« 文筆写真家izu♡milk氏紹介。 | トップページ | 26、27日、TKUの日「チャリティー・アート・マーケット」に出品致します。 »

2011年3月24日 (木)

パステル画の描き方⑤

 随分久しぶりになりますが、パステル画の描き方を。まだ⑤だものな~。

 最近、再び色の使い方を研究しています。特に赤。ヌーベルのハードパステルには、色によって若干の扱い方が変わってきます。

 白は、塗り重ねると紙の目がつぶれるのが早く、重ね塗りの場合慎重に計算しないとすぐ上から色を重ねられなくなります。パステル自体が柔らかいので、多量に紙にくっつくからです。

 黒も同様に柔らかい方のパステルですが、白程ではないのでより扱いやすい。ちょうど中間くらいの硬さなので、紙の目がつぶれてつるつるになった場合でも比較的にのりやすく、仕上げ段階で使うことが多いのです。

 黄色系は、柔らかいのですが粘度が弱く紙への吸着性も弱く、さらに定着液をかけると色変化がはなはだしい、とても使いづらい系統です。塗り重ね用としてではなく、最初の塗り始めの段階で計算して黄色をおいておかないと後から塗り重ねようとしてもほぼ理想の色は出ません。注意。

 緑系はとても強い吸着力があり、初期段階で使いすぎるとすぐ紙の目がつぶれます。ので、最初にのせる色としてではなく中間段階で様子を見ながら入れ込んでいくと失敗が少ないでしょう。

 青系は、彩度が上がるほど白系の性質に近づきます。単純に白が混ざってくるからでしょう。藍色に近い青は単色ではほぼ限界がないくらいの塗り重ねができる利便性が高い色です。115番は私の中で完璧に近い色として、この色を使わなかった絵はほとんどありません。

 そして赤。これは、最も硬い部類の色になります。塗り重ねるとき下手したら下層の色を剥がして支持体の色が露出する可能性すらあります。しかし、塗り重ねの発色は素晴らしく、特に数種類の微妙に違う赤を塗り重ねてコントロールすることで深みがある色を手に入れることができます。

 パステルは画面上で粉をまぜ押さえながら混色するので、配色をミスったら一発でアウトという恐ろしい画材です。その一発感が好きでずっと使っているのですが、一枚160時間平均位の描画時間中、一度も配色にミスがなかったという絵はまだありません。16年も使っている画材の奥が深すぎます。

 これからも研究。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The drawing style of the pastel drawing though it fairly becomes after a long time. Do still?[Damonona] ?。

Recently, the color usage is researched again. Especially, red. Some hows to treat changes into a hard pastel of Nu-beru according to the color.

It is early that eyes of paper collapse, and is not piled up the color on to white as soon as not calculating carefully for the piling paint when painting and piling it up. It is because of sticking to paper voluminously because the pastel is soft.

Because it is not a white degree, the black is also similarly more yare though it is a pastel in soft one. It pastes and it becomes empty, and it uses it at the finish stage compared it even when eyes of paper just collapse because it is hardness in the middle and it becomes slippery.

It is a system that the color change is extreme when the viscosity is weak, adsorbent of paper is also weak, and the fixing solution is put in addition not at all used easily though the yellow system is soft. Then, the color of the ideal hardly goes out for the paint piling even if it paints if it is not, and it calculates at the stage of beginning the first paint and doesn't put yellow and it piles it up. Attention.

It has a very strong adsorptive power, and eyes of paper collapse to the green system as soon as it uses it too much at the early stage. The failure might be few if crazy

The blue system approaches a white character by going up of the chroma. It is because white mixes simply. In blue near indigo, convenience to be able to do the paint piling like there is hardly a limit in black and white is a high color. In me, little picture that doesn't use this color is a near perfectly color.  by the 115th

And, red. This becomes the color of the hardest class. There is even a possibility that the color of an unskilled lower layer of [shitara] is peeled off when painting and piling it up and support medium's color is exposed. However, [hatsuiro] of the paint piling can obtain the color in the paint of wonderful, and especially several kinds of slightly different red and the repeated control with the depth.

The pastel is frightening painting materials of out by ..Miss [].. one ..blend.. ..becoming empty.. ..[ru].. arrangement of color mixing and holding the powder on the screen. There is never picture of correct in the arrangement of color yet though it likes the one feeling and it uses it for a long time during the drawing time of the average title of 160 hours a piece. The interior of painting materials that have been used for as many as 16 years is too deep.

Research in the future.

[Saryu]

 

|

« 文筆写真家izu♡milk氏紹介。 | トップページ | 26、27日、TKUの日「チャリティー・アート・マーケット」に出品致します。 »

パステル画の描き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パステル画の描き方⑤:

« 文筆写真家izu♡milk氏紹介。 | トップページ | 26、27日、TKUの日「チャリティー・アート・マーケット」に出品致します。 »