« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

明日は熊本市街では様々なイベントが開催されますが、山鹿湯の端美術展の搬入です。

 市電が無料になったり、熊本市街の様々な場所でイベントが開催される模様です。

 祝日は新町三畳美術館は閉館なので、遊びに行きたいのはやまやまなのですが、山鹿湯の端美術展の搬入日になります。

 伽藍堂の元酒蔵と格闘です。

 どう考えても2日間はかかる見通し。それでも足りないかもしれませんが。

 酒蔵は味があって、センス良く作品を配置すればそれなりに見えるかも知れません。しかし、その「それなり」を越えてみたい。力ずくで空間を支配してみたい欲求に駆られています。

 今までは、割と制約が多い場所で壁に作品を掛ければ終わりみたいな展示が多かったのですが、今回は制約から解き放たれている。

 これはやらんといかんばいという感じです。

 山鹿では今まで誰もみたことないような、そんな展示にしてみたい。

 頭には様々にアイデアが浮かんでいますが、実際の建て込みは相当時間がかかりそうです。

 正直、どうしてそこまでしたいんだという自分の声も聞こえてきますが、はっきり言って理由はない!

 昔から見た人の頭に一撃入れるような作品を描きたいと思ってきたので、その延長かも。

 さぁ、どうなるかは、ご自分の目でご確認下さい。

 ここまで自分を追い込めば十分か(笑)

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The streetcar will become free, and the event be held in various places in the Kumamoto town.

It becomes in play because 3 mat in Shimmachi museum is closing a library on holiday and it becomes the move-in date of the edge art exhibition of the hot water of Yamaga though it is [inoha] and [mayamanano] ..wanting go...

It is a grapple to a former wine cellar in the cathedral temple.

It is expected to take two days no matter how it thinks. Still, though it might be insufficient.

As such, if the wine cellar is sapid, and the work is arranged ..sense.. well, it is likely to see it. However, I want to exceed the "Moderation". It is driven by the desire that wants to rule the space by force.

It is untied from the restriction this time though there are a lot of exhibitions as ended if the work is multiplied by the wall up to now comparatively in the place where a lot of restrictions exist.

This is feeling of corbicula that doesn't go if it doesn't do.

I want to make it to such an exhibition that everyone has not seen in Yamaga up to now.

It seems to take while considerably for actually built though the idea is variously floating in the head.

Honest..why..so much..do..voice..hear..frankly speaking..reason..provide.

Is it the extension because it wants to have drawn the work that is hit and put in the head of the person who saw for a long time or ..

Now please confirm how to become it by my eyes.

If I am driven in here, it is ..(.. ..laughter... ) enough

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

新町、古町、唐人町に確実に変化の兆しが見え始めています。

 特に新町の再開発は、20年手つかずといった状態だったそうです。

 しかし、政令指定都市への移行とともにまっさきに調査が入ったのが新町です。調査費も市の予算に計上されています。

 どういう事かというと、観光都市へ生まれ変わる為には熊本城のみでなく、城下町の活性化がどうしても必要という流れです。

 観光客の回遊性を高めないと経済効果も高まらないでしょう。新町界隈は、歴史地区だけあって埋もれている観光資源が山のようにあります。

 これから2年以内に大きな流れが確実に生まれます。

 当面今後1年は調査という理由で、公にはあまり変化がないように見えるかもしれませんが、実は今がチャンス!かもしれません。

 例えば新町に店舗開店をしようとすれば、助成金が出ると公になったと仮定します。

 誰もがその情報を知っていて、ヨーイドン!でいい店舗が見つかるとは思われません。実際、今、シャッター商店街と思われている内が勝負なのではないでしょうか。今なら、そういった情報も大々的にはアナウンスされていませんし。

 人気が出てからは借り賃も高騰することは目に見えていますよね。

 新町に店舗をと考えている方がいらっしゃるなら、ここ半年が勝負なのではないかという気がします。実際、大きい資本の会社とかが入ってきたら個人では太刀打ちできませんから。

 実際、イベント的には秋に新町三畳美術館主体企画のオファーが…おっと、これはまだ公表できませんが。(してもいいですが、内容がまだ決まっていない)

 という感じで、今後はもっと活性化していくのでしょう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Especially, the redevelopment of Shimmachi seems to have been a state of untouched for 20 years.

However, it is Shimmachi that the investigation entered [massaki] with the shift to the government-designated major city. The search cost is summed up to the municipal budget.

What kind of thing it is, a flow of necessity by all means not only the Kumamoto castle but also the activation of the bourg for reborn to the tourist town.

The economic effect will not rise if the tourist's wandering is not improved either. In the vicinity of Shimmachi, there are tourist resources where only Historic Site is and has been buried like the mountain.

A big flow arises surely within two years the future.

One year will be a reason of investigation when the future it is actually chance now now though might seem to be too changeless publicly. [Kamoshire].

For instance, it is assumed it is published when the subsidy goes out if the store starts opening a store in Shimmachi.

Everyone knows the information, and [yo-idon]. It doesn't seem that the [deii] store is found. Actually, are not you to be thought is to fight against the shutter shopping street by it now?Such information is not grandly announced now.

There is remarkably what to the rent soars, too after popularity goes out.

If thinking the store in Shimmachi comes, I think that it is not the here half a year is to fight by it. Actually, because it is not possible to compete privately when a large capital company enters.

Actually, the offer of 3 mat in Shimmachi museum subject project : in the event in autumn … Woops! though this cannot be made public yet. (The content has not been decided yet though you may do. )

It is likely to be activated more in the future in feeling.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

熊本山鹿湯の端美術展の、個人的な展示タイトルは「Keep」展です。

 いよいよ5月1日(日)から開催する、山鹿湯の端美術展の個人的なテーマは「Keep」です。

 続けろ、という事です。

 諦めるな。

 やり通せ。

 その事実だけが自分にとっての真実であればいいではないかと。

 人から見れば馬鹿馬鹿しくても、人が自分の人生を背負って歩いてくれる訳でなし。

 どうせ一人で死んでいくんだ。

 同調圧力に負けていいのは、作品以外の実生活だけです。それは人間社会に生きている以上ある程度仕方ないのではないか。

 しかし。

 作品がそれに負けてしまったら、絵を描いている意味がない。

 絵画教室に何年も通っているという女性から言われた一言。

 「なにこれ、絵になってないじゃない」

 これが、作品が同調圧力に負けていることに気づいていない人の言葉。

 本当に恐ろしい言葉。

 その絵画教室の先生の言葉。

 「とてもいい作品だから、生徒にも見るように言っておいたよ」

 真実は自分で掴むしかないのです。

 その為にも「Keep」するしかない。

 あらゆる場所であらゆるねじれがあり、ねじれに遭遇するたびに自分の足元を確認する。

 今生きている場所が、中途半端な場所だと気づいているけど、やっていることは中途半端じゃない。

 毎日揺らぎながらも「Keep」し続けることで、自分にとっての美しい真実を掴めるかもしれない。

 そんな展示になれば幸いです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

A personal theme of the edge art exhibition of the hot water of Yamaga held on Sunday, May 1 is "Keep" more and more.

It is a thing of continuing.

Do not give it up.

Achieve it.

Does not the fact alone exist me ..only having the truth..?

It is not a translation where the person shoulders his life even if it is ridiculous if it sees from the person and it walks.

It dies anyway alone.

Your may being to be defeated at the tune pressure is only real lives other than the work. It might be reluctant in the human society because it is alive to some degree.

However,

There is no meaning where the picture is drawn when the work is defeated at it.

A word said by woman of going to painting classroom for years how many.

"It is not ..[nanikore].. not picturesque. "

This is a word of the person who doesn't notice the work defeated at the tune pressure.

Really frightening word.

Teacher's at the painting classroom word.

"Because it was a very good work, the student was told to see. "

The truth can do nothing but be gripped for myself.

"Keep" It can do nothing but do therefore.

Whenever all twists exist in all places, and it encounters the twist, my feet is confirmed.

Doing is not halfway though it is noticed that the place in which it is alive now is a halfway place.

The truth beautiful ..I.. might be able to be gripped by .."Keep".. continuing though it swings every day.

It would be greatly appreciated if becoming such an exhibition.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

新宿眼科画廊のポートフォリオ展参加を皮切りに、東京での展示を画策する。

 なんと言っても、資金がありませんからね。

 負担にならない所から始めるのが、いいように思われます。

 先日、遠山昇司氏が新町三畳美術館に見えられて、様々にお話しました。その中で、櫻井栄一の画風に合う東京のアートスペースをピックアップしていただき、大変感謝しております。

 いくらネットが発達しているとはいえ、最後は人間の目と体感で様々に判断するもの。遠山氏は実に多くのアートスペースを実見されていますから、この情報は自分で検索した情報よりよほど確かです。

 新宿眼科画廊は、天草在郷美術館の加藤笑平館長より教えていただいたもの。

 今後の東京での展示計画がぼんやりしていたものが、遠山氏のピックアップを持って自分なりに展開が見えたのは本当に凄い収穫です。

 今までの経験により、激しく急な展開を最初からやろうとしてもそれは無理。金銭的な無理はなるべく避けて、より効果的にピンポイントで突いていくと何か展開するかも知れません。

 で、この機会に自分のポートフォリオを徹底的に作り直すことに決定。どこか脇が甘いと自分でも感じていたのでいい機会です。

 今まで通り、やれることをやるだけ。

 それの繰り返しが今の自分を作っているのだな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

There is no capital even if it says very much.

Starting from the place not borne seems to be good.

It talked variously the other day as Noboru Toyama [tsukasadoshi] looked like 3 mat in Shimmachi museum. We wish to express our gratitude for picking up the art space of Tokyo suitable for Eiichi Sakurai's style of painting in that.

The end is variously judged from man's eyes and experiences even though how much net develops. Because indeed a lot of art space is inspected personally from Mr. Toyama, this information is much more certain than information retrieved for myself.

The Shinjuku ophthalmology department art gallery is taught what from the head of Tairadate of [wara] Kato in the agar-agar rural districts museum.

It is a really terrible harvest that seemed for the one with a dopy exhibition plan in Tokyo of the future to have Mr. Toyama's picking up in the in one's own way in development.

Even if an intense, sudden development is done from the beginning by the current experience, it is impossible. Money impossibility might develop something when avoiding as much as possible, and piercing it by the pinpoint more effectively.

It decides it to [de] and trying thoroughly make my portfolio on this occasion. When sideward somewhere is sweet, even I am a good chance because it felt it.

It is only done to do according to the current.

Its repetition must not make the my present self.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

ゴールデンウイークに開催される、熊本県山鹿湯の端美術展の絵がなかなか仕上がらない件について。

 熊本県山鹿湯の端美術展への出展が決まっているのですが、とにかく新しいパステル画を一枚でも出そうと描いております。

 昨年から今年にかけて、パステル以外の絵は結構描いてきたのですがパステルになるとどうも時間がかかりすぎているようです。

 今描いている絵はなんと、昨年の11月からずっと描いているもの。最近やっと終わりが見えてきましたが、次に描きたい絵の構想が溜まりすぎていて少しストレスに感じています。

 しかしですね、パステル画の方は本当に収益が上がらない!時間は一番かけているにもかかわらず。今まで3作品位しか売れたことがない。ビックリですね!

 つまり、パステル画を自由に描く時間を作る為に、他の絵を描いているという状況です。それはもう一生そうなんじゃないかと思う訳です。世間のニーズとどこまでもマッチングしないという事でOK。

 その、世間のニーズとあくまでマッチングしない作品群が山鹿の天聴の蔵に現れます。いいのかコレ、こんなこと書いて。いいか。

 今描いている作品が最新作ということになりますが、この作品実は昨年の熊日デザイン賞で三席をいただいたうさぎモチーフの2作品と合わせて三部作なのですね~、本当は昨年の5月に三部作として出品したかったものが、一年後に出来上がるという異常なトロさに自分でもあきれます。

 三部作という本来の姿でやっと展示できると思うと、ほっとします。

 いや、まだ油断できない感じだ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Even if even one anyway new pastel drawing is put out, it draws though the exhibition of the hot water of Kumamoto Prefecture Yamaga to the edge art exhibition is decided.

It seems to take time very much too much when becoming a pastel though pictures other than the pastel have been considerably drawn from last year to this year.

The picture drawn now has been very drawn since last November. Because the plan of the picture that draws next has collected too much, it feels it in the stress a little though the end came into view finally in recent.

Earnings do not go up really doing and the oak the pastel drawing. It is the best or time though it disregards. Only three work title has sold up to now. It is a surprise.

In a word, it is a situation of drawing other pictures to make time to draw the pastel drawing freely. It is a thought translation of might another life it so. It is a thing of matching neither needs at the people even where and OK.

The needs at the people and the work groups that do not match it to the end appear in the warehouse of [tenki] of Yamaga. It is good or is [kore], and these kind of things book [ite]. Is it good?

This work truth is a trilogy together with two works of the rabbit motif to get three seats with last year's design prize of the bear day though the work drawn now becomes the latest work. 、Even the [toro] [sani] I of being complete what exhibited as a trilogy last May in one year abnormal am amazed in reality.

It feels relieved when thinking that it is possible to finally exhibit by an appearance original, that is, the trilogy.

No, it is feeling that cannot relaxed its guard yet.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

夏目漱石の吾輩は猫であるを、今更ながら読んでみる。

 熊本にゆかりの深い夏目漱石先生。

 パリにいたとき、「熊本出身なのに小天温泉もしらないの?!」と驚かれました。

 そうなんです。不覚にも夏目漱石の本をただの一冊も読んでいなかったのです(今まで!)

 そして今更ながら吾輩は猫であるを読んでいる所なのですが。面白すぎる!なんで今まで読んでこなかったのか!

 説明は不要の本ですから内容は割愛しますが、苦紗弥先生の思考法がとても理解できるところに自分の難があるのではなかろうかと思ってしまう。

 これからは連続して漱石先生の本を読もうかと思っています。

 とか言いながら、シリアルキラーの本とかを手にとってしまう可能性もあるのですが。

 ちなみに、現在の小天温泉で一番有名なのは草枕温泉という、夏目漱石を紹介するブースを擁した夕日が美しい露天風呂がある温泉です。

 小泉八雲といい(これは読んでいる。怪奇大好き人間なので)文豪ゆかりの土地なのですね、熊本は。

 文豪以外にも、新町三畳美術館の近所に坂本竜馬や勝海舟、西郷隆盛が宿泊した場所の跡地があったり(小さい看板が出ている)、結構本通りから一本入ると目立たない看板があって散歩すると面白い発見があります。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is Mr./Ms. Soseki Natsume that the connection is deep in Kumamoto.

When is in Paris「Is it hot spring of a small heaven [moshiranai] it is a Kumamoto coming from?!」It was surprised. 

It is so. Soseki Natsume's free as much as one book was not unconsciously read (current).

And, afresh though I am a place where cat [dearu] is read. It is too interesting. Why have not you read up to now?

Because the explanation is an unnecessary book, I do not think the content for my accident to exist in the place where the idea method of a worried [sha**] teacher can be very understood though it omits.

It is thought that read Soseki's book continuously in the future.

Though there is a possibility of putting it away for the hand of serial killer's book saying, too.

By the way, it is in the hot spring the most famous in a present hot spring of a small heaven with the outdoor hot spring where the evening sun that had the booth where it introduces Soseki Natsume named the hot spring of the grass-pillow is beautiful.

Kumamoto good with Yakumo Koizumi (This is read.  Because it is mysterious, loving man) ..land of great writer [yukari] it...

There is an unremarkable signboard when also excluding the great writer, there is a site in the place where Ryoma Sakamoto, Kaishu Katsu, and prosperous Saigo stayed near 3 mat in Shimmachi museum (A small signboard has gone out) or it enters considerably from 1 high street and is an interesting discovery when strolling.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

書かなければいけない企画書が溜まってきた。

 本来絵描き的な思考の持ち主の為、企画書などを書かなければいけないという状況はそんなに好きではない訳です。

 しかし、企画書がなければ話しが進まない計画が確実に存在していて、それでやはり、結局書くのですが。

 ここ数年、書き散らかした企画書がけっこうあります。見返すと、我ながらアーティストとは企画書を書かなければいけないカテゴリーの人なのだなと思います。

 そんな事、知らなかったな。数年前まで。絵ばっかり描いてきたような気がする。

 企画書のブラッシュアップという名目で、何回か検討しなおす場合もあります。

 代理店の人のようです。

 いわゆるアートプロジェクト系の企画ですから、余計に平易に分かりやすく書く必要があります。それが災いしてイベント当日にお互いの意思疎通が出来ていない場合もあり、なかなか難しいものでもあります。

 またひとつ、5月の下旬か6月の頭にイベントを考えていて、その企画書も書きます。

 これは、多分アートですらない、ただ楽しければいいのではないかというイベントです。大きく宣伝もしませんし、知る人ぞ知る企画になればいいのかと考えています。もちろんブログ上では詳細をお知らせしますが、カテゴライズ的に言えばアートではないでしょう。パーティーに近いのかな。

 という訳で、書くとしますか。

 サリュ

Situation that it is necessary to write the proposal etc. for [eega] coming [teki] owner of [shikou] is such originally a translation not favorite.

A plan not advanced by speaking exists surely if there is no proposal however, then though it writes after all still.

It writes and there is considerably a littered proposal at last few years. I think that the artist shall not be a person of the category that should write the proposal though it is me when looking and returning it.

It ..such thing.. did not know. Several years ago. I think that it has drawn only the picture.

It is likely to examine it several times by the pretext of brush up of the proposal again.

It is in the agency like the person.

Because it is a project of a so-called art project system, it is necessary to write extra, simply, and plainly. It does harm, communication each other might be not made on that day of the event, and quite difficult one.

Moreover, it thinks about the event, and the proposal is written in the head in the end of one and May or June.

Perhaps..art..provide..happy..event.It doesn't advertise on a large scale, and it thinks whether only have to become a project knowing the knower. It will not be an art if it says in [kategoraizu] though it informs you of details of course on the blog. Are you near the party?

Do you assume writing by the translation?

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

izu♡milkさんが熊本シティFMに再びご出演されます!明日19日14:00~!

 オトコミHi Yo!という熊本シティFMの番組に、明日19日(火)14:00~よりizu♡milkさんがご出演されます。

 新町三畳美術館企画展の山鹿ガールvol.3は好評開催中です。この個展の宣伝も兼ねて、これまでのご自身の活動とそれにかける思いを話される模様です。

 自分の表現世界を発表するのも、それだけで大変な事ですが、それを宣伝して多様な方に見ていただくこともまた大変なことです。

 地道に活動を続けていく事の一つにこの宣伝活動があります。izu♡milkさんのそういった活動が実を結んだものだと思います。

 色んな場所にDMを置いてもらったり、パブリシティーをしたりと折角発表するのならばより沢山の方の目に触れたほうがいいでしょう。作家は作品を制作して発表するのと同じ位、宣伝に力を注がなければいけないと考えています。

 その部分が苦手な作家がかなり多く見受けられますが、苦手と言って終わっているから現状のままなのです。

 私は、幸運が向こうからやってくる事に期待しません。

 自分がなりたい、やりたいことをやる為には苦手ですが必要なことを地道に続けるしかありません。

 例え宣伝活動が失敗に終わったとしても、やる事はやったという自覚が残るほうが大切。

 それは失敗なのではなくて、絶対に次に繋がるステップなのです。

 そのステップを最短距離で踏んでもらう為に、新町三畳美術館の存在意義があります。

 明日の熊本シティFMを是非お聞き下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

[Otokomi] Hi Yo. Izu? or more of program in Kumamoto city FM on Tuesday, 19th 14:00 tomorrowWe will ..Mr. milk.. perform.

Yamaga girl vol.3 of 3 mat in Shimmachi museum special exhibition is popular holding it. The advertisement of this one-man show will be held concurrently, and the activity of oneself current and the desire put on it be spoken.

It is advertised and seeing is also serious in various one though it only is it and a serious thing to announce my expression world.

This propaganda is in one of the things keeping honestly acting. izu?I think that it is the one that such an activity of Mr. milk connected the truth.

You will touch eyes more if DM is put on the color [nna] place or the publicity is done and it is announced worth with much trouble. The writer thinks that it should devote its energies to the production of the work, the announcement, the same title, and the advertisement.

It is said it is not good and is a current state because it ends though quite a lot of writers not good at the part are seen.

I do not expect it of the thing that luck comes from the other side.

I want to become, and it exists only honestly keep a necessary thing though it is not good to do wanting do.

As for the done thing, even if the comparison propaganda falls through, it is important that consciousness of having done remain.

It is a step it is to fail by it that not is, and connected as follows absolutely.

There is a significance of existence of 3 mat in Shimmachi museum to step on the step by the beeline.

Please ask tomorrow's Kumamoto city FM by all means.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

アートイベント アートスイッチVol.3開催決定!今週末に一回目のNPOアートスイッチ理事会議を行います。

 いよいよ、開催が決まりましたアートスイッチVol.3!

 とりあえず2年前のVol.1の写真から。

  毎年試行錯誤しながら今年で3回目を迎えることになります。

 参加作家は今のところ未定ですが、これから逐次決まっていくことでしょう。

 テーマも概要は決まっていますが、詳細は今週末行うNPO理事会議で決まっていきます。

 新町三畳美術館で日曜夕方から行いますので、興味がある方はお問い合わせの上ご参加下さい。アートイベントがどういう風に巨大商業施設で開催されていくのか、今後そういうイベントを考えておられる方には参考になる会議かもしれません。

 Vol.3の立ち上げ会議ですから。

 作家から参加料をいただかない、売上からもマージンをいただかない。それでどうやってイベントを開催するのか。もちろん今のところ助成金もいただいておりません。

 参加料もマージンもいただかないかわりに、作家さんにはできるだけお客様に楽しんでいただく趣向をご用意していただくことになります。

 開催当初からの目的である、アートを見に来た訳ではないお客様のアートのスイッチをオン!にするためにはどうすればいいのか?

 なぜそうしなければならないのか。

 創作で生きて行こうと決めた若手が、途中でやめず、一応の生活の糧が得られるまでの、作品がそのレベルまで達するまでの道筋のひとつとして沢山のお客様に作品を見ていただいて買っていただく必要がまずあります。

 アート好きが集まるイベントなら、熊本にも沢山ありますからそこにも参加する必要があるでしょう。

 しかし、いつも同じお客様が来るという面もあるはずです。新しい顧客を獲得しないならビジネスは成り立って行かないでしょう。現代の日本ではパトロン的なお客様などいないのですから。特に熊本ローカルにそれを期待しても無理というもの。

 それならば、今現在はアートに興味を持っていない方達が多く集まる場所に、出て行かなければならないと考えています。興味を持つ必要がない方には大きなお世話なのですが、ビジネスの基本は大きなお世話がいつの間にか楽しかった、役に立ったというところ。

 そこに経済が回るチャンスがあるはずです。そいつを掴みにいきましょうという作家目線からすれば、そういう目的があるのです。

 8月のイオンモール熊本クレアの週末2Daysで、全体の集客数は約8万人。その中で一人でも興味を持っていただけたなら、とても意味がある事だと思いませんか?

 待っていただけなら、その人とは一生出会うことはなかったでしょう。

 ただ、それだけの為に今年も動きだします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 サリュ

Art switch Vol.3 that decides holding more and more.

The third times in this year will be faced while trying and erring every year.

It will one by one decide in the future though the participation writer is at present undecided.

Details are decided at the NPO director conference held at the end of this week though the outline is decided to the theme.

It does in 3 mat in Shimmachi museum on Sunday evening, and participate in interesting one, please after it inquires. It might be a conference that serves as a reference to the person who will think about such an event in the future what wind is held the art event in a huge, commercial facilities.

Because it is a start-up of Vol.3 conference.

I do not get the margin from sales not to get the entry fee from the writer. And, how is the event held?Of course at present, I do not get the subsidy.

The writer will prepare the idea that the customer enjoys as much as possible instead of getting neither the entry fee nor the margin.

The switch of the art of the customer who did not come to see the art who is the purpose from at first of holding is on. Is it [hadousurebaiinoka] in [nisurutame]?

Why should I do so?

The young man who decides that it lives by the creation doesn't give up in midstream, and, first of all, there is a necessity for a lot of customers' seeing the work to the level as one of the routes to reaching and buying the work to obtaining provisions of the life of one respondent.

It is likely to have to participate there because it is a lot also in Kumamoto if it is an event in which the art lover gathers.

However, there must be respect that the same customer always comes, too. The business might not consist if it doesn't yield a harvest of new customers. Because there is no patron customer in modern Japan. Especially, even if it is expected of local Kumamoto, it is the one of impossibility.

It is thought that it is necessary to go out to the place in which interested people gather a lot as of now if it is it. It was useful.

There must be a chance that economy turns there. There is such a purpose from the writer eye line where [soitsu] is said living in the grip.

It is 2Days on ion lace Kumamoto Clare's weekend of August, and the entire number of attracting customers is about 80,000 people. Will you think that it is a very significant thing if it was possible to be interested even by oneself in that?

It was likely not to have met the person through life if it was able to be waiting.

However, it begins to move only for it this year.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

5月14日より、新町三畳美術館の展示は「熊本日日新聞 連載小説挿絵原画展」となります!

 2010年12月に熊本日日新聞で10回連載された、連載小説の挿絵原画展を開催致します。ちょうど一カ月後位の5月14日~5月31日まで。

 第32回県民文芸賞 小説1席になりました「山風の町」という小説の挿絵です。

 鉛筆の2号の原画が10作。プラス風景画を展示するという企画です。もちろん、新聞掲載時のまま小説を読んでいただける環境を整えたいと思っております。

 自分の企画は、阿蘇一の宮カレンダー原画展以降2回目となります。

 年に何回というよりは、タイミングがあった時に開催しようかと思っております。

 山風の町の原画も、こういう機会を捉えて発表しないとずっとお蔵入りという状況です。

 Img349s 

  掲載時の感じです。

 お話は、昭和初期の田舎で起きる殺人事件を契機に、父子の関係性が繊細に語られるというもの。

 第二次大戦直前の田舎の風俗が分からず、一応調べはしたもののある程度は想像にまかせた部分もありました。

 この第一回目の絵にしても、日露戦争の将校だったという人の刀なのですが、実は本当はサーベルが正しいのですね。日本刀が登場するのは第二次大戦以後なのです。

 が、初回でカラーでしたので殺意のイメージが伝わりやすい、日本陸軍の刀に変更してあります。サーベルは少しオシャレ感が出てしまいます。

 そういった感じで前10回、毎回色々調べながら描いた軌跡をご覧になられて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I will hold the cut-in illustration original picture exhibition of the serial novel serialized ten times with the Kumamoto date newspaper in December, 2010. 14 in May after about just one month?Until May 31.

It is a cut-in illustration of the novel "Town of the mountain wind" that becomes one the 32nd inhabitants of the prefecture art and literature prize novel seat.

The second original pictures of the pencil are ten works. It is a project of exhibiting the plus landscape. Of course, I want to straighten the environment that can read the novel ..the remainder as the newspaper is published...

My project becomes the 2nd times since the Imperial prince calendar original picture exhibition of Aso 1.

It is thought that hold it when there is timing rather than.

The original picture of the town of the mountain wind is a situation of ..possession.. beginning for a long time if such a chance is seized and it doesn't announce.

It is feeling when publishing.

The one of relation of father and son's talk's being delicately talked with murder that occurs in the country of the beginning of the Showa era.

There was a part that had been left to the imagination to some degree though customs of the country immediately before World War II were not understood, and it examined it tentatively, too.

As for the picture of this time first, the saber is correct though it is a sword of the person that it was an officer of Russo-Japanese War actually in reality. It is after World War II that the Japanese sword appears.

However, because it was first time and a color, it is changed to the sword of a Japanese army to which it transmits easily in the image of murderous intent. The dressing up feeling goes out of the saber a little.

Tracks drawn while examining it every time variously must be seen the first ..such feeling.. times it.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガール 好評展示中です!

 今回のizu♡milkさんの、新展開した世界「新町斬ルガール」はロックな女性と、男性に特に人気があるようです。

 老舗クラブのJailのオーナー、タカシさんもお気に入りで早速「新町斬ルガール」グッズをご購入。

 単純に言うと、タランティーノのキルビルな世界感に近いのかなと。

 もちろん、スーパーローカルファッションフォトですから、新町でないと撮れない写真です。

 人を殺す為の道具を作る。

 生きる為に。

 本来鉄に関わる仕事は、鉄の精製の段階から女人禁制の場合がほとんどな訳ですから、女性が打つ刀という存在に色気を感じてしまいます。

 その刀はある筋には非常に人気があり、殺傷能力のある部分が特化しているといったような妄想も膨らんできます。毎日見ていると。

 次はどうなるのかなといった展開の仕方に、さらなる可能性を感じる展示になっております。

 山鹿ガール未体験の方は是非お越し下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

This izu♡milk It seems to be especially popular among the man with the woman ..world "Shimmachi [kirugirl]" of izu♡milk that develops newly.. ..no lock...

The owner and Takashi of Jail of a long-established club also immediately buy "Shimmachi [kirugirl]" goods in the favorite.

..Tarantino's [killbill].. whether it is near [sei] field feeling when simply saying.

Of course, it is a photograph that cannot be taken if it is not Shimmachi because it is a super-local fashion photo.

The tool to kill the person is made.

To live.

As for the work originally related to iron, because most cases of no admittance to women are ..becoming it.. [yaku], I feel amorousness from the stage of the refinement of iron in existence of sword that the woman tempers.

The delusion that the part that is very popular among a certain stripe, and has the bloodshed ability specializes swells with the sword, too. When seeing every day.

The following are exhibitions that feel a further possibility in the method of development how it becomes it.

Please come to the Yamaga girl unexperience by all means.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

最近大容量のデータのやりとりで、そういった事の知識のなさを知って愕然としています。

 大容量のデータのやりとりが増えてきて、送ったけど破損していると印刷会社から返信がきたりとなにかとPCの勉強不足が露呈していますが。

 それでも、手書きの入稿よりはスピードは上がっている気がします。

 写真関係の人は、膨大なデータの整理だけでも大変なんじゃないでしょうか。

 ファイル便というのを知ったのも最近。

 今までそんなに大きなデータを扱ってきませんでしたから。

 でもこれからは頻繁に扱うことになるのでしょう。先日PCのメモリを増設。今まで1Gしかなかったのか。どうりで遅いはずです。とりあえず1.5Gにしてvistaの基本機能をほぼ停止にしたらなんとかイラストレーターも固まらずに動きます。

 便利になった反面、必要知識の膨大さ、煩雑さに頭を悩ます日々。

 もうすぐしたらモヒカンポシェットのブックレットが上がってきます。新町三畳美術館として初めて制作したもの。

 新町三畳美術館デザイン室はすでに立ち上がっております。今後も様々な制作物を手掛けるでしょう。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

遊美塾写真展を見て、夜桜を見る。

 遊美塾の写真展を、熊本県立美術館分館に見に行きました。

 とても素晴らしい写真展でした。写真って本当にいいなぁと素直に感じれる展示で、最近展示を見る機会が減っているので、とてもいいものを見せていただきました。

 その後は、一旦新町三畳美術館に戻り、夜桜を見に行くことに。

 宮部氏も合流して、夜の城彩苑へ。夜の人気がない城彩苑は、一見の価値あり!

 そうか、夜、本当の姿を現すのか。早く古くなってもっと風情が出てくれば完璧です。

 一番奥のバイキングへ入ってみると、しゃぶしゃぶの食べ放題!

 時間ぎりぎりまで飲んで食べて、そのあとは熊本城へ移動。加藤神社前にある桜の木の下で、シートを敷いて日本酒を飲みます。南阿蘇村の無農薬、無化学肥料で栽培した酒米を55%削った限定酒、「天祥地瑞」。景色もマッチングして、最高に旨い!つまみもいらない!

 このお酒のラベルは私と宮部氏で手掛けたものです。

 「この桜を見らんで明日死ぬよりは、見て死んだほうがよか」

 宮部氏の言葉通りの美しさ。

 永遠にずっと枯れないなんて 燃えないゴミと一緒じゃないか byハイロウズ 不死身の花

 咲き誇って散る桜を見る目は、毎年より愛おしくなっていきます。

 特に今年は、目に染みいるような美しさでした。

 どうか来年も無事に桜を見ることができますように。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It went to see in the photograph exhibition of [yubijuku] to ..Kumamoto Prefectural Museum of Art.. pavilion.

It was very wonderful photograph exhibition. Because the chance to see the exhibition recently had decreased because of the exhibition that was able to be felt obedient that the photograph was really good, the very good one was shown.

Afterwards, to the return to 3 mat in Shimmachi museum once, and going to see the cherry blossoms in the evening.

Mr. Miyabe also must join, and to [jyousaien**] at night. Value is in popular [ganai] [jyousaien**] at night about the glance.

Is it so or is shown the actual shape at night?If it becomes old early and air comes out more, it is perfect.

The all-you-can-eat of the shabu-shabu when the most much entering Viking in the interior.

After that, it moves to the Kumamoto castle eating drinking to the time very limit. The seat is paved under the tree of cherry blossoms in front of the Kato Shinto shrine and sake is drunk. Limited sake that planes brewer's rice grown with no agricultural chemicals and no commercial fertilizer of the south Aso-son by 55% and "[Tenshouchizui] [**]". Scenery is matched, and it is delicious highest. The switch is also unnecessary.

The label of this sake is the one having handled it by Miyabe and Mr. me.

"It is [ka] as for this cherry blossoms ..see and would rather die than die looking [rande] tomorrow... "

Beauty the same as Mr. Miyabe's word.

It is not the same not to wither for a long time through all eternity as the noncombustible waste or flower of the by [HighLows] invulnerability.

In full bloom..scatter..cherry blossoms..see..eye..every year..love..pave..become.

Especially, it was beauty that the stain is in eyes this year.

Please can safely see cherry blossoms next year.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

絵描きとしての方向性。

 ずっと、夜の世界に過ごす鬱憤が溜まった若者の姿を描いていると思われていますが。

 描いている本人にそういう鬱憤があるのかと言えば、膨大にあります。

 だから絵に出てくるのでしょうか。そうだと思います。

 描き始めた最初から、モラトリアムだなと言われてきました。そうでしょう。実のところ、アートをやっているという自覚がほとんどありません。これはロックなのです。

 どういうことかというと、もう字面通りロック。感覚としては、絵画ですらない。それがそこにあれば自分には気持ちいいいうもの。美とかコンテクストとかをはねのけてしまうもの。

 そういうものを描きたいと思っているのです。そうじゃなかったら絵描きをやっている意味もないのだし。

 自分の鬱憤を社会のせいにしているのかねと、パリで個展したときにもと大蔵省勤務で定年してパリに過ごす人に言われた。うんざりする。

 そう感じたんなら、そうだろうよ。ロスジェネと今現在の就職氷河期は社会構造そのもののせいじゃないと言っている奴は信用するな。特に自分に都合がいい数字をかざして、本を書いたりミスマッチ論とか唱える奴は。運よく安定した立場にいる奴が、不安定な立場にいる奴を自己責任論で責めるという構造はなんなのでしょうか。

 ま、公務員もリストラされる時代ですから、安定なんて幻想ですけど。

 そういうことを、言葉じゃなくて色とフォルムで表現しているのです。自分が正しいとか、間違っているとかも関係なく、こう描かないと俺は不愉快でしょうがないというものを描いている。それを感覚というのならそうかもしれない。生きてきて、実際に感じたことを投入するだけのこと。

 言葉にするとグルグル核心の周辺をなぞるだけになってしまうので、作品集をご覧ください。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Though it is thought that the appearance of the young person where the resentment spent in the world of the night is collected is drawn for a long time.

It is hugely if whether the person in question who is drawing has such resentment is said.

Therefore, do you go out to the picture?I think it is so.

It has been said that no moratorium from the beginning that began to be drawn. It might be so. As a matter of fact, there is little consciousness of doing the art. This is a lock.

The character side street has already been locked what it is. There is not a painting as a sense either. It is the one said it is pleasant to me if it is there. The one to reject beauty or context.

I want to draw as such. There is not a meaning to which [eega] comes when it is not so either.

Whether his resentment was done it was because of the society was said by the person who spent it by piece spread the wings [tatokinimo] and the Ministry of Finance work in retirement age [shite] Paris in Paris. It is disgusted.

It might be so if it felt it so. The fellow who says that the reason for the ice age as of [rosujene] and now is not that the social structure must not trust it. Especially, the book is written and the mismatch theory or the fellow who recites : holding up a convenient figure in me. What is the structure that the fellow in a fortunately steady standpoint blames the fellow at the precarious position by the self-responsibility theory?

Stability : in the fantasy because it is an age when it reels and , civil servant is downsized.

This is not a word and is expressed by the color and the form. The one of not being is drawn though I will be unpleasant if I correct or wrong is unrelated, and it doesn't draw so. It might be so in case of the sense. It is only turned on to have actually felt it because it lives.

It becomes because in conspiracy and in conspiracy the core surrounding is traced when making it to the word, and see the work collection, please.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

新しい見方、それは概ね部外者からもたらされるのではないでしょうか?

 本日も新町三畳美術館企画展 山鹿ガールvol.3 やさぐれ花魁vs新町斬ルガールは新町のギャラリー光源処を利用されている方々がお見えになりました。

 昔から見慣れている町家を使った写真をご覧になられて、とても楽しまれていました。普段見ていた景色が変わって見えるというのは素晴らしい娯楽だと思います。

 どこか違う場所に行って新しい娯楽を発見するのも楽しいですが、いつもいる場所が楽しい場所になる経験の方が珍しいのではないでしょうか。

 そうなる為には、全くの部外者が外から見た感覚を持ちこんだほうが早いのかなと。

 そういう意味では今回の展示はとても面白いものです。

 新町の町家を使って何かしたいという団体も、快く協力していただけました。長年活動しているとどうしても新しいアイデアが生まれにくくなるものなのかも知れません。こういう方向の使い方があるのかと思われたようです。

 そして、軽い動機と強力な実行力をモットーににこれからも様々なことをやっていきたいです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The people for whom the gallery source of light conduct oneself in Shimmachi was used came in 3 mat in Shimmachi museum special exhibition Yamaga girl vol.3 and [sagure] [hana**] vs Shimmachi [ki] [ruga-ru] today.

Because the photograph where the tradesmen's house got used to seeing for a long time had been used was seen, I was very enjoyed. I think that it is a wonderful amusement to seem that the scenery usually seen changes.

The experience that the place that is always comes in a happy place might be more unusual though it is also happy to go to a different somewhere place and to discover a new amusement.

Whether it is early to bring the sense that a complete outsider saw from the outside in to be so.

This exhibition is very interesting in such a meaning.

The group that wanted to do something by using the tradesmen's house in Shimmachi was able also to cooperate pleasantly. It cannot also know whether it is the one that comes for fresh new ideas not to arise easily when acting for years. It seems to have been seemed that there was a usage in such a direction.

And, it wants to do a light motive and a strong ability to get things done and to do the [nikorekaramo] variety to the motto.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

新町三畳美術館は一周年を迎えました。今後とも宜しくお願い致します。

 早いもので、新町三畳美術館は3月で一周年を迎えさせていただきました。

 記念企画などは特別行いませんが、あっと言う間の一年でした。

 昨年10月から、企画展を開催し始め、今回のizu♡milkさんの展示で三回目の企画展となります。

 本当に三畳のスペースを美術館として扱い始めて、一体どうなるものかと思っていました。できることから始めるというスタンスで、初めての企画は南阿蘇村の陽窯「ぜんとやうやう」展。

 陶芸を扱うのも初めてなら、作家を紹介することも慣れていないなか読売新聞に記事を掲載していただき、FMKのモーニンググローリーに作家さんが出演されました。

 次回の宮部竜二氏「人間」展では、朝日新聞に記事を掲載していただき、KABのニューストレインにもご出演。新町町家アートホームの企画にも参加されました。オープニングパーティーではkmacも同時開催、三畳スペースに30人近い参加者とともに大盛況でした。

 そして今回の山鹿ガールvol.3。月刊mocosにイベントとして紹介していただき、本日のCity FMの「はっぷん校区」にご出演されます。

 こういう風に使わなかったら、完全にデッドスペースだった築100年の町家が、曲りなりにも各種メディアに出させていただいてある意味公的に表に出たことを想うと、とてもありがたいことです。

 今後も面白い企画をやっていけたらと考えています。その為にも面白い企画が重要です。面白い企画がない場合はつなぎの企画などはありません。

 そういう、偏屈で特化したオルタナティブアートスペースが熊本にひとつくらいあってもいいと思います。天草には天草在郷美術館がありますが。ちなみに今週末からマツモトマサヒデ氏の個展が開催されますので、ぜひ天草にもお越しください。

 新町三畳美術館の次回企画は櫻井栄一に関する展示です。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I was going to do 3 mat in Shimmachi museum on a round year in March by the early one.

It was one year while it said of [atto] though the commemoration project etc. were not specially done.

It begins to hold the special exhibition, and this izu? from October last year. It becomes the third special exhibition in exhibit about Mr. milk.

Because it began to treat the space of three mats really as a museum, it was thought how it on earth became it. Because it is possible to do, the stance of starting, and the first project is [zento] and [uyau]" ..[youkama] ".. exhibition of the south Aso-son.

Introducing the writer was not accustomed either, and it ran a story to the [inaka] Yomiuri newspaper, and it ..writer.. performed to the glory of the morning of FMK in case of the first time the treatment of the ceramic art.

In the next Ryuji Miyabe "Man" exhibition, it runs a story to Asahi Shimbun, and it performs to the news train of KAB. It participated in the project of the art of the person of the Shimmachi-cho home. It was large flourishing at the opening party with the participant that kmac is near holding simultaneously and three mat space by 30 people.

And, this Yamaga girl vol.3. It introduces to monthly mocos as an event, and we will perform to "[Ppun] school district" of today's City FM.

It is very welcome when thinking going out of will putting out the tradesmen's house's completely bending for old dead space 100 years when not using it for such a wind to various media to the table meaning publicly.

It is thought that can do an interesting project for the future. The project that it is interesting therefore is important. The tie is not planned when there is no interesting project.

I think that you may be in Kumamoto such about one alternative art space in which it specializes obstinately. Though there is an agar-agar rural districts museum in agar-agar. By the way, [matsumotomasahide]'s one-man show is held at the end of this week, and come to agar-agar by all means, please.

The project for next time of 3 mat in Shimmachi museum is an exhibition concerning Eiichi Sakurai.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

City FMにizu♡milkさん出演です!!

 4月6日(水)14:50~「はっぷん校区」というCity FMの番組に、izu♡milkさんがご出演されます!!

 先日の日曜日に開催致しましたオープニングパーティーも盛況でした。

052 053 045 033

 途中では美術館を飛び出して、町の色んな場所で撮影開始!

 着物を着ているだけで、注目されます。

 もう、外国人と同じ目線で着物を見ている自分に気づきます。普段着ではなくなっていますから。

 パーティー参加の岡松氏も、なぜかメディアを使い切ってしまう程の撮影量。

 今月末までの展示ですのでお気軽にお越し下さい。

 明日のラジオもお楽しみに!!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »