« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

熊本市新町出身の幕末の志士、河上彦斎(かわかみげんさい)を知っていますか。

  河上彦斎(かわかみげんさい)
白川県肥後国飽田郡熊本新馬借町生まれ。
幕末の尊王攘夷派武士。幕末四大人斬りのうちの一人。
思想家・佐久間象山を白昼堂々斬り伏せる。維新後、明治四年に斬首。
攘夷思想を持つ彦斎が開国を推し進める新政府に従わなかったための斬首ともみられる。
裁判では「新政府の方針に従い共に働いてはくれないか」と何度も説得されるが、
尊攘を夢見て共闘してきた仲間たちのことを思うと志を曲げられないと、断固拒否した。

維新後、開国政策へと走る新政府は、あくまでも攘夷を掲げる彦斎を恐れた。
二卿事件への関与の疑いをかけられ、続いて参議広沢真臣暗殺の疑いをかけられ明治4年12月斬首。
しかし、この暗殺事件に彦斎は無関係といわれており、新政府の方針に従わなかった為の斬首とみられる。

 青雲の志をもって尊王攘夷を目指したが、時代は志とは違う方向に進んでしまった。最後まで初志を貫き、斬首されてしまうある意味では悲劇の志士です。

 身の丈五尺で美青年であったと伝わっております。

 なぜこの話をしているのかと言うと、秋の新町のアートイベントはこの河上彦斎を中心にしたものになる予定だからです。

 結果は斬首に終わったけれども、運動をしている当時は自分達に正義があると信じていた。歴史は過去の事象を分析することで生み出されていきます。当事者達はそれも意識しながら行動する。特に武家社会では、歴史意識は強烈でしょう。

 彦斎も、最後まで転向はしません。坂本竜馬や桂小五郎などと比べてみても、はるかに要領が悪い。岡田似蔵ほど無差別に人を斬ってもいないので、悪名も高くない。

 最後も惜しまれながらの斬首です。ここから浮かび上がってくるのは、尊王攘夷に賭けたが果たせず、この世を去った高潔な男の姿です。

 人斬りと言ってしまうとテロリズムの匂いがしますが、彦斎は無暗に斬ってはいませんし長州藩と一緒に戦に加わっていることを考えると、テロで歴史を変えようとした人物ではありません。

 結果的には歴史の主流にはなれなかったが、最後まで自分を通した人。

 このスタイルが、熊本市新町ローカルアートのテーマとしてジャストだと考えました。

 今後、イベントが実行可能になり次第のご報告となります。

 さて、企画書のブラッシュアップかな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Kawakami Gensai
Shirakawa Prefecture Higo country Akita-gun Kumamoto new [umashaku] town birth.
Samurai of royalism expulsion of foreigners sect at the end of shogunate. One of four adult the end of shogunate [kiri].
The philosopher and Sakuma Zozan are cut in a dignified manner in open daylight and it turns down. It decapitates it in 1871 after the restoration.
It is thought the decapitation because of not following to the new government to which [****] with the expulsion of foreigners thought promotes opening the country to the world.
If the will is not bent when thinking of companions who dream [touto**] and have struggled jointly, decisive refusal [shita] in the trial , saying that "Does not both work according to the policy of the new government?" though persuaded many times.

After the restoration, the new government that started to the policy of opening the country to the world feared [****] that hung out expulsion of foreigners to the last.
The doubt of the Kotaku of attending the meeting [shinshin] assassination is put doubt of participation in the event by two lords being put, and continuously and it decapitates it in December, 1871.
However, it is said that [****] is irrelevant to this assassination, and is thought the decapitation because of not following to the policy of the new government.

It has advanced toward a direction different from the will in the age though it has the high ambition and it aimed at the royalism expulsion of foreigners. In a sense, it is a patriot of the tragedy who carries out one's original intention to the last minute, and is decapitated.

When it is a height five shakus of the body and it was handsome boys, it transmits.

The reason for the art event of Shimmachi of autumn is that it is scheduled to become the one that this [****] Kawakami was made a center when why this story is told is said.

At that time, at the time of moved the result was believed that we had the justice though ended in the decapitation. The history is invented by analyzing a past event. Persons concerned act while considering it. Especially, the historical consciousness might be strong in the samurai society.

[****] doesn't convert it to the last minute either. Points are far worse compared with Ryoma Sakamoto and Japanese judas tree small Goro, etc.Because [okadasoguzou] doesn't indiscriminately cut the person, notoriety is not high either.

It is a decapitation of the regret of the end. It is not possible to accomplish, and the appearance of a noble man who departed this world though the royalism expulsion of foreigners was bet coming to the surface from here.

[****] is not and is not a person who tried to change the history in terrorism when thinking the joining to the war with Choshu Domain when excessively cutting it though it smells like the terrorism when calling person a [kiri].

The person who lets himself/herself pass to the last minute though it was not possible to become the main current of the history consequentially.

It was thought just this style as the theme of a Kumamoto City Shimmachi local art.

It will become a report as soon as the event becomes executable in the future.

Well, is it brush up of the proposal?

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

1998年。世紀末から作家活動を始めたことと、自分が描きたいことのリンクについて自己分析を始めた。

 最初は絵を描く事が好きだからという理由だったかもしれません。

 学校を卒業し、作品世界を世に問い始めてからは、何故自分は絵を描いているのかを言葉で説明し続けてきました。

 今回、自分のポートフォリオを徹底的に作り直す為、自分の過去と向き合っています。そこには10年以上に渡り引き裂かれてきた想いと、誰にも評価されることなく活動を続けてきた暗闇が横たわっているのが見えます。

 作品世界と社会の動向が無関係では済まされないのが、自分の画風だと思っています。しかも明るい面よりも暗黒面に反応してしまう。

 評価されない鬱屈と、なにかが歪んでいるこの世界の共鳴を、時代の表層で起こった事件をつぶさに見て行くことで理解していく作業。

 そこには昔からのマスメディアの偏向報道に影響されている自分もいて、例えば1999年は宇多田ヒカルのCD700万枚のミリオンセラーの影で、光市母子殺害事件が起こっているし、少年達の犯罪が凶悪化して少年法が改正された年でもあります。

 最初の就職氷河期でもあった。

 メディアで知らなければ、自分にはほとんど関係ない事柄ですが、ほぼ毎日テレビに触れていた当時の事を考えると影響を受けずにいるのはほぼ無理。

 マスメディアの報道に一喜一憂しているのは、今だって日本ではよく見かける光景です。

 メディアの報道の向こうには、実際に事件が起きているのだから、何故その事件が起きてしまったのかはまた別問題である訳ですが。

 そうやって時代と自分の関係を今、ひも解きつつある状況です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It might have been [toiu] reason first because it liked to draw the picture.

School..graduate..work..world..world..ask..why..picture..draw..word..explain.

This time, to try to make my portfolio thoroughly, it is opposite to my past. The dark that has kept acting is seen for the desire that has torn for ten years or more and nobody to evaluate and to lie there.

It is thought that it is my style of painting that the trend of the work world and the society is not settled with the irrelevance. Moreover, it reacts from bright respect to the dark side.

Work to understand resonance of this world where mope and something not evaluated have been distorted from seeing event that happens on surface in age minutely.

I influenced by the biased media account of the mass media from old times am there, too and 1999 year has happened by the shadow of Hikaru Utada's CD7,000,000 million seller the optical city mother and child murder, and is , for instance, year when boys' crimes become atrocious and Juvenile Law was revised.

It was the first ice age.

It is almost impossible little being influenced from me when thinking about a thing at that time at the time of almost touched the television every day though it is an unrelated matter if it doesn't know with media.

It is a spectacle that fluctuates between hopes and fears to the report of the mass media often still seen in Japan.

Why the event also has occurred because the event has actually occurred in the other side of the report in the media also : though is a translation that is another question.

It does so and the situation of the relation between the age and me in which the lamplight is being solved now.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

震災後の最重要テーマは、移住後の雇用を確保できるかですが、ローカルなアーティストにそのテーマを背負えるか?

 震災後に、熊本でも様々なアーティストの試みがなされていると思います。

 チャリティーイベントとかは、アーティストの体力が続く限りやり続ければいいと考えます。

 放射能の影響を考慮して、熊本へ移住されている方々の話しも最近は多く耳にします。そんな中で、本来行政が行った方が効率がいい事柄を主張しているアーティストがいますね。

 例えば、空いている町家に移住してくる方々を住まわせてはどうか。

 それはアーティストとして言っているのか、一市民として言っているのか。それは行政の問題でその町の自治会とかに要求しても詮無いことだと思わないのか?

 県議、市議会の選挙にちゃんと行ったのか?自分の主張を聞いてくれる政治家と話をしてみたか?

 そしてそれはアーティストとして本望な仕事なのか?

 それは行政の仕事です。自分の主張を通そうと思うなら、効率的なやり方はあります。市役所や県庁に相談しに行けばいいし、聞いてくれないなら数の論理を使うしかない。

 どれだけ数を揃えても、反原発のデモは報道されないし、署名は無視される。それでもやるしかないから不毛に見える戦いを続けている方々がたくさんいます。

 熊本に移住されてくる方々に一番必要なのは、住居じゃなくて仕事です。ただでさえ有効求人倍率が常に0.3倍くらいしかない!仕事がない!職安に行ってみろ!

 簡単に移住と言って、活動しているアーティストを見るとなんだか腹が立ってくる。

 それとも知り合いの一部が住む所を探しているから、そういった事を言っているのか。それならなおさら既得権益を有効活用する前世代のムカツク奴らと同じで、目の前に現れたら排撃するしかありません。

 最重要なのは、雇用ですよ何度も言うようですが。個人で企業の誘致ができますか?何人雇えますか?

 アーティストの仕事ですか?それは?

 そういった状況を踏まえながら、作品を制作することしかできません。私には。

 とてもつらい心理状況ですが、安易に軽々しい活動をしたりはしません。するときは横やりからしたりもしません。絶対に希望が実現する方策を取ります。アートなど一切関係なく。

 アート。そう簡単じゃありません。実生活に簡単に還元できるものでもなく。それでも私には必要なもの。誰かがアーティストとして、安易に震災後のシステム構築について語っているとうさんくささしか感じない。

 アーティストとして見せるべきものは、作品。

 活動に逃げるなよ。

 以上。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

After the earthquake, I think various artists' attempts to be performed also in Kumamoto.

It is thought that it only has to keep doing the charity event as long as artist's physical strength continues.

It hears of speaking the people from whom it is migrated to Kumamoto a lot in consideration of the radiation effect recently. There is an artist to whom the administration's original going in that situation insists on the matter with good efficiency.

For instance, why don't you allow the people who migrate to the tradesmen's house that has become vacant to live?

Does it mean whether to say as an artist in a civil capacity?Do not you think that there is a cork even if the problem of the administration is demanded from the self-governing body in the town it?

Did you go neatly for the election of prefecture [gi] and the city council?Did you talk with the politician who heard his insistence?

Is it ..desire.. work as its.. artist and?

It is work of the administration. There is an efficient way if it thinks my insistence to be an expert so. It only has to go to the city office and the Prefectural government to consult, and the logics of the number can do nothing but be used if it doesn't hear it.

The demonstration of an anti-nuclear power plant is not reported when securing the number required, and the signature is disregarded. Still, there are a lot of people who are continuing the fight that looks barren because it can do nothing but do.

It is not a dwelling and work that it is the most necessary for the people from whom it is migrated to Kumamoto. Ratio of job openings to job seekers is only about 0.3 times always even for free. There is no work. Go to the public employment security office.

It is angry somehow to say the migration easily when the artist who is acting is seen.

Or, because it searches for the place where some acquaintances live, is such a thing said?If so, it is not reprobation [surushikaari] when appearing to the presence thoroughly to [mukatsuku] fellows of the previous life fee in which the vested interest is effectively used all the more.

Though it seems to say at each [nan] of employment the most important one. Can the enterprise be privately attracted?How many people can you employ?

Is it work of the artist?It?

It is not possible to do referring to such a situation this year when the work is produced. To me.

An easily thoughtless activity is not done though it is a very painful psychology situation. When doing, it doesn't do from a horizontal spear. The strategy where hope is achieved is absolutely taken. All the arts etc. are unrelated.

Art. It is not so in easiness. It is not the one that can be easily reduced to the real life either. Still, a necessary one for me. When someone is easily talking about the system construction after the earthquake as an artist, I feel only fishy.

The one to be shown as an artist is a work.

Do not run away to the activity.

The above

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

いよいよ、6月3日が切所です。

 プレゼンテーション。

 とても大切。

 とても心理的に苦手。

 しかしやらねばならない時が、往々にしてあるのです。

 誰かの神輿になった時には、立派な神輿にならねばならぬ。

 担がれるというのも、いいように見えてやはりそれは仕事だからそれなりに色々あります。

 先日は実に様々な方達とお会いして、秋の新町アートイベントの話しをさせていただきました。

 これがどう転がっていくのかは、まだ未知数。

 本当に沢山の方々のご協力を得ないと、何もできない。

 そして、公式なプレゼンが6月3日。

 その日から、本当の意味で色んな事が始まります。

 こじんまりとしないように。

 無理だと思ったら、引き返す勇気も必要かもしれない。

 臆病だから勇気を知っている。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Presentation.

It is very important.

It is not very psychologically good.

However, the time that should be done is sometimes [shitearu].

When becoming someone's portable shrine, it is necessary to become a splendid portable shrine.

It is variously as such because being shouldered seems to be also good and it is still work.

I was going to meet very various people, and to speak the Shimmachi art event of autumn the other day.

It is a still unknown number how this rolls.

If really a lot of people's cooperation is not received, anything cannot be done.

And, an official presentation is June 3.

The color [nna] thing starts on the day in a true meaning.

Do not make it snugly.

Courage to turn back might be necessary if it is thought it is impossible.

It knows courage because it is cowardly.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

天草在郷美術館館長、加藤笑平氏来館。BTに新町三畳美術館を紹介していただくそうです。

 天草在郷美術館の加藤笑平氏来館。

 BTの特集が九州のアートスペース的な感じらしく、新町三畳美術館も少し紹介していただけるそうで、ありがたいお話です。

 秋の新町アートイベントにも加藤氏に参加要請を検討しております。

 6月3日に再度の企画説明会を開いていただく予定で、今後の展開がどうなるかはそれ次第でしょう。

 週末からなぜか沢山のアート関係者の皆さまにお会いしております。

 一番近いイベントは、6月18日(土)18:00~よりの「カフェー カネヤ」です。新町の町家「かね屋」にて、SPレコードと1920年代のJAZZ演奏の映像を楽しみながら、コーヒーやお酒を楽しもうというイベントです。

 ワンドリンクオーダー制になりますが、町家で聞くSPレコードはどんな音色かとても気になります。アートイベントという括りではなくパーティーです。宣伝もほとんどしておりませんが、来場予定のお客様は面白い方々ばかりですので、お気軽にご参加下さい。

 あ!竹之下亮氏がガチのダンスを、当日会場でご披露していただく事が決定しております。ご本人のたっての希望で、本気の(いつも本気ですが)ダンスを町家の蔵で!これは見なきゃ!

 ということで、やっぱり少しアートの匂いもしつつ、町家空間でルンバ珈琲とアルコールをお楽しみください。

 自分が楽しむ為にやるようなイベントですね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Shouhei Kato in agar-agar rural districts museum coming to a library.

The feature of BT seems to be feeling of Kyushu the art space, it seems to be able to introduce 3 mat in Shimmachi museum a little, and a welcome talk.

The Shimmachi art event of autumn also examines the participation request in Mr. Kato.

It might be depending on it whether a repeated project briefing is scheduled to be held on June 3, and very the development in the future becomes it.

We will have met a lot of everybody of the person related to the art since the weekend.

The nearest event is "[Kafe-kaneya]" of dependence on Saturday, 18th 18:00 of JuneIt is an event said that it will enjoy itself over coffee and sake while enjoying the image of the JAZZ performance in the SP record and the 1920's by tradesmen's house cannot "Shop" of Shimmachi.

What tone the SP record heard in the tradesmen's house is is very anxious though it becomes an one drink order system. It is not bundling of art event but it is a party. Please feel free to participate though it hardly advertises because customers of the coming schedule are only interesting people.

..encounter.. ![Takekore] [kudaryou] decides and the thing announced in the hall on that day decides the dance of [gachi]. In hope that the person in question leaves, a dance serious (Though it is always serious) in the warehouse in the tradesmen's house. This is not seen.

Thus, it is necessary to enjoy oneself over the rumba coffee and alcohol by the tradesmen's house space as the art smells a little after all.

It is an event put so that I may enjoy it.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

石田衣良のIWGPを読んでみた。

 池袋ウエストゲートパーク。

 クドカンが手掛けたドラマで、今や伝説のと言った趣がある作品。

 久々にカラーギャングの話しを読んだ。その昔、沖縄からきた友人は、「リアルなカラーは米軍基地があるとこにしかいないよ」と言った。

 クリプスとブラッズの話しじゃなくて、カラーギャングというファミリー文化を輸入した日本の不良の当時の生態をよく捉えていると思った。

 それと、今ではさらにむき出しになっているかに見える、現代日本の闇が街の一角からすぐさま現れてくる様子。

 壊れた人間は最初から壊れた形で登場してくるのが、今読んでも新鮮。ストリートの描写が今でも的確に見えるのは、ファッションは変わっても根本的な所は変わらないからに違いない。

 主人公の視線が揺れなさすぎるのが、若干興奮を削ぐ部分もありますが、この後クドカンがタイガー&ドラゴンを制作するのは、やはりこの作品を通過したからだと今でははっきり分かります。

 結局のところ、好きなのでしょう、この作品が。すいすい読めるところも素晴らしい。

 「街には様々な人間がいるってこと」だから、話に終わりはないっていう感覚がいいですね。

 「善玉も悪玉も金を持つと同じような所に住みたがる」というセリフもいいです。ヨーロッパの大理石のでかい門で、オートロックの駐車場と玄関みたいな。

 小説のギャング同士の内戦鎮圧に、主人公は積極的でしたが、確かTVドラマの方はクライマックスで「メンドクセェー!」と言い放った記憶が。スゲェ!と思いましたね、その時は。追いつめられるとメンドクセェーと言い放つメンタリティーの構築が、当時やたらリアルに感じたものでした。

 誰だって、あの状況は面倒臭いと思う。

 続編がかなり出ているようですから、機会があれば読んでみよう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Ikebukuro west gate park.

Work in drama that [kudokan] handled, with elegance called legend now.

Color gangster's speaking was read after a long time. The friend who had come from Okinawa in the old times said, "A real color is [shikainaiyo] in ..U.S. bases.. [arutoko]".

I thought that I am not speaking [burazzu] with Krips, and caught ecology of Japan that imported the family culture of color gangster defective and at that time well.

The dark in it and present age Japan that looks as becoming baring further now seems to appear from the corner of the town instantly.

Even if appearing from the beginning in broken shape reads now, broken man is fresh. The reason for a fundamental place is surely that it doesn't change even if the fashion changes into looking the description of the street to adequacy still.

When [kudokan] produces Tiger & dragon after this because this work is still passed though there is a part where hero's glance's the shake passing reduces some excitements, too, now is clearly understood.

In the issue, it likes, and this work :. When it is possible to read lightly, it is wonderful.

Because it is "..various man.. [irutteko] in the street", the end [hanaitteiu] sense is good for the talk.

The serif "When the good man and the bad character have money, I want to live in a similar place" is also good. . at the gate where the marble of Europe is strapping such as self-locking parking lots and doors.

The memory declared to be "[Mendokusee;-]" climatically : a certain TV drama though the hero was positive in the civil war repression of the gangster of the novel. [Sugee;]. ..solving.. at that time ..the desire... The construction of the mentality declared to be [mendokusee;-] was what felt random and real at that time when cornered.

I think that that situation stinks of the trouble of everyone.

Let's read if there is a chance because the sequel seems to have come out considerably.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

夏の新町三畳美術館企画展は、百鬼夜行陶芸展「妖窯」を企画中!!

 今現在は、熊日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展が、好評開催中です。

 他にもパリの風景画を展示致しております。

 さて、夏と言えば妖怪ではないですか?

 去年の夏は、熊本市現代美術館でも小泉八雲の世界を再構築する展示がありましたね。

 夏の新町三畳美術館の企画展は百鬼夜行陶芸展を開催予定です。

 妖怪しか制作しない窯元「妖窯」が送る、夏の涼しくなる企画です。この展示に向けて、続々と妖怪が生み出されているようです。熊本初展示となる為、今回は主に九州の妖怪を展示致します。

 九州には魅力的な妖怪が沢山います。鹿児島の一反木綿や、福岡のぬりかべはゲゲゲの鬼太郎で超メジャーですが、あの姿は水木先生の創作とのご指摘が「妖窯」からありました。

 古来から伝わる本来の姿は別にあるそうです。

 どんな妖怪達が新町三畳美術館にやってくるのか、非常に楽しみです。

 お楽しみに。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Newspaper serial novel "Town of the mountain wind" cut-in illustration original picture exhibition of the bear day is popular holding it as of now.

The landscape of other Paris is being exhibited.

Well, isn't it an apparition if it is said summer?

There was an exhibition that restructured Yakumo Koizumi's world also in the Kumamoto City modern art pavilion last summer.

The special exhibition of 3 mat in Shimmachi museum of summer is a holding schedule of 100 demon night train ceramic art exhibition.

It is a project that summer becomes cool that pottery "[**kama]" that only the apparition produces sends. The apparition seems to be invented in succession aiming at this exhibition. I will chiefly exhibit the apparition in Kyushu this time because I become the first in Kumamoto exhibition.

There are a lot of attractive apparitions in Kyushu. That appearance had the point with the giant dogwood teacher's creation from "[**kama]" though one anti-cotton of Kagoshima and [nurikabe] of Fukuoka were super-major in Gegege no Kitaro.

There seems separately to be an original appearance transmitted from old.

What kind of apparitions come to 3 mat in Shimmachi museum, and the enjoyment very.

To the enjoyment.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催!

 神戸のシャツ仕立て師Yoshida Yoshitaka氏のカジュアルシャツオーダー承り会が、県民百貨店で開催中です。

 先日、Yoshida氏の熊本のアトリエであるモヒカンポシェットにて、シャツの残りの部分を制作されました。

 ヨーロッパ諸国を渡り歩き、素敵な生地を自分で仕入れられる超こだわりのシャツです。

 前回のオーダー会も凄い反響で、今回第二弾。半袖シャツがメインになるそうです。

 Yoshida氏は夏のアートスイッチVol.3にも参加予定。

 ぜひ今年は自分の体に合わせたオーダーシャツで、一味違う夏を過ごされてみては。

 アフリカ生地のバティックという素材が、カラフルかつ斬新な柄で今夏お勧めだと個人的に思っております。

 さらに、謎の缶バッジも並行して制作が進んでおりましたが、その正体も県民百貨店5階にてご確認下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The casual shirt order receiving association of shirt tailoring master Yoshida Yoshitaka in Kobe is holding it at the inhabitants of the prefecture department store.

The part of the remainder of the shirt was produced in the mohican pochette that was the atelier in Mr. Yoshida's Kumamoto the other day.

It is wandering in European nations, and shirts of super-[kodawari] stocked with a wonderful cloth for myself.

The second of the last order association in a terrible echo this time. The shirt with half sleeves seems to become a main.

Mr. Yoshida schedules participation to art switch Vol.3 of summer.

If different summer is spent by all means this year by the order shirt to make them fit me.

When the material of batik of the Africa cloth is recommended in a colorful, novel handle this summer, it is thought it is personal.

In addition, please confirm the true colors by the fifth floor in the inhabitants of the prefecture department store though the can badge of the mystery goes side by side, too and production was advanced.

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

秋の熊本新町アートイベントの件で、企画書を提出しました。ここから本格的に動き出します。

 今年の秋に、新町で開催予定のアートイベントの企画書を提出致しました。

 大枠で5つの企画がある中で、どの企画も取りたてて新しいものではないですが、組み合わさるととんでもない魅力を放つ仕掛けになっております。

 新町に根付いて商売をされている方々の、昔からの希望と思わず合致する企画もあり、町の方々の想いが図らずも企画に出てきたなという所です。

 ところで、藤崎台のYMCAの横に能の舞台があることを、全く知りませんでした。ここを使うか町家を使うか分かりませんが一番大きいイベントは舞台が必要なものになります。

 まだまだ実現が可能かどうか分かりませんが、GOサインが出次第動き出します。新町に新しいアートシーンを創出するべく持てる力以上の力を出す勢いで、走りだそうとしています。

 今まで、絵描きらしからぬ仕事を多々してきて、本当に無駄な回り道ばかりだと思っていたのですが、イベントのオーガナイズ的な仕事をするようになり、無駄ではなかったのかとつくづく思います。

 大勢でひとつのことをやる時には、本当に沢山の話し合いだったり調整が必要で、これ本当に絵描きがやる仕事かよなど度々思ってきましたがアートのイベントをひとつでも多く熊本に生み出すことが、後からやってくる多くのアーティスト志願の人にとって為になればいいかと最近考えます。

 10年前には河原町だって、熊本市現代美術館だって、街にある多くの廉価なレンタルスペースさえなかった現状のうっぷんをここ3年で晴らしつつあるというのが正直な気持ちです。

 今はアートシーンの数を増やすべく、色んなお誘いのお話に乗りまくっています。

 ただ、参加者としてではなく、企画者としてなのが絵描きとしては痛し痒しなのですが、特別自分に企画者としての能力があるわけではないので、多分地味に仕事を進めるところが買われているのか。

 まぁ、絵描きとしてにしろ企画者としてにしろ、才能という見地からすると即失格なので(自分の絵をみると本当に才能はないなと思う)それ以外の、自分にできる事というもので勝負します。自分が持っている道具が一番使いやすいですから。借り物は駄目です。

 そういう訳で、またもや詳細は少し先に発表ということになります。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 The proposal of the art event of the holding schedule was submitted to the this coming fall in Shimmachi.

Any project is taken while there are roughly five projects and it sets it up, and it is a shot beginning of an unexpected [saruto] ..combination.. charm though is not new.

There is a project that instinctively agrees with the hope in old times of the people who take root in Shimmachi and are done business, too and the place that the desire of the people in the town has come out to plan unexpectedly.

By the way, it did not know there was a stage of the ability next to YMCA of the Fujisaki stand at all. The largest event becomes necessary the stage though whether here is used or the tradesmen's house is used is not understood.

It begins to move as soon as the GO sign is given though it is not understood whether achievement is still possible. It is assumed it to be seeming is power to put out power more than the power that can be had to create a new art scene in Shimmachi, and be running.

I do not quite think it comes to do organized work of the event, and it was useless though it had thought [eega] to be only a really useless detour because it runs out and work not to drive is done a lot up to now.

Really a lot of discussions it thinks whether the adjustment being able to be necessary, coming, and work, etc. to do the [eega] daily life really whether for the person of a lot of artist application that comes later to only have to benefit inventing a lot of as much as one events of the art in Kumamoto recently though it has frequently thought when many people do one.

It is honest feelings also in Kawaramachi and the Kumamoto City modern art pavilion to be dispelling current resentment without even a lot of low-priced rental space in the town in these three years ten years ago.

It gets on the talk of the color [nnao] invitation to increase the number of art scenes and it rolls it up now.

However, because I special do not have the ability as the planner, are you bought soberly advancing work perhaps though are in a dilemma when assuming the [nanoga] [eega] coming as not the participant but a planner?

Well, it fights about the rest because it is immediately a disqualification (When my picture is seen, really think the talent to be) as coming of [eega] it and the [shitenishiro] planner judging from the viewpoint like [nishiro] and the talent, etc. by the thing that I can do. Because the tool that I have is used easily most. The borrowed thing is useless.

Details are announced again a little previously for that reason.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

いよいよ明日から熊本日日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展を開催致します。

 前回の企画展「山鹿ガールvol.3」がカラフルだったもので、今回はクールな感じに仕上がっております。

 全十話、新聞に掲載されたものと原画を見比べるような形になっておりますので、ぜひごゆっくり観賞されて下さい。

 次回の企画展が決まっていないので、自分の展示をする事になりました。自分の展示は約一年ぶりです。

 関係ありませんが、明日城彩苑で、GW合同打ち上げをやる予定です。この打ち上げの為に頑張ったと言っても過言ではありません。

 新町三畳美術館の企画展三作家他、阿蘇一の宮の雑貨店さんなど、GW忙しく過ごした方達と語らいのひとときです。

 もしかしたら、ここから新しい動きが始まるかもしれませんね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It finishes in cool feeling this time by the one that last special exhibition "Yamaga girl vol.3" was colorful.

Please appreciate slowly by all means because it is shape to compare the one published in ten all stories and the newspapers and the original picture.

Because the next special exhibition was not decided, I was exhibited. My exhibition is after an interval of about one year.

The GW combination launch is scheduled to be done with [shiroirodo**] tomorrow though it doesn't relate. It is not an exaggeration to say working hard for this launch.

It is time of the GW people such as three special exhibition writer and otherss of 3 mat in Shimmachi museum and General Stores of Imperial prince in Aso 1 who busily spent it and talking.

New movement might start here possibly.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

ゲゲゲの女房を見て驚いた件。

 GWはさすがに夜は仕事をやめて、見れるだけDVDで映画を見ました。

 宮城野、重力ピエロ、12通の手紙と100歳の少年、そしてゲゲゲの女房。

 ゲゲゲの女房に関して、オチの所は税務署の人に水木先生が怒鳴るところでしょうが、一番驚いたのはその後のシーン。

 少年マガジンに連載が決まった水木先生を(おそらく)祝って、妖怪や霊たちが地蔵の周りで踊っているシーンです。

 これと同じ話しを、なんと熊本市現代美術館、熊本アートパレードにまつわる事で知っていたからです。興味湧いてきましたか?

 2月に新町三畳美術館で企画展をした宮部竜二氏のお話。

 宮部氏がアートパレードに出品されて、まだ結果が分からない時分、知り合いと電話でお話されていたそうです。

 お知り合い「そういえば、宮部さんの近くの小さい部屋で一つ目の小鬼たちがうれしそうに踊っているけどなんで?」

 宮部氏「?」

 その電話の後、美術館から電話が掛ってきて、優秀賞を受賞されたとの事。

 受賞作。

 一つ目…

 小さい部屋…三畳美術館には去年の受賞作、喜怒哀楽が鎮座しておりました。

 そのお知り合いは、そういった事がお見えになるそうです。

 先日も「濡れ女」という怪しの話しをお聞きしましたが、その話も素敵怪しでした。

 そう、妖怪を表現したものが世間に認められると妖怪が踊りだすというシーンは、偶然ではなくてきっと事実なので同じ表現になるのではないかと思われます。

 妖怪や霊といったものの存在は、あると思います。そう思わないと理解できないことが世界中にあって、いちいち科学的に説明するなんて大人げないと考えます。

 第一、宇宙が発生したビッグバン自体が仮定なんですから、いかにもっともらしく説明しても全ては仮定の域を出ません。今、科学と言っている事は地球上にある物質的なものを解明して、人類がより快適に生きれるようになる事なんであって、物質が無から生まれた事について科学的に説明できる人は今後も現れないでしょう。

 神の存在を否定できない理由はこの一点に尽きるのではないでしょうか。

 妖怪から大分はなれましたが、科学的な態度というのは、分からないものは分からないと認めることではないでしょうか。

 そうした方が気分もギスギスしなくて済むし。

 適当に妖怪の仕業にしておけば、気分も楽になるのではという、適当な態度も時には必要。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Only being possible to see by stopping working indeed saw the movie with DVD as for GW at night.

Wife of Miyagi field, gravity pierrot, and 12 letters, 100-year-old boy, and [gegege].

It is a scene afterwards to be surprised most though the place of [ochi] might be a place where the giant dogwood teacher shouts it to the person in the tax office for the wife of [gegege].

It is a scene that the giant dogwood teacher that the serial is decided to the boy magazine (Perhaps,) is congratulated, and the apparition and the souls dancing in surroundings of the ground warehouse.

It is because it knows the same story as this by the thing that coils round the Kumamoto City modern art pavilion and the Kumamoto art parade very much. Is there ..interesting.. [wa]?

Talk of Ryuji Miyabe who did special exhibition in 3 mat in Shimmachi museum in February.

Mr. Miyabe was exhibited in the art parade, and it seems to have been talked by telephone with the acquaintance at the season when the result had not been understood yet.

Acquaintance"Incidently, why though being danced happily by the first kobolds in small room near Mr./Ms. Miyabe. "

Mr. Miyabe「?」

Thing that [**] comes, and excellent prize was won from museum to telephone after the telephone

Prize winner.

The first etc.

A small room … Last year's prize winner and emotion enshrined it to three mat museum.

Such a thing seems to come in the acquaintance.

The story is wonderful ..doubt.. [deshita] though it asked [no] ..doubtfulness.. speaking "Wet woman" the other day.

It seems that it becomes the same expression because the scene that the apparition begins to dance is not by chance but is surely true if the one that the apparition was expressed is admitted at the people so.

I think that the apparition and the soul exist. Being not able to understand as no desire so thinks that it is, and separately explaining in a scientific manner is babyish all over the world.

Everything doesn't go out of the region of assumption however plausibly it explains because the big-bang that the 1st and space are generated is assumption. The person who can explain the thing that thing [nandeatte] and the material where the human race came to be able to live more comfortably by clarifying the material one on the earth appeared from nothing in a scientific manner will not show up to the thing called a science in the future now.

A reason ..the god's existence.. incontrovertible might be exhausted in this one point.

A scientific attitude is from an apparition to no very admission that the one that doesn't understand is not understood though it was possible to become.

This can not [gisugisu] it feelings.

The attitude of [hatoiu] suitable , is also easily necessary for feelings in [naruno] at times if it suitably makes it to apparition's act.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

今週土曜日から、新町三畳美術館では「熊日新聞連載小説挿絵原画展」を開催します。

 去年の12月に10回連載された「山風の町」という小説の挿絵原画展を開催致します。

 ただ眠っているだけでは絵が可哀そうだなと思い、こういう企画を立ててみました。

 地味ですが、濃い内容ではないかと思います。

 色んな事が重なって、自分の事が後回しになっているのはヤバイ。

 準備せねば。

 さしあたって、来月開催するイベントの企画書を書かねば。って、やはり自分の企画ではないですが面白いからやります。

 どうしようかな~

 頭が回らない。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I will hold the cut-in illustration original picture exhibition of the novel "Town of the mountain wind" serialized ten times last December.

However, it was thought that the picture was poor, and made such a project only by sleep.

I think that it is a thick content though it is sober.

It is [yabai] that my thing is postponed as the color [nna] thing comes in succession.

When preparing it.

When you write the proposal of the event that will be held next month for the time being. It does because it is interesting though it is neither [tte] nor my still project.

What shall we do?

The head doesn't turn.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

じっくり落ち着いて作品制作をするのが夢です。

 本当は、毎日作品制作にほとんどの時間を充てるような生活が夢です。

 なんて贅沢な夢なのかと思います。

 そういう生活を目指す為に、その他諸々を企画して実行しています。

 絵描きは、絵を描いてなんぼだと思うのでなるべくそういう時間を確保しています。

 確保しなければいけない程に、貧乏暇なし。

 完全な休日だったなーというのは今年に入って、山口県の萩に旅行に行ったときくらいかな。

 パステル画に至っては半年に一枚という超スローペースになってしまっている始末。これではいかんと思いながらも、別タイプの作品を制作する予定は詰まっていて、本当にどうしようか。

 しかし、今は過渡期にあるものと自分に言い聞かせて、短い時間でもパステル画制作に充てるようにしています。

 パステル画は売れないなー。売れない絵に血道を上げているのは、本当の意味で馬鹿なのかもしれないな。馬鹿でなきゃ、こんな生活できないし。あらゆる生活のしがらみみたいなものを、削るだけ削ってみたらこうなった感じです。

 とにかく今は、目の前の仕事をひとつづつ片づけながらの制作しかありません。

 全部丁寧にこなしていきたいと思っています。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Life that allots most time to the work production every day is a dream in reality.

I think what a luxurious dream it is.

To aim at such life, variety is planned and, additionally, executed.

Such time is secured as much as possible because it is thought [nanboda] because the [eega] coming [ha] and picture are drawn.

Freely it is necessary to secure it poor none.

Because is [-] time that complete holiday when it went on a trip to the bush clover in Yamaguchi Prefecture this year?

Settlement that becomes super-slow pace of one piece as for pastel drawing at half a year. With this, the schedule to produce the work of another type though it is not thought that it goes shall be blocked, and what really do by us?

However, I am persuaded to be during transition, and it allots it to the pastel picture production at short time now.

The pastel drawing is selling [naina] [-]. Might not be foolish in be a true meaning raising the blood vessel to the picture that doesn't sell. If it is not foolish, it cannot be such life. It is feeling that became it so when only cutting down cuts down the one like bonds of all lives.

Anyway, there is only production of finishing one work in the presence now.

I want ..current.. to do all [na] politely.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

秋の熊本市新町のアート企画…これ全部やるとしたら、凄いことになるな…

 先日、今年の秋の新町アート企画をNPOの理事会で話し合いました。出そろった案は、素晴らしい!!

 前回も書きましたが、町のポテンシャルをどうにか引き出すという方向性のイベント案がそろいました。

 これから実現可能かどうかの話し合いが持たれていきますが、地域の皆さまと作家、その他大勢の協力者なくしては実現不可能なイベントと言えます。

 今まだ、正式にこれをやるという所までは当然いっていないので、企画の詳細は書けないのですがやるからにはコレをやらないと!という企画にはなっています。

 今後10年続けた時、この祭り自体が独り歩きして、強固なものになるようにしていきたい。

 将来的には経済的にも独り立ちできるようなシステムをつくらないといけないと考えています。祭りが祭り自体で成り立つような。

 そうなる為には持続力と向上力が同時に必要。

 来ていただいたお客様に、少しでも楽しんでいただきたい。

 もう一度行きたくなるような面白い事。そこへいかないと見ることができないもの。

 アートファンから子供、大人年齢性別関係なく楽しめるもの。

 うーん、本当はそこまで考えていないのですが、結果的には楽しんだ人勝ちというイベント。

 どうなりますか、今年の秋は。

 サリュ

a href="http://art.blogmura.com/">にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The project of the Shimmachi art of the this coming fall was talked about in the board of directors of NPO the other day. An idea all present is wonderful.

The event idea of directionality of drawing out the potential of the town somehow has become complete though it wrote last time.

It can be said the event that cannot be achieved without a writer everybody, and other many people cooperator in the region though the discussion feasible will be had in the future.

If [kore] is not done because it does, details of the project : though cannot write because it doesn't say to the place of formally doing this still in now naturally. It becomes a project.

This festival wants to become strong walking by oneself when being continue for ten years in the future.

It is thought that it is necessary to make the system that can become independent the future and economically. The festival must not consist of the festival.

The continuation power and the improvement power are necessary at the same time to be so.

I would like the coming customer to enjoy it even a little.

Interesting thing that wants to go again and becomes itThe one being not able to expect not going there.

The one that it is possible to enjoy it from art fan without child and adult age sex relation.

Well, the event of enjoyed person winning consequentially though not thought there in reality.

How do it become, and the this coming fall :.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

新しい挑戦。新企画がキックオフ。培ってきた経験の全てを投入しても、まだ足りないのです。

 今年の秋に、熊本市新町で一大アートイベントを開催することになりました。

 そのアート関係のディレクションを引き受けることになりました。

 3月に一度、新町アートホーム「町家が美術館」と銘打ったイベントが開催されましたが、その企画をさらにブラッシュアップしたアートイベントを開催致します。

 詳細は今のところ全て不明!

 なぜなら、その全てを考える役どころが自分だからです。

 半端なものには出来ません。いわゆる地域振興系のアートイベントですが、この際頭の中からアートという概念を取っ払って、とにかく楽しいイベントをと構想中です。

 地域振興とコンテンポラリーをガチに組み合わせて成功させる手腕は、はっきり言って自分にはない。資金も潤沢にある訳ではない。

 勝負は違う所でします。一般のお客様に興味を持ってもらって、来てもらったら楽しんでもらう。この、楽しんでもらうという意識をなくしたらいけないと思います。

 さらに、他からビッグネームを呼んでお客様を呼ぶということもしません。

 今ある武器に磨きをかけなかったら、長期におよぶ戦いは出来ない。新町はとてつもないポテンシャルを秘めた町なので、そこに着目して長所を引き出す作業をしなければいけません。

 20年は続けられるようなイベントをと考えた時に、真っ先に浮かんでくるのは「祭り」のシステムです。優れたアートのディレクションがどうしても出来ない時にでも、そのシステムがあれば来てくれたお客様には楽しんでいただけるという土台をしっかり構築しなければ意味がない。

 今、すでに目の前のノートにイベントの大枠の構想が書きなぐられています。

 この全てが出来たら、新町に新しい「楽しいこと」が生まれることでしょう。いやいや、まだ「文化」なんておこがましくて言えません。10年続いたら、「文化」と言えるでしょうが。

 明日、新町三畳美術館にて19:00よりキックオフ会議。

 熊本のアートシーンにまたひとつ動きが生まれる瞬間です。

 あ、アートスイッチVol.3もしっかり進行していますので、今年のイオンモール熊本クレアでのイベントも乞うご期待!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

One large art event will be held in Kumamoto City Shimmachi the this coming fall.

The direction related to the art will be undertaken.

I will hold the project and hold the art event to which the brush improves further though was held Shimmachi art home "The tradesmen's house is a museum" and the announced event once in March.

At present, details are all uncertain.

Because it is myself who thinks about the all ..post [dokoro]...

It is not possible to do in the odd one. In this case, taking [hara] is planning the concept of art from among the head though it is an art event of a so-called regional promotion system as an anyway happy event.

Frankly speaking, I do not have the ability to combine the regional promotion and the contemporary with [gachi] and to succeed. There is abundantly not the capital either.

It fights in a different place. If a general customer is interested, it enjoys it. I think that I should not lose this consideration of enjoying it.

In addition, neither calling the big name from another nor the customer is called.

When arms that are now are not polished, the fight that reaches a long term cannot be done. It is necessary to do work to pay attention there because Shimmachi is a town with extraordinary potential and to draw out the merit.

It is a system of "Festival" that floats on first 20 years are to think the continued event. If the foundation that can be enjoyed is not firmly constructed to the coming customer if the system exists when the direction of an excellent art cannot be done, it is not significant.

The plan of the outline of the event has already been gone off in the note of the presence now.

If this all can be done, new "It is happy" is born in Shimmachi. Because "Culture" is still impudent, it is not possible to say with hesitancy. Though it will be able to be said, "Culture" if it continues for ten years.

It will confer on kicking off from 19:00 in 3 mat in Shimmachi museum tomorrow.

It is a moment when movement by one is the re-born in the art scene in Kumamoto.

Because it encounters and , art switch Vol.3 progresses firmly, too it expects it by the request of the event in this year's ion lace Kumamoto Clare.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

熊本山鹿湯の端美術展終了!さらに!7つの企画を同時進行中!!

 熊本山鹿湯の端美術展が無事終了致しました!

 多分、全体に和みムードがある展示が揃うのではないかと予想し、一か所位殺伐とした空気があったら全体が引き立つのではないかと考えて「殺伐感」を念頭に展示致しました。

 うまくいったかどうかは下の写真にて。

 さて、展示も一段落し、次に向けて水面下で企画中の様々が7つ。さらに舞い込んできそうですが、確定している企画をこなす為に、色々下調べ中です。依頼されているゆるいものを含めると、貧乏暇なしとはこのことか!と身にしみている所です。

 確定した企画の詳細が決まり次第、逐次ご報告ということになりそうです。

 今夏から秋にかけてもアートの企画が目白押し!!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

001 002 004 006 008 010 011 013 015 018 017 020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

熊本山鹿湯の端美術展、5日まで開催中です!肥後古民家村では里山美術展、熊本市街ではまちなか美術館vol.2が開催中!

 今年のGWは、熊本のいたるところでアートイベントが開催されています。

 山鹿では、湯の端美術展が開催中!天聴の蔵の搬入も無事終わりました。期間中は通してアドさんが、会場にてライブペイントをされております。

 私自身は3日と5日に会場におります。去年から始まったアートイベントはもうひとつ。まちなか美術館です。これは熊本市街のお店に作品を展示するというもの。

 そして和水町では里山美術展が開催中。陶人形作家の西田美紀さんも展示されております。

 去年、熊本は新幹線開通を目前に、弾けるようにしてアートムーブメントが始まりました。毎年様々なイベントが開催されるようになって、今後イベントの質が問われるようになるでしょう。これらのイベントも重複して参加する作家が沢山います。今後、もっと外に開かれたものとして、全国から作家が集まるようになれば本当に面白いと思います。

 その為にも、できるだけ自分自身外に出るようにして、凄い作家と知り合っていく必要があると考えています。

 が、なかなか外へ出る機会をとらえ切れていないのが現状です。

 様々なイベントもまだまだ発展途上中。ここから凄いものが出てくると面白い。

 完成された表現ではなく、まだまだこれからの作家(自分も含めて)が表にでる機会がこれだけ沢山あれば、お互いにもっとやれると思いながら向上していけるはずです。また、しなければ先はありません。

 アートという札を切ったときから、尻つぼみという時限爆弾を抱えているのもまた事実。

 様々な事象を含みながら、このGWは本当に要注目のイベントが上記開催中!

 ぜひその目で、今後の熊本アートシーンがどうなっていくのかをご覧下さい。

 熊本ローカルアーティストが今後どういったドラマを展開していくのか、自分自身楽しみで仕方ありません!

016 ←山鹿湯の端美術展の展示の一部。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As for this year's GW, the art event has been held everywhere in Kumamoto.

..edge art exhibition of hot water.. now open in Yamaga. Carrying the warehouse of [tenki] ended safely, too. It passes for the period and a live paint is done in the hall [ado].

I go down to the hall on the third and the fifth. The art event that started from last year is another one. They are [bi] [machinaka] [jutsukan]. This exhibits the work in the shop in the Kumamoto town.

..mountain art exhibition of hometown.. now open in the harmony water town and. [**] doll writer Miki Nishida is exhibited.

Kumamoto was made to be able to play the Shinkansen opening to traffic in the near future and the art movement started last year. Various events come to be held every year, and the quality of the event will be asked in the future. There are a lot of writers in whom these events also participate more than once. I will think it is really interesting if the writer comes to gather from the whole country assuming that opened on the outside more in the future.

It is thought that it is necessary to make it go out outside oneself as much as possible, and to get acquainted with a terrible writer therefore.

However, seizing the chance to go outside quite and not cutting are the current states.

Various events are still development [tojouchuu]. When the terrible one comes out here, it is interesting.

The writer (including me) in the future should be able to improve while no completed expression, and thinking that it tabulates and [deru] chance can be done more mutually if only this is a lot still. Moreover, there is if it doesn't do ahead.

It is also true to have held the time bomb named the hips bud since time when the note of art was cut.

As for this GW, an event noteworthy necessary is really holding the above-mentioned while containing various events.

Please see how the eyes the Kumamoto art scene in the future becomes it by all means.

What drama will a Kumamoto local artist develop in the future, and? it is own enjoyment and there is no method.

← A part of exhibition of edge art exhibition of hot water of Yamaga.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »