.  the mind be drunk the school days by the wave of the day though it would be an intellectual elite a junior high school student, a student general no whom yet, and new member of societyIt is a person who is alive who is not the real intention of the whatnot as for circumstances. It might have feelings of another [**] and self-torment in the mind surely.

The hoop of the social responsibility or ethics shifts before one is aware. Originally, it doesn't come to think that the reality runs the act provoked considering such social morality that the art has ahead.

Even if the problem that it was made bearing the art in present age that came to the extreme north of individualism Japan became communications, who imagines and did it get it?

It comes in the place where the cot case is mass-produced, and the person to whom the life greatly goes mad because of the system of the newly graduated batch adoption comes out from the site of the medical treatment for the elderly in large quantities. In addition, isn't it all of generations' poor communications that it is in the basis of the problem that it is not possible to do somehow?It appears remarkably in the problem named ..welfare commissioner's [narite].. [inai].

What can you do the art?It thinks about the art simultaneously with the purpose as a means. Art NPO is a means to draw the picture.

State-of-the-art is communications. It is a dawning era of the art.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »