« 熊本市新町町家が美術館の写真。 | トップページ | イベント アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。 »

2011年3月16日 (水)

新町三畳美術館、今度の企画展は文筆写真家izu♡milk 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガールです!!

 次回の新町三畳美術館企画展は、写真展です!

 2011.4.3(日)~30(土)

 open 平日13:00~22:00

     土日13:00~18:00

     休館日 祝日

 ”女は大切なものをまたに挟む”izu♡milk

 写真機で切り取られた世界から響き渡る、

 綴られた言葉から溢れ出す「女」という名のロック。

 柔らかく、愛おしく、時に厭らしく、

 毒をたたえ、大切なものをまたに挟んだ女は、

 それを決して離しはしないだろう。

 写真と文章で紡ぎだされるizu♡milkの世界。

 しっとり、ゆっくりとご高覧下さいませ。

 文 新町三畳美術館

Img322 Img323

  4月3日(日)には、オープニングパーティーを開催致します。着物で御来館の方にはスナップ撮影もしていただけるという、贅沢企画!

 新町青年会の方々も着物で御来館される予定です!

 新町三畳美術館が着物姿の人達で溢れます!もちろん軽食もご用意しておりますので、ぜひお気軽にお越しください!もちろん普段着でもOK!

 着物を着てみたい!という方には、上記のDMに詳しいのですが着物の着付けも承っております(要予約)。定員がありますので、お申し込みはお早目に!こちらは料金がありますので、お問い合わせ下さい。

 今も震災は続いており、私の親戚もまだ連絡が取れていません。

 しかし、こういった活動を自粛すればいいとは思っておりません。

 今回の展示は特に、熊本県山鹿の八千代座や、熊本市新町の町家を撮影の現場として作品を制作します。

 震災と津波で倒壊した地区にも歴史地区があったはずです。今回は西日本は震災の直撃はなかったとはいえ、いつ起こるかもしれないというのが現実だろうと思います。歴史地区での作品撮影はそのまま歴史をひとつ残していくことにも繋がることでしょう。

 新町青年会の協力を得て、町家での撮影が可能となりました。ただでさえどんどん駐車場になっている町家です。大きな地震があれば、どうなるかもわからない程傷んでいる町家も多いのです。

 そういった中でのアート活動といったものの重要性を改めて気付かされました。今アーティストにできることは、しっかりと自分の活動をたゆみなく続けることしかありません。今回はまた、町の方々とも繋がりが出来ました。作品の展示のみが重要なのではなく、展示に至るまでの人と人の関わりも重要です。アートという媒体を使ったコミュニケーションができたということでしょう。

 自分達の活動が記録として後世に残っていく。例え町がどう変貌しても。そういう意識で活動していきたいと思っております。

 硬い話しになりましたが、楽しむことは大切です。楽しんでいただけるよう、様々にご提供していく予定ですのでお気軽に御来館下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The next 3 mat in Shimmachi museum special exhibition is photograph exhibition.

?30 (Saturday) of 2011.4.3 (Sunday)

13:00?22:00 on open weekday

13:00?18:00 on weekend

Holiday of Closed

"[Matani] places important [namono] between the woman" izu?. milk

It sounds from the world cut out with the camera and it extends.

Lock of name "Woman" that begins to overflow from spelt word.

It is ..time.. ..dislike.. [rashiku] that softly paves love.

The poison is filled, and : by the woman who places important [namono] in [matani].

It will be never separated.

Izu? that begins to be spun by photograph and sentencesThe world of milk.

Softly, give high [mi] slowly.

3mat in Shimmachi museum

I will hold the opening party on Sunday, April 3. Luxurious project that person who comes to a library with kimono can take a picture of snap.

It is scheduled to be come to the people of the young person of Shimmachi association in the kimono.

3 mat in Shimmachi museum overflows with people of the kimono appearance. Snack is prepared of course, and feel free to come by all means, please. Of course, the everyday wear is OK.

I want to put on the kimono. It is detailed to above-mentioned DM of one and receives dressing the kimono (reservation of the necessity). Application is early because there is capacity. The charge is here, and inquire, please.

As for the earthquake, it continues, and my relative has not been contacted yet now.

However, it is not thought that it only has to control such an activity voluntarily.

This exhibition especially makes the Yachiyo seat of Kumamoto Prefecture Yamaga and the tradesmen's house in Kumamoto City Shimmachi the site of taking a picture and produces the work.

There should have been Historic Site also in the district that collapsed because of the earthquake and the tsunami. I think that being likely to happen when might be a reality even though the earthquake was not hit directly in West Japan this time. The work taking a picture in Historic Site is to connect with leaving one history as it is.

The cooperation of the young person of Shimmachi association was received, and taking a picture with the tradesmen's house became possible. It is even free and is a tradesmen's house fast that is the parking lot. The tradesmen's house worn out more the more the severe earthquake doesn't happen how it becomes it is also abundant.

It was made to notice because it renewed the importance of the art activity in this. What the artist can do now slackens and doesn't exist this year that keep not is my firm activity. This time, the people in the town and the connections were able to be done. Because only the exhibition of the work is important, it is not, and person and person's until exhibiting relations are also important. Communications that used the medium of art were able to be done.

Our activities remain in future generations as a record. No matter how the comparison town is transfigured. It is thought it is [ta] of finishing practicing because of such consideration.

Enjoying it is important though it became a hard speaking. It is scheduled to offer it variously to enjoy it and feel free to come to a library, please.

[Saryu]

 

|

« 熊本市新町町家が美術館の写真。 | トップページ | イベント アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。 »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町三畳美術館、今度の企画展は文筆写真家izu♡milk 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガールです!!:

« 熊本市新町町家が美術館の写真。 | トップページ | イベント アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。 »