« アートスイッチバスツアー(会員制)参加者現在25名!!お早目のお申し込みを!! | トップページ | カレンダー実売現在826冊! »

2011年2月16日 (水)

バスツアーを開催する理由。

 アートは手段というお話です。

 日本という社会は、縦割られているなぁと感じませんか?

 よく言う、お役所の縦割り構造。県庁とかにアポなしで話をしにいくと(アポなしが悪いといえばそうですが、新しく事を起こそうとすると大体そうなる)あっちに行って下さい、ここじゃありません、結局よく分からないとういことがかなりあります。

 県政の舵を持っている機関が縦割りということは、世間一般社会を縦割りで理解し、管理していることに他なりません。

 高齢者と現役ばりばりで働いている世代が深い交流を持つことはないし、障害を持った方達ともそうです。世代間、職業間、学生その他諸々の交流システムが全くないし、求められてもいない。

 求められていないという事に深い病理があります。そんなもの求めなくてもいい、個人主義だ!と、元気なうちは言えます。ところが経済基盤を突然失ったり、健康じゃなくなったときに現在の間違った個人主義は刃をつきつけてきます。それも個人の問題だろ?

 それを救い上げる行政のシステムがまさに縦割りで、一応の救いと安定は用意されていますが人間関係の広がりによる別種の救いという面ではなにもありません。

 広い人間同志の交流の中から生まれる新たな関係性の中に、その人にとっての救いになるもの、かけがえのないものがある可能性が生まれると思います。

 それは大部分宗教が背負っているところでもありますが、現在の檀家制では無理があるし、若い世代には宗教がある部分の救いであるということすら理解されていません。はまった時にはカルトだったという苦い経験も日本はしています。そういう部分を救いあげようという、新しい宗教は普通一般には警戒されて見られています。

 ここでやっとアートの出番がきたのです。

 いつの間にか反芸術が求められている時代になったのです。

 実際にはアートは宗教と同じ、現在のあらゆるイズムの外に存在する可能性としての劇薬なのですがそうは思われていませんし、日本においてはこのアートという劇薬をカルトに仕立て上げた例があまり一般には知られていません。宗教カルトにおいてのあの事件に匹敵する例もありません。アートのカルト化と言っても、アーティスト同志がそう長く集団を維持できる訳もありません。大体若気の至りという理解のされかたをしています。

 カルト化するのではなく、コミュニケーションのツールとして広く一般に浸透していくこと。

 つくる、みる、話すことの喜びを通じて縦割られた社会にアートというバイパスをつくる。

 そこには世代間、職業間などの壁は一切ありません。

 そのバイパス工事の手始めとしてのバスツアーが今回発足しました。

 アトリエを見る、作品をつくる、アーティストとコミュニケーションする。お客様同志で交流する。そこに生まれる人と人の新たな関係性こそが、この閉塞状況にある日本に新たな可能性を見出す手段と信じます。

 閉塞は人の心が生み出すものです。少しでも解きほぐす手段になれば、それ以上の喜びはありません。

 アートスイッチバスツアー。小さいかもしれませんが、最初の一歩です。足を前に出し続ければ、前すすむことができます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The art is a talk of means.

Will the society named Japan feel that length has cracked?

Length remunerative structure of public office often said. Prefectural government..provide..talk..go..bad..so..new..thing..cause..roughly..so..become..go..provide..after all..often..understand..considerably..provide.

Prefectural administration..rudder..have..organization..length..remunerative..people..general..society..length..remunerative..understand..manage..become.

The generation who is working by the senior citizen and the active service denunciation denunciation doesn't have a deep exchange, and it is so with the people who have the trouble. Various exchange systems besides the student between the occupations between generations are not requested at all.

There is deep pathology in the thing of not being requested. It is individualism from which these kind of things need not be requested. It can be said during vigour. However, when the economic base is suddenly lost or it is not healthy and becomes it, individualism wrong now points the blade. It is ..individual.. ? ..doubtful...

There is no system of the administration that saves it in respect of the variety of saving by the extension of the interpersonal relationship at all though is exactly prepared saving and the stability of one respondent by length remunerative.

The one that a relation ..birth.. new becomes saving for the person and the irreplaceable one think and a certain possibility thinks that it is born from among the exchange of a wide man fellow.

There is impossibility in a present parishioner system, and it is not understood even it is saving the part where the religion exists in the young generation though the religion mostly shoulders it either. Japan is doing a bitter experience that it was cult when fitting in. A new religion of saving such a part is watched usually in general and seen.

The turn of the art finally came here.

Before one is aware, it became an age when the anti-art was requested.

As for the art, it is the same as the religion, and it actually curettes, it is not thought, and, too much in general, not known the example of tailoring and raising this poison of art to cult in Japan though it is a poison as the possibility of existing besides all now isms. There is not an example of equaling to that event in religious cult either. There is not a reason why the artist fellow can maintain the group so long even if it is said being make of the art cult either. The understanding of the youthful passion of arriving roughly does the person.

Do not make to cult but, in general, infiltrate widely as a tool of communications.

It makes, it sees, and the by-pass of art is made in the society where length cracks through the pleasure with speaking.

There is no wall between the occupations between generations etc. there at all.

The bus tour as the beginning of the by-pass construction started this time.

The atelier is seen, the work is made, and the communication is done as the artist. It exchanges it by the customer fellow. It is believed that only a new relation between the person and the person who is born there is means to find a new possibility to Japan that exists in this blockage situation.

Blockage is what person's mind invents it. There is no pleasure any more if becoming a means to solve even a little and to untie.

Art switch bus tour. It is a toe in the door though might be small. It is possible ..former.. to advance to previous of the foot if it keeps putting it out.

[Saryu]

 

 

 

 

 

|

« アートスイッチバスツアー(会員制)参加者現在25名!!お早目のお申し込みを!! | トップページ | カレンダー実売現在826冊! »

アートスイッチバスツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスツアーを開催する理由。:

« アートスイッチバスツアー(会員制)参加者現在25名!!お早目のお申し込みを!! | トップページ | カレンダー実売現在826冊! »