« 夏目漱石の吾輩は猫であるを、今更ながら読んでみる。 | トップページ | 新宿眼科画廊のポートフォリオ展参加を皮切りに、東京での展示を画策する。 »

2011年4月21日 (木)

ゴールデンウイークに開催される、熊本県山鹿湯の端美術展の絵がなかなか仕上がらない件について。

 熊本県山鹿湯の端美術展への出展が決まっているのですが、とにかく新しいパステル画を一枚でも出そうと描いております。

 昨年から今年にかけて、パステル以外の絵は結構描いてきたのですがパステルになるとどうも時間がかかりすぎているようです。

 今描いている絵はなんと、昨年の11月からずっと描いているもの。最近やっと終わりが見えてきましたが、次に描きたい絵の構想が溜まりすぎていて少しストレスに感じています。

 しかしですね、パステル画の方は本当に収益が上がらない!時間は一番かけているにもかかわらず。今まで3作品位しか売れたことがない。ビックリですね!

 つまり、パステル画を自由に描く時間を作る為に、他の絵を描いているという状況です。それはもう一生そうなんじゃないかと思う訳です。世間のニーズとどこまでもマッチングしないという事でOK。

 その、世間のニーズとあくまでマッチングしない作品群が山鹿の天聴の蔵に現れます。いいのかコレ、こんなこと書いて。いいか。

 今描いている作品が最新作ということになりますが、この作品実は昨年の熊日デザイン賞で三席をいただいたうさぎモチーフの2作品と合わせて三部作なのですね~、本当は昨年の5月に三部作として出品したかったものが、一年後に出来上がるという異常なトロさに自分でもあきれます。

 三部作という本来の姿でやっと展示できると思うと、ほっとします。

 いや、まだ油断できない感じだ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Even if even one anyway new pastel drawing is put out, it draws though the exhibition of the hot water of Kumamoto Prefecture Yamaga to the edge art exhibition is decided.

It seems to take time very much too much when becoming a pastel though pictures other than the pastel have been considerably drawn from last year to this year.

The picture drawn now has been very drawn since last November. Because the plan of the picture that draws next has collected too much, it feels it in the stress a little though the end came into view finally in recent.

Earnings do not go up really doing and the oak the pastel drawing. It is the best or time though it disregards. Only three work title has sold up to now. It is a surprise.

In a word, it is a situation of drawing other pictures to make time to draw the pastel drawing freely. It is a thought translation of might another life it so. It is a thing of matching neither needs at the people even where and OK.

The needs at the people and the work groups that do not match it to the end appear in the warehouse of [tenki] of Yamaga. It is good or is [kore], and these kind of things book [ite]. Is it good?

This work truth is a trilogy together with two works of the rabbit motif to get three seats with last year's design prize of the bear day though the work drawn now becomes the latest work. 、Even the [toro] [sani] I of being complete what exhibited as a trilogy last May in one year abnormal am amazed in reality.

It feels relieved when thinking that it is possible to finally exhibit by an appearance original, that is, the trilogy.

No, it is feeling that cannot relaxed its guard yet.

[Saryu]

 

|

« 夏目漱石の吾輩は猫であるを、今更ながら読んでみる。 | トップページ | 新宿眼科画廊のポートフォリオ展参加を皮切りに、東京での展示を画策する。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウイークに開催される、熊本県山鹿湯の端美術展の絵がなかなか仕上がらない件について。:

« 夏目漱石の吾輩は猫であるを、今更ながら読んでみる。 | トップページ | 新宿眼科画廊のポートフォリオ展参加を皮切りに、東京での展示を画策する。 »