« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

モヒカンポシェット、春夏Collection フレンチリネンのシャツ、ワンピースのブックレット用写真撮影。

 先日、モヒカンポシェットのブックレット用写真撮影を行いました。私はアシスタント(ほとんど役に立ちませんでしたが)。

 モデルのお二人とカメラマンの岡松氏、本当にお疲れ様でした。

 とてもいい写真が撮れております。

 モヒカンポシェットとしても、本格的にブックを制作するのは初めての事。

 撮影中も、いかにモヒカンポシェットとしての写真にするかを試していきました。

 13:00に始まった撮影の終了時刻は翌1:00.

 12時間に及ぶ長丁場の撮影にも関わらず、淡々とした調子で撮影を行う岡松氏に敬服いたしました。

 017  店内も物の大移動で、普段の様子とは少し違う感じです。

 このブックは4月中旬に出来上がる予定で、写真が出来上がってき次第制作に入ります。

 いつも思うことですが、なにを表現するにせよ、簡単な事はないなぁと思うわけです。

 世の中には沢山の制作物が今日も作られている。

 自分に言いわけしない、妥協ないものを作り続けたいと思う一日でした。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Taking a picture for the booklet of the mohican pochette was done the other day. I am an assistant (Though it was hardly useful).

It was a couple of the model, it was cameraman's Okamatsu, and the tiredness externals really.

A very good photograph can be taken.

It is the first thing that produces the book in full scale as a mohican pochette.

It tried how to make it to the photograph as the mohican pochette while taking a picture.

The finish time of taking a picture that started at 13:00 is 1:00 the next day.

It admired Okamatsu who took a picture conditioning indifferently it is taking a picture of the length even number place lasting for 12 hours.

The inside of a store is a large movement of the thing, and feeling a little different from a usual appearance.

This book starts production as soon as it is scheduled to complete in the middle of April, and completes the photograph.

I do not think that there is an easy thing no matter what it expresses it though it always thinks.

A lot of production things are made in the world today.

It was a day when it wanted to keep making the one that did not compromise of said to me and did not divide.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

本日よりizu♡milk 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガール展の搬入がいよいよ始まります!

 4月3日(日)より開催の新町三畳美術館企画展、山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガール by文筆写真家izu♡milkの搬入が始まります。

 当美術館での企画展の第三弾として写真展を行います!

 果たしてどのような世界が三畳空間に生まれるのか、全く予想できませんが、予想できないのが楽しいところ。

 そして、この展示も前二回の企画展同様、会期中にどんどん進化を遂げます。そこが新町三畳美術館企画展の面白いところでもあるのですが、狭い分だけフレキシブルに展示を変化させられるという利点でもあります。

 二度も三度も楽しい企画展になるのではないかと思います。

 展示中に発想したことを、どんどん盛り込めるので、最終日の展示がどういう形になっているのかという楽しみもあるでしょう。

 もちろん観覧無料ですので、何度でもお越しいただいて楽しめます。

 新町の町家で撮り下ろした「斬ルガール」の世界と、山鹿で制作したやさぐれ花魁の世界がどうリンクするか見ものです。お互い歴史がある地区が、izu♡milkというフィルターを通して、新しい世界に生まれ変わる様は必見!

 いよいよ今週日曜日に開幕する写真展。3日はオープニングパーティーがありますので、お気軽にお越し下さい!

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

3 mat in Shimmachi museum special exhibition, Yamaga girl vol.3, and [sagure] [hana**] vs Shimmachi [ki] [ruga-ru] by writing photographer izu? held from Sunday, April 3Carrying milk starts.

Photograph exhibition is done as the third of the special exhibition in this museum.

Not being possible to expect it is a happy really point though what kind of world arises in three mat space cannot be expected quite.

And, evolution is accomplished during the session fast as well as the special exhibition of the first times. It is an advantage that the exhibition is flexibly changed to the extent that it is narrow also though the point there where 3 mat in Shimmachi museum special exhibition is interesting.

I think that I become a special exhibition with happy twice and as much as three degrees.

There might be the enjoyment what shape exhibit on the final day because it can include having conceived it while exhibiting fast, too.

Of course, seeing can enjoy coming even times how many because it is free.

Taking, the world of lower "Girl of ..cutting.. [ru]" in the tradesmen's house in Shimmachi, and the world of production [shitayasagure] [hana**] in Yamaga are the attractions ..how it links... The district with a history each other is izu?. Externals reborn to the new world are must see through the filter named milk.

Photograph exhibition that begins finally on Sunday this week. There is an opening party on the third, and feel free to come, please.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

第3回 山鹿・湯の端美術展が5月1日~5日まで開催されます。

 2011、5月1日(日)~5日(木)まで、旧山鹿豊前街道界隈の蔵跡や町家(10か所)をギャラリーと見立てて作品を展示し楽しむ美術展です。

 テーマは「ずっと変わらないもの。生まれてくる新しいもの。」

 開催時間は11:00~17:00(最終日は16:00)

 参加予定作家

 百花堂 日本画 白石憲一郎 (以下敬称略)

 山城屋 紅型染 やの、ようこ

 洋館  洋画   石井照世

 天聴の蔵 東庫蔵 パステル画 櫻井栄一

        大庫蔵 アクリル画 アド

 堀家  洋画  栗原善一

 交流会館 水彩 児童絵画教室

 海越屋 アクリル画 アトリエ・クリップ

 浜武屋 アクリル画 はちみついろ

 蔵    色えんぴつ画 松本ひろのぶ

 緒方屋 洋画 加瀬島春光

 あらき屋展示場 文字画 荒木洋祐

 千代の園 水墨画 野田竜太郎

        洋画  柴里よしひさ

        他 布絵2点

 というのが今決まっている内容です。今後変更があるかもしれませんが、そのときはまたご報告を。

 昨日田原坂方面から山鹿を目指し、バイクで走行中になんと田原坂手前で後輪がパンク!

110327_131107  押して歩くこと一時間、田原坂が立ちはだかります。

 看板にはあの有名な歌の詩句が。「雨は降る降る 人馬は濡れる 越すに越されぬ田原坂」

 110327_140510 まさか自分がバイクを押して田原坂を越えるとは、熊本に住んでいながら思いつきもしなかったことです!

 とはいえ、田原坂を下っても3号線まで出なければバイク屋はなく、結局半日かけて13kmもバイクを押し、やっとバイク屋へ。

 3時間半程歩いて、最近の運動不足を解消!

 百花堂さんには大変ご迷惑をおかけ致しました。申し訳ありません。

 本日は全身筋肉痛です。

 湯の端美術展に向け、パステルの新作も完成に向かっております。

 いい展示にしたいですね。

 お隣の大庫蔵はアドさんです。

 この規模の展示を隣り合ってするのは初めてではないでしょうか。

 勝手な予想ですが、正反対の雰囲気になると思いますので、楽しみです!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is an art exhibition that enjoys choosing the warehouse mark and the tradesmen's house (ten places) in the vicinity of the highway as the gallery and exhibiting the work in front of old Yamaga Yutaka on Sunday, 1 of May 2011 until ?5 day (Thursday).

The theme「The one that doesn't change for a long time. The arising new one. 」

The holding time is 11:00?17:00 (The final day is 16:00).

Participation schedule writer

100 flower Kenichi temple Japanese style painting Shiraishi [**] (henceforth honorific title abbreviation)

Mountain castle shop bright red type dye [yano] , [youko]

[Tesei] European-style building western-style painting Ishii

Eiichi warehouse east warehouse warehouse pastel picture Sakurai of [tenki]

Large warehouse warehouse acrylic painting [ado]

Zenichi moat person western-style painting Kurihara

Exchange hall watercolor child painting classroom

[Umiko] shop acrylic painting atelier clip

[Hamatakeshi] person acrylic painting honey [iro]

Warehouse color pencil picture pine this [hironobu]

[Jimaharuhika] Ogata person western-style painting Kase

Hiroshi [araki] [yaten] [shimeba] character picture Araki [**]

Chiyo's garden sumi-e painting Noda [ryuufutoshi**]

Stopping western-style painting brushwood hometown lamplight

Another [nunoe] two points

It is a content decided now. At that time, the report though there might be a change in the future.

It aims at Yamaga from the Tahara slope district yesterday, and the rear wheel blows out very much Tahara Sakate ahead while running the motorcycle.

The Tahara slope blocks walking pushing for one hour.

The verse of that famous song : to the signboard. "Rain is a Tahara slope not passed by excess where the falling person horse that falls gets wet. "

For me to exceed the Tahara slope pushing the motorcycle was not to have hit on though lived in Kumamoto surely.

There is no motorcycle shop, and however, push the motorcycle at as much as 13km putting half a day after all, and to the motorcycle shop finally if it doesn't go out to the third line even if it descends Tahara slope.

Recent lack of physical activity is canceled walking for about three and a half hours.

It troubled 100 flower temple very much. I am sorry.

It is whole body muscular pain today.

The new work of the pastel for the edge art exhibition of the hot water also faces completion.

I want to make it to a good exhibition.

The next large warehouse warehouse is [ado].

Aren't it the first time to adjoin and to exhibit this scale?

It is the enjoyment of me because it thinks becoming opposite atmosphere though it is a selfish expectation.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

26、27日、TKUの日「チャリティー・アート・マーケット」に出品致します。

 TKUの日というテレビ放送局のイベントが今週末26、27日に開催されます。

 そこで、チャリティー・アート・マーケットというイベントが行われるのですが、熊本のアーティストが作品や商品を販売し、売上の全額を震災の義援金として寄付するというものです。

 今回は2011年の阿蘇一の宮1000部限定カレンダーを出させていただきました。

 残り部数100部程度ですが、このカレンダーは来年も売れるので残していたところ、素敵なお話をいただき出品させていただきました。

 前述しました通り、全額寄付ですので義援金を御考えなのであればぜひお買い求め下さい。¥1,800となっております。

 もちろん、他の作家さんも出品されていますので、イベントにお越しの際はブースをのぞかれてみて下さい。

 私自身は明日はWASSA MODAのフォーラムに行きます。

 ブランディングというものの勉強です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The event of the telecast station named the day of TKU is held on the 27th the 26th in the end this week.

Then, the artist in Kumamoto sells the work and the commodity, and the full amount of sales is contributed as a relief and condolence money of the earthquake though the event of charity art market is held.

I was going to put out 1000 Imperial prince limited calendar of Aso 1 of 2011 this time.

I was going to get a wonderful talk and to exhibit when leaving it because this calendar will sell next year.

Please buy the relief and condolence money by all means in case of being it is to think because it is a full amount contribution like the above-mentioned. It is \1,800.

Of course, other writers must be exhibited, and it is necessary to be peeped into the booth when you come to the event.

I will go to the forum of WASSA MODA tomorrow.

It is study of branding.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

パステル画の描き方⑤

 随分久しぶりになりますが、パステル画の描き方を。まだ⑤だものな~。

 最近、再び色の使い方を研究しています。特に赤。ヌーベルのハードパステルには、色によって若干の扱い方が変わってきます。

 白は、塗り重ねると紙の目がつぶれるのが早く、重ね塗りの場合慎重に計算しないとすぐ上から色を重ねられなくなります。パステル自体が柔らかいので、多量に紙にくっつくからです。

 黒も同様に柔らかい方のパステルですが、白程ではないのでより扱いやすい。ちょうど中間くらいの硬さなので、紙の目がつぶれてつるつるになった場合でも比較的にのりやすく、仕上げ段階で使うことが多いのです。

 黄色系は、柔らかいのですが粘度が弱く紙への吸着性も弱く、さらに定着液をかけると色変化がはなはだしい、とても使いづらい系統です。塗り重ね用としてではなく、最初の塗り始めの段階で計算して黄色をおいておかないと後から塗り重ねようとしてもほぼ理想の色は出ません。注意。

 緑系はとても強い吸着力があり、初期段階で使いすぎるとすぐ紙の目がつぶれます。ので、最初にのせる色としてではなく中間段階で様子を見ながら入れ込んでいくと失敗が少ないでしょう。

 青系は、彩度が上がるほど白系の性質に近づきます。単純に白が混ざってくるからでしょう。藍色に近い青は単色ではほぼ限界がないくらいの塗り重ねができる利便性が高い色です。115番は私の中で完璧に近い色として、この色を使わなかった絵はほとんどありません。

 そして赤。これは、最も硬い部類の色になります。塗り重ねるとき下手したら下層の色を剥がして支持体の色が露出する可能性すらあります。しかし、塗り重ねの発色は素晴らしく、特に数種類の微妙に違う赤を塗り重ねてコントロールすることで深みがある色を手に入れることができます。

 パステルは画面上で粉をまぜ押さえながら混色するので、配色をミスったら一発でアウトという恐ろしい画材です。その一発感が好きでずっと使っているのですが、一枚160時間平均位の描画時間中、一度も配色にミスがなかったという絵はまだありません。16年も使っている画材の奥が深すぎます。

 これからも研究。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The drawing style of the pastel drawing though it fairly becomes after a long time. Do still?[Damonona] ?。

Recently, the color usage is researched again. Especially, red. Some hows to treat changes into a hard pastel of Nu-beru according to the color.

It is early that eyes of paper collapse, and is not piled up the color on to white as soon as not calculating carefully for the piling paint when painting and piling it up. It is because of sticking to paper voluminously because the pastel is soft.

Because it is not a white degree, the black is also similarly more yare though it is a pastel in soft one. It pastes and it becomes empty, and it uses it at the finish stage compared it even when eyes of paper just collapse because it is hardness in the middle and it becomes slippery.

It is a system that the color change is extreme when the viscosity is weak, adsorbent of paper is also weak, and the fixing solution is put in addition not at all used easily though the yellow system is soft. Then, the color of the ideal hardly goes out for the paint piling even if it paints if it is not, and it calculates at the stage of beginning the first paint and doesn't put yellow and it piles it up. Attention.

It has a very strong adsorptive power, and eyes of paper collapse to the green system as soon as it uses it too much at the early stage. The failure might be few if crazy

The blue system approaches a white character by going up of the chroma. It is because white mixes simply. In blue near indigo, convenience to be able to do the paint piling like there is hardly a limit in black and white is a high color. In me, little picture that doesn't use this color is a near perfectly color.  by the 115th

And, red. This becomes the color of the hardest class. There is even a possibility that the color of an unskilled lower layer of [shitara] is peeled off when painting and piling it up and support medium's color is exposed. However, [hatsuiro] of the paint piling can obtain the color in the paint of wonderful, and especially several kinds of slightly different red and the repeated control with the depth.

The pastel is frightening painting materials of out by ..Miss [].. one ..blend.. ..becoming empty.. ..[ru].. arrangement of color mixing and holding the powder on the screen. There is never picture of correct in the arrangement of color yet though it likes the one feeling and it uses it for a long time during the drawing time of the average title of 160 hours a piece. The interior of painting materials that have been used for as many as 16 years is too deep.

Research in the future.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

文筆写真家izu♡milk氏紹介。

 文章と写真で独特の世界観を作られるizu♡milk氏の紹介です。

 最初に見た展示が、彼女の最初の本格的な展示でした。昨年の河原町アワードにおける写真と文章のインスタレーション。

 作品展示としての活動履歴は短いのですが、やるぞ!というエモーションがダイレクトに伝わってくる作品でした。そして、伝えたい事がきちんと伝わってきます。

 それは簡単そうで実に難しいこと。勇気がいること。自分の世界観を持って観客に伝える。その世界観の逃げ場のなさと言いますか、こういうふうにも受け取れるよなといった曖昧さをあまり内包していないタイトさが心地いいのです。展示のテクニック部分の完成度よりも、まずその部分の方が重要だと私は思います。見せ方への工夫といったものはたゆまず追求していかなければいけませんが、表現の核の部分がぶれずにきちんとあれば、それはもう「道」になっているので大丈夫です。いつか自分が到達したい場所へ行ける道筋が見えています。

 このことは、嫌われたりする原因になったりもします。好きか嫌いかを問うレベルまで世界がきちんと作られているということです。かくいう私の作品も、嫌いな方が沢山いらっしゃいます。前に食事するスペースに展示したとき、飯がまずくなる絵だと言われたことがあります。大変光栄です。味覚にまで影響を受けていただいたということです。

 izu♡milk氏の写真がそうだという訳ではありません。ただ、その世界観がはっきりくっきり見えるということが言いたいのです。やさぐれ花魁vs新町斬ルガールというもう、一本映画が撮れそうなタイトルからしてどういった世界を見せていただけるのかが楽しみで仕方ありません。

 山鹿の八千代座周辺を舞台にした山鹿ガールシリーズに、新町の町家を舞台にした斬ルガールのストーリー。熊本歴史地区を舞台に織り成すizu♡milkのストーリー。今後も多岐に渡りながらの写真世界が広がっていくのでしょう。

 その歴史地区を山鹿から新町に移した第一弾の展示を、新町三畳美術館にて行います。4月3日には13:00~オープニングパーティー!新町青年会の方達も着物にて御来館予定です!着物男子と着物女子が新町三畳美術館に溢れるかと思うと、それだけで楽しくなってきますね。

 ぜひお気軽にお越し下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Izu? from which peculiar outlook on the world is made in sentences and photographsIt is an introduction of Mr. milk.

The exhibition seen first was the first real exhibition of her. Photograph in last year's Kawaramachi Howard and installation of sentences.

I will do though the activity history as the work exhibition is short. It was a transmitted work with a direct emotion. And, the thing to be told is neatly transmitted.

It is seem an easy, indeed difficult thing. Be courageous. The spectator is told with my outlook on the world. It is said it not is in the refuge of the outlook on the world or tight to which vagueness named [ruyona] of can the receipt is not so involved is feelings [ii] like this. I think that the part is first of all more important than the perfection in the technique part of the exhibition. Because it is "Road" in case of being neatly not blurring the part of the nucleus of the expression already, it is safe though the device to how to show it should not slacken and be pursued. The route where it can go to the place that I want to reach has been seen some time.

This causes to be disliked. The world is neatly made for the level by which whether it likes or it hates it is asked. A lot of hated one comes in the work of me who says thus. It has been said that it is a picture by which the rice becomes unpalatable when exhibiting to space to eat ahead. I am very honored. It was influenced even from the taste.

izu?It is not a translation. However, I want to say the outlook on the world seeing clearly clearly. It is the enjoyment and there is no method though not known what world to one movie can ..[yasagure] [hana**] vs Shimmachi [ki] [ruga-ru].. already show even by the title that seems to be able to be taken.

Girl's of ..cutting.. [ru] story in the tradesmen's house in Shimmachi.  the Yamaga girl series around the Yachiyo seat of YamagaIzu? woven in Kumamoto Historic SiteStory of milk. The photograph world of taking up various topics in the future might extend.

The first that moves the Historic Site from Yamaga to Shimmachi is exhibited in 3 mat in Shimmachi museum. The opening party on April 3 by 13:00 ?. The people of the young person of Shimmachi association are schedules of coming to a library with the kimono. Only it makes it happily if it is thought that the kimono boy and the kimono girl overflow in 3 mat in Shimmachi museum.

Please feel free to come by all means.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

百花堂を想う。西田美紀さんin熊本県山鹿 を見てきました。

 熊本県山鹿にある古民家ギャラリー百花堂にて、今月末まで展示の「百花堂を想う。」展を見てきました。

 毎年、西田美紀さんは百花堂で個展を開催されますが、今年のテーマは百花堂を見て欲しいということでした。

 普段は閉めてある用水路を解放して陶人形が展示されていたり、梁の上に乗っていたり、壁に貼りついていたりと、陶人形を見て行くと百花堂の構造に目が行くキュレーションになっていました。

 とにかく百花堂の素晴らしさを再確認しようという意識で展示されたそうです。

 単純に古いもの=いいものという訳ではなく、古いものを受け継いだ世代がどう活用していくかによっていいものになっていくのだなと思います。

 百花堂の先代は畳屋で、畳を打つ道具とともに畳を打っている陶人形があったり、八千代座に敷かれていた特殊なサイズの畳に作品展示してあったり、歴史と陶人形のコラボレーションが見る者を想像の世界へ誘いだしてくれます。

 もと畳屋であった百花堂がギャラリーに生まれ変わったことを、アーティストが展示によって鮮やかに見える形にしたこの展示。是非ご自分の目で観賞されることをお勧めいたします。

 今月末までですので、お早めにお出かけ下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

"Think of 100 flower temple" exhibition of the exhibition has been seen in 100 flower in private house gallery old in Kumamoto Prefecture Yamaga temple at the end of this month.

This year's theme was to have wanted you to see 100 flower temple every year though the one-man show was held from Miki Nishida in 100 flower temple.

It was [kyure-shon] where eyes went to the structure of 100 flower temple when the closed millrace was usually liberated and [**] doll had been exhibited, it got on on the beam or it pasted to the wall, it attached, and the arrival and [**] doll were seen.

Anyway, it seems to have been exhibited for consideration of reconfirming wonderful in 100 flower temple.

I do not think to become good how the generation who simply succeeded not the translation but the old old, one = good one one uses it.

[**] doll that strikes the mat with the tool to strike the mat is a tatami maker the predecessor in 100 flower temple, exists, has exhibited the work in the special size paved in the Yachiyo seat mat, and the person whom the collaboration of the history and [**] doll sees is allured in the world of imagination.

Reborn to the gallery of 100 flower temple that was the original mat shop, Artist..exhibition..vivid..see..shape..do..this..exhibition.I will recommend being appreciated by my eyes by all means.

Please go out for bringing forward when it is up to the end of this month.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

4月1日より阿蘇一の宮etuにて「炎布展」いよいよ開催です!

4月1日より、阿蘇一の宮の雑貨を扱うお店、etuにて高島李恵さんとモヒカンポシェットの共催企画「炎布展」が始まります。

 高島李恵

 阿蘇で生まれた植物の灰は、器の衣に蘇ります。無農薬、無化学肥料栽培の灰釉は、ここの風や空や大地の色です。

 モヒカンポシェット

 パリ、モンマルトルの布地街で買い付けたフレンチリネンを使ったシャツとワンピースをお届けいたします。

 2011.4.1~5.8

 営業時間 11:00~18:00

 定休日   水・木曜日

Img324 Img325  

 写真の素敵なモデルさんは、モヒカンポシェットのお客様とkmac主宰のあの方です!

 今月末にはモヒカンポシェットのミニブックをつくるべく、新たに撮影を行います。

 炎と布の共催展です。

 etuという空間をどう彩ることでしょうか。春の訪れとともにぜひお越しください!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Co-sponsoring project "Flame cloth exhibition" of the mohican pochette starts with Megumi Takashima Lee on April 1 by the shop and etu that treats miscellaneous goods of Imperial prince in Aso 1.

Megumi Takashima Lee

The ash of a born plant ..clothes of the container.. revives in Aso. The ash glaze of no agricultural chemicals and the no commercial fertilizer cultivation is a wind here and the colors of the sky and the earth.

Mohican pochette

I will deliver the shirt and the dress that uses the French linen bought on the cloth street in Paris and Montmartre.

2011.4.1?5.8

Business hours 11:00?18:00

Regular holiday water and Thursday

Model with a wonderful photograph is the kmac presider that with customer in the mohican pochette.

It takes a picture newly to make the mini book on the mohican pochette at the end of this month.

It is a co-sponsoring exhibition of the flame and the cloth.

How is the space named etu colored?Please come by all means with the visit of spring.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

イベント アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。

 今年の夏開催予定のアートイベント、アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。

 毎年、24時間テレビのチャリティー募金も併設してきたイベントですが、今年も会場にて募金を行います。NPO法人アートスイッチとしても毎年募金してきました。

 東北関東大震災の義援金募集として、アーティストが販売する作品の一部を義援金にするという案を立案中です。

 今年の裏テーマ(参加アーティストにご理解いただいて協力してもらうテーマ)は「アタック」もしくは「チャレンジ」というものになるかと思います。言葉にするとありきたりですが、行動にうつすとなるととても苦しいトライになるのではないかと。

 これは実は、言葉にしなかっただけで、前2回もしっかりあった裏テーマなのですが、今回からははっきりしようと思います。

 作家が作品を真剣に制作するのは当たり前なのですが、いざそれを見せようという時の展開がありきたりに過ぎるという場面に数多く出会います。

 もったいない。

 アートを見にきている訳ではない、買い物のお客様に対してのアピールはそれでは弱い。

 無理やりにでも見てもらうんだという企画を、各個のアーティストと話し合いながら立てて行きます。

 アーティストまかせということではないということを、ご理解いただければと。

 作品制作に手いっぱいで、2dayの企画にそこまで踏み込めないという面をサポートしていきます。そうすることで、毎年の企画のクオリティーを上げ続けなければいけません。

 Vol.2は最年少女性活弁士とあっちこっちパッパの公開、ワークショップ参加約500人、ダンスをテーマにした2m×6mの絵の前でキッズダンサーに踊ってもらうインスタレーション、コンテンポラリーダンサーのゲリラ的なダンス…

 それ以上の企画と熱意を盛り込まなければやる意味がありません。

 今年の本テーマも上がっていますが、これはもう少し話し合いを重ねてからの詳細発表となります。

 熱意ある企画であれば、持ち込みも大歓迎しておりますので興味がある作家さんはぜひ新町三畳美術館までお越し下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It begins to make the art event of the holding schedule and art switch Vol.3 project in the summer of this year.

It raises a fund in the hall this year though it is an event that has established the charity fund-raising of the 24-hour TV program as an annex every year. It has raised a fund as a Law to Promote Specified Nonprofit Activities person art switch every year.

The idea of making a part of the work that the artist sells a relief and condolence money is being planned as raising contribution money of the Tohoku Great Kanto Earthquake.

I think that this year's back theme (theme that understands by the participating artist and cooperates) becomes the one "Attack" or "Challenge". Does it become a very painful in case of move it to the action trial when making it to the word though it is ordinary?

Actually ..this.., I will be clear this time though only it doesn't do to the word, and the first times are the back themes that are firmly.

It meets the scene that development that [izasore] is shown passes ordinarily a lot though it is natural that the writer seriously produces the work.

It is too good.

The appeal to the customer of shopping who is not coming to see the art is weak in it.

The project of seeing is made in an impossible spear though is artists of each it and is the discussions.

If you can understand not the artist leaving.

Respect that it is not possible to depress it to the project of 2day busily there is supported to the work production. If you do not keep raising the quality of the project every year by doing so.

Vol.2 is a guerrilla dance of the installation and the contemporary dancer whom the kids dancer dances with minimus female [**] speaker in front of the picture of 2m×6m of [kocchi] [pappa] there that opens to the public, the workshop participation, and makes the dance a theme by about 500 people etc.

There is no done meaning if neither a project any more nor zeal are included.

This becomes a detailed ..discussion.. announcement from repeated a little more though this theme of this year goes up, too.

Bringing in must roll out the red carpet if it is a project with zeal, too and an interesting writer must come to 3 mat in Shimmachi museum by all means.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

新町三畳美術館、今度の企画展は文筆写真家izu♡milk 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガールです!!

 次回の新町三畳美術館企画展は、写真展です!

 2011.4.3(日)~30(土)

 open 平日13:00~22:00

     土日13:00~18:00

     休館日 祝日

 ”女は大切なものをまたに挟む”izu♡milk

 写真機で切り取られた世界から響き渡る、

 綴られた言葉から溢れ出す「女」という名のロック。

 柔らかく、愛おしく、時に厭らしく、

 毒をたたえ、大切なものをまたに挟んだ女は、

 それを決して離しはしないだろう。

 写真と文章で紡ぎだされるizu♡milkの世界。

 しっとり、ゆっくりとご高覧下さいませ。

 文 新町三畳美術館

Img322 Img323

  4月3日(日)には、オープニングパーティーを開催致します。着物で御来館の方にはスナップ撮影もしていただけるという、贅沢企画!

 新町青年会の方々も着物で御来館される予定です!

 新町三畳美術館が着物姿の人達で溢れます!もちろん軽食もご用意しておりますので、ぜひお気軽にお越しください!もちろん普段着でもOK!

 着物を着てみたい!という方には、上記のDMに詳しいのですが着物の着付けも承っております(要予約)。定員がありますので、お申し込みはお早目に!こちらは料金がありますので、お問い合わせ下さい。

 今も震災は続いており、私の親戚もまだ連絡が取れていません。

 しかし、こういった活動を自粛すればいいとは思っておりません。

 今回の展示は特に、熊本県山鹿の八千代座や、熊本市新町の町家を撮影の現場として作品を制作します。

 震災と津波で倒壊した地区にも歴史地区があったはずです。今回は西日本は震災の直撃はなかったとはいえ、いつ起こるかもしれないというのが現実だろうと思います。歴史地区での作品撮影はそのまま歴史をひとつ残していくことにも繋がることでしょう。

 新町青年会の協力を得て、町家での撮影が可能となりました。ただでさえどんどん駐車場になっている町家です。大きな地震があれば、どうなるかもわからない程傷んでいる町家も多いのです。

 そういった中でのアート活動といったものの重要性を改めて気付かされました。今アーティストにできることは、しっかりと自分の活動をたゆみなく続けることしかありません。今回はまた、町の方々とも繋がりが出来ました。作品の展示のみが重要なのではなく、展示に至るまでの人と人の関わりも重要です。アートという媒体を使ったコミュニケーションができたということでしょう。

 自分達の活動が記録として後世に残っていく。例え町がどう変貌しても。そういう意識で活動していきたいと思っております。

 硬い話しになりましたが、楽しむことは大切です。楽しんでいただけるよう、様々にご提供していく予定ですのでお気軽に御来館下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The next 3 mat in Shimmachi museum special exhibition is photograph exhibition.

?30 (Saturday) of 2011.4.3 (Sunday)

13:00?22:00 on open weekday

13:00?18:00 on weekend

Holiday of Closed

"[Matani] places important [namono] between the woman" izu?. milk

It sounds from the world cut out with the camera and it extends.

Lock of name "Woman" that begins to overflow from spelt word.

It is ..time.. ..dislike.. [rashiku] that softly paves love.

The poison is filled, and : by the woman who places important [namono] in [matani].

It will be never separated.

Izu? that begins to be spun by photograph and sentencesThe world of milk.

Softly, give high [mi] slowly.

3mat in Shimmachi museum

I will hold the opening party on Sunday, April 3. Luxurious project that person who comes to a library with kimono can take a picture of snap.

It is scheduled to be come to the people of the young person of Shimmachi association in the kimono.

3 mat in Shimmachi museum overflows with people of the kimono appearance. Snack is prepared of course, and feel free to come by all means, please. Of course, the everyday wear is OK.

I want to put on the kimono. It is detailed to above-mentioned DM of one and receives dressing the kimono (reservation of the necessity). Application is early because there is capacity. The charge is here, and inquire, please.

As for the earthquake, it continues, and my relative has not been contacted yet now.

However, it is not thought that it only has to control such an activity voluntarily.

This exhibition especially makes the Yachiyo seat of Kumamoto Prefecture Yamaga and the tradesmen's house in Kumamoto City Shimmachi the site of taking a picture and produces the work.

There should have been Historic Site also in the district that collapsed because of the earthquake and the tsunami. I think that being likely to happen when might be a reality even though the earthquake was not hit directly in West Japan this time. The work taking a picture in Historic Site is to connect with leaving one history as it is.

The cooperation of the young person of Shimmachi association was received, and taking a picture with the tradesmen's house became possible. It is even free and is a tradesmen's house fast that is the parking lot. The tradesmen's house worn out more the more the severe earthquake doesn't happen how it becomes it is also abundant.

It was made to notice because it renewed the importance of the art activity in this. What the artist can do now slackens and doesn't exist this year that keep not is my firm activity. This time, the people in the town and the connections were able to be done. Because only the exhibition of the work is important, it is not, and person and person's until exhibiting relations are also important. Communications that used the medium of art were able to be done.

Our activities remain in future generations as a record. No matter how the comparison town is transfigured. It is thought it is [ta] of finishing practicing because of such consideration.

Enjoying it is important though it became a hard speaking. It is scheduled to offer it variously to enjoy it and feel free to come to a library, please.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

熊本市新町町家が美術館の写真。

 先日開催されました、熊本市新町町家が美術館の写真を掲載。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 サリュ

001 007 032 029 028 027 026 025 021 020 017 015_2 014 013 010

009_6005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

東北関東大震災の義援金を、先日開催の熊本市新町「町屋が美術館」において募りました。ご協力ありがとうございました。

 3月11、12、13日に自粛せず開催いたしました熊本市新町「町家が美術館」において、義援金を募集いたしました。寄付していただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 今回の震災において、我が櫻井家においても福島県の親戚が未だ消息不明です。孤立している地区にあたる場所に住んでいました。第二原発のすぐそばにいた親戚も避難生活を送っており、物資が不足して不安な毎日を過ごしています。

 不安が募りますが、今できることは僅かながらでも義援金を送ること以外にはほとんどないと思います。

 今日になって続々と訃報が報道されています。

 原発も未曾有の事故。

 これから、まだ近代日本が経験したことがない被害状況が明らかになっていくのだと思います。

 そのような中でも、ぶれずに自分の道を歩きながら、出来ることをやっていくしかないと思います。

 終わらない日常がどれほど有難いものか。その日常をどう生きていくか。

 言葉にするにはあまりに重い現実です。

 決意して行動します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It did not control voluntarily on 11th, 12th and 13th in March and the relief and condolence money was raised in held Kumamoto City Shimmachi "The tradesmen's house is a museum". Thank you indeed for everybody contributed.

In this earthquake, the relative in Fukushima Prefecture is news still uncertain in my Sakurai family. It lived in the place that hit the isolated district. The relative who is also is sending nearby the relocation soon, and every day when goods run short and are uneasy is spent about the second nuclear power plant.

I think that there is little thing that can be done now except that the relief and condolence money is sent slightly though uneasiness grows stronger.

The news of one's death is reported in succession today.

Accident unprecedented as for nuclear power plant.

Hereafter, I think that the damage situation that modern Japan has not experienced yet is clarified.

I think that I can do nothing but do the particular doing without especially blurring walking on my road.

Who is how much welcome daily life that doesn't end?How do you live in the daily life?

It is a too heavy for make it to the word reality.

It acts determining it.

[Saryu]

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

アート難民?アートに限らず、社会的な難民は1000万人単位でいるじゃないか。

 芸術系の大学を出て、アーティストとして芽がでず、フリーターや非正規で食いつなぎながら30越えてもアートにしがみついている人達のことをアート難民というらしい。まさに自分(笑)

 昔はフリーターなんて社会的に認められていなかったから、社会に出て通用しなかったらやむなく就職したということ。

 やむなく就職?幸せな時代だったんですね。1998年、アート系の大学に進んだものの、求人なんてありませんでしたよ?

 今も同じなんじゃないんですか?

 つまりは、アートを志した時点で難民確定。

 これからアート系の大学を目指す人達は心して目指して下さい。

 派遣切りに遭ったとき、職安の失業認定は建物に入りきれなくて県劇の小ホールを臨時で借りていました。もちろん、職業紹介は受付半日待ちで、面接までこぎつけるのも稀という状況。

 面接まで行っても、正社員のところは全滅。40社位熊本県内で面接しましたが、全く駄目。どころか、非正規に至っても10社位受けましたが全滅。

 どうやら若い時にアートを志した人間は30越えたら死ねということらしいというメッセージを、具体的に突き付けられたようです。これは社会的な死刑宣告でしょう。熊本でアルバイトの年収なんて150万もありませんから、家庭を持つというのは現実的にはほぼ絶望的。一人で生きて、一人で死ねと。

 あぁ、いつでも死んでやるが、このままじゃ負けっぱなしじゃねぇか。

 33のときそう思った。

 今でもですが、はなっから失くすものなんて持っていない。

 どうすればいいのかは明確。

 アート難民というスタイルの確立しかない。そこに逃げ込むんじゃなくて、そういうスタイルでもって作品へのより明確なコンテクストをつくる。アートに興味がないという人にも、見るだけで分かるような明確なものを。

 熊本のアートシーンと呼べるものにすら繋がっていなかった自分にとって、作品を誰かに見てもらえるとすれば一般のお客様しかいない。どうすればもっと見てもらえるようになるのか?宣伝をもっとするべきだ。効果的な宣伝は?パブリシティーの仕方を勉強する。おかげさまで2010年の熊本県立美術館分館「ドブに棲むうさぎ」展は、来場者数830人を越えるという、自分にとっても脅威的な来場者となりました。一枚のDMも発送することなく。

 そういう感じでこの3年を過ごしました。

 その間にもNPO法人アートスイッチの設立、アートイベントの開催、アートバスツアー催行。アートの難民なんだから、どこの誰にも気兼ねなく自由にやりたいことをやってやるという若干の逆切れ気味の3年でしたが、それはこれからも変わらないでしょう。

 今でも熊本の中でも名前が通った先生方など全く知りませんし、何かの会に入って箔をつけるといったことはするつもりもありません。公募展はにはまだまだ色気がありますが。

 なんせ難民ですから。

 隙があれば誰かの領地を奪っちまうぜ!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 It graduates from the university of the art system, and even if it exceeds it, 30 seems to say the art refugee people who are clinging to the art while eking out a living bud [gadezu], the permanent part-timer, and regularly non-as an artist. ..my (.. ..laughter..) exactly

It found employment unavoidably when going into the workforce because it had not been admitted that the permanent part-timer was social in old times and not passing.

Unavoidable finding employment?It was a happy age. Wasn't there job offer in 1998 though it entered to the university of the art system?

Isn't it the same now?

In a word, when aiming at art, refugee fixation.

Please aim at people who aim at the university of the art system minding in the future.

The unemployment recognition of the public employment security office was not able to enter a building when it encountered the dispatch cutting and I rented the small hall of the prefecture play temporarily. Of course, attaining to the interview by waiting at the acceptance half a day is a situation of rare in placement.

It ..regular member.. annihilates even if going to the interview. It is quite useless though interviewed [ikumamoto] inside a prefecture 40 companies. Ten titles are annihilated even if arriving ..[dokoroka].. regularly non-though it received.

The message man who had aimed at the art at youth apparently must be to die 30 when exceeding it seems concretely to have been pointed. This might be a social death sentence. Starting a home because of 1.5 million missing of the annual income is realistic and almost hopeless in Kumamoto of the part-time job. Live alone, and to die alone.

[Aa;], and it is a defeat and [janee;ka] as it is though it always dies.

It thought so at 33.

It doesn't have loss [kusumo] from [hana] though it is now either.

How it is necessary to do is clear.

The style of art refugee can do nothing but be established. It doesn't run into there, it has in such a style, and a clearer context to the work is made. Clearly ..understanding...  only see also by the person of not being interested in the art

There is only a general customer if someone can see the work for him not connected even with the one being able to call the art scene in Kumamoto. How do I come to be able to see more?It is necessary to advertise it more. The effective propaganda?The method of the publicity is studied. "Rabbit that lived in [dobu]" of ..Kumamoto Prefectural Museum of Art of 2010.. pavilion exhibition thanks to you became threat for I those of exceeding 830 people of the number of those who came who came. Without sending out one DM.

These three years were spent by such feeling.

The establishment of the Law to Promote Specified Nonprofit Activities person art switch, holding the art event, and the art bus tour entertainments line between those. Hereafter, it will not change though it was three years of a little reverse-cutting of some that anyone wants to be done freely without uneasiness where because it is a refugee of the art.

It doesn't know teachers who passed the name in Kumamoto still at all, and neither entering in the association of something nor making oneself look more important has will do. Though there is ..public advertisement exhibition [haniha].. still amorousness.

Because it is [nanse] refugee.

It is deprivation [chimauze] if there is a chance as for someone's territory.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

アートスイッチバスツアーの写真です!

 先日催行しました、アートスイッチバスツアーの写真をご紹介!

057 062   

 実は、ムービーばかり撮って写真をあまり撮っていないことが判明。申し訳ありません。

 上が陽窯の登り窯で、下がアサヒ鉄工の工房です。

 バスツアーという形でのアートの紹介も、かなり面白いものでした。

 子供達同士はすぐ仲良くなります。

 新しい交流とか生まれるといいなと思います。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

3月6日、日曜日、アートスイッチバスツアー総勢31名にてツアー催行いたしました!!

 3月6日(日)、県民百貨店おてもやん像を8:00に出発いたしました!

 大人と子供が半数づつという、子供達にアートを体験させてみたいという参加者が多く、とても賑やかなツアーとなりました。

 バスガイドには陶人形作家の西田美紀さんと、新町の仕立て士モヒカンポシェットが扮して、道中の案内を致しました。

 車内では参加作家のご紹介や、アートスイッチバスツアーの意味などを話させていただき、9:30には南阿蘇村の陽窯に到着。

 あいにくの雨模様でしたが、皆さん高島李恵さんの、どうやって陶器が出来上がるかという説明に興味津々。

 薪割り体験では、丸太に楔を打ち込んでハンマーで叩くという豪快な体験途中、ハンマーが壊れるというハプニングがありつつも、窯焚き中の登り窯に薪をくべるという体験もさせていただき、子供達が恐る恐る薪をくべている姿が微笑ましかったです。

 そしてここで、細い薪を作る薪割り機登場!レバー操作で薪を割る体験に大人も子供も夢中です。普段、薪を割る体験なんてしませんからね。

 途中、無農薬、無化学肥料の米でつくった甘酒を高島家からふるまっていただきました!そしてお手製クッキーまで!素朴で滋味深い味を堪能しながら、皆さまそれぞれ思い思いの陶器をご購入。陶芸の奥深さを楽しく体験させていただきました!!

 高島家を後にしてお邪魔したのは、アサヒ鉄工のZUBEさんの工房。

 重厚な鉄の扉の奥では、ギュンギュンという機械音がしています。扉の前で皆で「ZUBEさーん!」と呼んでみると、重い扉を押しあけてご本人の登場!

 丁寧にご自分のお仕事を解説していただき、あとは自由に工房を見学させていただきました。子供も大人も秘密基地モードが全開!「やばい、超楽しい!」という興奮した子供達や、鉄の作品に圧倒される大人達。鉄であるのに暖かい作品群が立ち並びます。その中でも密かな人気だったのが、トイレにあったワニのトイレットペーパーホルダーでした。

 店舗装飾という、日常の中での作品制作スタイルで、熊本で生活していればどこかで目にしていたはずの作品群に、お客様達も腑に落ちた感じで納得されていました。これからはお店に行ったとき、店舗の装飾部分も楽しむという楽しみ方ができるのではないでしょうか。

 私自身は、車かなにかのギア部分を「引きちぎった」鉄のかたまりを2つ購入。他にも鉄の作品が並び、皆さまそれぞれ購入されているようでした。

 さらに玉名温泉つかさの湯に移動!

 バイキングの昼食を取ったあと、特設コーナーへ移動。

 ワークショップが始まります。レイジーフェローさん、アドさん、マンボライトこと宮部竜二さんによる革のバッグ型ミニストラップ、ランチバッグに絵を描く、缶バッチつくりというメニューをそれぞれ選んでいただきました。

 サプライズとして、布作家のjimmyさんと、ごぱん屋うっでぃーさんが登場。作品の公開制作とごぱんの販売をしていただきました。

 皆さん、作品制作に熱心に取り組んでおられました。日常から離れて、作品制作に没頭する機会はなかなか持てないものです。時間の許す限り、制作を楽しんでおられました。

 最後は源泉かけ流しの温泉に入って、ごゆっくりおくつろぎいただけたようです。

 県民百貨店まで帰ってきて、ツアーも無事終了!!

 感想もいただきました。皆さんそれぞれの楽しみ方をされていて、あぁ、やって良かったなぁという思いがあふれました。

 作品がうまくできて良かった、全く同じ内容でもまた行きたい、参加費安いんじゃないですか、アトリエが楽しかった、バイキングおいしかった等のありがたい感想をいただき、誠に感謝に堪えません。

 ひとつ、アートを身近に感じてもらうイベントができて、本当に良かったと思います。

 早くも次回はいつですかというお声が!

 なるべく早く開催致します!!

 でも、この企画には一年を要している…頑張ります!

 いつも目の前の事に全力で、余力がない感じでイベントを企画していますが、モデルケースを作ったことで仕事のやり方を覚えました。次回に向けて、動き出します。

 アートスイッチバスツアー ファースト。

 無事催行完了です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Inhabitants of the prefecture department store [otemoyan] [zou] was left for 8:00 on Sunday, March 6.

It became a tour that a lot of participants that the adult and the child wanted to have children named half the number experience the art, and was very lively.

[**] doll writer Miki Nishida and the tailoring person mohican pochette in Shimmachi impersonated to the bus conductress, and I guided on the way.

The meaning of participation writer's introduction and art switch bus tour etc. will be spoken in the car, and it arrives at [youkama] of the south Aso-son at 9:30.

Your Megumi Takashima Lee is fascinated in the explanation how to complete earthenware though it was an unfortunate threat of rain.

In the wood-chopping experience, it was going to experience though there was a happening that the hammer broke on the dynamic experience road that was driven a wedge into a log and beaten with the hammer, that is, put wood on the fire in the climb kiln burning the kiln, and the appearance in which children were putting wood on the fire timidly was pleased.

And, wood-chopping machine appearance that makes thin firewood here. The adult and the child are crazy about the experience of dividing firewood by the lever operation. It experiences and it is not done that firewood is divided usually.

On the way..agricultural chemicals..commercial fertilizer..U.S...make..Takashima..family..behave.And, to a handmade cookie. Everyone buys the earthenware of the desire desire respectively while satisfying the taste that is [shigeruajifuka] in simplicity. I was going to experience the depth of the ceramic art happily.

It is an atelier of ironworker Asahi Breweries, Ltd.'s Mr. ZUBE that the Takashima family is made a back and obstructed.

The machine sound named [gyungyun] is heard in the interior of the door of profound iron. It appears pushing the heavy door open when calling, "ZUBE ..doing.. [-]" in front of the door in everyone of the person in question.

It politely explained my work, and I was going to visit the atelier freely. The child and the adult open the secret base mode completely. Children "....corbicula.. super-.. enjoyment.. [i] as soon as" who get excited and adults overwhelmed to the work of iron. A work group warm though it is iron lines. The underground boom especially was a crocodilian toilet paper holder in the rest room.

It was consented to the work group that was sure to see it somewhere because of feeling that customers fall into [**], too if it lived by the work production style in daily life of store decoration in Kumamoto. Can be likely how of enjoying the decoration part in the store when going to the shop in the future to enjoy it.

I buy the gear part of the car or something and two hardening of "It pulled and tore" iron is bought. The work of other iron seemed to queue up, and to be bought everyone respectively.

In addition, it moves to the hot water of hot spring of Tamana [tsukasa].

After Viking's lunch is taken, it moves to the specially-installed corner.

The workshop starts. Lazy..fellow..mambo..light..leather..bag..type..mini..strap..lunch..bag..picture..draw..can..batch..make..menu..respectively..choose.

Cloth writer's Mr. jimmy and [gopan] monger [uddei;] appear as a surprise. [Gopan] was sold with the production of opening to the public of the work.

Ladies and gentlemen, it was possible to work on the work production ardently. It cannot have the chance to part in daily life, and to be absorbed in the work production easily. Production was enjoyed as long as time permitted.

The end seems to have been able to relax slowly by entering the hot spring of the source imposing sink.

It comes back to the inhabitants of the prefecture department store, and the tour ends safely, too.

I got the impression. How to enjoy each you was done, and the desire overflowed may do by you ..meeting.. [a;].

You may make the work good, and Viking who was happy in registration fee down [injana] where it wanted to go again or the atelier grew old, got a welcome impression of the scolding etc. , and doesn't bear thanking indeed as for quite the same content either.

I think it was really good because I can do the event that feels one and the art familiar.

The voice when it is already next time.

I will hold it as early as possible.

However, one year is required for this project … It works hard.

The way of work was remembered by having made the model case though the event was always planned to the thing in the presence by one's best by feeling without reserve strength. It begins to move aiming at next time.

[A-tosuicchibasutsua-fa-suto].

It is [moyoogyou] safely completion.

[Saryu]

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

バスツアーを企画してから催行まで1年。早いものです。

 いよいよ今週日曜に、アートスイッチバスツアーが催行します!

 バスツアーやりたいなと思い立ってから、丸一年かかりました。

 新しいことをやろうとすると、実に様々なことがあるものです。

 一日中アートに触れあえるツアーとして企画したのはいいものの、どうすればいいのか暗中模索の日々。

 本当に大勢の協力していただける方達に助けられて、やっとツアーが催行されます。

 こういったことも、アートによるコミュニケーションの一つと言えるのではないでしょうか?

 今回のお客様は、半分以上がお子様達です。しかも、自分からこのツアーに参加してみたいという自発的なお子様が多いのに驚きです。

 実際、こういう機会はほとんどないですから。アートで生計を立てている熊本在住の作家が揃う、気軽に触れあえるというのは本当に貴重です。

 しかもアトリエ訪問。最高です。

 ワークショップではご自分で作品を作ることもできます。

 楽しいツアーにしたいと思います!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The art switch bus tour is [moyoogyou] [shimasu] ! more and more on Sunday this week.

It borrowed with the bus tour and [ritaina] in year of Maruichi after it had made up one's mind.

When it is done that it is new, they are very various one might.

Every day of the inside of ..only having to do very.. shade groping in the art all day long as the tour that can touch though having planned is good.

It is helped by many people really people with whom it can cooperate, and the tour is finally [moyoogyou] [saremasu].

This might be able to be called one of the communications by the art.

This customers are children more than the half. Moreover, it is a surprise because there are a lot of voluntary children that it wants to join this tour from me.

Actually, because there is such little chance. The writer of the Kumamoto living to make a living in the art becomes complete, and being possible to touch readily is really valuable.

Moreover, the atelier is visited. It is the highest.

The work can be made for myself in the workshop.

I want to make it to a happy tour.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

新町三畳美術館、「人間」展 宮部竜二氏 が終了致しました。次回はizu♡milk氏の写真展です!

 新町三畳美術館企画展「人間」展が無事終了致しました。

 大好評で、見に来られたお客様は展示に興味津々でした。

 一体どれが本業なのですかと尋ねられる方もしばしば。人間が本業です。

 思えば、本業でその人を判断しようとしている自分がいます。何をしているからどういう人。本当にそうなのかはさておき、簡単にそれで人をジャンル分けしてお終いという。もっと判断を保留して、じっくり付き合うのがいいのかもしれません。

 そんな暇ないよという人生だったら、もう一度見直さなければいけないと思います。暇の問題ではなくて、人とのスタンスの取りかたの問題だからです。

 話がずれました。

 次回の企画展はizu♡milk氏における写真展を4月から開催いたします!

 詳細はパブリシティーと同時にお伝えしますが、とても興味が湧くコンセプトです!

 文章と写真で展開するizu♡milk氏の世界を十分堪能していただける展示にしたいと思っております。

 これからも企画展を行っていきたいと思っております。展示企画の提案も随時受けておりますので、企画がある方はお気軽にご相談下さい。

 面白そうな企画でしたら、ぜひ出来るだけご協力したいと思っております。

 新町が今、面白くなり始めています。政令指定都市後の熊本市の観光事業のモデルケースになる話が上がっているそうです。今年は新町の調査費も出ているそうで、今後観光都市を目指す熊本のキー地区になってくるでしょう。

 そうなる前から面白い事をやり続けようと思います。

 新町歴史地区にアートを。

 気負わずに。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

3 mat in Shimmachi museum special exhibition "Man" exhibition ended safely.

The customer who was able to come to see in great popularity was fascinated in the exhibition.

It is frequent that which a profession is on earth asked. Man is a profession.

I who tries to judge the person from the profession am if it thinks. Because what is done, what kind of person. So really is said putting away then easily dividing the person in the genre without mentioning. Holding one's judgment more, and associating deliberately might be good.

I think that I should review it again when it is such a free life of be. It is because they are problems of not the problem of free time but those who take it about the stance with the person.

The talk shifted.

The next special exhibition is izu?. I will hold photograph exhibition in Mr. milk in April.

Details are concepts with the publicity simultaneously in which it is interested very much though tell.

Izu? that develops in sentences and photographsI want to make it to the exhibition that can be satisfied enough of Mr. milk's world.

Hereafter, the line wants to be effective in the special exhibition. The proposal of the exhibition project is received at any time, and feel free the project to consult, please.

I want to cooperate by all means as much as possible when it is a project that seems to be interesting.

Shimmachi begins to become interesting now. The story that becomes the model case with the business of travel in Kumamoto City after the government-designated major city seems to go up. The search cost of Shimmachi seems to have been paid, too and it is likely to become a key district in Kumamoto in which it will aim at the tourist town in the future this year.

An interesting thing will keep being done before it is so.

The art to Shimmachi Historic Site.

Eagerly.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »