« 2月はラジオとテレビに出演予定です。 | トップページ | 鹿児島、吹上ワンダーマップに興味津々。 »

2011年2月 1日 (火)

告白を見ました。蝿の王を思い出したのはなぜか。

 映画、告白を見ました。

 素晴らしい映画です。どこから語っていいのかも分からない程内容が濃い映画です。

 みんな一人よがりに生きて、すれ違いながら最悪の結末を迎えるのに、爽やかな印象が残るというのはなぜか。

 多分、人間の本質を正直に描ききったからではないか。昔、蝿の王という映画を見たときの気持ちにどこか似ている。あの映画は、子供たちの純真無垢な残虐性を描いた映画だった。

 人間は「誰もかれも、皆殺してやりたい。そして自分も死にたい」という爆弾が埋め込まれた存在なのでしょう。性善、悪説とかではなく、そういう風に出来ているものなんだと思います。これに目立ちたいという欲求が入れば、告白という映画になるのかな。

 誰かを殺して有名になるなんて、なんてお手軽で頭が悪い手法だろうと思います。まだ何者でもない中学生、学生一般、新社会人、学生時代は知的エリートのはずだったのに、時代の波にのまれて意に染まぬ仕事をしていると感じている人。その他もろもろの本意でない境遇を生きている人。きっと心の内に他虐と自虐の気持ちを持っているのではないでしょうか。

 社会的責任とか、倫理感とかのたががいつの間にかはずれてしまっている。本来、アートが持っていたそういう社会的道義を意識して挑発するような行為の先を、現実の方が走ってしまっている気がしてなりません。

 個人主義の極北まできている現代日本で、アートが担わされている課題がコミュニケーションになろうとは誰が想像しえたのでしょうか。

 高齢者医療の現場は寝たきりの人を量産する場になってしまっているし、新卒一括採用の制度のせいで人生が大きく狂う人が大量に出てくる。その他にも、どうにかできないかという問題の根底にあるのはあらゆる世代のコミュニケーション不足ではないのか。民生委員のなりてがいないという問題に、顕著に表れています。

 アートに何ができるのか。アートを、目的と同時に手段として考えています。絵を描くことが目的で、アートNPOが手段。

 最先端がコミュニケーション。アートの新時代です。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The movie and the confession were seen.

It is a wonderful movie. The content is a thick movie by no understanding my where it may being to talk.

It is why the remainder of an impression fresh though everyone lives one person well, and the worst end is faced while passing each other.

Is the reason for the nature of humankind perhaps that it is finished to draw honestly?It has looked like feelings when the movie of Lord Of The Flies is seen somewhere in old times. That movie was a movie that had depicted the cruelty of children's pure innocence.

Man「Everyone and he want also to kill everyone. And, I want also to die. 」The bomb might ..existed.. have been buried. I think that it is the made one not [sagayo], and the evil theory but such a wind. If the desire that it wants to stand out enters this, does it become a movie of confession?

I think that it might be a very easy, for kill someone and become famous stupid technique. The person who feels it when ..dyeing.. ..[nu].. working.  the mind be drunk the school days by the wave of the day though it would be an intellectual elite a junior high school student, a student general no whom yet, and new member of societyIt is a person who is alive who is not the real intention of the whatnot as for circumstances. It might have feelings of another [**] and self-torment in the mind surely.

The hoop of the social responsibility or ethics shifts before one is aware. Originally, it doesn't come to think that the reality runs the act provoked considering such social morality that the art has ahead.

Even if the problem that it was made bearing the art in present age that came to the extreme north of individualism Japan became communications, who imagines and did it get it?

It comes in the place where the cot case is mass-produced, and the person to whom the life greatly goes mad because of the system of the newly graduated batch adoption comes out from the site of the medical treatment for the elderly in large quantities. In addition, isn't it all of generations' poor communications that it is in the basis of the problem that it is not possible to do somehow?It appears remarkably in the problem named ..welfare commissioner's [narite].. [inai].

What can you do the art?It thinks about the art simultaneously with the purpose as a means. Art NPO is a means to draw the picture.

State-of-the-art is communications. It is a dawning era of the art.

[Saryu]

|

« 2月はラジオとテレビに出演予定です。 | トップページ | 鹿児島、吹上ワンダーマップに興味津々。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 告白を見ました。蝿の王を思い出したのはなぜか。:

« 2月はラジオとテレビに出演予定です。 | トップページ | 鹿児島、吹上ワンダーマップに興味津々。 »