« バスツアーを企画してから催行まで1年。早いものです。 | トップページ | アートスイッチバスツアーの写真です! »

2011年3月 7日 (月)

3月6日、日曜日、アートスイッチバスツアー総勢31名にてツアー催行いたしました!!

 3月6日(日)、県民百貨店おてもやん像を8:00に出発いたしました!

 大人と子供が半数づつという、子供達にアートを体験させてみたいという参加者が多く、とても賑やかなツアーとなりました。

 バスガイドには陶人形作家の西田美紀さんと、新町の仕立て士モヒカンポシェットが扮して、道中の案内を致しました。

 車内では参加作家のご紹介や、アートスイッチバスツアーの意味などを話させていただき、9:30には南阿蘇村の陽窯に到着。

 あいにくの雨模様でしたが、皆さん高島李恵さんの、どうやって陶器が出来上がるかという説明に興味津々。

 薪割り体験では、丸太に楔を打ち込んでハンマーで叩くという豪快な体験途中、ハンマーが壊れるというハプニングがありつつも、窯焚き中の登り窯に薪をくべるという体験もさせていただき、子供達が恐る恐る薪をくべている姿が微笑ましかったです。

 そしてここで、細い薪を作る薪割り機登場!レバー操作で薪を割る体験に大人も子供も夢中です。普段、薪を割る体験なんてしませんからね。

 途中、無農薬、無化学肥料の米でつくった甘酒を高島家からふるまっていただきました!そしてお手製クッキーまで!素朴で滋味深い味を堪能しながら、皆さまそれぞれ思い思いの陶器をご購入。陶芸の奥深さを楽しく体験させていただきました!!

 高島家を後にしてお邪魔したのは、アサヒ鉄工のZUBEさんの工房。

 重厚な鉄の扉の奥では、ギュンギュンという機械音がしています。扉の前で皆で「ZUBEさーん!」と呼んでみると、重い扉を押しあけてご本人の登場!

 丁寧にご自分のお仕事を解説していただき、あとは自由に工房を見学させていただきました。子供も大人も秘密基地モードが全開!「やばい、超楽しい!」という興奮した子供達や、鉄の作品に圧倒される大人達。鉄であるのに暖かい作品群が立ち並びます。その中でも密かな人気だったのが、トイレにあったワニのトイレットペーパーホルダーでした。

 店舗装飾という、日常の中での作品制作スタイルで、熊本で生活していればどこかで目にしていたはずの作品群に、お客様達も腑に落ちた感じで納得されていました。これからはお店に行ったとき、店舗の装飾部分も楽しむという楽しみ方ができるのではないでしょうか。

 私自身は、車かなにかのギア部分を「引きちぎった」鉄のかたまりを2つ購入。他にも鉄の作品が並び、皆さまそれぞれ購入されているようでした。

 さらに玉名温泉つかさの湯に移動!

 バイキングの昼食を取ったあと、特設コーナーへ移動。

 ワークショップが始まります。レイジーフェローさん、アドさん、マンボライトこと宮部竜二さんによる革のバッグ型ミニストラップ、ランチバッグに絵を描く、缶バッチつくりというメニューをそれぞれ選んでいただきました。

 サプライズとして、布作家のjimmyさんと、ごぱん屋うっでぃーさんが登場。作品の公開制作とごぱんの販売をしていただきました。

 皆さん、作品制作に熱心に取り組んでおられました。日常から離れて、作品制作に没頭する機会はなかなか持てないものです。時間の許す限り、制作を楽しんでおられました。

 最後は源泉かけ流しの温泉に入って、ごゆっくりおくつろぎいただけたようです。

 県民百貨店まで帰ってきて、ツアーも無事終了!!

 感想もいただきました。皆さんそれぞれの楽しみ方をされていて、あぁ、やって良かったなぁという思いがあふれました。

 作品がうまくできて良かった、全く同じ内容でもまた行きたい、参加費安いんじゃないですか、アトリエが楽しかった、バイキングおいしかった等のありがたい感想をいただき、誠に感謝に堪えません。

 ひとつ、アートを身近に感じてもらうイベントができて、本当に良かったと思います。

 早くも次回はいつですかというお声が!

 なるべく早く開催致します!!

 でも、この企画には一年を要している…頑張ります!

 いつも目の前の事に全力で、余力がない感じでイベントを企画していますが、モデルケースを作ったことで仕事のやり方を覚えました。次回に向けて、動き出します。

 アートスイッチバスツアー ファースト。

 無事催行完了です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Inhabitants of the prefecture department store [otemoyan] [zou] was left for 8:00 on Sunday, March 6.

It became a tour that a lot of participants that the adult and the child wanted to have children named half the number experience the art, and was very lively.

[**] doll writer Miki Nishida and the tailoring person mohican pochette in Shimmachi impersonated to the bus conductress, and I guided on the way.

The meaning of participation writer's introduction and art switch bus tour etc. will be spoken in the car, and it arrives at [youkama] of the south Aso-son at 9:30.

Your Megumi Takashima Lee is fascinated in the explanation how to complete earthenware though it was an unfortunate threat of rain.

In the wood-chopping experience, it was going to experience though there was a happening that the hammer broke on the dynamic experience road that was driven a wedge into a log and beaten with the hammer, that is, put wood on the fire in the climb kiln burning the kiln, and the appearance in which children were putting wood on the fire timidly was pleased.

And, wood-chopping machine appearance that makes thin firewood here. The adult and the child are crazy about the experience of dividing firewood by the lever operation. It experiences and it is not done that firewood is divided usually.

On the way..agricultural chemicals..commercial fertilizer..U.S...make..Takashima..family..behave.And, to a handmade cookie. Everyone buys the earthenware of the desire desire respectively while satisfying the taste that is [shigeruajifuka] in simplicity. I was going to experience the depth of the ceramic art happily.

It is an atelier of ironworker Asahi Breweries, Ltd.'s Mr. ZUBE that the Takashima family is made a back and obstructed.

The machine sound named [gyungyun] is heard in the interior of the door of profound iron. It appears pushing the heavy door open when calling, "ZUBE ..doing.. [-]" in front of the door in everyone of the person in question.

It politely explained my work, and I was going to visit the atelier freely. The child and the adult open the secret base mode completely. Children "....corbicula.. super-.. enjoyment.. [i] as soon as" who get excited and adults overwhelmed to the work of iron. A work group warm though it is iron lines. The underground boom especially was a crocodilian toilet paper holder in the rest room.

It was consented to the work group that was sure to see it somewhere because of feeling that customers fall into [**], too if it lived by the work production style in daily life of store decoration in Kumamoto. Can be likely how of enjoying the decoration part in the store when going to the shop in the future to enjoy it.

I buy the gear part of the car or something and two hardening of "It pulled and tore" iron is bought. The work of other iron seemed to queue up, and to be bought everyone respectively.

In addition, it moves to the hot water of hot spring of Tamana [tsukasa].

After Viking's lunch is taken, it moves to the specially-installed corner.

The workshop starts. Lazy..fellow..mambo..light..leather..bag..type..mini..strap..lunch..bag..picture..draw..can..batch..make..menu..respectively..choose.

Cloth writer's Mr. jimmy and [gopan] monger [uddei;] appear as a surprise. [Gopan] was sold with the production of opening to the public of the work.

Ladies and gentlemen, it was possible to work on the work production ardently. It cannot have the chance to part in daily life, and to be absorbed in the work production easily. Production was enjoyed as long as time permitted.

The end seems to have been able to relax slowly by entering the hot spring of the source imposing sink.

It comes back to the inhabitants of the prefecture department store, and the tour ends safely, too.

I got the impression. How to enjoy each you was done, and the desire overflowed may do by you ..meeting.. [a;].

You may make the work good, and Viking who was happy in registration fee down [injana] where it wanted to go again or the atelier grew old, got a welcome impression of the scolding etc. , and doesn't bear thanking indeed as for quite the same content either.

I think it was really good because I can do the event that feels one and the art familiar.

The voice when it is already next time.

I will hold it as early as possible.

However, one year is required for this project … It works hard.

The way of work was remembered by having made the model case though the event was always planned to the thing in the presence by one's best by feeling without reserve strength. It begins to move aiming at next time.

[A-tosuicchibasutsua-fa-suto].

It is [moyoogyou] safely completion.

[Saryu]

 

 

|

« バスツアーを企画してから催行まで1年。早いものです。 | トップページ | アートスイッチバスツアーの写真です! »

アートスイッチバスツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月6日、日曜日、アートスイッチバスツアー総勢31名にてツアー催行いたしました!!:

« バスツアーを企画してから催行まで1年。早いものです。 | トップページ | アートスイッチバスツアーの写真です! »