« 新町三畳美術館、今度の企画展は文筆写真家izu♡milk 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガールです!! | トップページ | 4月1日より阿蘇一の宮etuにて「炎布展」いよいよ開催です! »

2011年3月17日 (木)

イベント アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。

 今年の夏開催予定のアートイベント、アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。

 毎年、24時間テレビのチャリティー募金も併設してきたイベントですが、今年も会場にて募金を行います。NPO法人アートスイッチとしても毎年募金してきました。

 東北関東大震災の義援金募集として、アーティストが販売する作品の一部を義援金にするという案を立案中です。

 今年の裏テーマ(参加アーティストにご理解いただいて協力してもらうテーマ)は「アタック」もしくは「チャレンジ」というものになるかと思います。言葉にするとありきたりですが、行動にうつすとなるととても苦しいトライになるのではないかと。

 これは実は、言葉にしなかっただけで、前2回もしっかりあった裏テーマなのですが、今回からははっきりしようと思います。

 作家が作品を真剣に制作するのは当たり前なのですが、いざそれを見せようという時の展開がありきたりに過ぎるという場面に数多く出会います。

 もったいない。

 アートを見にきている訳ではない、買い物のお客様に対してのアピールはそれでは弱い。

 無理やりにでも見てもらうんだという企画を、各個のアーティストと話し合いながら立てて行きます。

 アーティストまかせということではないということを、ご理解いただければと。

 作品制作に手いっぱいで、2dayの企画にそこまで踏み込めないという面をサポートしていきます。そうすることで、毎年の企画のクオリティーを上げ続けなければいけません。

 Vol.2は最年少女性活弁士とあっちこっちパッパの公開、ワークショップ参加約500人、ダンスをテーマにした2m×6mの絵の前でキッズダンサーに踊ってもらうインスタレーション、コンテンポラリーダンサーのゲリラ的なダンス…

 それ以上の企画と熱意を盛り込まなければやる意味がありません。

 今年の本テーマも上がっていますが、これはもう少し話し合いを重ねてからの詳細発表となります。

 熱意ある企画であれば、持ち込みも大歓迎しておりますので興味がある作家さんはぜひ新町三畳美術館までお越し下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It begins to make the art event of the holding schedule and art switch Vol.3 project in the summer of this year.

It raises a fund in the hall this year though it is an event that has established the charity fund-raising of the 24-hour TV program as an annex every year. It has raised a fund as a Law to Promote Specified Nonprofit Activities person art switch every year.

The idea of making a part of the work that the artist sells a relief and condolence money is being planned as raising contribution money of the Tohoku Great Kanto Earthquake.

I think that this year's back theme (theme that understands by the participating artist and cooperates) becomes the one "Attack" or "Challenge". Does it become a very painful in case of move it to the action trial when making it to the word though it is ordinary?

Actually ..this.., I will be clear this time though only it doesn't do to the word, and the first times are the back themes that are firmly.

It meets the scene that development that [izasore] is shown passes ordinarily a lot though it is natural that the writer seriously produces the work.

It is too good.

The appeal to the customer of shopping who is not coming to see the art is weak in it.

The project of seeing is made in an impossible spear though is artists of each it and is the discussions.

If you can understand not the artist leaving.

Respect that it is not possible to depress it to the project of 2day busily there is supported to the work production. If you do not keep raising the quality of the project every year by doing so.

Vol.2 is a guerrilla dance of the installation and the contemporary dancer whom the kids dancer dances with minimus female [**] speaker in front of the picture of 2m×6m of [kocchi] [pappa] there that opens to the public, the workshop participation, and makes the dance a theme by about 500 people etc.

There is no done meaning if neither a project any more nor zeal are included.

This becomes a detailed ..discussion.. announcement from repeated a little more though this theme of this year goes up, too.

Bringing in must roll out the red carpet if it is a project with zeal, too and an interesting writer must come to 3 mat in Shimmachi museum by all means.

[Saryu]

 

|

« 新町三畳美術館、今度の企画展は文筆写真家izu♡milk 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガールです!! | トップページ | 4月1日より阿蘇一の宮etuにて「炎布展」いよいよ開催です! »

アートスイッチVol.3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イベント アートスイッチVol.3の企画を立て始めます。:

« 新町三畳美術館、今度の企画展は文筆写真家izu♡milk 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガールです!! | トップページ | 4月1日より阿蘇一の宮etuにて「炎布展」いよいよ開催です! »