« 書かなければいけない企画書が溜まってきた。 | トップページ | ゴールデンウイークに開催される、熊本県山鹿湯の端美術展の絵がなかなか仕上がらない件について。 »

2011年4月20日 (水)

夏目漱石の吾輩は猫であるを、今更ながら読んでみる。

 熊本にゆかりの深い夏目漱石先生。

 パリにいたとき、「熊本出身なのに小天温泉もしらないの?!」と驚かれました。

 そうなんです。不覚にも夏目漱石の本をただの一冊も読んでいなかったのです(今まで!)

 そして今更ながら吾輩は猫であるを読んでいる所なのですが。面白すぎる!なんで今まで読んでこなかったのか!

 説明は不要の本ですから内容は割愛しますが、苦紗弥先生の思考法がとても理解できるところに自分の難があるのではなかろうかと思ってしまう。

 これからは連続して漱石先生の本を読もうかと思っています。

 とか言いながら、シリアルキラーの本とかを手にとってしまう可能性もあるのですが。

 ちなみに、現在の小天温泉で一番有名なのは草枕温泉という、夏目漱石を紹介するブースを擁した夕日が美しい露天風呂がある温泉です。

 小泉八雲といい(これは読んでいる。怪奇大好き人間なので)文豪ゆかりの土地なのですね、熊本は。

 文豪以外にも、新町三畳美術館の近所に坂本竜馬や勝海舟、西郷隆盛が宿泊した場所の跡地があったり(小さい看板が出ている)、結構本通りから一本入ると目立たない看板があって散歩すると面白い発見があります。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is Mr./Ms. Soseki Natsume that the connection is deep in Kumamoto.

When is in Paris「Is it hot spring of a small heaven [moshiranai] it is a Kumamoto coming from?!」It was surprised. 

It is so. Soseki Natsume's free as much as one book was not unconsciously read (current).

And, afresh though I am a place where cat [dearu] is read. It is too interesting. Why have not you read up to now?

Because the explanation is an unnecessary book, I do not think the content for my accident to exist in the place where the idea method of a worried [sha**] teacher can be very understood though it omits.

It is thought that read Soseki's book continuously in the future.

Though there is a possibility of putting it away for the hand of serial killer's book saying, too.

By the way, it is in the hot spring the most famous in a present hot spring of a small heaven with the outdoor hot spring where the evening sun that had the booth where it introduces Soseki Natsume named the hot spring of the grass-pillow is beautiful.

Kumamoto good with Yakumo Koizumi (This is read.  Because it is mysterious, loving man) ..land of great writer [yukari] it...

There is an unremarkable signboard when also excluding the great writer, there is a site in the place where Ryoma Sakamoto, Kaishu Katsu, and prosperous Saigo stayed near 3 mat in Shimmachi museum (A small signboard has gone out) or it enters considerably from 1 high street and is an interesting discovery when strolling.

[Saryu]

|

« 書かなければいけない企画書が溜まってきた。 | トップページ | ゴールデンウイークに開催される、熊本県山鹿湯の端美術展の絵がなかなか仕上がらない件について。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石の吾輩は猫であるを、今更ながら読んでみる。:

« 書かなければいけない企画書が溜まってきた。 | トップページ | ゴールデンウイークに開催される、熊本県山鹿湯の端美術展の絵がなかなか仕上がらない件について。 »