« カレンダー実売現在826冊! | トップページ | 町家が美術館in熊本市新町。 »

2011年2月21日 (月)

明日FMKモーニンググローリー、アートなくらしに出演いたします。

 2月22日、FMKモーニンググローリーに出演させていただきます。

 アートスイッチバスツアーの件を話させていただく予定です。

 バスツアーは、定員30名を満たしましてので、無事催行することができます。

 先日、鹿児島吹上ワンダーマップという、行政も後押しする地域振興のアートイベントを見てきました。

 とてもとても深い問いを突き付けられたイベントです。

 阿蘇の一部でもアートを地域に根差したいという機運がありますが、安易にアートと言ってしまうことの恐ろしさを薄々感じてはいましたが、とうとう見てしまったという思いです。

 疲弊した過疎地域でアートという最後の切り札を切ってしまうことの怖さ。

 実はもっと先にやるべき事があるのではないかという事実。

 アートイベントを主催する者として、首筋にナイフをつきつけられたような気がしました。

 そして、イベントという器が立派に用意されていても、結局は各個のアーティストのクオリティーによってイベントが成立するかどうかが決まるということ。

 これは怖いです。

 アートという言葉を抜きにすれば、とても素晴らしい、地域に根差したイベントとして成立するものでした。アートとはなんだろうか。

 冷静に自分を自己批判する目を持つことの大切さを教えてもらいました。しかし、自己批判だけでは、自分の未熟な部分ばかり目について前に進むことができなくなることもまた事実です。

 そこも認めつつより高い完成度を目指したイベントを開催しなければならない。

 外に出てもっともっとたくさんの怖さを感じなければならない。

 その後、Mizuho Oshiro ギャラリーでは一作家としてまたもや恐ろしさを体験させていただきました。kmac遠足というというのは、作家にとっては高刺激の実に為になる遠足です。思わず目が泳いでしまう程でした、実際。自分からポートフォリオを差し出せない位です。ぜひ次回、また同行させていただきたいです。また、他の熊本の作家も機会があれば一緒に行ったほうがいいですよ。あの怖さが日常にあれば、より高いところへ行けるでしょう。

 2年前に派遣切りに遭って以来、自分の足元や基盤つくりに躍起になってきましたが、そろそろ足元ではなく目線を上げる時期に来ていると感じた矢先のMizuho Oshiro ギャラリー訪問は本当に為になる時間でした。ありがとうございます。

 昨日は様々な恐怖感の虚脱状態で一日中頭がぼんやりしていました。本当です。それ位の旅でした。平静を装っていましたが。

 さぁ、今日からまた一歩前へ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I will perform to the FMK morning glory on February 22.

The matter of the art switch bus tour is scheduled will spoken.

30 capacity is filled, and the bus tour is [node], and is [moyoogyou] [suruko] and safely [gadekimasu].

The art event of the regional promotion that backs up the administration of Kagoshima Fukiage wonder map had been seen the other day.

It is an event at which very a very deep question is pointed.

It is a desire of having seen at last of the art even in a part of Aso though is the opportunity that it wants to take root in the region though is when fear of saying easily as the art is vaguely felt.

Scary of cutting the last last resort of art in impoverished underpopulated area.

Fact that there is thing that should be done actually more previously.

I thought the knife to be pointed as a person who sponsored the art event by the scruff of the neck.

And, even if the container of event is splendidly prepared, it is decided after all whether to approve the event by qualities of artists of each.

This is scared.

If the word art was pulled out, it was the one approved as a very wonderful event that took root in the region. What is the art?

The importance with eyes that calmly self-criticized me was taught. However, it is true that it becomes impossible to advance ahead by noticeable only of my immature part only in the self-criticism.

It is necessary to hold the event that aims at a higher perfection admitting there.

I should feel more scary because it goes out.

Afterwards, I was going to experience fear again as one writer in the Mizuho Oshiro gallery. It is an excursion that the kmac excursion says that indeed benefits the high stimulation for the writer. Eyes have swum instinctively, and it actually. It is a place by which the portfolio cannot be presented from me. I want will go by all means next time. Moreover, the writer in other Kumamoto should also go together if there is a chance. It is likely to be able to go higher if scary of that exists in daily life.

After encountering the dispatch cutting two years ago, the Mizuho Oshiro gallery visit at the arrowhead felt to come at time when not one's feet slowly but the line of vision was raised was time to my feet and a basic making really benefited though it had become frantic. Thank you.

Yesterday felt sodden all day long with various fear in a state of lethargy. It is true. It was travel of the deflecting title. Though it put a good face on it.

Now ahead one step again today.

[Saryu]

 

 

 

|

« カレンダー実売現在826冊! | トップページ | 町家が美術館in熊本市新町。 »

メディア出演情報。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日FMKモーニンググローリー、アートなくらしに出演いたします。:

« カレンダー実売現在826冊! | トップページ | 町家が美術館in熊本市新町。 »