« 百花堂を想う。西田美紀さんin熊本県山鹿 を見てきました。 | トップページ | パステル画の描き方⑤ »

2011年3月23日 (水)

文筆写真家izu♡milk氏紹介。

 文章と写真で独特の世界観を作られるizu♡milk氏の紹介です。

 最初に見た展示が、彼女の最初の本格的な展示でした。昨年の河原町アワードにおける写真と文章のインスタレーション。

 作品展示としての活動履歴は短いのですが、やるぞ!というエモーションがダイレクトに伝わってくる作品でした。そして、伝えたい事がきちんと伝わってきます。

 それは簡単そうで実に難しいこと。勇気がいること。自分の世界観を持って観客に伝える。その世界観の逃げ場のなさと言いますか、こういうふうにも受け取れるよなといった曖昧さをあまり内包していないタイトさが心地いいのです。展示のテクニック部分の完成度よりも、まずその部分の方が重要だと私は思います。見せ方への工夫といったものはたゆまず追求していかなければいけませんが、表現の核の部分がぶれずにきちんとあれば、それはもう「道」になっているので大丈夫です。いつか自分が到達したい場所へ行ける道筋が見えています。

 このことは、嫌われたりする原因になったりもします。好きか嫌いかを問うレベルまで世界がきちんと作られているということです。かくいう私の作品も、嫌いな方が沢山いらっしゃいます。前に食事するスペースに展示したとき、飯がまずくなる絵だと言われたことがあります。大変光栄です。味覚にまで影響を受けていただいたということです。

 izu♡milk氏の写真がそうだという訳ではありません。ただ、その世界観がはっきりくっきり見えるということが言いたいのです。やさぐれ花魁vs新町斬ルガールというもう、一本映画が撮れそうなタイトルからしてどういった世界を見せていただけるのかが楽しみで仕方ありません。

 山鹿の八千代座周辺を舞台にした山鹿ガールシリーズに、新町の町家を舞台にした斬ルガールのストーリー。熊本歴史地区を舞台に織り成すizu♡milkのストーリー。今後も多岐に渡りながらの写真世界が広がっていくのでしょう。

 その歴史地区を山鹿から新町に移した第一弾の展示を、新町三畳美術館にて行います。4月3日には13:00~オープニングパーティー!新町青年会の方達も着物にて御来館予定です!着物男子と着物女子が新町三畳美術館に溢れるかと思うと、それだけで楽しくなってきますね。

 ぜひお気軽にお越し下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Izu? from which peculiar outlook on the world is made in sentences and photographsIt is an introduction of Mr. milk.

The exhibition seen first was the first real exhibition of her. Photograph in last year's Kawaramachi Howard and installation of sentences.

I will do though the activity history as the work exhibition is short. It was a transmitted work with a direct emotion. And, the thing to be told is neatly transmitted.

It is seem an easy, indeed difficult thing. Be courageous. The spectator is told with my outlook on the world. It is said it not is in the refuge of the outlook on the world or tight to which vagueness named [ruyona] of can the receipt is not so involved is feelings [ii] like this. I think that the part is first of all more important than the perfection in the technique part of the exhibition. Because it is "Road" in case of being neatly not blurring the part of the nucleus of the expression already, it is safe though the device to how to show it should not slacken and be pursued. The route where it can go to the place that I want to reach has been seen some time.

This causes to be disliked. The world is neatly made for the level by which whether it likes or it hates it is asked. A lot of hated one comes in the work of me who says thus. It has been said that it is a picture by which the rice becomes unpalatable when exhibiting to space to eat ahead. I am very honored. It was influenced even from the taste.

izu?It is not a translation. However, I want to say the outlook on the world seeing clearly clearly. It is the enjoyment and there is no method though not known what world to one movie can ..[yasagure] [hana**] vs Shimmachi [ki] [ruga-ru].. already show even by the title that seems to be able to be taken.

Girl's of ..cutting.. [ru] story in the tradesmen's house in Shimmachi.  the Yamaga girl series around the Yachiyo seat of YamagaIzu? woven in Kumamoto Historic SiteStory of milk. The photograph world of taking up various topics in the future might extend.

The first that moves the Historic Site from Yamaga to Shimmachi is exhibited in 3 mat in Shimmachi museum. The opening party on April 3 by 13:00 ?. The people of the young person of Shimmachi association are schedules of coming to a library with the kimono. Only it makes it happily if it is thought that the kimono boy and the kimono girl overflow in 3 mat in Shimmachi museum.

Please feel free to come by all means.

[Saryu]

 

|

« 百花堂を想う。西田美紀さんin熊本県山鹿 を見てきました。 | トップページ | パステル画の描き方⑤ »

アーティスト紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文筆写真家izu♡milk氏紹介。:

« 百花堂を想う。西田美紀さんin熊本県山鹿 を見てきました。 | トップページ | パステル画の描き方⑤ »